自然の働き

このところ、まとまった雨が降ったり
気温が高い日が続いたので、
いっきに春めいてきた庭です。


こちらは、クロッカス。
3cmくらいとすごく小さいので、
たぶん去年の夏頃に掘り上げた球根だと思います。



クリスマスローズ。
こちらも小さな苗木でした。
どんな花が咲くかわからなかったので、
咲いているのを見つけたときは、うれしかったです。


先日たくさん雨が降ったあとは
いっきに開花してきました。


火(陽)、風、水、土の
4つのエレメントが作用して
開花に至るんだなとなんとなく納得。
花が咲くってマジカルですね。


センス・オブ・ワンダー
神秘さや不思議さに目を見はる感性
日々の生活の中で見過ごさないようにしたいです。


*****
以前、球根の水栽培をしたことがあります。
発芽して花を咲かせるためには
一定期間、寒くて暗い場所に置いておきます。


土の中で冬を越している期間
寒さと暗さのなかにいて
地上には何にも現れていない時期って
人生にもあるのではないでしょうか?


なにをやっても動かないとき
自分が成し遂げたかが見えないとき
成果がでないとか
動けないとき
私にもたくさん経験があります。


そういうときにも
なにかは働いていて
やがて時期が来たら
球根のように発芽して
花を咲かせる。


この、「なにかの働き」に
まかせることしかできないとき
すごいことが起こっているかもしれないです。


わからないけれど
任せていると
自然に導いてくれる
そんな力が働いてくれているとしたら
肩の力も抜けていきます。


球根も花を咲かせた後は、
葉っぱが伸びて
来年の球根に栄養を貯めます。
そして、葉が落ちて
土のなかには球根があるけれど
地上には何も見えなくなります。


それでもなにもないのではなくて
ちゃんと用意されているものがある
そんなことを思いながら
花を眺めていたら
自然の働きの素晴らしさと
共鳴している自分がいました。





やさしい言葉がけを




今朝は東京でも初霜、初氷でした。
外に出ると、きりっとした空気で
清々しさを感じました。


しばらく走っていなかったのですが、
また今週から少しずつ走り出しました。


走っていると、最初は「手が冷たいな」と思うのですが、
少し経つと暖かくなってきます。


「冷たいな」と思うと手の先が冷たく感じて、
「暖かいな」と思うと、ほんの少し暖かさを感じます。



「きついな」と思うと、きつく感じるので、
なるべく気持ちをそっちへ持っていかないようにして、
景色を眺めたり、楽しいことを考えたりしていると、
身体も軽く、楽に走れます。




イメージしたものが現実のなかで
実際にそうなっていくのが
ちょっと不思議に感じます。


「そうじゃない」と決めつけてしまうと
動きようがないものも
違うイメージを持つことで
もう少し可動域が広がるような気がします。





*****

優しい言葉がけをしていますか?
とくに身近な人たちに。


難しいことではないと思うのですが、
けっこう気がつかなかったり、
忘れていたりしています。


何か問題を抱えているときに
その問題を直球で伝えると
相手は緊張してしまいます。


そして伝わらない。
で、あきらめる。
ということを繰り返していませんか?


とっかかりがうまくいかないと
なかなか思うような意思疎通ができなかったりします。


そういうときに、意識してほしいのは
自分がしてもらいたいように
相手に言葉で伝えること。


自分だったらこういう言葉で話してほしいと思うように
相手にも話しかけてください。




言葉遣いや言葉のトーンなども
裁くような感じではなく
やわらかくやさしくしてみると
同じ内容でも伝わりかたが変わってきます。



そうすると、お互いの緊張がほぐれてきます。
緊張して鎧を着たようになっていたら
相手の言うことを聞こうとは思わないですよね?


こういうことが、案外大事だったりします。
潤滑油のような役割でしょうか?
ほんの少しの心遣いが
相手に対するリスペクトになります。


心が開かなかったら、話は通じません。


あと、少しの悪いことを強調するのではなく
大部分の良いところを
言葉にして伝えてみてください。


自分以外の人から
良いところを言葉にしてもらうのって
すごく自信につながるものです。


そうして、土台ができてから
本題に入ると
お互いに満足のいく話し合いになります。


自分にもやさしく
相手にもやさしく
やさしい言葉遣いを心がけたいですね。













「2/2 エッセンスに触れるWS」ありがとうございました。

今日は立春ですね。
お正月、満月、新月、節分、立春と
節目が目白押しですね。
私たちはどういう節目を超えていくのでしょうか。


先のことを考えると
不安も出てきたりもしますが、
ひとつひとつ体験していくことや
見届けていくことのほうが興味深い
と思うこの頃です。



*****


2月2日は「エッセンスに触れるWS」の日でした。
このワークショップでは、初対面の人もいるなかで、
つきあいの深さとは関係なく
さらっと深い話ができる「場」であるということ
安心して自分を出せる「場」であることを
大切にしています。


普段の生活の中ではこのような機会や場というのは
なかなか少ないと思います。



ご感想を寄せてくださったNさんの言葉から。

今日の皆さんの言葉たちや物事を受け止める姿は、
それぞれのお立場やプロセスの違いこそあれ、とても美しくて強くて、
この先もずっと思い出し続けるであろう言葉もありました。
不意に一生もののすごいお土産・お守りをもらってしまった感じです。
アリアさんに来られる人は素敵なかたが多いですね。人的コラージュ。なんのこっちゃですが・笑



*****
ここからは、作成したコラージュを抜粋します。
一番初めのは、私のコラージュです。

このコラージュは、母に対する想いを
形にしたものです。


実は新月のあたりから、母が危篤になりまして
四国に帰省していました。


葬儀が終わってバタバタして帰省したもので、
ワークショップの準備も雑誌も用意していませんでした。
まぁ、いつものことでもありますが、
直前に、以前に切っておいて貼らなかった写真のファイルを手に取ると
「あ、この写真!」と思うものがありました。


右のページの窓の写真がそうです。
北極海と氷山が見えています。


これはソフィ・カルという人の写真で、
母親の死後、母親が行きたがっていた北極に
母親の写真とシャネルのネックレス、ダイヤのリングを携えて
出かけたプロジェクトだそうです。


この写真にとても惹かれて
そのときは貼らなかったけれど、
いつか貼るだろうと取っておいたものでした。


この写真とぴったり重なることがありました。
母の葬儀の際に
姪が今年北欧に旅行に行くのですが、
そのときにおばあちゃんの遺骨を
北欧の海に散骨すると宣言したのです。


海外に行ったことのない母が
孫と一緒に北欧を旅するんだな…
感慨深いな…と思っていたのでした。


それがワークショップの直前にこの写真を見つけて
タイミングの完璧さに驚かされました。

*****
以下はみなさんが作成されたコラージュです。











なかには本人が暗いとかネガティブとか、
殺伐としたイメージと受け止めているコラージュが、
本人以外は、そんなには見えなかったりすることなど…
そういうことを伝えるのも大事なのかなと思います。


ネガティブに揺れるときは
反対側のポジティブにも揺れるし、
その幅が大きい人は
人のことも癒せるようになるという言葉も心に残りました。


自分をちゃんと愛せないと怒りが湧いてくる、
というシェアにも、同じ思いを感じました。


体験のシェアの中に
その方の生きかたや姿勢や感情のパターンなどが見えてくるし
それが自分の中にも波紋のように投げかけてくるものだったり、
そのやりとりがとても美しかったり
感動することが多かったです。




さまざまな要素や階層が
融合されていくプロセスに触れるひとときでした。

言葉とニュアンスのマッチング


先日歩いていたら、
スポットライトのように
一本だけ光が当たっている木を見つけました。

こういう一瞬✨
いいですね。


なにげなく
「今日はこの写真」と思ったのですが、
今日書こうとしていることと
シンクロしていました。


すごくぴったりしたものを
無意識的に選んでいるんだなと
びっくりしました。


*****


私はNLPのセッションが大好きです。
クライアントさんに寄り添って
湧いてくるイメージやニュアンス
体感や感情などを
本人が自分の言葉で
語っていただくと
私にとっても必要な情報だったりして
毎回、不思議な一体感を味わいます。



今起こっていることを
なるべく正確に表現することは
人によっては難しく感じるかもしれません。


でも、コツをつかんだら簡単です。
そこに入れるまでのナビゲートは
相手の言葉に耳を傾けるだけ。


批判とか自分の考えとかは置いておいて
私自身は空っぽな、
無地のような状態になっています。
水面に映る景色のように
どんなものでも映すような…


その状態でお話を聞くと
とても興味深くて
いろいろ質問したくなります。


それによって、引き出されたものが
普段はあまり意識していないことだったり
思っていた概念とは
ニュアンスが違うものだったりして
みなさん驚かれます。


言葉のイメージのなかには
たくさんの自分以外の情報が入っていて
それに影響を受けてしっくりこないことがあります。


言葉と無意識的に感じている自分のイメージが
ぴったり合わさって
整理されて落とし込まれていくと
なにかが整えられてくるような気がします。



先日のNLPのセッションでは
「軸をしっかりさせたい」というテーマでした。


考えていること
起こっていること
感情や体感やイメージ、ニュアンスなどを
いろいろな角度からお聞きしながら、
それについて質問していきます。



たとえば、こんな感じで進めていくのです。


「大木のような感じですか?」

「いや、そんな感じではないです」

「もっとしなるような軸ですか?」

「そうですね、そんな感じです」



そういうやりとりをしているなかで、
求めているのが、太くてしっかりした軸ではなく
柔軟性のある、しなやかな軸なんだなということが
次第にわかってきます。


そのイメージが発展していくと
派生してくるものがあって
全体像がだんだん見えてきて、
核になっているものもわかってきます。


そうなると、
それにもとづいて今までの流れを振り返ってみると
穏やかでより軽やかで
弾むような感覚が出てきました。


こんな感じで進んでいくプロセスが
とてもクリエイティブで楽しいのです。





















外気に触れて


今日はなんとなく身体がだるかったので、
本当に久しぶりにお昼寝をしました。


起きたら、気分もすっきりして、
やる気が出てきました。


ちょっと休むことができるなら
それでリカバーできるので
無理をしたり、根を詰めないで
調子を整えることを心がけています。



用事を済ませるために外に出たら、
光がとても綺麗でした。



自然に生えているオキザリスは
朝は昨日の雨で傷んでいるように見えていましたが、
夕方の光を浴びて元気になっていました。



散歩していて、ふと空を見上げると
十三夜の月がぽっかり浮かんでいました!


ふっくらして綺麗!
この時間の月はカメラを取りに帰っても
同じものは撮れないのでスマホで撮って
そのまま散歩を楽しむことにしました。






スズメがつるバラの枝にたくさん留まっていました。
もうすぐ夜になるので
今晩はこの辺りで夜を過ごすのでしょうか。
ふっくら羽毛をふくらませて
寄り添っていました。


テレビで、おじいさんが
「やることがないので毎日2〜3時間歩いている」と話していて、
私もやることなかったら
そうしていたいと思ったり…
いろいろ妄想しながら 笑


昔からアイデアを出すときは
外で歩いているときでした。
外にいると、
思いがけないものを見たり
出会ったりすることで
普段の自分のネットワークではない
もっと広いところとつながっているのを感じます。


予想しないことは
とてもラクですね。


その場その場で楽しめます。
「今を生きる」こんなことかもしれません。
そのなかで一瞬一瞬を楽しもうと思います。











calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • やさしい言葉がけを
    ミヤ
  • やさしい言葉がけを
    memi
  • 大事なこと
    ミヤ
  • 大事なこと
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • セッションルームです
    ミヤ
  • セッションルームです
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:817 最後に更新した日:2020/02/18

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM