満月の瞑想会 6月4日から

満月の瞑想会、今年も始めます。
全部で6回のコースになります。
過去のレポートなどはこちらから。

新月から満月に向けては、
見えないものから徐々に形になっていく流れです。
反対に満月から新月へ向けては、
だんだんなくなっていく流れです。

だから新月の会は、未来からこちらへの視線で、
あいまいだけどなんとなくこうなりたいというのを、
現実のなかに「作っていく、形にする」ということがテーマになっています。

満月の会は、いらない習慣や考えから自由になって、
「今あるものを楽しむ」ことがテーマになっています。
普段私たちは、あるものよりもないものに目を向けがちですからね…

<このような方へおススメです>
*することに振り回されている
* つい頑張りすぎてしまう
* 欲望や不安から解放されたい
*今を楽しみたい
* 自分を丸ごと受け入れたい
* 人生を喜び、楽しみのほうから選択していきたい
* つながっていることを感じ、わかちあいたい

<やること>
*月を見ながら瞑想したり、談笑したり
*毎回、ひとつくらいしないこと、手放したいことについて話し合う

曖昧な書きかたをしていますが、
ゆるゆるして楽しむために、
そのときによって「臨機応変に」を大切にしています(笑)
お天気がよければ、満月を浴びながらの瞑想や、
シェアリング、 エネルギーワークなども、
そのときに応じて行います。

日程:第1回目 6月4日(月)
   第2回目 7月4日(水)
   第3回目 8月2日(木)
   第4回目 8月31日(金)
   第5回目 9月30日(日)
   第6回目 10月30日(火)

時間:19:00~21:30

会場:ARIA(渋谷区代々木)
   または代々木公園

持ち物:ノートと筆記用具

参加費:1回5,000円

定員:6名

お申し込みはこちらから

受付終了いたしました。

最後の満月の瞑想会

12日は最後の満月の会。
夕方見た月は赤かった。先月とまったく違う月。
代々木公園に着いた時は、やわらかい月だった。
やさしくてやわらかい。


代々木公園の広場の入り口で。
木と木の間からちょうどまんなかに月が見えていて、まるで影絵のよう。

広場についたときに、カラスの群れが空を飛んで行った。
犬がたくさん走り回っている。
キューキューなるボールを加えて走っていたり、楽しそう。
列になってランニングする人達。
いつものように狐の嫁入り行列のようだ。

ウクレレ弾く人。
ウクレレも秋の音色になっているね…
やっぱりMr.ウクレレは満月のメンバーだね。
この日はウクレレ弾きながら、公園を縦断したり、シャウトしたり、
口笛吹いたり、聴いているほうも楽しかった。



年代もも性格もそれぞれ違う3人が集まって、
それぞれに楽しんだ半年間。
個性はそのままなんだけど、不思議なつながりだった。


Sさんもムーミン好きだったってこと、
最後の最後でわかった。
ムーミンの物語の中に
人魚も泳いでいたよという話で、
ともさんもやっぱり一緒の仲間だね。
ということは不思議な精霊界のつながり?

ともさんの最後の歌
ケルトの家族の歌だった。
私たち仲間だし、家族なんだなって思った。

6ヶ月間に培ったもの
言葉には表せないけど、
満足感があった。
これで最後だと思うと切ない感じだねと話しながら、
でも、また新しい始まりだね…。

なんだか、時空の感覚が違っちゃって、
前だったら、向こうの世界とこちらの世界をつなげてということが、
今は案外近くにあるというか
融合してきている。

過去も未来も前は一直線にあったのに。
過去を参考にして、未来を見ていたのに、
いっきに過去と未来がどこかに行ったような気がして、
なんだか梯子を外されたような気がしていた。

宙ぶらりんの”今”というところにいて、
これから先はどこに行けばいいのか?
前のような梯子を上ったりじゃなく、
”今”というこの一点から、
時間は立体になって、あっちにもこっちにも
多次元世界が広がっている

もともとそうだったんだろうけど、
いきなり気づいてしまった感で、
どう使っていいのかわからない状態から
少しずつ新しい使い方にも慣れてきた。
今がひろがっているというか、
今の中に過去も未来も同時に入っている感じに大分慣れてきた。

言葉でいうと、今に生きるとか、
そんなことはいろんな本で読んだり、
頭でわかったつもりになっていたんだけど、
このビミョーな感覚に慣れるまで、
1ヶ月くらいかかったような気がする。

依然として、今までの流れもあるけれど、
それを含んでいる大きな世界がこっちの中に入ってきたというか、
こちらが拡大したのか…

半年間で、
見えないところでなにかが築かれた、そんな気がした。
じゃあなにができたんだろう?
言葉にできないもの
うまく言えないものだけど、なんかできたよ。




ダイヤモンドのような月

昨日は中秋。
いつものように代々木公園で満月の会でした。
昨日の月は、空気のせいなのか、
いつもの少し赤みのあるゴールドの色ではなくて、
純白に輝いていました。
まるでダイヤモンドのような輝きでした。


いつもウクレレの音色が聴こえています。
同じ人のようで、メンバーのようです(笑)
昨日は笛の音も。



月明かりの下で、夜のピクニック。
昨日は灯りなしでも、充分に明るかったです。


メンバーのともさん歌とライアーハープも、毎回のお楽しみ。
そうそう、ともさんが19日から個展を開きます。
満月の会では、いつもタロットのフールの瞑想をしているのですが、
今回のテーマは"FOOL's Gate"だそうです。

☆ともさんの詩☆

【FOOL's Gate】〜虹の橋を渡る

 たとえ
「愚か者」と言われても
 貫ける道があるか?

 何を言われても
 不格好でも

 自らの全力をかたむけて
 喜びを力一杯
 この世界に解き放つ

 FOOLと呼ばれし者だけが
 開けることのできる

 新しい世界の扉

 今までの常識を超えて
 自分で創った
 虹の橋

 踊るように
 渡って行く…




今年の運命の輪WSのテーマも同じ”虹の橋をわたる”でした。
今年はそういう流れになるのでしょうね。


空が明るくて、雲がいろんな形を作って流れていきます。




時間を忘れて眺めていました。




満月の夜のピクニック


今日の満月は、すごく輝いていました!
去年はできなかった満月の瞑想会&お茶会を代々木公園で開きました。
写真では小さく見える月ですが、とても明るくてゴールドの光を放っていました。

広場で座ってピクニックをしていると、
最近草を刈ったのか、草の香りがしました。
後ろの方ではウクレレを奏でながら、即興で歌っている声も。
遠くの木々の間から、整列してランニングをしている人々がライトに照らされて見えました。
音が聞こえないので、なんだか狐の行列みたいに見えました。

一通りおしゃべりをしながら、この1ヶ月のシェアリングをしました。
向かっている方向性はきっと間違っていないとわかるのに、
すぐ目の前のことが見えないので、不安になったりすることや、
心の奥深くにあるものが最近出てくるねとか話しながら
軽く飲んだり食べたりしていると、

小さな白い犬が尻尾を振りながらやってきました。
若い男性が連れていて、それを見たTさんが、

「FOOLだ!」

この会では、タロットの#0のFOOLのカードの瞑想をしているのですが、
そのカードは白い犬を伴った若い愚者が描かれています。

そのすぐ後で瞑想に入ったとたんに地面がぐらりと揺れました。
すごいタイミングでしたね。

その後Tさんのライアーハープの演奏と歌に癒されました。
ゆったりして気持ちのいい夜でした。



ちなみにこの写真は、朝の代々木公園のハーブ畑で。
大好きなアーディチョークの花。






満月の瞑想会&お茶会、今年もやります。


先月の24日に満月の会のメンバーと八芳園でランチ&同窓会を開きました。
ついでに誕生日のお祝いもしていただきまして、ありがとうございました。
オープンエアのカフェは、新緑の庭が見えて気持ちよかったです。
お庭を散歩しながら、水辺のあずまやでシェアリングタイムになりました。
近況や最近の心境など、それぞれが話すうちに、みんな同じことを考えているねと皆で笑い合いました。

*******

さて、「満月の瞑想会&お茶会」を今年も開催いたします。
満月の日は、自分の中をじっくり見るのにとてもいい機会です。
自分らしく生きるために、心の奥深くを見る旅にでかけませんか?
普段は外側に向きがちな目を内側に向けてみることで、
違ったものが見えてきます。
未だ整理がついていないもののなかに、
かけがいのないものが隠れているでしょう。

皆で一緒に瞑想することは、それぞれの深いところの心の糸が交差し合って、
ひとつの美しい織物になっていくような作業です。
自分が見ているものが自分の世界でありながら、
皆とつながっているのに気がつきます。
お茶を飲みながらのゆるい会だからこそ、リラックスして深い話ができます。
今年は5月から10月までの6回のコースです。
半年の間、いっしょに月を見ながら、楽しいひとときを過ごしましょう。


去年の満月の会のレポートはこちら>>

日程:第1回目 5月17日(火)
   第2回目 6月16日(木)
   第3回目 7月15日(金)
   第4回目 8月14日(日)
   第5回目 9月12日(月)
   第6回目 10月12日(水)

時間:19:00~21:30

会場:ARIA(渋谷区代々木)

持ち物:ノートと筆記用具

参加費:1回5,000円

定員:6名

ハーブティーとお菓子を用意しております。
みんなで創り上げていくワークになりますので、なるべく全回参加できるようにお願いいたします。

お申し込みはこちらから




満月の瞑想会&お茶会

先月20日の最後の満月の会のご報告です。
去年の1月のブルームーンから始まって1年間。
毎月集まって心の深いところをシェアしていたので、
今回で終わるのはちょっとさびしい気もしましたが、
また新たな始まりの第一歩のようにも感じました。


まずは今年の抱負について、それぞれ話しました。
そのなかで多かったテーマは「自由」。
「自分の持っている価値観とか考え方で
自分を縛っているのから解放された〜い!」ていうかたが多かったです。
それから発生して、こんなテーマが次々に。

体験する
自分のために生きる
自分から発信する
前に進んでいく


瞑想では、まず今年のビジョンをタロットのFOOLに見せてもらい、
月に気をつけることや気づいていないことを見せてもらいました。

私はまずFOOLが白い龍になって、
いろんなところへ連れて行ってもらいました。
この龍が『はてしない物語』の龍だ!と気がついて、
この本を読んでごらんと。
それから虹について
すべての光を取り入れること、
可視光線以外の光も。
そして統合すること。
皆で手をつないで虹の輪を作っていました。

月には、「恩恵だけを受け取りなさい」と。
何回も何回も命令口調で(笑)
「不平不満ばかり目を向けないで
与えられているものがいかに多いか
すべてを恩恵という視点で受け取って見てください。」

瞑想の前に見た月はブルーに輝いていたのが、
目を開けたときはピンクゴールドに変わっていました。

Eさんは、これまでの過去を振り返って見せられたそう。
1年経って自分に羽が生えていて、
「飛ぼうとする意志があれば飛べる!」
虹の橋を渡るとこれからのビジョンが見え、
1回行くとそこにはいつでも行けるようになるそうでした。

蒼い月に「リアリティを持ちなさい。
現実的にこうしたいというビジョンを持って、
自分を信頼してどっしりとしていること。」と。
ふと見ると自分の体からピンクゴールドの光が放たれて、
目を開けてみたら月の光がその色に変わっていたそうです。

Kさんは、ダンナさんの顔ばかり出てきて、
「元気ないからもう少しサポートしてあげて」
光の粒がいっぱいで、光に包まれてエネルギーに満ちあふれました。
月には、「実家の家族について、サポートしてあげるように、
たまに月の瞑想をやって欲しい」と言われたそうです。

Yさんは、FOOLにすごい早さで振り回されながら、船に乗っていったそうです。
月には未知の世界を経験するように。
一人で責任を持ってやることを教えられたそうです。

Hさんは、すごくきれいな浜辺にいたそうです。
飛んでいるときにふと見たら翼がついていました。
浜辺の灯台の上に登って上から見ていたら、
「だいじょうぶさ!」という声が何度も聞こえたそうです。

その世界がスノーボールのようになって
同時にそれを眺めている自分。
見守られているのか、見守っているのか…

月は暗い山を登って、がれきのなか、
ずっとずっと山越え、谷越え。
よく見ると端々に花が咲いていました。
がれきから光る石が現れて自分の胸に入っていったそうです。
「頭で考えなくて心で感じるんだ。
身体で感じるんだ。」

月を眺める自分と月と一体の自分。
またそれを夜空の外から全体を眺めている自分。
「視点を変えればいいんだな」って思った。
ふと気がついたら瞑想している皆がつながって見えたそうです。

Mさんは、タロットのFOOLのカードが燃えて、
その中を突き抜けて入っていったそうです。
スカイツリーの一番上
いろんな色に輝く電気、稲妻
それに自分も乗っていく。

海の潮が引いたときに、普段見えないものが見えてきた。
そこを歩いていて箱を拾ったら大切なものが入っていた。

今は夜だけど、必ず朝がくる。
天使も二人いた。

ガラスの破片や、灼熱の太陽
そういうのも覚悟して。

月は大きな天涯に囲まれて、
自分は孤独で一人と感じているけど、
ちゃんと守られているんだと命令口調で。

細かくごちゃごちゃ考えずに外から見てつながる。
一人と思っているだろう。
相手と二人で一人だから。

海に船で出る。
大きな船に乗って、そこから旅に出る。
一人ではない、仲間も揃っている。
足りないものはない。

皆で紡いでいったビジョンでした。
これからまたどんなことが起こってくるのでしょう。
またたまに同窓会でも開きたいねという声も上がっています。
そのときにまた続きを話し合いたいですね。
1年間長い間おつきあいいただきまして、ありがとうございました。






満月の瞑想会&お茶会

この瞑想会もいよいよ今月20日をもって最後となります。
1年を通して集まった仲間たちと、お互いの話に深く耳を傾け、自分の人生に何が起きているのか対話することがいかに大切なのかを実感しました。対話を通してエネルギーレベルでも交流が起こっています。こうしたゆっくりと意識の流れを追っていくようなことに時間をかけていくことを、また今年もやっていきたいなと思っています。ただ、今年はまた違うやり方になるかと思いますが…。

私自身もこの1年を振り返ってみると、実生活においてパートナーと対話するときに、相手をより信頼して話せるようになったかなと思います。たとえば自分が不安に思っていることや、モヤモヤしたことなどですが…。今までなら言葉にするのが面倒だったりして、些細なことを話したりしなかったのですが、話してみると案外客観的な意見が返ってきて、「なるほどな…」と思うことが多くなりました。

前回はこの1年を振り返ったシェアから始まりました。
Yさんは、この1年はケガをしたり肉離れを起したり、風邪を引いたりと、身体に症状として出ることが多かったそうです。後半からは人と関わる機会が増えてきたそうです。自分がやりたかった仕事をやる機会が与えられたりするなかで、「自分が何をしたいのか?どうしていきたいのか?」を問われるような気がしたそうです。

Eさんは内面的にも外面的にもめまぐるしい1年だったそうです。そのなかで自分の中をひたすら見つめて、ひたすら捨てるということが知らないうちにできるようになってきたそうです。自分を見つめていくと、今起こっていることも長い人生の道のりの途中の出来事であって、今はどこかわからないけれどもちゃんと行けるところへいけるのだということがわかったそうです。後半は、これから先のことをいろいろ考えさせられたそうです。自分の人生とか、自分の本当の姿、自分のやりたいことや、自分が我慢していることなど…。そういうことを見つめながら今は調整している感じだそうです。

Hさんは、夏から仕事を始めて外に出ていろんな人と関わることが増えたそうです。そのなかで起こってくる出来事に気持ちが左右されることが多かったそうです。本当の気持ちを主張することが案外できなくて、内面の軋轢に苦しんだりしたことも…。でもそういうときに今までのクセで、原因探しをしたり、悪いもの探しをするということが少なくなってきたそうです。最近は少しずつですが「そんなものよね〜」って思えるようになったそうです。

Mさんは、年初に作ったビジョンマップに「始動」という言葉を貼っていたそうです。今までやってきたことや取り組んできたものが、いったん結びの状態になってきていて、何かが始まっている感がするけど、それが何かはまだわからないそうです。自分の思考パターンが大分崩された1年だったそうです。職場の人間関係でも、今までは自分に関係のないことは知らん顔をしていたけれど、目をそらさないようになってきたそうです。自分と同じように見えていない人もいるし、できない人もいるんだということがわかってきたし、頭で悶々と考えることが少なくなったり、「なんで!」という怒りが少なくなったそうです。シェアが苦手だったけど、少し慣れてきたそうです。これからは「つながること」を積極的にやっていきたいそうです。

Nさんは、何も考えられないほど忙しい1年だったそうです。瞑想でも穴の中で苦しく抜け出せないイメージがたびたび出てきました。でも、ちゃんとその自分の状況を把握できていて客観的に眺められるのは、今までよりもより高いレベルで物事をとらえられていることだと思います。苦しいときこそが自分を変化させ成長させる大事な時期ですね。

前回は最初に次の日が冬至ということもあって、創造のプロセスをたどっていく誘導瞑想をしました。満月、皆既日食、冬至、すべてが転換点のようなこの日にふさわしいものとして、陰から陽、形のない無から形になっていくプロセスをたどる瞑想を、新年に向けて行ないました。私たちが現に存在しているこの空間を、真に存在している空間にするために、あらためて空間をリセットし浄化しました。

そのあとでいつもの瞑想をしました。
不思議なことに、同じようなビジョンを見るかたが多かったです。洞窟の中とか、穴の中に落ちるとか、滑り台をものすごいスピードで滑って、水の中にドボーンとか…ブラックホールに吸い込まれるとか、でんぐり返しとか、なにか暗くて狭いところを通って、どこかの世界にワープするような感覚でした。私が見たビジョンも、外に行くのでなく自分の中に入って暗いところを進んでいたら扉が見えてきて、違う世界に行ったのですが、みなさん同じようなイメージのかたが多かったです。『不思議の国のアリス』のようなイメージに近いものでした。

それから私が瞑想の中で見た月は、月なのに太陽のような感じでなんだか不思議な感じがしたのですが、まったく同じイメージをみたかたがいたのにもビックリでした。今年は今とはまったく違う世界が待っているのかな…まったく違う見え方の世界とか、真逆なものの見かたとか、同じものでも視点が大きく変わっていくとか。起こっていることはそんなにたいしたことじゃなくても、捉え方がまったく今までとは違う視点になるのかな…、そうなるとしたらどういう見かたになっていくのでしょうか?

何が起こるのかはわからないけど、もう私たちはアリスのように穴の中をすごいスピードで落下しながら新しい世界に突入しつつあるのでしょうか?
今ブログを書いていて、これって出産のプロセスに近いかも!って気づきました。創造の瞑想のあとだったからなのでしょうか?それとも新しい年に向けて、新しいものが生まれてくるということなのかな?
さて、今月がラストの瞑想会、どんな展開になるのでしょう?







満月の瞑想会&お茶会


早いものでもう少しでクリスマスですね。
今年もあとわずか…
本当にあっという間ですね。

12月になって彫金を習い始めました。
教室には週2日自転車で通って往復20キロ。
9月からジャイロに加えてジムにも通ったりで、
体を動かすことが習慣になっています。
頭で考えるよりも体や手を動かしていくうちに、
わかってくることが楽しくなってきました。

そんなので忙しくてブログの更新が遅くなってしまいました。
もうすぐ次の満月の会なので、まとめる意味も込めてレポートです。


+++++++++++++++++++++++++++++



11月22日は11回目の満月の瞑想会&お茶会でした。
残すところあと2回。次回は21日です。
この日は3年ぶりに皆既月食も見れるそうなので、楽しみですね。


この瞑想会では、毎回それぞれの1ヶ月間をシェアすることから始まります。
1年かけて話に耳を傾けることを体得してきつつあります。
私たちは自分が話すことに耳を傾けてくれる相手を必要としています。
普段は私たちの頭は忙しく働いていて、
人の言うことにきちんと耳を傾けることがなかなかできません。
心を鎮めて耳を傾けること自体が瞑想だといってもいいでしょう。

また、私たちは話している人の声を聞くことで、
その人から伝わってくるなにかを感じています。
声のトーンや響きや、沈黙からさえも。
それが言葉で表せないものであっても、
目の前でその人に接して声を聞く行為は、
その人の本質の一部に接していることではないかと思います。

相手がなにを伝えたいのか理解しようとして聴くことは、
相手と深く触れあうことになります。
その経験は思った以上に大事なことなんだなと、
回を重ねるたびに確認しています。
そのことがお互いの洞察を深め、そこに共鳴が起こります。



この日は、全体的に自然や生命に関するようなイメージが多かったです。
水をくぐりぬけること
洞窟で木になっている実を食べているイメージ。
ラグーンでウミガメが泳いでいる。
宇宙の中の生命の象徴のような木、
緑の家を探しに行く。
輪になってスカイダイビング。
馬車に乗って行く。

生きていることを楽しむこと
生命の循環。
またそれぞれのつながりや流れ。
開花。

おだやかでやさしくて
みずみずしいイメージでした。

このところ現実でいろいろ大変だった人が多かったように思います。
ひと波乗り超えたら、また次の波が襲ってくるような繰り返しのなかで
心身共にへとへとに疲れているけど、だんだんそれに慣れてきて、
波乗り感覚が身についてきた感じなのかな…

そんななかで太陽の光が水に反射してキラキラしてきれいだなとか
見れるゆとりが出てきたのかも…
まわりを見てみたら、自分だけじゃなくてみんなも同じだったのに気がついたり…

大変ななかでも、日常の小さな楽しみや喜びを見いだせること
そんなことが大事なような気がします。
きっと10年くらい経ったら、あの時は動乱の世の中だったと思い出すような…
そんな急激な変化の海の中にいるのかもしれませんね。
そんななかでも仲間がいればお互いに助け合っていけそうですね。






満月の瞑想会&お茶会

先週23日は満月の瞑想会&お茶会でした。

この日は満月が久々にきれいに見えました。
今回は嬉しいご報告がありました。
今回はお休みされたかたですが、
赤ちゃんができたというご報告をいただきました。

前回”新しく生まれる”というテーマが出ていましたが、
本当に新しい命が育っていたのですね!

他の方たちは、前から彼女の瞑想のシェアを聞いて
赤ちゃんが生まれるのかな〜って思っていたそうです。
瞑想だけに限らないですが、自分の奥深くに佇んでいるときに
ときどきハッとするような無意識からのサインがやってくることがあります。
シェアをしているときに、自分が気がつかなくても、まわりが感じている場合もあります。

今回はその人にとって課題となっていることが、
出来事として現れて再確認せざるを得なくなったり、
その経験を通してばらばらだったものが統合され整理されていく過程を
体験されている人が多かったです。

こういうときは蓋をしていた昔の感情とかパターンが浮き上がってきたりして、
心身共にぐったりすることも多いですね。

でも、問題を乗り越えるまでには、苦しんだり悩んだり、
ときには不条理な思いをさせられたりすることにも
立ち向かわなくてはならない時もあります。

そういうときは手探りで進んでいくことしかできなくて、
トンネルを通過どころか、土の中をコンパスを片手に、
掘り進めて掘り進めてやっと光明を見いだすことなのかもしれません。
でも、こういう経験を重ねていくことで
自分にとって大事なものや、いらないものがわかって
その人がその人らしくなっていくんですよね。

この1ヶ月で私が気づいたことのキーワードは以下になります。

決めつけないで曖昧なままで
そのときに応じてバランスを取る
固定化せずに柔軟に
今の自分に合うことを基準にする

すべては変化しているので、
決められないものは決めつけないで、曖昧なままでいいんじゃないか、
流れるままに様子を見ていくことでいいのかなと…
そのほうが自分に対してもまわりに対しても自然だなと思いました。

さて、瞑想では何人かに共通のテーマがありました。

変身 変容 蝶 翼が生える 自分の殻が割れる 飛翔
深く潜っていく 通過する
休息する さなぎ

前回の”新しく生まれる”が進んで
実際に変容していく過程がおこっているのでしょうか?
次回も楽しみです。








満月の瞑想会&お茶会

9月23日は満月の瞑想会&お月見パーティでした。
この日は秋分の日でもあり、22日〜23日は代々木八幡のお祭りでした。



この写真は22日のものです。
この日は中秋の名月で、お月さまもきれいに見えました。



23日は朝から体調がイマイチだったのですが、
お掃除をしているとだんだん調子が戻ってきました。
いつもそんな感じでゆるゆる動きながら波動調整しています。

この日の瞑想は、「新しく生まれる」「新しい方向へ進む」というテーマの人が
多かったです。

ある人は、気がつくといつしか自分が赤ちゃんになって
雲の上でゆらゆら浮かんでいたそうです。

また別の人は、FOOLの瞑想で今までは崖から飛び降りていたけど、
今回は反対の方向へ「おうち」を目指して歩いていったそうです。
歩いているのでなかなか進まないけれど、
でも一歩一歩ちゃんと進んでいっているのを確認したそうです。

またある人は、ゆったりと海につかっていたそうです。
海といえば母性や受容性を表しますが、
いろいろな変化、プロセスそのものが人生であって、
それをゆったりと受け入れていくということなのでしょうか。
瞑想などで、光を見るとか、インスピレーションを得るのは早いのですが、
現実の変化は、たとえば植物を育てるように
じわじわ変化していくものですものね。


私は、FOOLの瞑想の時にカードの中に入ったら、
そこは”力”のカードの世界になっていました。
ライオンをたおやかな女性がやさしく手なずけている絵です。
花の鎖でつないでいます。
これからのあなたのテーマはこれですって示されたように感じました。


力で無理矢理ねじ伏せるのではなく、
やさしく忍耐強く接していくことが、
本当の意味での強さだということ。

速く進むよりはゆっくり進む
謙虚に、やさしく、誠実に関わること

そんなことを教えられているように感じました。
だんだん自分を肯定できるようになってきたので、
次のステップに行きなさいということなのかなって思います。
これは私だけでなく、
参加者みんなもそうだと思います。
一緒にステップを上がっていく感じです。

月は見えませんでしたが、
たしかに大きな力で見守ってくれているのを感じました。

"CELEBRATION   祝祭" という言葉が浮かびました。

ここから小さな一歩を踏み出していくような気がします。



瞑想会の後で、持ち寄りでお月見パーティをしました。
すすきを飾ってお月見らしい雰囲気に。

手作りの韓国風栗おこわなど、美味しいものが沢山で、
食べるのに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました。
いつも食べ物の写真を撮るのは頭になくて、
食べ終わった後に、撮ればよかったなって思うのですが…



デザートなど。
おいしいものを皆で一緒に食べるのって、幸せですね。





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya
  • あの人だったら…
    ミヤ
  • あの人だったら…
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:536 最後に更新した日:2017/06/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM