昨日の新月

昨日は新月でした。
南半球のオーストラリア北部などでは皆既日食が見られたそうです。
それを知ったときに、なんとなく腑に落ちたことがありました。

新月の会は5月21日の金環日食から始まって、
先月の新月で終了したのですが、
わたしの中でも、参加されたかたの中にも、
なんかスッキリしないなぁ…これでいいのかなという思いがありした。

前のブログにも書いたのですが、
今回は具体的なことを達成するというよりは、
自分の内面を見つめていくという流れになっていて、
なんとなく表面的にはなかなか進展していかないように見えました。

先月の会で、新月の会の打ち上げをするということになって、
日程は14日の新月の後がいいような気がして、今週末になりました。
そのときは知らなかったけれど、
日食に始まって日食で終わる会なんだなと思うと、
なんだかとても意味があるような気がします。

星占いの石井ゆかりさんによると、
日食はいわば「新月のすごいの」だそうです。
新月はもとより、太陽と月が近づく現象なので
目で「見る」ことはできないわけですが、
日食は唯一「目で見ることができる新月」だそうです。

ここからは石井ゆかりさんのブログの引用になりますが、
日食は、太陽が一度消えて、また元に戻るので、
古くは「太陽の死と再生」のように捉えられることもあったそうです。
太陽は間違いなく、私たちにとって最も輝かしい「パワー」なわけで
それが黒い影に覆われることは、
あまりいい意味には捉えられなかったらしいんですが、
それでも、「そのあと、また復活する」ことは
キリストの復活のイメージとも重なって、
かなり強力な予兆として、
人々に印象深く受け止められていたのだそうです。

新月は「スタート」のタイミングなんですが、
日食はその「スタート」の印象が、非常に濃く深い、という気がします。



なるほどね…
だから、今回の新月の会は、けっこうきつかったのかもしれないです。
普段の新月はあまり影のほうに意識が向かないのですが、
今回はタロットカードの#THE MOONにあるような、
自分の意識下にある不安や見たくないものを見て、
それをちゃんと受入れて統合していくことが、
テーマだったのかもしれないです。

人間はどの人もみんな影を自分の魂の内に持っています。
影、それは本人の見たくない領域。
限られた、狭い、特定の、固定観念とか、
現実の見たいところ以外の領域。

それに気がついて、受入れて、自分の中で消化していくことで、
より大きな現実に目を開くことになっていきます。

影を停滞と見るのではなく、
魂の成長のステップとして見ることができたら、
自然に変容が起こってきます。
変容って自ら起すものじゃなくて、すごく深く理解したときに、
内側から起こってくるものです。
だから、影を見つけたら、それを受け入れて消化していくことを、
地道に続けていくしかないです。


自分の中でこの6ヶ月振り返ってみたら、
より正直になってきたように思います。
見せたくない部分が減ってきたというか、
不安なものは不安と言えるし、
自分の弱さを認められるようになってきたかな。

ただ自分自身でいること。

そういう視点で見たら、この期間に得たものは、
とても大きな収穫かもしません。

新月のメンバーの人達も、
メールのやり取りを続けていくうちに、
より核心に触れることを伝えあうことが増えてきたなと思いました。

そしてまた、特定の目標を立てるとしても、
それを重荷として背負うことなく、
ただ、自分らしくいればいいし、
やりたければやればいいし、
やらなくても、いいのかもしれません。

そして友達としてこれからも心を開いた
おつきあいができたらいいなと思います。
一つの区切りとしての終わりと始まり。




信じること

今週の新月で5月の金環日食から始まった新月の会が終わりました。
みなさん、その間毎週レポートを出してくれて、
それだけでも結構大変だったと思います。
お疲れさまでした。



今回の会を通して、私が感じたこと、学んだことはいろいろありました。
私自身も一緒にやっていたので、
この期間を通して達成できたことを見ていくと、
かなりのことができたと思うんだけど、
なにかが自分の中でしっくりこなかったのです。

みんなが目標に書いていたことが、
表面的にはなかなか進展していないように見えて、
それが気になっていたんだなと気がつきました。

最初に思っていたところと違う出口に出てしまって、
あれっ、こんなのでよかったのかな…というような感じがしたのです。
でも、前のブログにも書きましたが、
「本当に望んでいることを見つける」ことでは、
みんなちゃんとそれに近づいたんだなと思います。
形にこだわっているのは私なんですよね、たぶん。

自分に向き合うこと、人とつきあうことって、
結婚生活や子どもを育てるのと似ていて、
いざやっていくとけっこう大変だなと思います。

思うように進まないのを見ていてやきもきしたり、
それを伝えようか、そのまま見守っていくかと、
もやもやした気持ちを抱えていましたが、
結局最後には、いい意味で「放っておこう」と思えるようになりました。
それは私にとって、「信じる」ということだったような気がします。
そのことは、もやもやした、あいまいな、不安定さを通して
もたらされました。

それは自分のことにも当てはまります。
進んでいくことは一足飛びにはいかないことが多いけれど、
それでも前進し続けることが、
人生を信じることにつながっていくのですよね。





心から望んでいること

まだまだ暑い日が続きますが、空は秋の空になってきましたね。




昨日は新月でした。
今回の新月の会では、毎週レポートを出してもらっています。
6ヶ月の目標とか、今月の目標とか、先週やったことや、
今週やること、気づいたことや学んだことなどを書いてもらっています。

それをやって気づいたことは、同じフォーマットで書いてもらうと、
ものの考えかたとか、感じかたとか、
その人らしさというものが、かなり出てくるものなのですね。

メンバー全員が見れるようになっているので、
けっこう同じことで悩んでいたりとか、
リンクしているのにも気づいたりします。

レポートを出すのが遅れてきたりするのは、
その週は忙しくて手一杯だったり、
調子が悪くて、やろうと思っていたことが、
何もできなかったりするときなどですが、
そういうのも、そのまま出せるようになれるといいなと思っています。
それぞれの状況のなかで、
やれるときもあるし、やれないときもあるので。
やれないときは、やれるペースに落とせばいいだけです。


今の状態や気持ちを正直に伝えるのって難しいですね。
できなかった自分を責めてしまったり、恥ずかしく思うと、
レポートと書くのがおっくうになってきたり、
抽象的な書きかたになったりします。
そのあたりにも注意を払って、
自分の中にある罪悪感や抵抗を取り除いていってほしいです。
そういうささいなことでも、気づいて直していくだけで、
すごく大きな変化になるんじゃないかなと思います。


みんなのレポートを見ていて気がついたことは、
もしかしたらこの会は、
6ヶ月の間に本当に心から望んでいることを、
見つけることなのかなということです。
最初に書いた目標は、頭でいいなと思っていたことで、
今の自分をなんとかしたいというところからスタートしたんだけど、
だんだんやっていくうちに、
今の自分の立ち位置からスタートする方向へ、
みなさんも変化してきているようです。
もっと奥のほうで望んでいることに気がつきだしたということかな。

今の自分がやりたいこと、やれることをやっていると、
自分が何をしたわけでもないような、
なんだかひょうしぬけするくらい、
自然にそれがやれていくものになっていきます。

それを続けていけば、
進んでいく道がはっきりしてくるのかもしれませんね。
そういう進みかたが、なんとなくいいような気がしています。





守られている

先週土曜日の新月の会で、マンダラを作りました。
私のやりたいことというか、やっていることは、
マンダラを作ることなのだとわかってきてから、
ヴィジョンマップという言葉を使うのが、
なんとなくしっくりこなくなってきました。

マンダラを作ることによって、また違う面の自分を発見できます。
要するに私はいろんなやりかたで
自分を知るということがやりたいようです。
それと、私は即興で何かをするというのが好きなんですよね。
集中して、自分の持っている物を最大限活かして何かをやるときは、
とても自分らしくいられるような気がするから。

今回は、雑誌の方はこちらで用意して、
1人5冊ずつ、トランプのようにシャッフルして配りました。
あらかじめ自分で用意するよりも、
あるもので作るという体験をしてもらいたかったからです。

限られたものの中でも自分が編集して作れば、
それなりに自分らしいものができることを、
みなさん実感されたようです。





これは、私が作ったものです。

自分の心象風景なのかな。
神聖なものに囲まれている自分のようなイメージ。





こちらは裏面です。
5冊のうちの1冊に双子の特集が出ていたのが、
それを見たときに、あぁ、これ!と思いました。
なぜだかわからないのですけど。


作ってみて、これは何を表すのかな…と眺めていたら、思いだしました。
会の初めに、いつもみんなで瞑想をするのですが、
そのときにも二人の女の子と二人の男の子のイメージが
出てきてい手、なんだろうな、これ?と思っていたのでした。
まだ雑誌も配っていなかったのに、
なんとなくイメージはキャッチしているものですね。


でも作りながらもできてからも、なんでこれなのかなって、
わからなくて、何度も眺めていたら、ふと、
あぁ…守られているって、思いました。

そうやってみて見ると、最初に作ったものも、その裏のマンダラも、
同じ意味のような気がしてきました。

現実においても、いろんな人から助けられたり、守られているし、
内面的にも、霊的にも、
いろんなサポートがあって今の自分が存在していていること、
自分は守られているんだということを、
思いだしなさいってことなのかな。


どの人もどんな状況でも守られているんだけど、
現実の中ではとてもそうは思えなかったり、
感じられないでいることが多いですね。
でも、守られているという視点から物事を見てみると、
なにか普段気がつかないものが見えてくるのではないでしょうか。

生きていればいろんなことが起こるけれど、
必ず守られているから、
そのときそのときに、すべてを開いて、
やれることをやっていけば大丈夫なんでしょうね。

それと見えるかたちでも、見えないところでも、
いろんな支えがあることを、
忘れないで感謝していきたいし、
助けを求めていけばいいんじゃないでしょうか。












新月の会打ち上げパーティ


この前の日曜日に新月の会の打ち上げパーティをしました。
震災後の初の新月から始まって、約半年間。
いろいろな変化の中で、こういう集まりを主催できてとてもよかったなと思いました。

この日はメンバーのHさんがマクロビのお料理を作っていただきました。
お料理でこの半年を振り返って見るというコンセプトの献立でした。

Hさんのメニュー♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この半年間、『新月の会』で“夢を形にする”をキーワードに歩んできた、そのプロセスに沿って・・

始まりは4月3日の新月・・・豆乳カプレーゼ(真っ白まん丸なお月さま)
◆私の夢って?本当やりたいことって何?、自分自身への問いかけ、気付きの種、芽生え
  ・・・スプラウトの包みサラダ with 種のドレッシング
 
 
◆今までやってこなかったことにチャレンジ、新しい発見や習慣、選択
  ・・・蒸し/焼き野菜と パンの酒粕チーズフォンデュ,ディップ数種
  ・・・車麩の香草焼き
◆葛藤、混沌、崩壊
  ・・・秋盛りだくさん チリビーンズ
◆変化変容〜実り、結実、現象化
  ・・・旬の果物のデザート、栗とナツメともち米のデザート

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Hさんのお料理、とてもやさしい味でした。
マクロビというだけじゃなくて、その人の心がこもっているものをいただくことって、本当に嬉しいですね。



写真がボケてしまったのですが、私が大好きなもち米を蒸したお菓子です。去年の満月の会のときにも作っていただきました。


この日はガールズトークが盛り上がって…
Mさんが急に結婚することが決まって、その話で持ち切りでした。
彼女の最初の目標は、「女子力アップ!」
本当にそうなったので、ビックリです。

それで、ペアのカップを揃えておくといいよとか、
ペアのぬいぐるみがいいとか、たわいもないことをいっぱい笑い合って話しました。

新しい変化の中で、現実的なことに直面したりすると、いろんな心配や変化に抵抗する自分を見たりとか、そういうことも、みんなで、「そうだよね〜」と笑い合ううちに、みんな同じなんだなと確認できたようです。

6ヶ月の間、この会では月1回集まることと、週1回のシェアメールのやり取りをしていました。メールはときには2週間に1回や月1回になる場合もあったけど、その後のメールを読んで、大変な時期なのだなとわかり合えました。私がしたことは、自分のシェアとみなさんのシェアに対して、お返事をしたことくらいなのですが、同じような体験をされている人達の励みになったり、共感になったりすることも実感しました。

それぞれ、現実的に達成したことや変化もたくさんあったけど、新月の会が終わってからはっきりしたのは、現実的に達成したい目標とかそういうことよりも、「暖かい人間関係」とか、「暖かい絆」とか、目に見えないけど、「暖かい」ということがベースにちゃんと流れている関係性を作ったんだなということでした。


こういうベースがあると、それが原動力というか、浮力のようなもので、そこから何か生まれてくるんじゃないか?そういう「場」を作ることが私がやりたいことだなと、あらためて確認した日でした。

他の人達からも、「新月の会があって、本当によかったね…。自分のことを振り返って、自分の言葉で話すことって大事だね」とおっしゃっていただきました。


その後でHSさんからのご感想のメールです。
「半年前の!その時掲げた「目標」をきっかけに、本当に自分が改善したいと思っている深い所に行きついた気がします。みなさんとシェアすることにより、意識して今起こっている状況を感じとることが出来ました。ありがとうございました。Mさん初め、これからが、それぞれの変化の始まりのような気がします!
また、みなさまにお会いして、その後のお話を聞きたいです。」


Hさんからも。
「日曜日は本当に楽しい打ち上げでした。半年の間、目まぐるしくいろんな出来事があったけど、いつも皆さんと一緒というか見守られていたなー、ってしみじみと…私にとっての新月の会は日曜日でひとつの締めくくりでしたが、終わりというんじゃなくて、また新しい何かにつながっていくんだろうなぁ、と感じています。この間ありがとうございました!」

Kさんからのご感想が届きました。
「美弥さん、素敵な仲間に出会えた機会をありがとうございました。大変な時もあったけど、独りじゃないって思えることで乗り越えられた事も多かったです。不安とか戸惑いを感じる時もあったけど、そんな中でも『楽しんで』という気持ちが持てるようになりました。自分やみなさんのこれからが、とっても楽しみです。忘年会、絶対やりましょうね。」

Yさんから
「先週の打ち上げ会は本当に楽しかったです。みなさんがキラキラしていてまばゆかったです。Hさんのお料理は本当に美味しくてやさしくて幸せでした。テーマに感動しました。新月食べて取り込んじゃいましたね。今から忘年会が待ち遠しいです。

今年は大きな変化から始まり、新しい環境での不安のスタートでしたが、新月の会に参加したことでみなさんとのつながりを感じながら進めたことが力となりました。どなたの話しを聞いても自分のことのようで、不思議な時間でした。人ってつながっているし、1人じゃないんですねー。よき仲間との出会いに感謝します。みなさんのパートナーに会える日を楽しみにしてます。どんどん輪が広がりますね。ではまた年末に〜☆」

Tさんから
「私なりに、<新月の会>を振り返ると、このメンバーの共通項はというのがテーマだったように思えました。

自分に対して、誰かに対して、卉狼紊紡个靴董◆◆◆◆いろんな次元でそれらを体験できた印象です。
そして、さらに、それぞれが新鮮な気持ちで歩み続ける。
繋がっているような新たな出発のような。。。
時間が経つほど、ここでの時間が味わい深いものに思えるような気がします。」




次は忘年会でしょうかねぇ。またみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。


お知らせ:新月の会、満月の会は、来年以降も続けていきます。またブログなどでお知らせいたします。







「新月の夢を叶える会」始めます。

「新月の夢を叶える会」
4月3日の新月から始まります。

満月の会は、じっくり自分の中を見つめるとともに、
皆で一緒に瞑想していて、同じ気づきにハッとしたり、
シェアリングで、立場や状況は違っても同じような経験をしていたりと
みんなどこかつながっていることを実感しました。
とてもゆるい会だったからこそ、同じ目線で気楽に話し合えて、
それが今思い返すとパワフルで貴重な体験だった気がします。

それで、今年はさらに発展して、
この世界に自分の夢をカタチにしていくことを
皆でやってみたいなと思っています。
それぞれの持っている本質的な良さを知り、
やりたいことを発信しするために
おたがいに援助しあえる会にしたいと思っています。

まず、6ヶ月後にどうなっていたいか具体的に決めます。
たとえば日常の生活習慣を変えるようなこと、
新しいことに取り組む時間を組み込むとか…
部屋を片づけて、居心地よくするとか…
家族との会話を増やすとか…
普段頭で考えていても、なかなか行動や習慣に落とし込めなかったり、
継続的にやれないものってありますよね?

そういうことを皆で話しながら、
少しずつ実践できるようにしていきませんか?
相互に問題を掘り下げる質問をしながら、
アドバイスしたり、応援したりしていきます。
きっと自分では気づかないところも皆で智慧を出し合っていくと、
いいアイデアが出てくるじゃないでしょうか。

自分の夢を応援してくれる人がいるって、とても励みになりませんか?
そしておたがいの夢を共有していけたら、どんなに楽しいでしょう?

この会ではやりたいことについて細かく見つめていき、
6ヶ月後に確実にカタチや習慣になることを目指します。
やっていけば実現可能なことを具体的に考えていきます。

大きな夢ではなく、実現可能な夢を確実にカタチにしていきましょう。
そういう小さな一歩を確実に歩んでいくことで、
自分の中に自信が生まれてくるはずです。

毎月新月の日に集まり、目標ややってきたことを振り返り、
話し合いながら新たに目標を更新します。
また現実化するためのイメージワークも行ないます。
4月から半年間、一緒に夢を分かちあい、カタチにしていきましょう!

********************************************

下記の項目に当てはまる方に限らせていただきます。
・望むことを確実に現実化したいと願っている人
・6ヶ月間のコースを必ず参加する意志を持っている人
・皆と夢を分かちあえる人

日程:第1回目 4月3日(日)
   第2回目 5月3日(火・祝)
   第3回目 6月2日(木)
   第4回目 7月1日(金)
   第5回目 7月31日(日)
   第6回目 8月29日(月)

時間:19:00〜21:30

会場:ARIA(渋谷区代々木)

参加費:1回7,000円×6回
    一括でお支払いの方は、40,000円
    このコースは6ヶ月間のコースになります。
    やむを得ない状況でお休みされる場合も
    参加費はお返しできないので、ご了承ください。

定員:6人
   受付終了いたしました。

持ち物:ノートと筆記用具

お申し込みはこちらから。




   

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya

recommend

links

profile

書いた記事数:551 最後に更新した日:2017/08/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM