花冷えの日には


昨日はこちらもとても寒かったです。
雪も降ったところも多かったみたいで。
1日外出していたので、帰ってからかなり身体が冷えていました。
こういうときは身体を温めてなるべく長く寝るのが一番ですね。


2月くらいから少しずつ身体を温めることをやっています。
冷えとりの本を読んでから
半身浴してみたり
靴下を重ねばきしてみたり
インナーをシルクや天然素材のものに変えてきました。
とても快適です。


以前からシルクの5本指ソックスを履いていたりしていたのですが
重ねて何枚も履くというのがとても新鮮だったのと
寝る時にもソックスを履くというのも
私にとっては目からウロコでした。


それから身体を温めていくと
今まで溜まっていた毒素が身体から出てきて
それをめんげんと呼ぶそうですが
それをただ出るままに受け入れて
薬を使うとか、対症療法ではなく
ただ温めて身体を整えていくことで
健康になっていくというようなことが
冷えとりの本には書かれていました。
初心者なので間違っているかもしれませんが…
冷えって、上半身と下半身の温度差が多いのをいうそうなのですね。
知らなかったです。
それで、下半身を温めることで
温度差がなくなってくると循環がよくなってきます。
実際にエネルギーも動く感じがします。


話は変わりますが、ヒーリングをしているときに
気が上がっている人が多いなと感じることが多いです。
いろいろ悩んで考えすぎていたりする場合
そうなっていることが多いです。


それに加えて身体が冷えている場合も
上半身から上はあったかくて
下半身の気の流れが悪いことが多いです。
エネルギーワークも効果的ですが
こういう場合は、とにかく身体を温めると
心も自然に落ちついて整ってきます。


早めに暖かいお布団に入ってゆったり過ごすとか
ゆったり半身浴しながら読書するとか
自分の心や身体にやさしい方法を選んでいくほうが
長期的に見てよい結果になっていきます。


なにか問題が起こると
そのものに直接関わってなんとかするよりも
身体を整えたり、環境を整えるほうが
やりやすいですし、うまくいきます。


実は私も、以前はあせっちゃったりして
なんとか対策を立てて取り組まないとと思っていたけど
それをすればするほどうまくいかなくて
意志の力を使って、なんとかがんばるのって
やっぱりうまくいかないなって実感しました(笑)
うすうすはわかっていたけど、認めたくなかったのです。


これしか方法がないとやっきになるよりは
ただあったかくして心地よい状態になって過ごしているほうが
ものごとが動きやすいんだな…


そういえばセッションのとき、とても大変だなと思うケースの場合
私は論理的に言葉を使ってセッションをすることが得意ではないので
どうしてもエネルギーワークに頼ってしまいます。


そういうときは、神様にお任せ状態になるのですが
結果的には予想以上にいい結果になることが多いです。
なんだかわからないけど、もっと深いところでの癒しが起こっていて
感動することがあります。
これは、自分がやるというような感じじゃなくて
すべてとつながっている場のなかで起こるものです。


考えてみたら、こういうお任せ状態って
昔から得意だったんだなと最近気がつきました。
あれこれ力技を使わないで
流れにまかせてみるということなのですが
これをもっと使っていこう!(笑)






断食について

先日5日ほど断食をしていました。
といっても水だけの完全な断食ではなく、
朝夕、フレッシュジュースを摂りながらです。
断食は今回で4回目になります。
今までは3日間だったのですが、今回は5日間やってみました。
そんなに大変じゃなかったけれど、やっぱり5日になると、
いろいろ深いところの感情が出てきたり、
食に対する考え方も変化してきました。
一般的な栄養の常識とか、食事の回数とか習慣とか、世の中の常識とか、
自分のパターンや思い込みを見直すきっかけになりました。

今回参考にしたのは、北川八郎さんの『断食の本』です。
この本も絶版になっているようで(笑)
数年前に買って一度読んだだけでしたが、
今回もう一度読み直してみたくなりました。
作者が日頃断食を実践している体験に基づいて書かれているので、
何回か断食をやったうえで、あらためて読んでみたら、
北川さんが伝えたいことがとてもよく理解できました。
復食についてもレシピなどを具体的に書かれています。
自分で思っていた以上に小食でゆっくり復食するんだなとか…
自宅で断食をする場合には参考になるかと思います。

よく断食はそのあとの復食がとても大事と言われるし、
なんとなく頭で理解してはいたのですが、
3日間くらいだと実際にはよくわかっていなかったですね。

5日断食しておかゆから復食したのですが、
たぶん3日間くらいは1日500カロリーくらいしか摂っていないのに、
1.5Kgくらい急激に増えてビックリしました。
断食中は代謝がとても下がるんだなとあらためて実感しました。
身体のモードが変わっているんですよね。

それと同時に考え方や心のモードも変化していきます。
断食を行なうことで、今までの食生活を見直したり、
自分の身体と心の声を聴く習慣が自然に身についてきます。

だから、ある程度の期間断食をするならば、
絶対あまり忙しくない時期を選ぶことが大事です。
自分の外からではなく、自分の中を見ていくいい機会になります。

断食中は食事の準備や摂る時間がない分、
暇や感情を持てあましてしまって、いらいらしたりするのですが、
それを仕事の忙しさで紛らわさないほうが、
自分のベースになっている恐れや欠乏感がなんであるかがわかります。

私の場合、今回はおなかが空いた、イライラするといった感情の奥に
”満たされない”とか”さびしい”という感情あったことに気がつきました。

食べ物でそういう感情を和らげてもらっていたんだなぁ…と、
改めてしみじみ思いましたね。
また、お酒を飲むことで感情をマヒさせたり、
考えすぎるのを止めさせたり…。
食べることや飲むことは、ただ空腹を満たすだけでなく、
心を和ませることや、人と人とのつながりと密接に関わっていることを、
あらためて実感しました。

私の場合はとくに原因がわからないもので、うまくいかなくなったものに
執着する傾向があることに気がつきました。
どこが悪いのか…、だれが悪いのか…、
そういうことを追求していきたくなるのですが、
それは結果的には自分自身も、またそれに関わる人をも
追い込んでしまうことになりかねないとわかっていても、
どうしてもやりたくなってしまう…。

原因がわかないものは、あえてそのままで、
そのうちわかるようになるままにしておきましょう…
そんなふうに少し考えられるようになりました。

今回、自分の中の耽溺とか執着してしまうものを見ていったことで、
断食後はストレスからの飲食がほとんどなくなりました。
たとえば、ビールとか、「お疲れさま〜!」と自分をねぎらう気持ちが、
そこまでがんばらなくてもいいかなとか、
明日できることは明日やればいいやというふうに変化してきて、
良かったのか、悪かったのか(笑)
まぁ、欲が減ってきたのですね…

ストレスもないわけでもないけれど、
それに対してなんとか紛らわしたりせずに、
ただそれを眺めていられるようになりつつあります。

それから、食事の回数とか、自分にとっての適量とか、
自分で決めてもいいんだなって思いました。
家族がいるとどうしてもそれに合わせようとして、
たくさん食べすぎてしまったりしていたようですが、
自分が決めてしまうと、相手が何を食べても何を飲んでいても、
そんなに気にならないものですね。

これはあくまで自分の主観なのですが、
エネルギーワークを実践していると、
食事以外のいわゆる”気”とか”プラーナ”を吸収できるようになっていて、
今まで通りに食事を摂ると、
カロリーオーバーになってしまうような気がしています。
私の場合、本当は一日一食を固形物にして、
その他はジュースなどのものにしたくらいがいいような気がします。

今回参考にしたもう一冊の本が、ジャスムヒーンさんの『神々の食べ物ー聖なる栄養とは何か』です。
十数年間、ほとんど何も食べずに生きている作者が、
自らの実践と現代科学と古来からの教えをまとめ、
総合的な視点とツールを紹介し、
新しい次元への可能性を紹介している本です。
前作『リヴィング・オン・ライトーあなたもプラーナで生きられる』よりは、現実的な生活に取り入れやすくなっています。

この本も買っていただけで、読んでいなかったのですが、
今回読んでみて、前作のときには考えられなかった、
不食(食べないで生きる)というのが、
自分の人生の選択肢の中に入れてもいいかなと思えました。
実施するにしても数年後だったりするかもしれないし、
やるかどうかはわからないのですが、
少なくとも自分の人生にそういう選択肢もあるかなと思ったのは、
今回が初めてです。

食べる自由と食べない自由、
そういう選択ができるというのもとても贅沢なことなのでしょうね。





食べ物

先日セッションにいらっしゃったSさんから、薫製のミックスナッツをいただきました。10月のセッションのときに、「なんだか、マメが見えるんですが、それがとてもいいみたいですよ。直感が湧くみたいです」といったら、そのミックスナッツのことだったようで、それが好きでよく食べていらっしゃるようでした。

ミックスナッツを薫製にしているのですが、ほど良くしっとりしていて、薫製の香りも強すぎないで、口のなかにいい香りが広がります。温薫という素材の旨味と薫製の良い香りが最も引き立つ調理法で作られているそうです。食べてみた感じは、きちんとていねいに、作られている感じがしました。ちゃんといいものを作ろうという意識を持って作られているようです。

食べ物って、不思議なのですが、おなかが空いているときに、食べるとすぐ身体が温かくなったり、元気になりますね。すぐなので、消化されているわけでもないのですが、あれは食べ物の「気」を取り入れているからです。その素材自体の持っているエネルギーというのもありますが、素材の組み合わせ方とか、調理方法とか、それを作っている人達の意識、そこに属している組織の意識も辿っていけば感じられます。これからは、そういう「気」の影響について、もっともっと感度を高めていったほうがいいように思います。「自分に合うものは何か」ということを常に考えて、取り入れたいですね。

たとえば、ファミレスで食事をしていても、同じファミレスだけど、場所によって、美味しいところとまずいところがあったりします。同じインスタントのみそ汁にお湯を入れたものでも、お湯の温度によって、美味しく感じる時と、まずく感じる時があったりします。インスタントだからといっても、やはりそれを美味しくという気持ちを持っているかというのが伝わる気がします。


実はそういうことって、無意識にやっていると思います。たとえば、料理家のレシピとか、本なども、買うときに、なんとなくですが、自分に合うものを感じて選んでいると思うのです。それを、意識に揚げてみると、いろいろなことに気がつくと思います。

作る人の意識、食べ物自体の持つ波動、その食べ物が作られた環境、それらが、今の自分に合っているのかどうか、そういう視点を持つことで、微細なことがだんだんわかってきます。それらが、頭で得ている知識と一致することも多いと思うのですが、まったく栄養価とは関係ないものでも、それを食べると気分が良くなるというものもあると思います。そういうものが、自分にとっては何かを知っているのって、いいと思います。



りすのしっぽ


いい姿勢について、以前にジャイロトニックの先生に習ったイメージワークをご紹介します。

自分にしっぽが生えているというイメージをします。
尾骨が伸びてしっぽになっているとイメージしてみましょう。
ちゃんと生えているところ(尾骨)をしっかり意識することが大事です。

ここでは、ちょうどリスのような、ふわっとした大きなしっぽが、
自分の背中に沿って頭の上まで伸びているようなイメージをしてみます。
かなり大きなしっぽになりますね。

そのふわふわっとしたやわらかい毛先が、頭や首や背中に時おりふわっと当たります。
イメージするだけでも心地よいですね。

そのしっぽに寄り添うようにすると、
いつもよりほんの少し頭の位置が後ろ寄りになると思います。
それくらいの姿勢がいいそうです。

普段、仕事をしていたりすると、ついつい頭も前のめりになって、
首や肩が凝ってしまいます。

疲れたなと思ったら、ちょっと手を留めて、
少しの間イメージしてみましょう。

断食

金曜日から断食をしていました。
7月末の展示会の時に、初めて自宅で断食をしたのですが、思っていた以上に楽に楽しくやれたので、定期的にやっていこうと思っていました。本来は前日は肉類を避けて野菜中心にしたほうがいいのですが、今回は会食したので、いきなり断食に入りました。

最初の日は、野菜ジュースを1日3杯です。家では去年から、低速圧縮搾りのジューサーで毎朝ジュースをを作っています。これは、低速で回転するので、摩擦熱が起こりにくく、酵素が壊れないそうで、ローフードを実践している人達は、みんな持っているそうです。いつもは人参がベースに果物などを入れているのですが、今回は葉もの野菜を中心にしました。1日目は一番おなかが空くんですよね。なんとなくお昼とか夜とか、いつもの習慣で食べたくなりますね。でも、断食すると決めてしまうと、案外乗り切れてしまいます。それから、仕事が忙しかったりすると、気が紛れるので、断食のために何もしないよりは、通常通りの活動のほうが、私にとってはやりやすいように思います。おなかが空くとお風呂に入ると気が紛れます。それから、夜は遅くまで起きていると空腹感を感じるので、いつもよりは早めに寝ます。おなかが空いて寝られないと思うかもしれませんが、案外ぐっすり眠れます。

二日目は、1日3回ハチミツをお湯に溶かして飲みました。代々木上原にハチミツのお店があるのですが、毎回そこでハチミツを買っています。この前は菩提樹のハチミツでした。菩提樹というとお釈迦様、スピリチュアルな味と香りでした。今回はブルーベリー。テイスティングで味がしっかりして美味しかったからです。でも、断食の時はやっぱり菩提樹のほうがいいような気がしました。ここでは、花粉も売っています。以前に通販で花粉を買ったことがあるのですが、とてもまずかったので、花粉にいいイメージがなかったのですが、ここの花粉はスペイン産のもので、美味しかったです。花粉はビタミンも豊富で、アレルギー、特に花粉症にはとてもいいそうなので、こちらも購入。

二日目くらいになると、復食したら何を食べようか、あれこれ想像しています。テレビなどを見ていると、お料理の番組とか、本当に美味しそうだな〜と、想像しながら楽しんでいます。ヴィクロール・E・フランクルの『夜と霧』で、収容所で強制労働のとき、監視の目を逃れて、料理のレシピなどを小声で話し合う時が、ささやかな幸せだったと書いていたような記憶があるのですが、まさに空腹の時は、美味しいものをイメージすると幸せな気分になります。

今日は三日目です。夜までお水だけで過ごします。家にいるとおなかが空くので、自転車に乗って街をブラブラしてきました。夜は食事をするので、何を作ろうか、早くスーパーに行きたいなぁと思いながら。代々木公園で、アースデーのマーケットがあったので、高菜を間引いたものと、生の落下生を買ってきました。高菜でサラダを作り、落下生を茹でて、それから、ポトフを作りました。ついでにワインも少し。

断食をして楽しいのは、復食する時です。食べることがこんなに嬉しいことだったんだなと、しみじみ感じます。断食後は味覚がとても鋭敏になっています。美味しいなと思うのは、味付けの薄い、素材そのものの味です。本来はそういう味覚が、自然に備わったものなのかもしれないですね。

この三日間で約3キロ体重が減りました。普段ダイエットなどで、痩せようと思ってもなかなか痩せられないのですが、断食をするとストンと体重が落ちました。これから、急にたくさん食べすぎないように注意しながら、食事を摂るようにしようと思います。食生活も習慣ですから、ときどきリセットしてみるといいですね。あらためて自分の身体に必要なものがわかるようになります。




情報を受けとる場所

人によって情報を受け取る身体の感覚器官や場所はいろいろです。
ここでは、「身体のどの場所で情報を受けとっているか」ということについて考えてみます。情報を受けとるということは、影響を受けやすいということも含まれています。その場所は、自分の体でも比較的弱い部分だったりします。それを探して視点を変えてみると、気がつくことが多いですよ。

ある歯科医の先生は、足の裏から情報を受けとっているみたいで、靴下を絹にして、1日に2〜3回は履き替えたところ、疲れなくなり、気分が良くなったそうです。このかたは、足の裏から情報を得ているのでしょうね。そういう場所は、エネルギーをよく使うところでもあるから、通常の汚れ以上に、エネルギーが詰まりやすくなります。だから、こまめに靴下を履き替えるとか、足湯を使うとか、自分なりの浄化のしかたを考えるといいと思います。

また、別の人でやはり足の裏から情報を取る人がいて、その人は気の悪い交差点などを歩いていると、足からいろんなものが入ってくるのを感じるそうです。私にはそういう感覚はないので、ヘェーって思いましたけど、そうやって考えてみるのも面白いですね。

私の場合は、受け取る部分は皮膚かなと思ったのですが、皮膚は弱くなくあまり影響を受けないません。ただ、エネルギーがシフトした時などは頭皮がかぶれることがあります。それも2〜3年に一度くらいですが、特に耳の後ろとか、後頭部のあたりは、弱いようです。耳ということは、人の言うことに振り回されやすいってことでしょうかね?それから、海外に行くとじんましんが出たりすることがあるのですが、食べるものだけでなく、いろいろな情報が過多になると、皮膚に影響がでてくるのかもしれません。

私の場合は、皮膚に触れるものが自分にとって快適なものであることが大事です。たとえば寝具とか、1日の3分の1くらいくるまっているものですし、下着とかバスタオルとか、直接肌に触れるものは、自分が心地よいと思うものを選んでいます。リネンのものとか、シルクのものとかを使っていると、気持ちがいいですね。

自分の身体の弱いところは、情報を受けとっている場所でもあるので、ケアを怠らないようにしたいですね。そこはむしろ自分の情報源として、積極的に耳を傾けていくと、いろいろな情報が得られると思います。

乾布摩擦


自分の存在に自信を持てないとおっしゃる人が多いなと最近感じます。自分の存在感を感じられない人の多くは、「身体の感覚」や「今にいる感覚」がわかりにくいようです。そして、漠然とした不安を感じています。そういうとき、肉体にアプローチしていくことは、とても簡単だし、安全でいい方法だと思います。肉体が心地よくなることで、安心感を得るということはとても大きな土台になります。

私がおススメするのは乾布摩擦です。
といっても、全身をゴシゴシ強くこするというものではなく、自分にとって心地よい手触りの布などで、やさしく自分の体を磨くように触れるというやり方で行ないます。私がよく使う布は、やわらかくなった麻のタオルとか、小さなタオルのハンカチとか、たまにシルクのスカーフなんかも使います。ふわふわした肌触りのいい布ですね。

昔、友人の男性が、幼い時に眠りにつく時は、布団の縁をカバーしていた黒いビロードの布を触っているうちに、なんとともいえない安心感が広がって、眠りに落ちていくというと話していました。その人は、バラの花びらもそっと触っていると、安心感が広がって、幸せな気分になるそうで、その当時はバラの花びらを見るとその男性のイメージが浮き上がって、吹き出しそうになったので記憶に残っています。でも、その話は1回じゃなく、何度か聞いたので、その人もそのことを話したかったのでしょうね。

お風呂に入る前などにソフトな乾布摩擦をやるのはとてもいいですね。全身の皮膚の毛穴が開いたような、皮膚呼吸できている感じになります。でも、そういうのが面倒なときは、仕事の合間などに、手と腕だけやったりします。

私のお勧めするやり方のコツはとにかくソフトにということだけ。
力を入れたほうが効果が上がるのではないかと思いがちですが、どこに作用させるかによって、効果は違います。強い力でやると身体に働きかけますが、ソフトにすればするほど、身体のまわりのエネルギー体に働きかけます。どういう変化が起こるか、試しに片手だけやってみてください。そうすると左右の違いがよくわかりますよ。

5分から10分くらい、身体の感覚を感じながら、心地良い布でやさしくソフトに磨いてみます。どう変化するでしょうか?まず左右の手の色を見てみると磨いたほうの手のほうが、ほんの少し明るい色になっています。

それから腕が身体にしっかりつながっている感覚がします。太い木の幹から枝がのびのび伸びているような感じみたいな、一体感を感じると思います。

腕全体をまんべんなく磨きあげていると、だんだん自分の体のまわりにある空気を感じられるようになってきます。ふんわりしていて、見えないけれど、自分の体のと同じカタチで、少し大きいものだなとわかってきます。その空気に包まれていて、あたたかい感じがしてきます。

そのうちに、身体の輪郭がだんだん薄くなるような感じがして、そのまわりの空気と自分がつながっていて、一体になっている感じになってきます。それがだんだん広がってくると、この空間に自分が溶け込んでいるような感じがしてきます。そうやって、自分の意識が変化してくると、とても落ちついてきて、安堵感が広がってきます。私の場合はそんな感じかたです。人によって感じ方はさまざまだと思いますが、簡単なので試しにやってみてはいかがでしょうか。



フランクリンボール


これはフランクリンボールと言います。
しだいに寒くなってくると、寝ているときにこむら返りが起こったり、足がつりやすくなっています。そういうときは、朝起きてなんとなく足の着地面積が小さくなっているなと思います。ほんのちょっとしたことなのですが、そういうときにこういうボールがあると重宝します。ウォーキングのとき、自転車に長く乗る時など、出かける前にちょっとコロコロやるだけで、ウォーミングアップできます。

今までは、フランクリンメソッドを習った人じゃないと購入できなかったので、私は100円ショップなどで、代用になりそうなボールを見つけ使っていました。でも、市販のものは、空気孔などが足の裏に当たったり、その上に乗れるほどの強度がなかったりでした。

使い方について。
どういう使い方をしなければいけないというものはありません。私はボールの上に乗ってみたり、かかとをのっけて交互に足踏みをしたり、かかとをつけてつま先の部分をのせた形で、足先でボールをつかむようにしながら、ふくらはぎを伸ばしたりしています。座っている時はソフトな刺激で、立った状態ではもっと強くマッサージされます。両足でボールの上に乗ったりもできますが、転ばないようにどこかにつかまるとかしてくださいね。


やっていると、足の裏がストレッチされて、足全体がふっくらした感じになります。べたっとした扁平足みたいな足の裏の感じじゃなく、ふわっとしてきます。それで、下半身がとても安定してきます。脚から足にちゃんとつながっている感じ。脚にちゃんと気が流れているのがわかります。


グラウンディングされている感じですね。エネルギーワークとして、意識でグラウンディングコードを地球のコアに結びつけて、グラウンディングしたとしたよりも、もっと自然にちゃんと足が大地にくっついている、そんな感じになります。


この2年くらいかな、地味に身体に働きかけることをやってきました。15年くらい前にスピリチュアルな世界に出会って、いろいろ学んできたのですが、それを身体に落とし込むことを、最近はずっとやっています。身体でわかりたいんですよね。シンプルなことだけど、実際に自分の体を使って体験してみたい。観念的なものをだんだん捨てて、実践していくことで、身につけていく。それは、時間がかかるし、初めのうちはなんだかよくわからないことだったりなのですが、だんだんやっていくうちに、わかってくる楽しみっていうのがあります。

ランニングエナジーとか、エネルギーワークとしてはとてもいいメソッドですが、あれは静止している時のエネルギーの流しかたなのですが、動いている時もエネルギーの流れているカラダでいたいなと思って。太極拳とか、ジャイロトニック(ダンサーのためのヨガともいわれています)は、エネルギーが流れるカラダの動きを学べます。ピラティスなどもそうですね。

今年の初めに、鎌倉文庫に運慶展を見に行きました。そのときに、大日如来坐像を見て、運慶という人は実際に座禅を組んだり、瞑想を実践されていたのだろうなと思いました。仏像の身体のコアがちゃんと通っていて、エネルギーが流れているのを感じました。生きていないのに、生きているような感じがしました。ちゃんと気の流れがわかった人じゃないと、こういうものは創れないなと思いました。神様が宿る器としての自分のカラダ、ちゃんと流れるようにしておきたいです。そのためには、ちょっとしたケアが必要です。こういうボールを使ったりとか、ちょっとしたことをいろいろ知っておくと、気が流れている状態をキープできます。こまめにメンテナンスしていきましょう。



1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:583 最後に更新した日:2017/12/11

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM