「2/2 エッセンスに触れるWS」ありがとうございました。

今日は立春ですね。
お正月、満月、新月、節分、立春と
節目が目白押しですね。
私たちはどういう節目を超えていくのでしょうか。


先のことを考えると
不安も出てきたりもしますが、
ひとつひとつ体験していくことや
見届けていくことのほうが興味深い
と思うこの頃です。



*****


2月2日は「エッセンスに触れるWS」の日でした。
このワークショップでは、初対面の人もいるなかで、
つきあいの深さとは関係なく
さらっと深い話ができる「場」であるということ
安心して自分を出せる「場」であることを
大切にしています。


普段の生活の中ではこのような機会や場というのは
なかなか少ないと思います。



ご感想を寄せてくださったNさんの言葉から。

今日の皆さんの言葉たちや物事を受け止める姿は、
それぞれのお立場やプロセスの違いこそあれ、とても美しくて強くて、
この先もずっと思い出し続けるであろう言葉もありました。
不意に一生もののすごいお土産・お守りをもらってしまった感じです。
アリアさんに来られる人は素敵なかたが多いですね。人的コラージュ。なんのこっちゃですが・笑



*****
ここからは、作成したコラージュを抜粋します。
一番初めのは、私のコラージュです。

このコラージュは、母に対する想いを
形にしたものです。


実は新月のあたりから、母が危篤になりまして
四国に帰省していました。


葬儀が終わってバタバタして帰省したもので、
ワークショップの準備も雑誌も用意していませんでした。
まぁ、いつものことでもありますが、
直前に、以前に切っておいて貼らなかった写真のファイルを手に取ると
「あ、この写真!」と思うものがありました。


右のページの窓の写真がそうです。
北極海と氷山が見えています。


これはソフィ・カルという人の写真で、
母親の死後、母親が行きたがっていた北極に
母親の写真とシャネルのネックレス、ダイヤのリングを携えて
出かけたプロジェクトだそうです。


この写真にとても惹かれて
そのときは貼らなかったけれど、
いつか貼るだろうと取っておいたものでした。


この写真とぴったり重なることがありました。
母の葬儀の際に
姪が今年北欧に旅行に行くのですが、
そのときにおばあちゃんの遺骨を
北欧の海に散骨すると宣言したのです。


海外に行ったことのない母が
孫と一緒に北欧を旅するんだな…
感慨深いな…と思っていたのでした。


それがワークショップの直前にこの写真を見つけて
タイミングの完璧さに驚かされました。

*****
以下はみなさんが作成されたコラージュです。











なかには本人が暗いとかネガティブとか、
殺伐としたイメージと受け止めているコラージュが、
本人以外は、そんなには見えなかったりすることなど…
そういうことを伝えるのも大事なのかなと思います。


ネガティブに揺れるときは
反対側のポジティブにも揺れるし、
その幅が大きい人は
人のことも癒せるようになるという言葉も心に残りました。


自分をちゃんと愛せないと怒りが湧いてくる、
というシェアにも、同じ思いを感じました。


体験のシェアの中に
その方の生きかたや姿勢や感情のパターンなどが見えてくるし
それが自分の中にも波紋のように投げかけてくるものだったり、
そのやりとりがとても美しかったり
感動することが多かったです。




さまざまな要素や階層が
融合されていくプロセスに触れるひとときでした。

2月2日、エッセンスに触れるワークショップ、開催します。


いつもギリギリになってしまうので、
早めに告知しておきます。



「エッセンスに触れるワークショップ」開催いたします。

日時:2月2日(日)13:00〜17:00
会場:ARIA
定員:4名(残席2名)
参加費:5000円


ワークショップのコンセプトや様子などは
こちらのブログを参照してください。
エッセンスに触れるワークショップについてのブログ


私はコラージュワークが好きで、
いろいろな形でずーっと続けてきています。


そのなかでも、無理がなく自然に
自分の意識の奥深いところにつながることについて
やりながらなんとなく体得することができるのは、
このワークショップです。


作業をすることで
無意識が発動して、
そのなかに「安心して自分をゆだねていく」ことを
体験していただけたらと思います。


この、「安心して」という感覚が大事です。
目標を設定すると
そのことに一生懸命取り組んで
その通りにならないと
がっかりしてしまうことって
経験したことはないでしょうか?


とくにこの時期は一年の始まりだからと
目標を設定したり
今年の抱負を語ったりする人を多く目にします。
それでなにか煽られるような気持ちになったりしていませんか?


できない自分にダメ出しをして
自分だけダメな気がして
孤独感に苛まれ
絶望的になって無気力になる
そういうパターンってもういらないですよね。


無意識にアクセスすることで
意識の力を使いすぎて固まってしまうことなく
心の深いところにまかせていれば
自然といい感じに
するすると事が運んでいく
そういうことを淡々と作業をすることにより
体験してみませんか?


お申し込みは、contactから







タイムラインのソーティング


公園のハーブガーデンです。
もう菜花が発芽していました。
来年の春、また一面に黄色いお花畑になります。
うちの庭にも植えないと…


2月にはジャガイモの種芋を植えたいので、
小さな畑なので、どのように区分けしようか、
考えないとですね…
なんとなくだと、時期を逃したり、
植えようと思っていても場所がなくなったりも
しょっちゅうです💦


父がガーデン日誌をつけていたのですが、
やはり記録を取るのって、良さそうですね。


今日はタイムラインについて書こうと思っていたので、
この畑の筋がタイムラインに見えてきました。


*****


こちらは、今年の2月に作った私のコラージュです。
年に2回くらい作っているものは、
壁に貼って眺めています。


上にあるのは、視点についての変化です。
カメラを使うようになったことが大きかったようですね。
カメラを買ったのは4月なのですが、
この頃はまだ考えていなかったです。


タイムラインに影響を与えている大きな力に
委ねていくことをはっきりと覚悟したことや、
今の時期、再生の力が働いていることや
過去から現在、未来に向けての流れも示唆されていて、
私にとっては大事なコラージュです。



こちらは裏面です。
いろんなデータを吟味しています。


*****


この3ヶ月くらいかな、
タイムラインのソーティングという言葉が
くりかえし浮かんできていて、
そのことについて、考えてみることが多かったです。
でも、なかなかブログに書くことができないというか、
まとまらなかったのです。


ソーティングという言葉について調べてみました。

・データを一定の規則に従って並べる
・整列、分類
・時系列にまとめていく
・(ダイヤモンドのソーティング)品質を特定する、簡易鑑定


なるほど
私のコラージュにもタイムラインが貼られていて、
そこにあるデータの中身や、
どのデータが選択されているのかを
チェックして見直すようなことを
今年はやってきたようです。
編集作業は今も更新しています。



バラバラだった記憶(データ)が
過去、現在、未来という時系列(タイムライン)に
落とし込まれていくなかで、
今までの自動的な編集ではなく
編集方法が変わってきたような感じです。



過去のトラウマとか未解決なことは、
落とし込まれていなくて、
解離した状態でオーラの中に漂っています。
時系列にちゃんと落とし込まれる
というのは、自分の中で整理がついた、
癒されたということです。


先日、朝起きた時にふと
過去の記憶がザーッと流れてきました。
それは子供の頃から飼っていたペットにまつわる記憶でした。


その記憶を辿っているうちに、
それぞれのペットと過ごした懐かしい日々が思い出されました。


それからその頃の他の楽しいことも思い出され、
そういうことがあったけれど、記憶がばらけていたために
あまり思い出すことができていなかったということに気がつきました。


なんだかドミノ倒しとオセロゲームが合体したような、
黒い点が点在していたのが、
白い線になっていくような
面白い感覚でした。








自然な流れのなかで


今朝はくっきりした青空で気持ちがよかったです。

庭に出て、植物を眺めていると
気持ちもすっきりして元気になります。

やはり、外の気はいいですね。
まず朝起きたら、外に出るようにすると、
二度寝しなくても、気分がすっきりしますよ。


雨が降っていなければ
いつも家中の開けられるところは全部開けて、
外の気を通し、
内側にこもった気を流します。


花を活けて掃除をして、
洗濯などの朝のルーティーンをしていくうちに
エンジンがかかってきます。


朝の過ごしかたは、
私にとってはけっこう大事です。
1日の始まりだから、
気持ち良く始めたいですね。

*****

最近はあまりないのですが、
使命についての質問を受けることがあります。


私には、本当のところは、よくわからなくて…
というのは使命について、
考えることがないのです。


使命って、務めとか、役割ですよね。
私自身は役割では人を見ていないです。


もちろん、どの人にも役割とか責任はありますが、
そこを取り立てて強調しなくても
やることはやっていけばいいのではないかと思います。


天職というのも、同じような言葉で、
ずっと続いていることが
天職というものなのかなと思いますが、
私自身はあまり使わないし考えていないです。


なぜこういうことを書こうかと思ったのかというと、
こういう言葉を聞くと、
孤独感のようなものを感じるからなのです。
ポイントはそこなのかなとも思うのですが、
なかなか伝えるのが難しいです。


先日のブログ「ゆたかなひととき」でも書きましたが、

いっしょになにかをしたり
たわいのない話をしながら
食べたり、笑ったりしている
そういうときは、何も考えてなくて、
安心していられます。


特別なことをしたのでもないけれど、
とても貴重なひとときだったと感じられるようなできごとを
日々積み重ねていけたら、
それはとても幸せなことだなと思うのです。



みんなが安心して
自然な流れに身を委ねていて
いちばんいい方向へ導かれているように感じられるような場
そういう場を作っていけたらと思っています。












ゆたかなひととき


先週末は日立の三春とcafe miharuさんで、
個人セッション&コラージュワークショップ、
VINA AMUUジュエリーの展示販売をさせていただきました。

懐かしい人たちにお会いできたり、
新しい出会いがあったりで、
とても楽しいひとときでした。

*****


最終日は、エッセンスに触れるワークショップの短縮版で
コラージュをしました。


海の見えるカフェですので、
まずはみなさんと浜辺で石拾いから始めました。
波が荒いので、
うっかりすると水をかぶってしまいますので気をつけながら💦



日立の浜辺には、いろんな種類の石があるんですよ。
石好きの人はぜひ一度行ってみてくださいね。

この前は拾えなかったけれど、
瑪瑙も拾ったことがあります。




ときどき拾った石を見せ合ったり。



それぞれ、真剣に(笑)


持ち帰った石を洗って、
テーブルに並べました。


セレクトされたものについて、
みなさんにお話ししていただきました。
それぞれの個性と
目のつけどころが、
ステキだなと思いました。



みんなでシェアするのって楽しいですね。
ほんと、いろんな世界があります。
これも立体のコラージュのようです。


*****
みなさんのコラージュです。










最後のは、私のコラージュです。
なんだかバタバタと席を外したりしていたので、
20分くらいで作りました。
意外と短時間でもできる!というのが発見。



「あと◯◯分です!」となると、
迷いもふっきれ、
無心になりますね。





*****

そのあとで、みなさんとお茶したり、
お昼をいただいたりして、
特別なことをしたというのでもないのですが、
なんだかとても貴重なひとときを
一緒に過ごせた感じがしました。



創るのはあなた


ふと過去のブログを見てみると
今の自分が感じていることにぴったりのを見つけました!


エッセンスに触れるワークショップについて書いたブログ
”立ち位置を確認して、また一歩進んで行く”
その中の一部を抜粋します。

*****


「どこをどう探せばよいか
   わかっていたら
  決して見つからない」



確かに、思い悩んだりもするのですが、
「行動したほうがわかる」という方向へ
変化しつつあるこの頃です。




行動が変わるとき→無意識が変化している

行動を変える→無意識も変化する


「基盤になっているもの」が
未来を信じる気持ちになってくると
軽く行動できるようになってくるように思います。


「創るのはあなた!」


ほんと!そうですね。
どんな世界を創造したいのか、
明確にしていくと、
そのように世界が現実化してくるスピードが加速します。

*****


このブログを書いたのは、今年の6月末です。


状況をコントロールしようとするのではなく
流れを信頼しながら、
その中でできることを最大限やってみる。


そのなかで、いつも最初に考えていたこと全部は
できなかったりするのです。
以前だったらそこで計画性のない自分を
責めたり悔やんだりするのですが、
最近はそれをやらなくなりました。
その時間がもったいないですもん。


そのたびに、もう一度自分を組み直して
流れに沿わせていくことを何回も繰り返せば、
なんとなく良い流れになってくるものです。


それは、最初に一人で考えていたときよりも
もっといい感じに仕上がっていたりしてね…


現実を創っているのは私なのですが、そのなかに
流れと一緒に作っているような…
自分がかかわる人たちと一緒に作っているような…
そんな感覚があるのを感じています。
広がりやつながりを忘れないようにしたいです。





エッセンスを確認する


このところ、水面下の作業が続いています(笑)

自分の感覚を信頼して、
具体的なプランを練り
実行に移していく。



言葉にするとシンプルだけど、
迷いや揺らぎがなくなっていくためには、
自分の中での意味づけや定義、
ルールの見直し、仕切り直しの作業は大切です。



他人の人生や夢や期待に巻き込まれて
エネルギーを浪費していませんか?



あまり考えないでやっていたことで、
充実感がなく
エネルギーが浪費されているような気がするものはありますか?


新たな成長段階に移る時は、
山を下って谷に下りて
そこからまた登っていくようなプロセスを辿ります。


見直したりしている作業の途中では
「こんなことやっていて、なんになるんだろう?」という
疑いの気持ちが出たりもします。
そのあとでぐんと進展したりするのですが…


この下がるときと上がるときは
セットになっているんですね。


「山があれば谷もある全体像」を視野に入れるには
ぐんと引いてみるしかないです。
大きなものだから。



夢や、本当に望んでいることも見えますが、
自分の限界や制約も見えます。


限界が見えるから、制約があるから
現実の世界でどうしていけばいいのかがわかるし、
具体的に選べます。


昔、企業のデザインをしていたときに、
新しいものを作ろうとするときに、
いろいろ調べたり探したりするプロセスがあって、
その中でまず確かめるのは、「制約」でした。
そこから創造が始まります。



こうしたいという、ある程度の意図があって、
始まっていきます。
最初の意図の通りになるわけでもないですが、
「エッセンスが生かされているか」を頼りに進めていくと、
なかなか良いものになったと満足がいくとき、楽しいです。



そういうプロセスを思い出しながら、
このところ黙々と
自分のエッセンスを確認する作業を進めていました。



なぜ今のタイミングかはわかりませんが、
自分が無意識に抑えていたり後回しにしていたものを
取り戻しているような気がします。

















reload :再読み込み


17日は満月でした。
久しぶりにお月様!
嬉しくて写真を撮りました。





昨日、なにげなく携帯の写真を眺めていたら、
お月様とこの炭火の写真がつながって…

あれ !? 
この前「エッセンスに触れるWS」で作ったコラージュだ‼︎ 
と気づきました。



そのコラージュはこちらです↓



そのときのブログからの抜粋

*****
こちらは、よくわからないけれど、
何か情報を受け取っている自分のようです。


その情報は、自分の感覚を通して
やってくるものです。

どの人も、その人自身の持っている
感覚というものをどう認識するか、
どう使えるようにするか、
それが、受け取る方法を洗練させます。


*****

そう!そう!そう!
これこれ!

(私はいい感じでいつも頭が空っぽなので、
自分で書いているもの、
リーディングで話したこと
ほとんど忘れてしまいます。
絶好調のときほどそうなのです。)


この身体の感覚について
「今、ここ」にちゃんといて
身体に入っているときと、
考え事をしているとき、
人の感情や感覚と無意識につながっちゃって
持っていかれている感じのときなど、
存在感の違いというものが、
すごくリアルに感じられるようになりました。


今、ここにいると
自分の存在感が増していき
影響力も強くなります。


逆だとふわ〜〜っとなっていて
いろんな次元に分散されているから
影響力もなくなり、振り回されるようになります。


これを感覚でわかるようになると
すぐにこの次元へ戻せるようになります。
そして人がどれくらい自覚的に
この世界にいることがわかります。


また、身体のどの部分がふわ〜っと離れやすいのか、
どこへ行っているのか、見てみると面白いです 笑
自分も人も。


リーディングしているとき、
「(人の影響を)受けたりして疲れませんか?」
と質問されることも多いですが…

影響を受けやすい人は、
自分の身体とのつながりが薄いタイプの人が多いですね。


ちゃんと自分の身体を意識すれば、
チャンネルを切り替えられます。


*****
reloadというのは、
このコラージュを作ったときから
なんとなく浮かんでくる言葉でした。


今回は、過去のデータを再読み込みして
エラーが出ていたところのデータを読み込み直したようです。


これからの展開が楽しみです。


















立ち位置を確認して、また一歩進んでいく

昨日は、「エッセンスに触れるワークショップ」の日でした。
私も含めて、皆さん同じようなテーマを持って
参加されているんだなと、いつも思います。
全部ではありませんが、抜粋したものを。

*****
こちらは、私のコラージュです。
スケッチブックがあと少し残っていましたが、
新しいのにしました。

それで、これが1ページ目。

なんとなく日本の地図が気になって貼りました。
今回、他のページにも、「ニッポン」「強」と貼っていて、
なんだろう???オリンピックの頃かな?と興味津々。
そのうちにわかるでしょう、きっと。


このコピーも、気になっていて、切り取っておいて
最後にここへ。
で、なんとなく収まった感じになりました。


これからの自分の新しいページを飾るのに
ふさわしい気がします。



「どこをどう探せばよいか
   わかっていたら
  決して見つからない」


確かに、思い悩んだりもするのですが、
「行動したほうがわかる」という方向へ
変化しつつあるこの頃です。




行動が変わるとき→無意識が変化している

行動を変える→無意識も変化する


「基盤になっているもの」が
未来を信じる気持ちになってくると
軽く行動できるようになってくるように思います。


「創るのはあなた!」


ほんと!そうですね。
どんな世界を創造したいのか、
明確にしていくと、
そのように世界が現実化してくるスピードが加速します。




こちらは、よくわからないけれど、
何か情報を受け取っている自分のようです。


その情報は、自分の感覚を通して
やってくるものです。

どの人も、その人自身の持っている
感覚というものをどう認識するか、
どう使えるようにするか、
それが、受け取る方法を洗練させます。



そしてこちらは、
足の写真の、影が綺麗だな
と思って貼りました。


つり橋を渡る写真は、
つり橋部分のみにしようかと切り抜いたら、
あれ?なんか変〜?となって、
つなぎ合わせました。


普通につなぎ合わせたら面白くないなと思い、
すきまを作って貼ってみました。

そうしたら「矢印↑になっている」という指摘が!

これは気がつきませんでした。
他の人から気づかせていただくこと、多いです。
グループワークの良さって、
こういう気がつかない部分に
光を当ててくれるときに感じますね。




「こわごわ…つり橋を渡る」から
颯爽と歩んでいく方向へ、のような気がします。



*****

こちらはYさんのコラージュです。
今抱えている問題を
表現しているコラージュだそうです。


自分が悩んでいることを
客観的に眺めることができて
ちゃんと表現できる時点で、
すでに解決に向かっています。


映画を見るときも、
たとえばホラー映画などは、
主人公の視点で映していると、
恐怖感がリアルに伝わりますよね。


でも、登場人物の視点ではなくて
映画の客席で見ているとしたら、
恐怖感は少なくなります。


入り込むか、引きで見るか、
それは事象によって
自分で選択できます。

主観的 vs 客観的


ともあれ、
今の自分を受け入れて表現できるのは
素晴らしいと思いました。



こちらは、いろいろな仮面の部分や素の部分、
どの人も持っているものですが、
その使いかたや使い分けが上達していくようです。


そしてどこを目指しているのかも
理解していらっしゃるようでした。



こちらは、上のコラージュに貼ったジュエリーが、
カジュアルになっていて、
日常に使いこなせている感じがしました。


彼女のすごいところは、
なにか嫌な感じがするものを
敢えて貼って表に出せる強さというか、
それをちゃんと受け入れて
自分のものにしてしまうことのできる
ポテンシャルです。


*****

こちらはAさんのコラージュ。
前回から続いているテーマのような気がしました。
大きなテーマは少しずつ進んでいきます。

ちゃんと取り組んでいて、
進展しているような気がしました。


こちらは、Aさんのエッセンスの部分でしょうか?
探究心や創造性やインスピレーションから
創造されたものたち。


創作物は、現象界でないところで
すでに存在していて、
その手がかりをキャッチした人が
創造していくのかもしれませんね。


自分の本質を再確認して
自信を持って進んでいくのでしょう。



こちらは、インスピレーションに導かれて
進んでいくんだろうと予測されるコラージュでした。


その先にはなにがあるんだろうと
惹かれるままに進んでいくことを許可したら
自分が作った過去からの制限も溶けていきます。


*****
毎回思うのですが、
コラージュをしていくと、
今の立ち位置を
客観的に見ることができます。


また、他者からの視点も加わることで
また次のステップに向けて
自分の足場がしっかり固まっていくように思います。












Go beyond myseif

今度の日曜日に「エッセンスに触れるワークショップ」開催します。

またお席があります。
ピンときたかたは、ご参加ください。

詳細は、こちらのブログをごらんください。

日時: 6月23日(日)13:00〜17:30
定員: 4名(残席2名)
参加費:5000円 
場所:ARIA (世田谷区)


<お持ち物>
スケッチブックF-6サイズ(407×320)
雑誌1〜2冊
写真などの、雑誌以外で貼りたいもの
包装紙、ラベル、マステ、絵葉書など、
なんでも貼りたいものはお持ちください。

* ハサミ、のり、両面テープとか、カッターなど

お申し込みはこちらから


*****


こちらは、1年前に作ったものです。
見開きページの左側。
なんだかとてもハードワークっぽい写真です。


引っ越してきてから、製作ができる環境になって、
それは良かったのですが、
とても忙しくて、当時はそれがキツく感じていました。




上の人魚の女性は
優雅に美しい表現をするためなら
苦しさを厭いません。


私もそのように思っていたところもありますが、
まだ慣れなくて苦しさも感じていた時期でもありました。




そして下の写真は、見開きの右側です。

セネガルの移民
洗濯の仕事。
生活は大変ですが、楽しく暮らしている。

そういうメモが残されていました。


そのときは、気分的にだんだん楽になってくるんだなと
思いましたが、今振り返ってみると、
まさにそうなっています。


仕事自体は相変わらず忙しいのですが、
合間に楽しいことを上手に取り入れられるようになったこと
先のことを考えるときは楽観的に
淡々と今やっていることに集中して
楽しんでいる自分がいます。


本当に淡々と。
仕事や家事や、いろんなことに
思いや感情が乗らなくなってきました。


嫌だな…面倒だな…
時間かかるな…とか。


後ろにタイヤがくっついていて
進んでいるような感じになっていたのが、
いつのまにか無くなっています。


あぁ、こんな感じになっていくと
大変だと思っていた仕事も
さらっととりかかれて、
やっていくうちにいつかは出来上がるんですよね。



ルーティーンになって、淡々とこなしているうちに
なんだかスピードアップしているなと思うこの頃です。





自分らしいスタイルを追い求めて行動を重ねていけば
今の自分を飛び越えて、
新しい自分に出会えます。
”私らしさ”のバージョンアップ


そんな感じのこの頃です。
もう1年前にそれができているって
貼っていたようですね。


未来って、貼ったときにもう選んでいるのか、
未来からのメッセージを汲み取って貼っているのか、
ちっちゃな自分を超えて
無意識に委ねてみると、
自動運転の車のように
ちゃんと連れて行ってくれるようです。


そこに働いている自分を超えた大きな力
それが底を支えていて、
その上で遊んでいれば、
ちゃんと着地する場所へ行けるんですね。


これは、私のコラージュの使い方ですが、
人によってはまた違います。


その人が本当に求めているものが
何気なくそこに貼られていて、
当時は気がつかなかったとしても、
パラパラと振り返ってみたくなるときがあって
それは、何かを喚起するような感覚から起こります。

それをヒントに見ていると、
なるほどね〜と
確認してまた新たに進んで行くツールとしても
コラージュおすすめです。








calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 自分の感覚を信頼する
    ミヤ
  • 自分の感覚を信頼する
    memi
  • 自然の中で
    ミヤ
  • 自然の中で
    memi
  • 自然の中で
    ミヤ
  • 自然の中で
    memi
  • 記録することが楽しい
    ミヤ
  • 記録することが楽しい
    sho
  • ちょっとしたイメージワークで
    ミヤ
  • ちょっとしたイメージワークで
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:861 最後に更新した日:2020/09/29

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM