フォーカスポイント

早いもので、もう7月ですね。
今年も後半に入りました。
どこにフォーカスしていくのかが、
これからとても大事になります。


春にミラーレス一眼のカメラを購入して、
先月から写真教室に通っています。

こちらの写真↓は、先日の実習のときに撮ったものです。
この日はあいにくの雨。
公園での撮影は中止になり、
国立博物館内での撮影となりました。


博物館の中を歩きながら、
ところどころで足を止めて、
先生の説明を受け、
あちこちで写真を撮りました。


まだまだ、操作方法もよくわからないのですが、
とりあえずこの日は2時間で100枚以上は撮りました。


ここで重要になってくるのは、

"何を撮りたいのか" です。

上手い下手とかではなく。
”インスタ映え”でもなく。
もっと自由に、制約を超えて。


「撮る人が意図して撮ったものは、
どんな写り方でもそれで良い。
縛っていく教え方をしたくない。」という
先生の言葉にとても共感しました。


こちらは私が撮った写真です。
並んでいた透明の説明板が面白いなと撮ってみました。

手前のボードにフォーカスすると
原子核の構造の説明が出てきます。
後ろのボードのボケ具合が、
前面のと重なって、綺麗だなと思いました。



同じ位置で、後ろのボードにフォーカスすると、
後ろの文章や図などが浮き上がって見えます。
鏡文字のように反射したものも。


これ、面白いなあ…
フォーカスの当て方で、
こんなに違うものが見えるのですね…


ましてや、隣に誰かほかの人がいて
写真を撮っていたとしていたら、
もっと違った世界が写っていると思います。
私たちの見ている世界も
同じものが見えているように思っているけれど、
実際は見ている世界はまったく違うとしたら、
同じものが見えているという前提が外れました。


これも”思い込み”ですね。
人それぞれ、違うんだということ
それに対して違和感を持たなくなりました。



写真というのは、
自分の世界観がとてもはっきり出てくるものですね。
わかりやすい。


プロの人は、写真の構図やどういう風に撮るというのが、
頭に入っていて、その通りに写真を撮れるんだそうです。


そうなれるまで、どんどん撮っていって
カメラの操作など基本的なものもしっかり頭に入って
使いこなせるようになるのがまず第一歩。



被写体が良くないと、良い写真が撮れないとか、
美しく撮りたいとか、カッコ良い写真を撮りたいとか
切り口でも無意識に取り込んでいたことに
注意してみようと思いました。


その枠からはみ出した
”斬新な切り口”
というのに惹かれます。




縛りを外れたとき
それは思いがけず
表面に出てきます。


特別なものでもなく
どこにでも転がっているものだって
切り口によっては斬新なものに変わります。


常にそういう気持ちを持って
その経験値をふやすことで
新しい切り口は現れます。


前回のブログにあった言葉

どこをどう探せばよいか
  わかっていたら
 決して見つからない


とも繋がっていますね。





制限だとも気がついていなかったものが
気づくことによって
どんどん外していくことが加速してきたこの時代。
フォーカスポイントを変えてみると
可能性はどこまで広がっていくのか、
想像するとワクワクしてきますね。



新しいスタート


もうすぐ新しい元号が決まりますね。
4月というのに加えて、
新しい感が満ち溢れています。



朝、散歩していて見つけた花。
この花は「菊桃」といいます。

大好きな花です。
また今年も会えたね…

菊のような花弁から名前がついたのでしょう。
なんとなくうちに帰ってから、
今日の新しい元号と関連しているように思いました。
「菊」ですし。


大きな変化は、
集合意識もリンクしています。



植物を見ていると、
着々と自然に準備がなされていて
すべての条件が整うと
花が咲きます。
完璧ですね。


人間界も同じで、
自然の摂理や
社会全体ともリンクしていて
大きな変化を迎えていきますが、
ちゃんと準備が整っての
スタートなんだなと思いました。










放散虫って知っていますか?

11/11よこはまheart♥フェア

11/17 エッセンスに触れるワークショップ


*****
昨日は、大切な友達のティーパーティーで
日立に行きました。


その前に、彼女がよく散歩していた
という浜を見たくて、
寄ってきました。


小さなお社がありました。
私が以前に夢に見ていたのとは違うけど、
大きさは同じくらいでした。

ここでもやっぱり石拾い(笑)



そうしたら、奇妙な
存在感のある石が!
なにこれ???
化石かな?


右下のくぼみの中には、
巻貝の中身のようなものが
化石状になっていました。
いきものっぽい!


あまりに不思議な石なので、
連れてきてしまいました。


このアングルは、顔っぽいですよね。
渦巻き状の白いものは、
なにかなあ?
と家族に聞いて見たら、
「この石はチャートじゃない?
巻貝は比較的新しい化石のようだけど」
というので、チャートについて調べて見ました。



チャートは、堆積岩の一種だそうです。
主成分は二酸化ケイ素(石英)で
この成分を持つ、放散虫、海綿動物などの殻や
骨片が海底に堆積してできた岩石だそうです。



ネットで調べたら、
放散虫は、原生生物の一群で
海のプランクトンとして出現する単細胞生物だそうです。
珪酸質などからなる骨格を持ち、
そのため微化石としても発見されるそうです。
(ウィキペディアより)


エルンスト・ヘッケルが研究したことで有名だそうです。
代表的な放散虫の骨格というのが、
まあ、美しい!!!


まるで宇宙じゃないですか!
ヘッケルが描いたものがすばらしいです。
ひさびさに、興奮しました。









空気を感じる



本日は水無月三十日、夏越しの大祓えですね。
今日で1年の半分が過ぎました。
早いものですね。


3月くらいからちょこちょこやっていて
今日までにあらかた部屋の片づけやお掃除を済ましたかったけど
全部はできなかったです。
今月も少しずつやっていこうと思います。
湿度が高いときはなんとなく気分ももやもやするので、
9月にも集中的にお掃除しようと思っています。


実は私、お掃除は好きなのですが、
片づけや整理は苦手でした。
今年になってから、いつかやろうと思いながら
手をつけられなかった場所などを
少しずつやれるようになってきました。


この間、気がついたのですが、
おっくうだなと思いながら、キッチンのストックルームの
片づけをずっとやっていたら
ある瞬間にモードが変わったのに気がつきました。


ふわっと空気が流れだして
空間が軽い感じになったのです。


どんよりしたエネルギーが解放されて
視界もクリアになりました。
それからは、片づけをするがとても楽になって
楽しく集中して作業を終えました。


身体だと血流が良くなるような感じですね。
家の状態も、心や身体とリンクしているから
流れをよくしたいですね。












より繊細に、ていねいに

時間がかかってていねいな仕事やものは、
目に見えていなくてもそれが伝わっているなと思います。


素材のうまみを引き出そうと
丁寧に仕込んで、手間を惜しまない料理など
時間と心がかけられたものをいただいたとき
自分の心も身体もどんどん元気になっていきます。


生きていることがうれしい感覚
あなたは大切な存在だよと言われているような感覚
自分の存在を認めてくれているような深い満足感


こういう感覚が伝わるような仕事をしたいなと思います。


たとえば、同じファミレスで食べても、
微妙に味が違っていたりするのを、感じことないでしょうか?
レシピ通り、マニュアル通りでも
美味しいお店と、食べた気がしないお店の違いって、なんでしょうね?
いろんな感覚が伝わってきます。


それから、中途半端に手がかかって、雑な感じのものは
手にしたとき、人の手が感じられないものよりも
さらにいやな感じがします。
こんなもんでいいよね、とか、投げやりな感じ、とか
軽く扱われているような気がして、気持ちも下がってきます。
作るほうも楽しさとか喜びとか感じていなくて
なんとなく作っているような感じがします。


逆に自分の思いや、”我”が勝ちすぎているものは
違和感を感じて、素直にこちらに入ってこないです。
パッと見てもわかるんだけど
触れてみると、もっとよくわかります(笑)


口に入れればパッとわかる
触れたときふと感じる
視覚より触覚のほうが、身体の奥深くまで伝わってきます。


なんとなくカウンセリングでいうと、
傾聴と似ているような気もします。
より繊細に、ていねいに、触れていくことは
地味だけど、すごく基本的なことですね。
大事な土台なんだなって、あらためて思いました。





心に残る話

すごく昔のことですが、ときどき思い出す話があります。
当時、私は20代の会社員でした。
その会社では、朝礼の時に3分間スピーチというのがありました。


その日は、ある男性マネージャーの番でした。
その人は40代で結婚されました。
当時としては晩婚でした。
そして待望の赤ちゃんが生まれて
毎日とてもうれしそうにしていました。


「最近、歯の治療を始めました。」
スピーチはそこから始まりました。

なぜ治療を始めたか、というお話でした。
あるとき、赤ちゃんをあやしていて
笑いかたがなんだか変だ
ということに気がついたそうです。

なんだろうと思って
ずっと注意して見ていたらしいのですが
ふと、自分の笑いかたとそっくりなことに、気がついたのです。


その人は、歯が悪いのを見せたくなかったので
人前で話したり、笑ったりするときに
なるべく歯が見えないように
唇で歯を被うような笑いかたをしていました。


歯がないおじいさんのような笑いかたですが
最初見たときからそうだったので
そういう表情の人なんだなと思っていました。


でも、その笑いかたそっくりに笑う赤ちゃんを見て
ハッと驚いたそうです。
赤ちゃんだから、歯も生えていないし
親子だから顔も似ているのだと思いますけどね…


子どもは親をお手本に育っていくから
その子が成長していくのを想像したのでしょう。


これは歯の治療をしなくては!
それまでは、気になっていたけどおっくうで
治療をするのを先延ばしにしていたそうですが
このことで、治療を始める決心がついたそうです。



そういう淡々としたお話でしたが
なぜか心を打たれました。
素朴で心のままに語っていて
その情景がありありと思い浮かんだのです。


さらっと語っていたのですが
赤ちゃんに対する深い愛情が感じられたというのもあります。
言葉だけじゃなくて伝わるものがあって
それを受け取ったような感じがしました。


きっとその人はそういうスピーチをしたことを
憶えていないでしょう。
他愛のない話といえばそうなのかもしれないし。
でもその話は、私の心の宝箱の中に入っています。


すごく伝わる話と
入ってこない話って
どこが違うのでしょうね?





輝き続ける。

あわせようと
階段を降りる必要はない。

上から目線とか
気にしなくてもいい。
むしろ上に居続けて
照らし続けよう。

階段を登ってこれるように
灯りとなることが
自分にとっても
相手にとっても
大事なこと。

上にもまた照らしてくれる人がいる。
その灯りをたよりに
自らも一歩一歩登っていく。


自らの輝きを隠す必要はなく
むしろ輝かせることが
その人の使命というものなのだろう。



あの人だったら…

なにかをやるときに
どこから手をつけていいかわからなかったり
迷ったりして動けなくなることって、私はときどきあります。
そんなときに、あの人だったらどうするのかなと
ちょっと自分から離れてイメージしてみたら
簡単に動けるきっかけになったり
スッと判断できたりするものですね…


自分があこがれている人や、尊敬できる人だったり
自分の足りない要素を持っている人とか
気質とかライフスタイルが似ていたりする人など
その時によってイメージする人が違ったりするか
一人のお手本のような人がいる場合もあると思うのですが
私は今までそういう考え方をあまり取り入れてなかったんですよね。


本などではよく書かれているんだけど
自分ではあまり実行していなかったです。
あの人のふりをするとか、まねをすることは
なりたい未来に進むために大事なことだなと、腑に落ちました。


そう思ったきっかけは
自分のやり方でうまくいかなかったときにとことん考えて
それに夢中になってしまって
過去のことばかり考えてしまうクセに気がついたから。
そういうときは、前に進むことが億劫になってしまいます。
これって過去の何らかの呪縛のようなものにハマっているんです。



そこから抜け出す方法として
自分以外のだれかのやり方をまねるというのは
とても効果的です。
パッと意識が切り替わります。


うまくいかないことがあると
じっくり考えてみるというのもすごくいいやり方です。
私はずっとこのやり方ばかりしてきました。
それで変わると二度とそのパターンは出てきません。
根本的なものが変化するので。


でも、とりくむ問題があまりにも大きかったりするとき
そこから出られないで
進むことも退くこともできなくなるときがあります。


そういう機能不全のようになったときには
抜け出す方法として、こういうのもありかなと思います。




決めつけると…

たとえばの話ですが、最近こういうことをよく考えています。
朝起きたときに、なんとなく憂鬱な気分になることがあります。


そういうとき、私は自分は”憂鬱”だと、決めつけている ?!


憂鬱だな…と思うと
憂鬱な理由を探し出してきて納得してみたり
さらに憂鬱なことを探してしまって
思考の迷宮に迷い込んでしまいます。


それで憂鬱なように行動していくんですよ。
今日は憂鬱だから二度寝しちゃおうかな…とか
私の場合はどっちかというと怠惰なほうへ流れていきます(笑)
ここでがんがん動いていけば気分も変わるかもしれないのですが
そういう発想は、まず浮かんできません。



でも、それはもしかしたら、夜、食事が遅いから、
それに輪をかけて食べ過ぎていたから、ということだったり。
単純に胃腸の調子が悪いだけかもしれないよね…
身体が不調だと気分にも影響が出るから。


そのときの気分とか、体調とかを感じたとき
必ず過去の似たような状況を自動的に検索して
それで決めつけてしまいます。
私の場合は体調がイマイチだと
憂鬱な気分になりやすいみたいですね。


でも、無意識に思ったことを
いったん疑ってかかると
ニュートラルに戻れるような気がします。


ジャッジしないって
言葉では簡単だけど
自分に対しては
無意識にたくさんしているような気がします。


たとえば、ダメ出しとかね…
いい方向へコントロールしたいんだろうけど
あんまりやり過ぎると不自由になりますね。


だから、気がついたら
わからない、わからない
と呪文のように言ってみて
リセットしています。










伝えること

「伝える」ということについて
このところ考えていました。


「伝わらないこと」に寂しさを感じたり、イラッとしたり
そのことでなんとなく距離をとってみたりしたことありませんか?
そんなことしていたら、よけい伝わらないですよね(笑)


「伝わらない」というほうに意識を向けていると
苦しくなってきますよね。
そういうときは、自分へよりも相手のほうへ、意識を向けています。


でも、「伝わらない」と腹をたてるよりも
「どうやったら伝わるか」を考えたほうが
確実に伝わりやすくなります。
そんな簡単なことなんだと思う。


気がついたのは

伝わらないことに、感情を貼つけていた

ということでした。
本当は「伝わっていない」という単なる事実があるだけなんです。


それを「伝えたい」のであれば
なにを伝えたいのか
どう伝えればいいのか
それを整理すればいいだけなのかも。
つまり、伝えたいことを明確にして
関係性や立ち位置、方向性などを
自分から打ち出す訓練をするということ。


自分の感情や考えがうまくまとまっていないと
そのことに向きあって整理すること自体
おっくうになってしまいます。
それから伝えることで
関係性が変わってしまうような気がしているとき。
もうちょっと深く考えて
どういう関係性にしていけばいいのか
自分に問いかけてみましょう。


考えをまとめて言葉にして伝えることは
相手だけじゃなくて
むしろ自分を大事にすることにつながると思います。


私も今までは、小さなことなどは
まぁ、いいかで終わらせたこともよくありました。
でも、お互いに本当に大事だと思うことなら
思いやりを持って伝えたいですね。
自分もそうしてもらいたいから。


もちろん伝わるかどうか
受け取ってもらえるかどうかは
相手の自由だと認めたうえで
相手を批判したり攻撃しないような
もっと自分にとっても相手にとっても
スーッと心に沁みるようなあたたかい言葉で
伝えてみたいです。





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大事なこと
    ミヤ
  • 大事なこと
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • セッションルームです
    ミヤ
  • セッションルームです
    memi
  • 自分の身体と対話する
    ミヤ
  • 自分の身体と対話する
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:785 最後に更新した日:2019/08/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM