自分が信頼していること


公園の子福桜がもう咲いていました。
日中は、暖かいので、
なんとなく早いような気がしたけれど。
この桜、秋と春に2回咲くようです。
中心がピンクの色が濃くて、
可憐な桜です。


*****

人生のターニングポイントだなと感じるとき
パラダイムシフトのとき
セッションを受けられるかたが多いです。


最近は特に、自分らしいやりたいことや
表現することや、自分を出していくことについて
リーディングすることが多いような気がします。


自分がやりたいことというのは、
みなさん深いところでは、わかっていて、
それは、ご本人でないとできないこと
その人らしさが出ているものだと思います。


そこの部分をもっと出していきたいという思いは
集合的に高まっているような気がします。


それがなんなのか、
顕在化するためや、確認するために
セッションを受ける方が多いです。


目標をきちんと持っていらっしゃって
やるべきことをちゃんとやっている人は
それが形になっていきます。


やれていない場合、
何か深いところで、抵抗があったり
変化を恐れていたりする場合もあるし、
もしかしたら
本来やらなくてもいいことなのかもしれません。


今ここでやっていることは、
すべて潜在的に思っていることが
叶っているのでは?と思います。



なんとなく節目を感じていらっしゃったかたは、
何かしらの予感を持っています。
それをセッションで、言葉にして顕在化すると
やることがはっきりしたり、
加速する場合が多いです。


私は、どちらかというと、
目標をあまりきちんと設定しなかったほうですが、
人生の節目の大事な場面では、
なんとなく選択したことは間違っていなかったと
自分でも思います。


それは、損得や、
正しい、間違っている、などの判断を超えて、
これしかないと直感的に思ったことや
やりたくて仕方ないものだけを
選んできたからだと思います。


この部分に対する信頼というのが
自分はとても高いんだなと
今日、ふと浮かんできて、
なんだかとてもしっくりきました。


普段、頭で考えていることは、
迷ったり、揺れたりすることも多々あります。
でも、無意識や直感で選ぶときは
根拠のない確信のようなものがあって
振り返ったら、ほとんど現実になっています。


このことは、世の中の人、
みんなそうなんだと
子供の頃は思っていました。



なりたいと思ったことは、必ずなれる。
なれないことは、もともと考えないから、
本当になりたいものは、必ずなれる。
と、普通に信じていました。


でも、大人になってから、
そうでもない人もいるんだな
ということに気がつきました。


そういうかたは、
なれないと思っていることが
叶っているのではないでしょうか?
それならば、自分を信頼して肯定していけば
変化していきますよ。



私の場合は、無意識や直感を信頼する部分が
強みになっています。
本来、自分が進む道を
顕在的に知らなくても
ちゃんとセットできているような気がします。
その人らしい、セットの仕方ってあると思います。


きっと、この部分は、私の強みとして
セッションなどで、お客さまの無意識とつながることで
それを伝えることが、相互にとっても
恩恵になるし、効力があるのだと思います。



なんだかよくわからず話しているようで、
私の直感は、相手の直感とよく話していて、
ちゃんと伝えられているんだなと思うと、
嬉しい気持ちになりました。




だれでも自己評価や自己肯定感が
高い部分と低い部分の両方が
あるのではないでしょうか?


そこをはっきりさせると、
自分を認める第一歩になるような気がします。


諦めずに

台風が近づいてきていますね。
速やかにサッと通り過ぎて
これ以上の被害が出ないといいですね。


こちらは、先週旅行に行ったときに見たスイカです。
こんな風に実るんですね。


うちも今年初めてスイカの苗を植えて見ました。
こぶし大の小さなスイカが実っていたのですが、
帰ってきて、ある日見たら、
すっかりなにものかに食べられていました。


輪郭だけ残っていた…
黄色い小玉スイカだったのね…
でも、ぜんぜん大きく育ってなかったので
それはそれで、食べられないものだったんだなと。


もう葉っぱも元気がないようだったので、
「抜こうかな」と友人に話したら、
「これからまた花をつけて実がなるかもしれないから、
しばらくそのままにして見たら」と言われて、
自分は「このスイカはもうダメだ」
と思い込んでいたということに、気がつきました。


なんでも、すぐに諦めてしまわず、
しばらく様子を見ながら、
スイカの育てかたなどを調べてみることにしましょう。

*****

この真ん中の木は、芙蓉の木です。
根元が腐って枯れていたので、
伐採してしばらく放置していました。


右端のミモザの支柱にしようと思って
葉っぱもついていない枝を
地面に挿していたら、
どれくらい経ったのか覚えていないのですが、
こんなに新芽が出ていましたよ!
すごい生命力!
なんだか、嬉しいですね〜


こんなことってあるんですね〜
切ってから放っておいたのに、
その枝は生きていたんですね。
びっくりしました!

*****
「思い込み」には、強い力があると思います。
特に無意識に思い込んでいること。
気がつかないことが多いけど
他の人と話したりしているときに、
自分のも相手のも気がついたりします。


「良い思い込み」も、ありますが、
思い込むことで、
エネルギーが固定されやすいです。


ある種の重苦しさを感じているときは、
何かの「思い込み」が外れるチャンスと
考えてみてはいかがでしょう?


思いを捨てる
習慣を捨てる
壊す
断捨離する
変える
チャレンジする



特に「否定的な思い込み」は
それほどこだわる必要もないのではないでしょうか?


固定されているように感じるものは
単に動かしたりしていれば
動いていくような気がします。


たとえば、部屋の模様替えとか
テーブルに座る位置を変えるとか
そういう簡単なことでも
固定された「場」が変化します。


テーブルの位置でも
いつもと違う位置に座って見たりすると
また違う感覚になったりします。


できるだけ、心地の良い「場」を作ることで、
気持ちも軽くなることがあります。


不安から、コントロールしたり
「このようになろう」と強く思い込まないで
ただ、思うままに動いてみれば
いつかそのように近づいていったりします。



自分からというよりは、
向こうから何かが起こってきます。
そう考えると、気持ちも楽になりますよね。



失敗やアクシデントも多々あるけど、
うまくいかなくても、またやればいいんです。
そしてそのことは、
「何かを新しくするチャンス」として起こっていると
考えてみればいかがでしょう?


過去のことを責める傾向がある人は多いのですが
過去のに起こったことは変わりません。
変えられるのは、自分の思い癖です。


過去のことよりも、今どうするか
イライラするよりは、どうしたら変化できるのか
自分でやらなくても
頼んだり、簡単にできることがないか、
そういうことを考えていけば、
感情が乱れたり、パニックになることも
ないかもしれないですよ。


どんな現実を作っていきたいかに
意識を向けて、そのことを抱え込まずに
相談したり、頼んだりしながら
やっていけば、なんとかできるものです。
抱え込まないでくださいね。


人から見たらわかることは多いです。
自分が見えていない部分、
検査とか、専門家に相談するとか、
いろいろ方法を探って見てください。
セッションなども、その一つかもしれません。



「やる気が起こらない」というご相談を受けて見ていったら、
新しい変化が起こっているのに
ご本人は、「やる気のなさ」と
思い込んでいらっしゃいました。
そういう場合も
ダメだと自分を責める気持ちを手放したら
もっともっと気楽になります。



また、ヒーリングしているときに
胸のあたりに
数ヶ月前の心が痛む出来事があるように思えたので
そのイメージをお伝えしたら
そのことはとてもショックで悲しかったけど
そのことはもう終わったことと
ご自分では思っていらっしゃたそうです。


そのことが思っている以上に
気持ちを沈ませていることに気がついたようで、
その後は身体も軽くスッキリとされていました。
身体はデータベースのようなものですね。


そこから読み解くことは、
私からすると、内容がわからないことも多いのですが、
ご本人には自覚することがあって
違う角度からの視点になるようです。


最初にスイカのことなど書きましたが、
私自身も、思い込みがいっぱいです。
でも誰かのひとことや、
何かに触れることで、
思い込みに気がつくことって多いから
面白いですね。





自分に合う、がポイント

いやー今日も暑いですね〜
今朝も走ってきましたが、木陰を選んで
木から木へ走っていると、
直射日光が当たらないので、
快適でした。

皆様も熱中症にならないように
気をつけてくださいね。

*****

先日書いたブログ↓
「良い人をやめる」

こちらについて、
別の視点から書いてみます。

まあ、端的に言えば、
「人の顔色を伺うのをやめる」につきます。
が、そうもいかない場合が多いですよね。


そういう場合も、
あの人はどう思っているかなど、想像しても、
「妄想」ですから。


嫌なことに執着する癖が出てきたら、

妄想、妄想、妄想

と唱えて、さっと気持ちを切り替えてください。


自分の気分や考え方を望む方向へ
デザインするのって、
最初は難しいと思いますが、
やり続けていけば、1年くらいすると必ず変化しますよ。


*****


あまりにもいろいろ溜め込んでいる場合などは、
12チャクラコンプリーションや
スピリチュアルヒーリングで、
まず深いところをザクッと手放すのも
有効かなと思います。


ヒプノセラピーなどは、
悩みを掘り返してみることが多いので、
それが有効な場合と、
逆にトラウマがぶり返してしまう人もいるので、
セラピストはとても注意が必要です。



あまりにも溜め込んで混沌としている人は、
まずは、ヒーリングなどのセッションをすると
自力でなんとかするよりも早いです。


もちろん、今の状態などをお話しして
聞いてもらいたい方もいらっしゃいますが、
話したくない場合は、
コンテントフリー(悩みを話さなくても良い)で大丈夫です。
過去の傷に塩を塗り込むことなく
まずは、気の流れや
身体に溜まったものをデトックスすることで
身体が楽になってきます。


そうやって、下ごしらえをしてから
自分の望む人間関係や
ライフスタイルを選択していけば
負荷なく次のステップへ向かえます。


それとともに、セルフケアを怠らずに。
自分に合う食べものをとったり、
軽い運動などをすることで
よく眠れるように。
免疫力をあげましょう。


自分に合う、がポイントです。
試してみて、きついなと思うものや
気が進まないものは、続かないです。


そうすることで、恒常性(ホメオスタシス)が安定し
ホルモンバランスも安定してきます。
なんとなくでも大丈夫です。


そう言えば、以前、私は梅雨の湿気が苦手で
その時期になると、
さくらんぼが無性に食べたくて
毎日さくらんぼが冷蔵庫に入ってないと、
ダメな時がありました。


当時のうちは湿気が多くて
クローゼットにカビが生えたりしていたので、
そのせいもあったのかな。
うちの中に陽が差さなかったので
ビタミンが不足していたのでしょうか?


今のうちは、風通しがいいので、
そういうのは無くなりました。
環境も大事ですね〜。


*****
今日は、不思議な木の幹を。
下の二つは、同じ木なのですが、
コブだらけです。

コブはなんらかの損傷を受けた部分が
このようなコブを形成したり、
樹木の病気が原因だったりすることもあるそうです。

中には、このコブの年輪が美しいらしくて
取って樹皮を向いて乾燥させて磨く人もいるそうです。


なんだか、ひとのような…
ETみたいな、縄文的な感じに見えました。


こちらは、大きな顔
樹の精霊のようですね。
喋りそう。



埴輪のような。
この曲った腕のような枝は
どうしてこのような形に???

それぞれの宇宙がありますね。

コミュニケーションのことなど2

昨日は久しぶりに庭仕事をしました。

金柑の花が咲き始めました。
他の柑橘類と違って、
金柑の花の時期は夏なんですね。

今年実った実でシロップを作ったら
美味しかったので、来年も期待しています。
たくさん成るといいな。


一度も実がならなかったので、
種類がわからなかった柑橘系でしたが、
今年レモンということがわかりました!

20個くらい成っていて、
どんどん大きくなってきています。
楽しみだな。


こちらは、唐辛子です。
先日花が咲いているなと思っていたら、
もう実がなっていました。

唐辛子を植えると、虫が寄ってこないので、
コンパニオンプランツとして植えるといいと
伺ったので植えてみました。

野菜を育てるのは、
初めてのことが多いので、
調べながらです。
でも収穫できるものは楽しいですね。


こちらは、ジャガイモ。
キッチンで萎びて芽が出ていた2個を
試しに植えてみたら、
一つあたり3〜4個のジャガイモができていました。
昨日は、掘り立てを蒸して
バターで食べたら、
すごく美味しかったです。


庭仕事、忙しい時には
週1になるので、
草引きなども溜まってしまいますが、
やればやっただけ
庭が豊かになっていくのと
汗もかくけど、
グラウンディングされるし、
気持ちもスッキリして、とてもいいです。


なんだかんだいっても
よく見たり、育てること自体
植物とコミュニケーションしているのでしょう。


植物とのコミュニケーションは
結果が出るので、わかりやすいですね。
収穫が得られたり、花が咲いたりと
ちゃんと反応が返ってくるので。


うまく育たなかったら、
上手に育てている人に教わるとか
本やネットで調べるとかして
少しずつ試行錯誤しながらもやっていると
1年、2年経ってから
自分の中にそれぞれの植物との
コミュニケーションの仕方というのが
落とし込まれてきます。
これは、人間関係とも似ているなあと思います。


*****


どんな存在とも
コミュニケートしないでいることはできなくて
その対象は、身近なレベルから宇宙まで
数限りないレベルがあります。


どこに意識を向けているかで
返ってくる反応、情報は違ってきます。



コミュニケーションしているとき
そこには、失敗などもなく
ただ結果があるだけです。


そこに価値判断をつけたり
重く捉えないようにしましょう。


思う反応が得られなければ
やり方の軌道修正をすればいいだけです。
つまり、自分の方法を変えればいいのです。


みんな自分自身の世界観や価値観に基づいた
それぞれユニークな世界に住んでいます。


自分には理解できない考え方や行動であっても
それは、その人の立場から見たら
おそらく同様に思っているのではないでしょうか。


その中で、アクセスできるように
必要なことをいろいろ試してみれば
いいだけなんです。



起こってくる抵抗感などは、
単なる柔軟性の欠如なだけで、
簡単に言えば、
うまくいかなければ、
別のことをしてみるといいですよね。



セッションにいらっしゃるお客さまに対しても
そのスタンスをいつも持って
お会いするように心がけています。

泰山木を見て


私は泰山木の花が大好きで、
この時期になると、どこかに咲いていないかな…と探します。

そうしたら、公園に見つけました!
いい香り〜〜!
マグノリアの香りは泰山木の花だそうですね。
爽やかな香りです。

たまたま今日いらっしゃったAさんも
泰山木が大好きということで、
話が弾みました。

このように、お客さまがいらっしゃる前に
なんとなく考えたり、行動したことが
不思議と一致することが多いのです。
脳のネットでつながっているからでしょうか。


なので、セッションする前の時間帯に浮かんだことは、
なるべく覚えておくようにしています。

Aさんには、帰り道の近くに泰山木が咲いているので、
場所をお知らせしました。
楽しんでくださるといいな。


花芯の作りもよく見ると興味深いですね。



花弁が落ちると、さっきの芯はこんな形に。
この形も面白くて、
自然の造形にはいつも感嘆します。

最近は細かく細部まで見る習慣になって
いろいろ発見することが多くなりました。
高い木に咲いている花とか
地味なのに、細部をよく見ると繊細なものとか、
普段とは違った見えかたを毎日の散歩で鍛えているような(笑)


視点を自在に変えてみると、
見えていなかった世界が拓けてくるものですね。
私はそれをスケッチのように、写真に撮っています。




この蕾、明日咲きそう!
低めのところだから、咲いたばかりの花の香りや
輝いている花が見れそうです。

泰山木は、背が高いので、下から眺めることが多くて
咲きたての花は、手の届くところになかなかないのです。
でもこちらは、大丈夫そうです。


*****
さて、私はセッションする際に
どのようなことを提供できているのでしょうか?

たくさん溜め込まれて、心身ともに疲弊されている場合、
ご本人が自覚されていらっしゃる場合は、
まずそのことについて、よくお話を聞くようにしています。
雑談形式で。
その上で、ご本人の希望と照らし合わせて
今必要なセッションを行います。


お話を伺うことによって、
自分で整理がつくこともかなりあります。

また私の場合、たくさんのセッションをしてきたので、
いろんな事例の中から、
似ている状況やその後のお話などを
差し障りのない状態でお話したりします。

そうすると、ひとりで抱え込んでいたものが
自分だけではないと、安心される方が多いです。


私自身だって、同じような状態になることもあります。
だから理解もできるのだと思います。


そうして、お話ししていただいた上で、
起こっている不安や恐怖や怒りや抑鬱状態など
いろんな問題に対する対処について
客観的に見て必要なことをセッションします。


表面的な対処方法ももちろん必要です。
それプラス、物事の奥にある、
本当に安心して、穏やかな気持ちになるような
解決方法を見つけ出すことは、
とても大事だと思います。

心から納得できるような
落ち着けるように静かな気持ちになれたら
その時は、とても安心できて
ストレスもなくなっていますよね。


それは、リーディングの場合では、
中立な状態になって、
浮かんでくるものを、翻訳していくような作業です。


大抵は、アレゴリーとして出てきたり、
キーワードが出てきたりするのですが、
そこから先がわからなくても
話していくうちに、
なんとなくまとまってきたりするものです。
そういう風にオチがあるんだなと
お互いに納得したりします。


人によっては、自分のことではないのに
被せられるように、自分が悪いと思い込ませられていたりすることも。
そういうパターンを持っていると、
蛇に睨まれたネズミのように
固まってしまいますよね。


そういうパターンを使う人も、使われる人も
どちらも、恐怖心を持っていて
行動の仕方が違うだけなのです。


片方ががそれを昇華する流れになっていけば
もう片方も時間がいつになるかはわかりませんが、
次第に変化していく流れになっていきます。


それを解消するために、
いろんな出来事が起こっているのかなと
予感させられるこの頃です。




新しいパラダイムに乗って


今日はお昼前から雨が降り出しました。
こちらに移ってきてから、
雨もまたいいなと思えるようになりました。


雨のなか庭に出て、
雫の滴っている枝や花を見ていると
晴れた日には見えなかった美しさを見つけます。


とくに紫陽花は雨が降っているときが
いちばん美しく見えます。


去年は花がつかなかったカシワバアジサイも
今年は美しい花がこんなにたくさん!


そう思いながら見ていると、私もこの紫陽花のように
去年は引越しの疲れがまだ残っていたんだなあと思いました。


新しい環境になって今年の夏で2年になります。
新しい生活にそぐわないものを手放して
新しくしたものは、勉強しなくてはならなかったりで、
今頃になってようやく
思っていた以上に負荷がかかっていたことに気がつきました。


お疲れ、私、笑


負荷といえば、2年前に書いて、
何度か引用したブログの記事があります。

カナリア

記憶の負荷が高まると
年齢にかかわらずニューロンの新生が起こることが、
最近は確認されています。

カナリアのオスが毎年新しいさえずりを覚えるときや
新しい餌場を探したりするときなど
記憶に負荷がかかるときに
新しいニューロンが生まれることが
実験で確認されたそうです。



新しい環境で、私も同じような体験をしていたのかな。
私は、彫金を習っているのですが、
去年は、新しい手法を習いだしたのもあって、
覚えて自分のものにするまで、けっこう大変でした。


同じスキルを使いながらも
そのやり方でどういうものができるのか、
自分が作りたいものは、どういうやり方があっているのかなど、
考えながら、試行錯誤しながら、作っています。
大変だけど、楽しい時間です。



こちらに移ってきて
少しずつ道具や工具も増えてきて、
環境も整ってきて、
作る時間もできてきたので、
大変ではありましたが、充実感もある1年でした。
来年はもっと楽しみな気がします。


負荷がかかっても
いつも何か新しいものを作ってみたり、やってみたい。
それがなければ、日々の散歩の中で
新しい花を見つけたりするように、
何かしらの発見があると、それだけで嬉しいです。


適度な負荷はいつもかかるけど、
それも慣れてくれば、
心折れることもなく
うまくいかないときは、
やり直せばいいと思えるようになってきました。


やりたいことをやれているから、
うまくいかないことも含めて
負荷となっていることも
次の新しい何かの準備になっているとしたら、
嬉しくないですか?


私のような枠にはまってない人もいるし
枠の中でうまくやれている人もいるし
人それぞれだけど、
その中で、どのように生きたいは、
選べるわけですよね。







こちらは庭の梅の木です。
今年初めて実が成りました!

10個にも満たない数だけど、
ときどき木の中を覗いて見たくなって
確認します。
落ちてなかった!
順調に大きくなっている!


小梅ではなく、普通の梅のようです。
だんだん大きくなってきている!
この梅で、シロップ作ってみようかなと思います。
せいぜいジャムの瓶に詰めるくらいでしょうけど、
どんな味のシロップになるかしら。
ちょっと楽しみです。



枯れそうだった梅が
去年は数個咲いて
今年はもったたくさんの花がつきました。
枝もどんどん伸びています。


いつもこの梅を見るたびに
元気になってねと、
心の中で声をかけたり、触っていたり
肥料をあげたりしていたのが、
ちゃんと通じているみたいで嬉しいです。


花も木も動物も、
心を伝えるのは簡単な気がします。


ていねいに手入れをしたり、
愛情を持って世話をしたりしていると、
必ず応えてくれます。



こうやって、去年、一昨年と変化を見ていると

もう同じパラダイムにいるわけではない

ということに納得します。


いつまでも昔からの自分をキープしようとする癖ないですか?
いらないものは手放しても
梅が桜になるわけではありません。
でも、花を咲かせ実がなるような変化を見たら、
今からでも遅くない、
諦めないで、手をかけていこうと思いませんか?
梅の木や、紫陽花は、そういうことを教えてくれました。



今までの自分にこだわる必要なんてなくて、
変化にどんどん乗っていけばいいだけですよね、
この庭のよう木々のように。


変わっていないように見えても、
毎年変わってきていて、豊かになっている庭。

そこには、「思い」というか「ビジョン」があって
そのために淡々とやれることをやってきたら
結果がこうなったという見本を見せてくれたような気がしました。


目標を立てるのもこれと同じなんです。
軽く立てて、簡単なことを淡々とやっていけば、
やがては、満足のいく結果につながっていきます。


筋トレなんかやっている人も
やはり変化が楽しくなってきたら
どんどんできちゃうんでしょうね。


形はどんどん変化してくるし
考えもそれに合わせて変化してくるから
どっちから入ってもいいのではないでしょうか。


たまに、混乱した時は、
第三者の意見を聞くとか
セッションなどで、新しいパラダイムに気づけたとき
行動に移せるようになるのだと思います。


自分でできる場合もありますが、
どうしてもブレーキがかかってしまう場合や
誰かに寄り添ってもらえた方が楽にできる場合は
お手伝いいたします。











感情労働

今日何気なくテレビを見ていました。
「クローズアップ現代」の中で、
ごみマンションというのが、
バリバリ働く30代〜40代に増えているそうです。



昨日のブログ「エネルギーマネジメント」でも書きましたが、
あまりにも働きすぎると
うちに帰ってからエネルギーがほとんど残っておらず、
片づけられなくなっていき、
社会では、そんな気配は微塵も見せていないけど、
うちでは足の踏み場がないような状態になっていて
片づけ業者に頼むしかないような状況にまでなっているそうです。


そうなってくると、職場などでの人とのつながりはあっても
うちには人が呼べない状態になって、
孤立死につながるケースもあるそうです。


その番組の中で、「感情労働」というのを
初めて聞きました。


確かに現代では、人に気を使う仕事が増えてきたし
モンスターペアレントとか
ちょっとしたことでクレームがついたり
いつもピリピリした状況で働かざる得ない人も
多いのではないでしょうか。


単なる肉体労働の疲れなら
休めば回復するけれど、
そういう感情的な疲弊や
人間関係などは、思っている以上に
エネルギーをダウンさせます。


職場などの労働でエネルギーを使い果たしたら、
新しいことや、普段のルーティーンさえできなくなることもあります。
それうえ、できないことを責めたりしてしまうんですよね。
そのうちにそれが日常になってくると、
頭の中も整理がつかなくなったり、
新しいことを入れる容量も無くなっていきます。

「部屋=自分の頭の中」だから



仕事でエネルギーを消耗しているために
エネルギー残量がゼロに近くなれば
動けない状態になるのは当然なんです。
身体も思考も感情も。


テレビでは、「心理的便秘」と言っていました。


どっちかというと、
感情労働が多ければ多いほど
肉体よりももっと疲れが溜まったり
抜けなかったりします。


私がやっている仕事も、
感情労働的な要素もなくはないです。
以前はセッションの量も多かったので、
セッションのある日は朝などは、
なんとなく身体が重い感じがしていました。
セッションの前にいらっしゃるかたの
感情や身体の状態や、思考などを共有してしまうんですね。
終わるとスッキリするんですけどね。



今は程よく仕事ができるようになったのと
仕事自体を楽しく感じるので、
疲れや重さは感じなくなりました。



やはり量も関係ありますね。
その頃は、若かったのもあって、
あまり感じませんでしたが、
やりすぎるとエネルギーが下がりますね。


そういえば、私は月1くらいで美容院で髪を切っているのですが、
美容師さんとは20年らいくらいの付き合いです。
月1でおしゃべりするくらいの関係ですが、
その方から、いろんな情報を聞くのが毎月の楽しみです。


友達というわけでもないけれど、
でも気楽に深い話もできるし、
そういう関係は、私の仕事にも近いのかなと思ったりします。


私の場合は、もう少し話しづらい内容も含まれますが、
人生の中で、どこかにそういう交差点のようなところで
信号待ちしながらの立ち話みたいなのがあると、
ちょっと軽くなるのかなと思います。


*****


今日はボトルブラッシュの花を見かけました。
これも今日書いていることとリンクしていますね。


この花はオーストラリアによくある花だそうで
フラワーエッセンスにもあります。


ボトルブラシとも言われますが、
瓶を洗うブラシそっくりなので、
私は浄化というイメージを持っていたのですが、
調べてみると、人生の転機、
それもネガティブに感じられる変化に対して
乗り越えるのを助けてくれるようです。
赤い色の花というのも元気が出ますしね。


いつも思うのですが、
転機の前はいつも大荒れな状態になって
そうなるから転機が訪れるのかもしれないです。
でも、「あのことがあったから、今の自分がある」と
いつか言えるようになる日も絶対あるんです。


ダメだと決めつけているのは自分の勝手な妄想なんです。


瓶をブラシで洗うように、綺麗になれば、
身体のエネルギーの軸が通ってきます。
エネルギーも循環しだしてスッキリ軽くなります。
そうなってから現実が動き始めます。


今はどんどん世の中も変化しているし、
これからもっと加速していきます。
その変化の波の中で
エネルギーアップして
うまく転機に乗ってください。


そのための思考の整理とか
エネルギーアップや感情の手放し方など、
セッションなどで、関わりながら
寄り添って変化を促すことを必要としているなら、
どうぞいらしてください。







日々のこと

先日のブログで見つからなかった、
雪の結晶のブログ、見つけました。
こちらでした↓

自分の輪郭



今日は彫金をやっていました。
私はハーキマーダイヤモンドクォーツが大好きなのですが、
ハーキマーは、微妙にみんなサイズが違いますが、
基本的には、大小どの結晶も18面体で構成されています。


でも、作る立場から見たら、
同じ形ではありますが、それぞれが微妙に違うので、
ひとつひとつ石の形に合わせて
金属の部分を作っていかないといけません。

つまり、量産ができなくて、ひとつひとつ作ります。
それは効率が悪くて、例えば職人さんなどに頼むと
とんでもない工賃を要求されたりします。


洋服でいえば、サンプル工賃と、量産工賃は違うのと同じです。
オートクチュールなどは、その人にあった形や
同じ体重の人でも、体型によっては、
ダーツの場所が微妙に違ったほうが
綺麗に見えたりしますよね。


ザクっと見れば同じように見えても、
ほんの少しでもその人をより輝かせたい。
私はやりたいなと思うのは、いつもそういうことです。
これは、セッションでも、ものづくりでも、同じこと。


たまに彫金をしているときに、
どうしてこんな面倒なことしているんだろう…
と思うこともあります。
自分で選んだことではありますが、
大変だなあと思うこともしばしば(笑)


それはまだ私の技術が未熟だからです。
何回かやっていくうちに、
少しずつ上手になっているから、
繰り返しやって経験値を上げて
慣れて工夫していこうと思います。


こうやって、ときどきヒイヒイ、言いながらも
少しずつですが、進歩が見えてくると嬉しいです。


でもなかには、やるまでにまだ行けない人もいると思うのです。
そういう人は、たくさんのエネルギーを使っているけど、
どうやって踏み出して行けばいいのかわからないことが
多いのではないでしょうか?


たいていは、大きなことを考えてしまって、
それに打ちのめされて、
自分の能力の無さを責めてしまったり
やれないことを怠惰と思っていたりしてはいないでしょうか?


なかなか踏み切れないというのは、
できないということではありません。
いきなり階段を5段飛ばしで昇ろうとすると
かなり負荷がかかりますが、
1段ずつだと楽勝ですよね。


それと同じで、
まず小さなことからやっていくことに慣れること
それを積み重ねていくこと
やり続けること
それだけでいいのです。


私も気持ちが揺れることもあるけれど、
そういう自分も受け入れつつ
やはり好きだから続けていられるのだと思います。


セッションも同じです。
いろんな人と関われること
その人の行く道に沿えること
自分にとっても学ぶことも多いし
感動することも多い毎日だから、
好きなことなんだなと、日々実感しています。



積み重ねと、織り合わせ


今日はこちらは朝から雨です。
雨だけど、庭に出てみたくなります。
金魚のえさもあげちゃくちゃいけないしね。

上の写真ですが、
柑橘系の蕾が膨らんできました。
まだ実がなったことがないので、
何の木か、わかりません。
去年は、花が咲くのは咲いたのですが、
実は成りませんでした。
実をつけるほどの元気がなかったんですね。


今年は、よく手入れをしているので
実ってくれるといいなと思っています。


そうそう、去年まで元気のなかった梅に
今年は実が成っていました!

葉っぱの陰に見つけたときは
ちょっと嬉しくて、気持ちが踊りました!
元気になってきてよかったです。


庭も、毎日そんなには手入れしていないけど
細かく見て、成長や変化を発見すると楽しいです。
小さいけど、畑も作っているので、
バーブや葉物など、ちょこちょこ摘んだりできて重宝しています。  


週末ガーデニングですが、
やっていくうちにだんだん結果として
土地が豊かになり、
植物たちが元気に応えてくれるようになりました。
嬉しいです。


*****
さて、私はこれまでいろんなことを習ってきました。
スピリチュアルな分野、心理学、代替療法など
知りたくてたまらない時期があったので、
週末はいつもワークショップという時期が
かなり長かったです。


その中で、自分にフィットして
今もセッションのメニューに入っているものもあります。
また、セッションメニューに入れてなくても、
興味を持ったものは、
たいがい自分とは違うユニークは方法です。
新しいものが好きなんですね(笑)

そうやっていくうちに
自分が、どういう分野が得意なのか、
また、不得意なのかも、わかりました。
そして、自分の仕事にはしていないものでも
それらは自分の土台になっているんだなとも思います。


違う方法、考え方、アイデア、そこからひらめくことも多くて、
今まで教わった数々の方々には、本当に感謝しています。


それと同時に、自分は特定のシステムの中や
枠の中、それも狭い枠の中では、
息苦しさを感じることもわかりました。


それが自分の個性なんだなと、
思えるようになってからは、
自分のやり方を磨いていこうと思うようになりました。


今までたくさんのセッションをしてきて
18年間なので、多分1万回に近いくらいですが、
回数をこなしてきて、積み重ねてきたものが、
自分の中に辞書となって出来上がってきています。


セッションの時間は
積み上げられてきたものと、
そのときのお客さまと自分の掛け合わせと
その瞬間に降りてくるものとが合わされて
織り込まれていくようです。


なるべく近い言葉を選んで話していくとき
一種の魔法の時間のようです。
何が起こるかわからないけど、
その時に真剣に向かい合うのが好きで
この仕事を続けられているのかなとも思います。






セッションを受けるときに


昨日の雨で今朝はもやがかかっていました。
もやと霧の違いを調べてみました。
「もや」と「霧」は、
主に空気中の水蒸気が細かい水てきとなって浮かんでいる状態を
このように呼びます。
水平視程(すいへいしてい=見通せる距離)が
1キロメートル未満の場合を「きり」、
1キロメートル以上の場合を「もや」と呼ぶそうです。

ということで、今朝はもやでした。
前のブログの霧の日にも書きましたが、
霧とかもやの状態はすごく気持ちいいです。
木の香り、土の香りに包まれると身体も喜んでいます。



今日は光を撮りたくなりました。


芝生に移る影が美しい。


この写真が一番好き。



さて、今日は、セッションを提供する側と
受けられる側との関係性について。


私がリーディングの際に、いつも気をつけていることは、
提供する情報に対して
安易に、鵜呑みにして
依存関係になってしまわないようにしています。


でないと、表面的な解決に走ってしまったり
それによってかえって迷走してしまったりすることも
可能性としてはあるからです。


リーディングで読んでいることは、
あなたは未来にこうなるということではなく
(そういうのもたまにはあるかもしれないですが)
その人そのままの性質、
つまり選択のしかたのようなパターンや、クセ、特長など
やっぱりそうなんだと思うことがほとんどです。


それを第三者から言ってもらうと
客観的に自分のことを観れるようになって、
そこから、自分への深い理解が生まれてきます。


この部分は、以前に「運命の輪」のセッションを
受けてくださったかたからのご感想がとてもわかりやすいので、
そちらから抜粋させていただきます。
これからセッションを受けようかと思っているかたには
参考になるかと思います。


*****



まず、セッション当日のことですが、
カウンセリング中、自分が主体性のないまま
ここに来ていることを感じていました。



それまでは自分のことを主体性がある方だと思っていましたが、
藤井さんとお話している中で、
「本当の意味で『どうなりたい。』とか
『どうしたい。』というものがなかったんだな。」と感じました。



「自分が」ではなく「誰かが何とかしてくれる。」という意識、
「私が自分で見つけるのではなく、
藤井さんに見つけて頂くというような
他力本願な気持ちでセッションをお願いしたんだな。」と。



カウンセリングの中で藤井さんが質問してくださることに
答えていく作業が最初はとても難しく、
「どう答えて良いのかわからない。」と戸惑っていましたが、
今思えば、それは「正しいことを答えたい。」という
お会いした瞬間ご指摘頂いた
「自分を律する意識」が働いていたからです。



そういう私に藤井さんが丁寧に、
玉ねぎの皮を一枚ずつむくように
表現を変えて色々な質問をしてくださったので、
少しずつ「自分の声」が聞こえて来るようになっていきました。


教えて頂いた映像のうち、
ツインソウルのことや母への思いは、
普段は意識していなくても自分の深い所にあって、
ずっとそれに拘って来たんだな、と思いました。
空想の世界に現実逃避する癖のようなものも、
好みじゃない異性に対する必要以上の防衛意識も、図星です。
「これらのものを、認めて、手放す時期なんだな。」と感じました。



あれから、色々なことが良い案配なんです。
何となく毎日がとても楽しくて、
それが楽な楽しさというか、
自然と沸き起こる楽しさというか、
最近、私の毎日は楽しいことしかないんです。



もちろん、実際はそんな訳はなくて、
中には色々と上手くいかないこともあるんですが、
それが残らなくなりました。
そして、一見すごく悲しくて苦しい出来事が
実は自分がhappyになるためには必要なことだったんだと
結果としてわかるということもありました。



「自分の声を聞く」「自分とつながる」って
こういうことなのかもしれないな、と日々感じています。
「在りのままの自分」に向かって、
これからまたどういう風に変化していくのかが楽しみです。









1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今年最後の出張セッションです。
    ミヤ
  • 今年最後の出張セッションです。
    Katsuhiko Matsumura
  • 放散虫って知っていますか?
    ミヤ
  • 放散虫って知っていますか?
    memi
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    マキ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    nn
  • ふらふらと
    ミヤ
  • ふらふらと
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:711 最後に更新した日:2018/12/13

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM