整理と再編成



前回のブログにも書きましたが、8月に入ってから、
気になっていたけど手をつけてなかったことに
少しずつ取りかかれるようになりました。


自分の環境を整えることや
後回しにしていた事務作業など
できていないとなんとなく流れが見えず
不安になったり焦ったりするようなこと、
ひとつひとつは小さなことですが、
溜まってくるとすごいストレスを受けていたことに気がつきました。



最初はどこから手をつけたらいいか、
圧倒されそうな気分だったのが、
コツコツと作業を続けていくうちに
少しずつ整理整頓が進んできました。
そうするとざわざわした気分も減ってきました。



やることに追われて
それをこなすことに精一杯だったときは
かなり圧がかかっていて
なんとも気分がよろしくなかったのです。


たぶんできない自分を責めてしまう癖が出てきて、
それでアレルギー状態になってしまうのですね。
気分が焦るというのもありますし、
低血糖ぎみになったり、
咳が出たりとかですね、
いろいろ反応が出ました。


*****


先日、今年から始めた勉強の講義に行く途中
バタバタとテキストを見直していて
しっかり身についていないため
テストの一夜漬けのような気分になってしまいました💦
ちゃんと復習したりできなかった自分を責めている
過去のパターンが浮上してきました。


今は遠い昔になりますが、
私は30代くらいまで、
「卒論の締め切りが明日なのに
テーマも何も決まっていない💦」
とパニックになる夢を見ていました 笑




完璧主義や
あれこれやりすぎてしまう癖…
キャパオーバーですし、そもそも無理なのに
自分が悪いと思い込み
何もかも中途半端な気持ちになり
自信が持てなくなるというパターン
あってもいいけど、
もっと適当でもよかったなと
今は思えますよ 笑



楽しくなくなったら
気をつけようと思います。


何かを習得するとき
車の運伝を例に挙げると
4つのレベルの状態があります。

1)車の運転がまったくわからない
2)自分がうまく運転できないことに気がつく
3)うまく運転するために、継続的に意識して注意を払っている状態
4)隣に座っている人に話しかけながらでも問題なく運転することができる


3のレベルで止まっちゃうと苦しくなるんですね
4のレベルは無意識でできちゃうレベルです。
無意識的有能性


4になると意外にも、
車の運転ができるのは普通のことになるから
何かを成し得た感覚もなくなっています。


そこになにか達成感!みたいなものを期待していると、
あれれ?となってしまいます。


すべて幻想といえばそうなので
その幻想を楽しめばいいだけ、なのかな、
淡々とですね。




難しいと思われることも
単純なものから成し遂げていくうちに
フラクタルのように
複雑で洗練されたパターンを作り出します。




整理と再編成を繰り返していくと
処理する能力が長けていき
気がついたら楽しくてやれていた
ということに気がつきました。






大事なこと


お盆休みも終わって
また通常モードに戻ったかたも多いかと思います。


私も先週はお休みして
障子を張り替えたり
カーテンを洗ったりと
普段できないような大掃除をしました。


今のうちの間取りはちょっと使いづらいな…
そう思っていましたが、
いろいろ手をかけていったり、
配置を変えたりしてみれば、
それなりに整っていくものですね。


あるもので十分。
活かしていけばいいだけです。



自分の勝手な決めつけが
ものごとを固定化しているんだなと実感。




はぁー、スッキリした!





障子の桟を拭いたり、
窓ガラスを磨いたりするだけでも
うちの中がくっきりと輝いて見えます。


窓やカーテン、壁とか障子とか
空間を構成しているものを掃除すると
空間そのものがクリアになってきます。


空気感や佇まいはオーラのようなもの
構成要素の重なりによって出来上がっています。
どういう空間にしたいのかを考えるとき
自分の中での大事なことに行きつきます。




あれもあって
これもある…
じゃあ、それをどう見せていくのかな…?
どう組み合わせていくんだろう?
何を省いて何を加えればいいのかな…?



ブループリントに基づいて、
現実のものを手を入れていったり、
配置を変えてみたり、
そういう作業はとてもクリエイティブで
自分の原点をくっきりさせる作業でした。



日々の仕事の中で
じっくりと考えながらできることではないので
こういう機会に
作業をしつつ自分の中を掘り起こしています。



今の自分を受けとめる


この頃、考えていたことです。
なにかをやろうと考えていても
なかなか動けないときってありませんか?
私はたまにあります。


でもあるときに、ふっと動けるときが来て
それがタイミングなんだなと思いました…



動こうと思っても動けないときは
タイミングではないか、
動かなくてもいいのかも…


「こうしよう」と思っていたことが、
実際に「こうなった」ということと
一致していればいいけれど、
違っていたら、「こうしよう」は捨ててもいいのかな…



「動けた」ことは「動くように」なっていて、
「動けなかった」ことは「動かなくてもよかった」ことじゃないか?



そこに時間や周りの状況も絡んでいるうえで
自分が選択して行動したことに対して
ちゃんと受けとめてあげることが大事だなと思います。



また、「動けないときは動かなくて良い」というのも
ちゃんと受けとめてあげましょう。
自分を責めなくなります。










緑が輝いていました。


大好きなシマサルスベリの花が咲き始めました!


暑いのか、口を開けたカラスが多いです。


メッセージはどこにでも


今朝は久しぶりに公園を散歩したり、
軽く走ったりしました。


梅雨が長かったのと、
とても忙しかったのもあって
なかなか公園に足が向かずにいました。


朝のルーティーンとして
20分くらい走ったり歩いたりしていることが、
なぜかできなくなることがあります。


そういうときはしばらくお休みします。
そうしていつも不調を感じて
「やっぱり走ったほうがいいな」と再確認します。



身体を動かしていると、
いろいろなアイデアや直感がひらめきます。
緩やかに身体を動かすことは
頭も心も身体にも大切なことだなと
またまた実感した朝でした。







木漏れ日が美しかったです。



朝顔もいっぱい咲いていました。

モーニンググローリー
フラワーエッセンスにあったな…

確認してみたら
輝くような生命力、生のリズムとつながることを
調整してくれるようです。


肉体にエネルギーがちゃんと入って
エーテル体のエネルギーをちゃんと使えるようになるそうです。


私には朝顔のイメージは
夏休みのラジオ体操とつながっています。
早朝のエネルギーと繋がることで
自然の周期と自分のリズムが同調して整っていきます。


この時期は、朝早起きして
早朝のエネルギーを身体に取り込もうと思います。



こちらはタンジーというハーブです。
黄色くて丸い花が可愛くて
大好きな花です。



タンジーもフラワーエッセンスにある花です。
ものごとを先延ばしする傾向のある人や
目標に向かってまっすぐ行動できない場合などに
効果があります。


また、お片づけができない人などが
とりかかるきっかけになったりもします。


混乱した環境や状況のなかで
周りとの波風を立てないように
自分の肉体的なエネルギーを
うちに引っ込め抑えつける傾向のある人などに
真の自己実現を可能にしてくれるそうです。


なるほど。


探してみれば
眼に映るもので惹かれるもののなかに
メッセージがあります。


常に降るように
昼間の星のように気がつかない人にも
常に降っているなと思います。


それらをどう紡いでいって
どんな世界を作っていきたいのかなと
考えてみるのも面白いです。

ヒントはいっぱいあります。







すべて良し!

猿ヶ京温泉に行ってきました。

朝早く散歩していたら、猿の群れに遭遇しました。
猿ヶ京だけに…
この写真に小さく写っていますが、見えるでしょうか…?

あとで聞いたら、この辺りは熊も出るそうです。
遭遇しなくてよかった!



これはユキノシタの花です。
天使か妖精がいっぱい!
いっせいにパタパタ飛び立ちそうに見えました。





田んぼの脇に咲いている花
鳥のさえずりもこちらでは聞いたことのない
美しい音楽のようでした。


*****
うちには猫が二匹います。
ペットを飼っている人はわかると思いますが、
旅行から帰ってくると
猫たちは私のまわりに近寄りたくてしかたない様子です。
二匹がべったり仲がいいというのではないので、
一緒に二匹で甘えることはせず、
遠慮しあったり、牽制しあったりが続くんですよ、しばらく。


そのときに私は遠慮がちの猫に、
「あのこがかわいそう、公平に接しないと…」
無意識にいつも思って同情していました。


でも、そのときはなんだか違和感を感じて
あれ?それって変だよね???
必要ないよね!と気がつきました。


猫たちは、べったりしてはいないですが、
仲がひどく悪くもなく、
お互いの距離感を取っているだけなのです。


ちょっと追いかけっことか
小競り合いはありますが、
怪我をすることは一度もなく
留守のときは、お互いになんとなく近くにいるようです。
これがうちの場合、いい関係なんだなと腑に落ちました。


私の心配は、猫たちの独占欲を刺激しているようでした。
心配を止めてみると、猫たちもしばし私と川の字に寝て、
そのあと、それぞれ眠りやすいところに落ち着きました。


こういう些細なことのなかにも
自分のパターンを知らされて
軌道修正が続く毎日です。


些細なことはフラクタルに
大きなことへつながっていきます。


公平にと思えば、競い合ったりします。
正しいという思いは、不正を生み出します。
みんなバランスをとる方向で動くのがこの世界。


生きていれば、両方の要素が
そのときどきに出てくるので
それに一喜一憂して
自分が振り回されるよりも、
すべて良い方向へつながっていくと
安心して見ていればいいだけです。




自分も軸がぶれることがあります。
それは生命体として自然なことで、
ひどくブレたときは修正が入っていると思って、
しっかりと自分を生きていけば
まわりも自然体で
なるようになっていくものです。


自分が自分のために使うエネルギーを
相手に合わせて注いでいくことをしてはいけません。
相互に消耗していったり
共依存関係を作り出したりします。


自分の人生を生きることに責任を持って、
自分を愛して大切にすることで、
エネルギーは中心に集まって
強い流れを作り出します。


それが、まわりにもいい影響を与えていきますから、
まずは自分が自然体でいればOK。


まわりのことを心配しなくても
だいたいはちゃんとそれぞれやっていけるから。
起こることはすべて良しで、
表面的なことにすぐ反応せずに
心から思うことだけをすれば良いのです。





波に乗る


薔薇が美しい季節になりましたね。
うちの薔薇も去年地植えにしたら
今年は勢いよく、
次々に咲いています。

やっぱり直に地面に植えると
土のエレメントがよく働いてくれます。

アーシングという言葉もよく使われますが、
植物もやはりそうですね。


*****
最近のセッションから思ったことです。


いろいろ思うようにいかないとき
イライラしたり、気分が落ち込んだり、
不安になったりと、感情が動きます。


それは、まず身体が感じるので、
肉体的に不調が起こったり、
アレルギー的な反応が出ます。


それはなるべく感じたくないので、
その反応を避けようとします。


でもその嫌な感情を体験し、
ちゃんと受け入れると、
反応は消えていきます。



嫌と思う気持ちを許します。
受け入れます。
と紙に書いたり、
心の中で言うことで、
起きていた反応が静かになります。


波に乗るのってそういうとき。
否定しないこと。


そして注意を向ける方向を変えること
小さなことでもいいので、
幸せを感じる方向へ。
それが前に進むということ。


宇宙は大きい、小さい、関係ないです。
どちらへ向かっているのか、
その方向へ現実を動かします。



大波を越えていくことで、
もっと豊かな人生になっていきますよ。







視点を変えて見る、見る、見る


公園の「和」の庭園
最近のお気に入りでよく覗いています。

引っ越してきた頃は、
「この山野草の庭は地味な花ばっかり!」
と思っていました…

最近はよくよく見るようになって、
面白いカタチの花が多くて
好きなのです。

この花は、「ヒトリシズカ」
山野草です。
ブラシのような形の花。
葉っぱに守られています。
最初は群れになって生えてきます。
静御前にいわれのある花です。


「ヒトリシズカ」が開いたら、
こんな形になります。
4枚の葉っぱの真ん中に
花が一本咲いています。


こちらは「二輪草」
こちらもよくよく見たら
どの一本の茎から二つの花が咲いています。
それで、二輪草なのですね、なるほど。
可憐な花です。


こちらは「チゴユリ(稚児百合)」
すっごく小さくて、2cmに満たないくらいのユリ。

このユリはあまりにも小さかったので、
今朝、初めて気がつきました。

山野草は、普段あまり見かけない花が多くて
興味深いです。



こちらは「ケマンソウ(華鬘草)」
別名タイツリソウ(鯛釣草)」ですって。
そういえば、釣れているような形ですね。



こちらは、「ケマンソウ」の白。


*****
木や花や空を眺めながら、
散歩したり走ったり
1日の中の私の楽しみの時間です。


決まったコースを走る時もあるけれど、
だいたいは、そろそろあの花が咲いているかな…とか、
あの木が気になるから、近寄ってみようとか、
今日は木の幹を眺めて歩いてみようとか、
その日によって興味の向くままに
いろんなものを眺めています。


気になるものに、意識が入り込ませて見ていると
どの存在もユニークです。
同じ種でも咲く微妙に時期も違います。
見ながらそういう変化を
覚えているようです。


公園の植物の地図が私の頭に中に出来上がってきて
それがより細く立体的になってきています。


小さな可憐な花に目を凝らしたり、
大きなシンボルツリーのてっぺんを仰いだり
視点を自由に変えて見ると
決まり切ったものの見かたに
今までは縛られていたんだなと思いました。


好きなものが
増えてきました。


今まで嫌いだと思っていたものは
なんだったのだろう…


そのものをもっとよーく見て、
入り込むように見ていくと
いろんな発見があります。
そこに面白さを感じます。


これ、植物にたとえて書いていますが、
人間関係などもそう。


苦手意識を持っていても、
避けないで、感覚を麻痺させないで
変に予測しないでほしい。


ありのままを見つめていけば
自分の持っている心のもろさや
やさしさや繊細さや
強さを取り戻せるのです。


避けていれば見つけることができません。
それは勿体無いことです。
せっかく生きていて、
いろんな存在がいるんだから
ありのままのその存在を
いろんな角度から見てみると
そこからなにかが生まれてきます。






組み替え


今朝も寒くて、午前中は雨がぱらついたけれど、
なんとかお天気が持ち直しました。


このところ、植物たちが目まぐるしく変化しています。
毎朝、庭に出ていろんな植物を細かく見るのが私の楽しみです。
今朝は、ボトルブラシの樹に蕾が付いているのを見つけました↑


ボトルブラシは、こちらに来てから植えたのですが、
茂ったミモザの陰になってしまい、
まだ一度も花を咲かせたことがなかったのです。


大好きな真っ赤なブラシのような形の花。
今年の夏、うちの庭で見れるなんて、最高です!


そういえば、ボトルブラシはフラワーエッセンスにもあります。
オーストラリアのブッシュフラワーエッセンスです。


花の形態がブラシのようだから、
煙突掃除のように、こびりついたススを掃除する
浄化のエッセンスです。


また、人生の転機の時に、このエッセンスは
乗り越えるのをサポートしてくれます。
今までしがみついていたこと、
もう必要のないものを手放し、
人生の次の段階へ進んで行くときに
もう一押ししてくれる作用があるようです。


今日、書こうと思っていたテーマとぴったりです!
「令和」の発表から、変化の加速が増してきて
自分自身の中でもいろいろな組み替えが起こっています。



優先順位の変化や
整理整頓や
意識の組み替えなどが起こっています。


たとえば走ることについて
どんなに変化したかというと…


ダイエットのためとか
体力をつけるとか、
「目的があって、結果を出す」
というのが何回も頓挫していました。


でもこのところは、「走りたいから走る」ようになりました。
朝日を浴びるのが気持ちいいから。
花や樹を見たり、鳥の声を聞くのが好きだから。


こんな感じに変化している自分がいます。



つまらないと思っていたこと
面倒だと思っていたこと
苦手なものが、
あまり考えずに
淡々とこなせるようになりました。


自分がやっていることすべてが、
神様とか宇宙からのお仕事の依頼だと思えるようになったら、
自然と落ち着いてやれるようになりました。


何事にも優劣をつけることをやめたら、
外側のことがあまり気にならなくなって、
やること自体を楽しめるようになりました。






こちらは、なんでしょう?

レンゲの花の蕾です。
去年植えたものがやっと大きくなって
蕾がついてきました。


子供の頃を思い出して
懐かしくて植えたのです。


その話から、先日友人と、
その友人が子供の頃
レンゲの花がたくさんあった場所を訪ねました。


残念ながら、れんげは見つけることはできなかったけれど、
なんだか、そのこと自体が楽しくかったです。


古い楽しい記憶は残しておいて、
新しい未来へ進んでいきます。


大きなものに守られて


桜もだいぶ散りかけてきましたね。
昨日は、こちらは朝から雨でした。
少しして雨が上がったので、公園に行ってみました。

日曜の喧騒とはまったく違った静かな公園。
桜の花びらが絨毯のようになっていて、
とても美しかったです。

桜は咲きはじめも、満開のときも、
また散るときも、すべて美しいなぁ…

生きとし生けるものも
すべてそうなのかもしれない…


この写真はまんなかにけやきの大木があります。
そのケヤキを囲むように数本の桜の巨木があります。
小山のようなてっぺんは緑なので
面白いなあ、葉っぱが出てきてるのかなと
中に入ってみたら、ケヤキでした。
まるでリーダーのように
桜を守っているような雰囲気でした。





一面、桜色の地面。
花の色と地面の色が同じです。


きれいなので、いっぱい写真を撮りました。
桜色と若草色のコンビネーションが美しかったです。
和の色ですね。


桜吹雪のあとの道。


これはなんの木でしょう?
桜だったかな…

しっかり地面に根を張っているものの
足元を見ると
なんだか神様の足のように見えてしまう私です。


*****
神様って、それぞれいろんな捉え方があると思います。
私は、神様はどこにでも、存在しているのではないかと思います。


私のとって神様という存在は、
私たちを包んでくれている大気のようなものですし、
生きとし生けるもののすべての中にも存在しているように思います。


神様というと人間のような言葉なので、
大いなるものとか、
そういう意味合いが私にはしっくりきます。


そして、日頃の自分の行いや
人との接しかたのなかのすべてのことなかにも
大いなるものの作用は働いていて
神事のようにも思います。


そう気がついてから、日常の些細なことも
面倒だなとは思わなくなって、
ゆったりした気持ちになりました。


どの人にも辛いと思う経験はしたことがあると思うけど
それさえも生きていて
与えられているものだとしたら、
ちょっと楽になりませんか?


毎日、そうやって気持ちを整えて
過ごしていきたいなと思っています。


手放しとリセット


今日も桜をお届けします。
白い桜です。

太白(タイハク)という桜。
この桜は一重ですが、
とても大きくて大好きな花です。

サトザクラの栽培品種で、
花弁の長さは最大約3cm
英国で栽培しているものが日本に里帰りしたそうです。

大きな花なので、枝ぶりもしっかりしていますが、
それに反して優美な花が咲きます。


今年も観れてよかった!


こちらは、白妙(シロタエ)
こちらもサトザクラ軍の園芸品種で
大輪の八重の花です。

太白よりは小さめですが、
八重なので、華やかです。
真っ白な桜も綺麗ですね。


タイハクの蕾
光の色でほんの少し桜色に。
私たちの心もいろんな色に染まりやすいけれど、
いつも純白に戻れるようにしておきたいです。


*****
昨日、今日と製作しています。
毎回のことですが、
思っているより時間がかかります。
今日もこれだけしか進まなかった…
と、思うんだな…


それだけのことだけど、
無意識に自分を責めてない?


ここにも私のパターンが!
気がついたら、手放します!
デリート!


気がついたときが、タイミング!
最近は、無意識に思っていることが
どんどん表に浮かびやすくなっています。


ということは…
どんどん手放すチャンスが来ている、ということです。
喜ばしいことです。


きれいさっぱり、いらないものは手放しましょう。
この純白の桜のように。
過去の認識や感情などの色のついていない状態に
リセットして保つことを心がけましょう。








calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大事なこと
    ミヤ
  • 大事なこと
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • セッションルームです
    ミヤ
  • セッションルームです
    memi
  • 自分の身体と対話する
    ミヤ
  • 自分の身体と対話する
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:785 最後に更新した日:2019/08/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM