無意識に制限している癖


もう師走ですね。
最近は散歩するときに
カメラを持っていきます。


今年になって写真教室に通うようになり、
普段からカメラに触れるようにしています。


歩きながら、
気になったものがあればパチリと
シャッターを押します。


そのときに気がついたのが、
肉眼でいいなと思っても
ファインダーを覗いて、
なんとなくイマイチだなと思ったら
シャッターを押さない自分に気がつきました。


結果として、あまり枚数が撮れません。
ここで、なんだろうな…と思いました。
ごく普通に
シャッター押せばいいのに…


イマイチと思ったのも、
ちゃんとシャッターを押して、
どこがイマイチなのか
確かめればいいじゃない?
とそのとき思ったのです。


デジタルカメラなので、
何枚撮っても構わないのに
イマイチの写真を
見たくない自分がいるのだと気がついて
何かがふっと緩んだような気がしました。


このように何気ない日常の中で
単純にやれることなのに
自分で制限してしまうことがたくさんあります。


引き出すことをやめてしまっていたり
出し惜しみしてしまっていること
だれでもきっとあると思うのです。


私も含めてですが、多くの人は
自分の中の無限の潜在能力を
ちゃんとは理解していないのかもしれないですね。


自分がどれだけ豊かな能力を持っているかを
見つけるのは自分自身なのです。

そして自分を超える力と
自らが進んで協力して
自分の中にある否定的なパターンを見つけたら
そのたびに取り除いていくと
自分が望んでいるもののビジョンが
明らかになっていきます。










心が躍ることを

台風19号の被害に遭われたみなさまに
お見舞い申し上げます。
被害がおさまり、なるべく早くいつもの生活に戻れますように。


*****

台風が過ぎ去って、今日は目にしみるような青空でした。
いつものように、うちの中に風を通して、
片づけをしたりしました。
近所の子供達が遊びにきたり、
猫と遊んだり、
なにげない日々の有り難さを実感しました。


ひと区切りついて、公園に散歩に行きました。
今年は、大きな木は一本だけ倒れていましたが、
事前に危ない木は切っていたようで、
被害が少なくて少し安心しました。





足が向くままに広場に行ってみると、
シャボン玉が見えました!


まわりのひとが「シャボン玉おじさん」と呼んでいたそのひとは、
次々といろんなシャボン玉を飛ばしていました。

おじさんが空にシャボン玉を放つと
子供も大人も笑いながらそれを追いかけて、
まるで踊っているようでした。
私もそのひとり。





ずーっと長いあいだシャボン玉を見ていました。
空にキラキラ光るシャボン玉を撮りたい、と思って
いっぱい写真を撮りました。


大きいのとか、近くにくるとワクワクします。



こんな柱のようになったシャボン玉もありました!
夕方なので、少しブルーに写っていますが、
シャボン玉が放たれたときは、虹色なのです。
虹色って不思議ですね。
魔法みたい。



たくさんのシャボン玉がつながって
五輪のマークのようにも見えました。




みんなの気持ちがいっしょになって
楽しくなることを考えつくひとってすごいですね。
心の扉が開く魔法のような時間でした。


自分も楽しくて、みんなも楽しいもの、
みんなで分かち合えるもの
身近なことで、そういうことができたら素晴らしいですね。
なにができるかな…









フェイドインする


公園の子福桜が咲き始めました。
日中は暑い日も続いていますが、
季節は確実に秋になっているんですね。

この子福桜は、これから早春までつぎつぎと
花を咲かせます。
福福しい名前というのもいいですよね。




銀杏もいっぱい。
地面にも落ちています。

公園には他にもクヌギやどんぐり、
トチの実なども落ちています。


ススキも美しいです。

*****

自分は充分ではないという感情
これは誰もが感じたことのある気持ちだと思います。


私もだめだったことやできなかったことは、
なぜか話したり書いたりしてしまう癖があります。
なんででしょうね?


そっちの方に意識を向けているのでしょうね…
だから、できなくても、だめであっても
堂々としていられる人を見ると、なんでかな…と
不思議な気持ちになってしまうことが多かったです。


私の場合、まわりにそのような人(堂々としている人)が実際にいて、
その人と自分との違いを感じて
そこから色々考えるようになりました。



違いってなんでしょう?
だめだったりできなかったりすると
見捨てられる、孤立するという気持ちがあるか、ないか、
なのではないでしょうか?



人とつながりを持つということ
どこかに所属しているという感覚
それが不安定な人は
自分のことも信じられないから自信を持てません。


だから他人のことも信じられなくて
拒絶されることを恐れてしまって、
自ら殻に籠ってしまいます。


でも、かかわる前に自ら閉じてしまうのではなく
実際に自分から関わることを勇気を出してやっていくと
それは変化するのではないかと思います。


自分は他人がつながりたいと思うような価値はない。
このような思いをずっと持ち続けているよりも
実際にうまくいくかわからないけれど
関わってみようとする気持ちを持ち続けていくことをやってみませんか?


どの人も傷つきやすさは持っています。
不完全なところも。
その上で、それをちゃんと受け止めながら
自分をしっかり出して人とかかわってみてください。
よく見せるということではないですよ。


フェイドアウトではなくて
フェイドインする。


その情熱を持ち続けたいなと思います。

















遊びのなかで深まるもの


今朝は久しぶりに公園を散歩しました。
今年の梅雨の時期あたりから、
あまり散歩をしなくなって、
本当に久しぶりでした。

ハーブ園にはカラフルな秋の花がいっぱい!



忙しいのはいつもだけど
気持ちの余裕が持てなかったのか、
必要なことばかりこなしていてそうなったのか、
わからないけれど、日々の暮らしの中で
自分を大事にすることをおろそかにしていたかな…




*****
セッションにいらっしゃるお客さまとの会話から
ハッと気がつくこと、よくあります。


犬を飼っていらっしゃるお客さまのお話です。
よく吠えるのがつねづね気になっていたそう。


でも頭ごなしに叱るのはどうかなと考えていたら、
たまたま介助犬の訓練をしてみることになって
飼い犬と一緒に訓練を受けていらっしゃるそうです。


そのときに一番大切なことが、
犬とよく遊んであげること、だそうです。


それから公園でボールで遊んだり
いっしょに走ったりする時間を
なるべく取るようにしているそうです。


遊んであげることで
仲間としてのつながりがしっかりして、
何かを注意しても、
犬がちゃんと理解しようとするそうです。


このことは、小さな子供たちと接するときも同じだそうです。
一緒に心から楽しく遊んでいると、
子供たちに注意することも少なくなるし、
子供たちも人の言うことをちゃんと聞こうとするそうです。



つながりを持つことや
関係性を持つことにおいて、
いっしょに遊ぶということは
とても大切なことですね。
心に響きました。








椅子を用意して


今朝は光がとても綺麗です。
庭に咲く青い花がとても可憐です
来年はもう少し増やしてみようかな。




毎朝、起きたとき
ひと仕事終わったとき
ほんの少しの時間ですが、
この椅子に座ります。


ここに椅子を置いて、
太陽の光を浴びて、
しばしリセットします。


さっきまでやっていたこと、
気がかりだったこと
頭の中に残っているひとやものごと
それらを一回リセットして、
まっさらな気持ちにして
次に進むようにしています。


そのときに、今の自分の身体と心を感じてみて、
エネルギーを感じてみて、
微調整したり、リセットしたり。


そういう時間があると、
頭も心も身体もスッキリします。


ただ、椅子をひとつ置くだけで
簡単にできます。


椅子がなかったら、
頭で考えて終わってしまうことも、
このスペースを作ることで、
自分の気持ちを切り替えたり、
リフレッシュできます。


そういう場所、作ってみませんか?
うちの中に居心地の良いスペースを作る
自分に戻れる場所を作る
神聖な場所を作る
どういう意図でもよいのですが、
実際に椅子を置いてみると
その空間ができるのです。



簡単なので、ぜひ。





CAT TAROTの世界

もう10月✨
早いですね〜💦
あっという間に今年も終わりかしら…


こちらは、先日お土産でいただいたCAT TAROTです。
すごくかわいくて、お気に入りです💕

猫を飼っている人ならぜったい欲しくなる!
こういうかわいいものは、
持っているだけで幸せな気分になります。

たくさん持つ必要はないけれど、
そういうもの、持っていますか?

エネルギー切れになりそうなとき、
ちょっと気分転換を変えたいときに、
変えてくれるものを知っていると便利です。




箱の猫の絵も可愛いのですが、
全体の配色なども大好物😋


箱のサイドもまたまた💕


開けるとこんな感じ。
猫のお家になっています。


ちょっと重たいテーマでも、このカードなら
なんだ!たいしたことないじゃん!と
笑えるところがいいです。

左から、吊るし人、死神(掃除機)、
塔(キャトタワーが笑える)
悪魔(犬)
月のカードです。
タロット知っている人なら、笑っちゃいます。

なるほど、飼い猫から見た世界は、こんな感じなのね…


こちらはスタンダードなライダー版のタロットです。
上のと同じカードを、同じ配置で置いてみました。


黒い部分が多い!
絵柄も重たいですよね。


世界をどう見るか、
深刻に捉えすぎているとき、
それで前に進めないとき、
CAT TROTの世界から見てみるのも良いかもですね〜笑






ジャッジすること



来週から長野県須坂市の
中島あきこさん主催のサロン、HALE PLUMERIAさん
個人セッション&ワークショップと
VINA AMUUの展示を開催させていただきます。
皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

Go beyond myself "私を超える”

VINA AMUU COLLECTION



このところその準備をしていまして、
今まで自分が使ってきたスキルなどを見直していると、
また新たな発見や確認ができて楽しいです。


*****

今日はジャッジすることについて
「ジャッジするのはいけない」とかよく言われますよね?


決めつけてしまうこと、
固定化してしまうことの、良くない面を見てみると、
それをしている側に恐れとか不安があって
ジャッジすることで、分離や孤立が生まれてしまうことです。




ジャッジしてもいいんだけど、
違和感とか違いを感じてもいいんだけど、
その差をちょっと面白がるような
余裕みたいなものがあってもいいんじゃないでしょうか?
と私は思ってしまいます。




ジャッジすることの楽しい面というのは、
たとえば利き酒のようなティスティングなど
アートや映画などを鑑賞するときとか
趣味やセンスを楽しむとき、
競技や試合などを楽しんでいるとき
同じでない楽しさや
素晴らしいものを知ったときの喜びなど
そういう違いを感じることは
人生を豊かにしてくれるものですね。
そういうときには、分離感は感じませんよね?



ここらへんの温度差のようなもの、
感覚としてわかっていることって大切な気がします。


ジャッジはしても遠ざけたりせずに
むしろ面白さとして捉えていけたら
物事が固定化せずにどんどん動いていくような気がします。



楽しむことを怖がらない


散歩していたら、青いイガ栗を発見しました。
毎年、秋の初めに見つけると嬉しくなります。
ちょっとした、秋の気配、
そういうのを見つけるのも私の楽しみのひとつです。




*****


1日の計画のなかに、1時間でも
楽しくてクリエイティブな活動をすることを入れていますか?
1週間のうちに、自分自身のために大事だと思う活動や時間を
どれくらい取り入れていますか?



自分のためにちゃんとその時間を取れているひとは、
自分のことがわかっていて、
自分も周りも納得するパフォーマンスができています。
オーラを見ていても、
そういう人はバランスがとてもいいなと思います。



自分を楽しませることをしないのは、
エネルギーレベルでは、
川の流れをせき止めているようなものです。
流れていない部分は、枯渇した状態で、
溜まっている部分にはどろどろした感情が溜め込まれていて、
今にも氾濫が起こりそうです。


ワーカホリックのように
本来の自分から目をそらして
仕事に逃げ込むことのツケは、
じわじわと身体も心もボロボロにします。





自分にとっての基本のルール、
自分なりの具体的な行動の指針というものを考えたこと、ありますか?
これ以上やってはいけないということを
考えてみるのも大事なことです。


また、自分にとって滋養になるものを考えてみるのもいいですね。
空き時間を取っている
最低7時間は寝る
夜は仕事をしない
週末にはやりたかったことをやるとか、
ピックアップして書き出してみてください。





時間ではなくて、
仕事をしている間の気持ちはどうなのか?
充実感を感じているか?
自分の気持ちを感じてみてください。



自分自身を貴重品のように、大事に扱うこと
自分自身を大切にすること
自分に精一杯優しくすること
こういう時間の大切さは
よく言われていますが、
実際にはなかなか気がつけないことが多いです。



がんばるためには、息抜きや楽しいことやご褒美を。
それがあって頑張れる。


楽しむことを怖がるのは、
だれかにそれを止められたから。
自分が縛られていると、
相手のことも自由にはさせたくないと思いますよね?


そういう気持ちの縛りあいのようなものは
どんどん解放されていく時期になっています。



自分を喜ばせることが入っていないときは
持続的にはやれないものです。


いつもいつも気を張り詰めて
がんばっていたら、
伸びきったゴム紐のようになりますよ。

ほどほどにゆるめること、
大事ですね。


楽しみなひとときを持つことは、
自分にとっても、周りにとっても大事なことです。
みんなが幸せになるには、まず自分から。
楽しむことを怖がらないで。























修行はもういらない


私も散々経験済みですが、
よくしようという思いが強くなりすぎると、
悪い部分、うまくいっていない部分のほうばかりに
意識が向いていまいます。



人間だから、自分の中に良い面も悪い面もあるのが当たり前。


このことを忘れてしまって、
良いこと、正しいことばかりの人生を歩もうとしていませんか?
それだと、バランス悪いです。
バランスとるような流れが起こってきたりしてね…
そこで強制的に気づかされます。



私はこのことが腑に落ちてから
焦ることが少なくなりました。


不安だ、心配だ、だめだ、イライラする、ムカつく…
こういうときって、自分の直感がうまく使えていないときです。



良くなろうという努力が自分を苦しめていませんか?
努力の根底になにがありますか?
良くなろうという奥に、今のままではダメだという思いがあります。
何かを成し遂げるという思いの奥に、
成し遂げないと価値のない自分がいます。
「すべて自分が原因で、それを直せば変われるかもしれない」
その思いが自分を縛っていませんか?



自分を責めるのが止まらないとき
思考能力や判断能力も低下してしまいます。



根本の原因を探ろうとすると
また思考の渦にハマってしまいます。


それよりも、出てくるもの、出てくるもの、
そのときにちょこちょことお掃除するように
整理していけば、すっきりした状態が保てます。



そう、真面目に深刻に取り組むことで、
かえって物事が硬直して動きにくくなることもあります。



その時々に出てくる過去の記憶…
それが出るたびに

「ゴミ箱に入れて完全に空にする」

それを繰り返していると、
ヘビーな問題でもやり続けていけば
あれっと思うくらい、すっきりした気分になりますよ。



過去の情報がなくなると、
アップタイムに入られます。
試してみてくださいね。







整理と再編成



前回のブログにも書きましたが、8月に入ってから、
気になっていたけど手をつけてなかったことに
少しずつ取りかかれるようになりました。


自分の環境を整えることや
後回しにしていた事務作業など
できていないとなんとなく流れが見えず
不安になったり焦ったりするようなこと、
ひとつひとつは小さなことですが、
溜まってくるとすごいストレスを受けていたことに気がつきました。



最初はどこから手をつけたらいいか、
圧倒されそうな気分だったのが、
コツコツと作業を続けていくうちに
少しずつ整理整頓が進んできました。
そうするとざわざわした気分も減ってきました。



やることに追われて
それをこなすことに精一杯だったときは
かなり圧がかかっていて
なんとも気分がよろしくなかったのです。


たぶんできない自分を責めてしまう癖が出てきて、
それでアレルギー状態になってしまうのですね。
気分が焦るというのもありますし、
低血糖ぎみになったり、
咳が出たりとかですね、
いろいろ反応が出ました。


*****


先日、今年から始めた勉強の講義に行く途中
バタバタとテキストを見直していて
しっかり身についていないため
テストの一夜漬けのような気分になってしまいました💦
ちゃんと復習したりできなかった自分を責めている
過去のパターンが浮上してきました。


今は遠い昔になりますが、
私は30代くらいまで、
「卒論の締め切りが明日なのに
テーマも何も決まっていない💦」
とパニックになる夢を見ていました 笑




完璧主義や
あれこれやりすぎてしまう癖…
キャパオーバーですし、そもそも無理なのに
自分が悪いと思い込み
何もかも中途半端な気持ちになり
自信が持てなくなるというパターン
あってもいいけど、
もっと適当でもよかったなと
今は思えますよ 笑



楽しくなくなったら
気をつけようと思います。


何かを習得するとき
車の運伝を例に挙げると
4つのレベルの状態があります。

1)車の運転がまったくわからない
2)自分がうまく運転できないことに気がつく
3)うまく運転するために、継続的に意識して注意を払っている状態
4)隣に座っている人に話しかけながらでも問題なく運転することができる


3のレベルで止まっちゃうと苦しくなるんですね
4のレベルは無意識でできちゃうレベルです。
無意識的有能性


4になると意外にも、
車の運転ができるのは普通のことになるから
何かを成し得た感覚もなくなっています。


そこになにか達成感!みたいなものを期待していると、
あれれ?となってしまいます。


すべて幻想といえばそうなので
その幻想を楽しめばいいだけ、なのかな、
淡々とですね。




難しいと思われることも
単純なものから成し遂げていくうちに
フラクタルのように
複雑で洗練されたパターンを作り出します。




整理と再編成を繰り返していくと
処理する能力が長けていき
気がついたら楽しくてやれていた
ということに気がつきました。







calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大事なこと
    ミヤ
  • 大事なこと
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • 今の自分を受けとめる
    ミヤ
  • 今の自分を受けとめる
    memi
  • セッションルームです
    ミヤ
  • セッションルームです
    memi
  • 自分の身体と対話する
    ミヤ
  • 自分の身体と対話する
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:809 最後に更新した日:2019/12/05

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM