人生の並木路


そろそろ咲き始めたかな?
と思って、近くの畑に咲いている菊を
見にいってみたら、
夕陽に輝いて咲いていました。


*****


今日は、自転車に乗っていて
ふと伯父のことを思い出しました。

伯父はかつて責任ある地位に就いていたので、
ストレスも多かったのでしょう。

伯母の話によると、
伯父が過去に仕事で大変だったとき
洗面所で顔を洗いながら、

人生の並木路!

と、いきなり大声で叫んだりしていたそうです。

「大丈夫かしら?と本当に心配だった」

と、もう終わったことなので、
伯母が笑いながら話していたことを。



もうずいぶん昔のことですが、
その話は、私の心に残っていました。


当時の私は、それが演歌ということも知らず
「人生の並木路って、なんだろうな…
そもそも文法が間違っているんじゃないかしら?
意味わかんない」と思いながら聞いていました。


伯父の説明も
自分の中に入ってこなくて、
そのままにしていたのが、
今日ふと思い出して、
ネットで調べてみました。
そうしたら、聞いたことのある演歌の題名でした。
あぁ、この歌のことか!


泣くな妹よ、妹よ泣くな〜

から始まる演歌です。
若い人は知らないと思いますが、
私はよく聞いたことがある歌でした。



*****


泣くな妹よ 妹よ泣くな
泣けば幼い 二人して
故郷を捨てた 甲斐(かい)がない

遠い淋しい 日暮れの道で
泣いて叱った 兄さんの
涙の声を 忘れたか

雪も降れ降れ 夜路(よみち)の果ても
やがて輝く あけぼのに
我が世の春は きっと来る

生きて行こうよ 希望に燃えて
愛の口笛 高らかに
この人生の 並木路


いろんな人が歌っている名曲なのですね。
渥美清さん、寅さんも歌っていたかな?


全部の歌詞を見たときに
当時の伯父の気持ちが
理解できました。


この歌って、最初は暗いし悲しいけれど、
次第に明るくなっていく流れを歌っているんですね。


おみくじみたいだな、なんて
失礼かもしれませんが…


だんだん上り調子になっていくように
自分を励ましていたのかな、伯父は。


生きていれば、辛いことも
悲しいこともあるものです。


海を眺めていると、
大波、小波と
波がさぶ〜ん、さぶ〜んと
寄せてきます。


その波はいつも変化していて
凪のときもあるけど
高潮のような時もあります。



「人生の並木路」は、伯父にとって
自分を励まして、
前向きに進んでいくための
呪文のような言葉だったのでしょうか。


言霊ですね。
それによって、気持ちの切り替えも早く
自分を鼓舞しながら
乗り越えていったような気がしました。









ひと山越えて


赤い実をつけた木を見ると
秋になったなあと思います。


同じ赤でも、昔は紅葉の赤が
みんなが言うほど、
綺麗だと思わなかったのです。


なんとなく、散ってしまう葉だから
寂しい感じや、
だんだん寒くなるのが
好きじゃなかったからです。


でも、今は季節ごとの色合いが
美しいなと思います。


これから寒くなっていっても
また美しいものがいっぱい見つけられるから
どの季節も味わいたいです。




この間見つけたポンポン菊
ピンポンマムともいうそうですね。
まんまるでピンポンくらいの大きさです。


レモン色の花は、庭をパッと明るくしました!
顔を近づけると、かすかに菊の香りが…


こちらにきて、菊が好きになりました。
菊というと、お仏壇やお彼岸の花
というレッテルを貼りつけていた私ですが、

青空をバックにして畑の脇に
一面に咲いている野菊を見たときの感動!
なんとも素朴て力強くて、かわいいのです。
秋になると、近所の畑やおうちに咲いている
野菊を見に行きます。


このぽんぽん菊も、地植えにする予定です。
多分、晴れていたら、明日。
元気に根付いて
来年はもっとたくさん咲いて欲しいです。


私が植物を好きなのは、
今の季節を感じられるから。

と同時に、「私も今、ここにいる」ということを
感じさせてくれます。


それは、動物といるとき同じで
生きているものは、
やはり近さを感じます。
同じく生命を持つものとして。



空も海も好きだけど、
もっと身近にいるものに触れたとき
私自身の存在をより感じるのです。





こちらは、お友達のお手製のレーズンです。
ぶどうから作ったそうです。
ちょっと酸味があって、
そのあとにふわっと甘い香りや
味が優しくて
美味しかったです。
ありがとうございました。


こういう季節のものを
手間をかけたものをいただくことは、
本当に幸せ。


*****
今日まで、苦手だけど
やらなくてはならない仕事に取り組んでいて、
やっとひと段落つきました。
ふーーー!



苦手だから、気が散ってなかなか進まなかったり
どこから手をつければいいのか、
たくさんのことがあったので、
最初は大変だなあと思いましたが、
やっていくうちに、見えてきたものも
たくさんありました。


今から、改良をしながら、
工夫をしようと思いました。



ひと段落したら
抑えていた創作意欲が爆発して
いろいろ作りたくなりました(笑)


作りかけのリングを削ってみたり、
海で拾った貝殻で
ネックレス作ろうかなと考えてみたり
ひと山越えたからこそ、
楽しみも倍増!


今、大変な経験をしている人も
辛い状況にある人も
それを越えたら、どんな世界が待っているのでしょうか?


想像を膨らませて見るのも楽しいですよね。
堰を切ったようように
やれる時が来るかもですよ。



前に向かって歩く


近くの公園の入り口に
先日の台風で倒れた木が集められていて、
製材所のようになっています。


まだまだ、枝などは残っていますが、
巨木などは、こちらへ集められ、
整理されているようです。


こちらは、綺麗でまだ使えそうな材木を
引き取ってもらっているのでしょうか?
倒木も、使えるものは
良い形に変化させてあげたいですね。
家具とかにね。




大きな木の切り株も
裂けたような形から、
スパッと切った形になって、
枝や幹の部分も片づけられていました。
来年はひこばえも生えてくるかしら。


時間が経って
現実が少しずつ整理されてくると同時に
私の心の痛みも整理されてきました。


実は大切な友人も
この時期に空に還っていったので、
余計に喪失感を感じていたのもあったのです。


そういえば、先日、別の友人との話の中で、お姉さんに
「あなたはペットが亡くなるとき、重大な転機になっているね」
と言われたことがあったそうです。
鋭いですね、お姉さん!


何匹か見送ったことのある彼女は、
「そういえば、そうだな…」
と思い当たることが多かったそうです。


その後の1年くらいに
大きく変化したことがいつもあって
人生の節目を感じたそうです。



大切なものを喪失するとき
それを受け入れるには、時間がかかるかもしれません。


私たちは、まだまだ感情を上手に扱いきれない
と自覚すると、いくぶんですが、
気持ちも楽になります。


また、ものごとは永遠に続くと思いがちだけど
いつどうなるか、それはわからないです。
私たちはただ受け入れるしかない。


それを受け入れると
そこから何か「大切なものを受け取る」
ということにも目が向きます。


また、その気持ちを分かち合える人がいたら、
それも助けになります。


喪失した対象から
教えてもらったこと
与えられたこと
たくさんあります。


喪失というのは、
先ほどの友人の話のように、
大きな転機だったり
未来への道しるべ
になるのかもしれません。



喪失感を乗り越えて
道しるべを頼りに
前に向かって歩いていきましょう。





*****


こちらは、おまけ。
公園の猫がかわいらしくて。
出かけるたびに
いるかな?
と探してしまいます。



先週は雨が多かったので、
乾いたところで眠れるように
台が作られていました。

ダンポールも敷かれていて
その上で寝ていたのですごい!

と思っていたら、
朝晩、冷えるようになったら、
なんと!
立派なおうちができているではありませんか!
どんどん進化しています。


公園の人たち、素晴らしいですね。
敷物もちゃんと用意されています。
作る側も嬉しいんですよね。

その中で安心して寝ている猫に
気持ちもほっこりしました。


こうなったらいいねと思うこと
どんどん形になっていっているのを見ると
なんだか気持ちも明るくなりますね。


おうちの上には、収穫物のゴーヤが!





スヤスヤ〜〜
しあわせだね。



わからないこと、わかること


今日はこちらは夕方から雨が降ってきました。
用事があったので、駅まで歩いて
近道をしようと公園の脇を通ったら、
木の間に彼岸花が!



雨に濡れた彼岸花は、
ひときわ鮮やかで
美しかったです。


今日は、経理の打ち合わせが朝からありました。
「うわ!きれいだ!数字がすべて合っている!」
と先生に褒められると、すぐに嬉しくなる私(笑)


去年までは、別の先生にお願いしていて、
何から何までやっていただいていたので、
数字のことは、チンプンカンプンでした。


今度の先生になってから、
クラウドで見れるようにして、
自分で帳簿をつけるようになったので、
最初は、いろいろわからないことが多くて、
参考書読んでも、わからなかったです。


仕事も多いので、大変だなあと思いましたが、
質問しながら1年やってみたら
数字や決算書アレルギーがなくなって
ちょっと嬉しいですね。


苦手なことでも、やりだして、
少し仕組みがわかってくると、
面白いものです。


まだまだサクサクとはいかないけれど、
あとは棚卸しをきちんとすれば、
それからが、ずいぶんスッキリするので、
頑張ろうと思います。


自分が苦手だと思うもの、ありますか?
面倒とか嫌とか思っても
やってみてください。
わかりだしたら、面白くなりますよ。


あ、面白くならないものだったら、
誰かに頼むとか。
面白がれるか、がキーポイント。



なんでもですが、
どこから手をつけていいか、わからないときに
誰かが教えてくれて、
それを何度もやっていくうちに覚えてきて
全体像がつかめてくると、
とても楽しくなります。


彫金も同じで
今日も職人さんに、実際に教えていただいたり、
工具屋さんで、工具について、
いろいろ質問をすると
丁寧に教えてくれるので、
やっぱり質問するのって、いいですねえ。
みなさんとても親切。
助かっています。

*****
見える世界と見えない世界
わかるものとわからないもの

自分がわかることができる範囲はごくわずかで
わからない領域のほうが、
圧倒的に広いです。


そのことは、この仕事をしていて
とてもよくわかります。
頭で考えてもわからないことを
無理してわかろうとしないで、
ただ、投げかけてみるとと
そこから展開することがよくあります。


私が無理に意味をつけないほうが
自由度が大きくて
お客様の心も解き放たれることが多いのです。


昔は、大変そうなお客さまは
まず言葉じゃなくて、
エネルギーからのアプローチをしていたのですが、
それでよかったんだなと思います。
ちゃんと受け取ってくれていたんですね。


身体がとても楽になったりしているのは、
身体の知性や感性は
ちゃんとわかってくれているんですね。
だから、頭で全部わかろうとしなくても
いいんじゃないでしょうか?


それやりすぎると、疲れますよ。
もっと適当で、いいんだと思います(笑)
やること、やらないことも同じ。








好きなことをする


こちらのコラージュは、
1年以上前に「エッセンスに触れるワークショップ」で
作ったものです。

「家族」というベタなテーマです(笑)
先日の旅行から帰ってきて、
このコラージュをよく思い出すので、
ここに載せてみました。


家族で旅行するのは、年に2回。
私と夫の実家の親に会うために。
もう高齢なので、せめて1年に1回ずつはと
思っています。


先日、お客さまが家族で重要な話をするときは
「場所を変えるとよく話せる」
とおっしゃっていたのが
とても印象的でした。


確かに、場所が変わると
いつもとは違う側面が出て
新鮮ですね。


家族とじゃなくても、
友達とでも
独り旅でもいいですけどね。
場所から受ける影響は
大きいです。


*****
息子は釣りが好きなので、
いつも旅行に行くのは、
大潮の時です。


それで、郷里の付近の河口や
海などで釣りをしたり
旅行をしながら、釣りができそうなところは、
釣竿を持って、いろいろ探索しています。


今年は、2回とも釣果はゼロ。
まあそんなことはざらなのですが、
それでもぜんぜん気にしていない息子を見て
本当に好きなんだなあと、
今回の旅で、実感しました。


いつも釣りをしだすと
夜通しということも多いので、
私たちは別行動なのです。

今回は秋雨前線の真っ只中で
12時間もカッパ着て釣りをして、
おまけに、滑って川に落ちたそうです。


幸いにも大事には至らなくて、
ホッとしましたが、
リュックごと全部濡れてしまったりして、
携帯もダメになったりしているのに、
それでもぜんぜんへっちゃらなところが
すごい!!!と思いました。


実は、去年も最新のスマホを買ったばかりのとき、
釣りに行く時にバイクから外れて粉々になり、
いまだに分割を支払っているのにですよ。


私だったら、考えられないなあと
思っていました。


が、どんなことがあっても
どんな天候であっても
やりたいことはやる!
という息子のスタンスは、
とても刺激になりました。


私は、その点
やりたいことをとことんやれてなかったなあと思って。



やりたいことなんだから
なんであろうとやる息子の姿勢に
ある意味、清々しさを感じました。


それをやって何になるってこと
やっていますか?


たとえば、旅行のとき
なんにもやることないから
その時間が素晴らしいように、
普段の時間の中でも
無為に過ごすことの大切さや
好きなことをとことんやることの大切さを
しみじみ感じるこの頃です。


心から好きなことで
躊躇していたこと、
とことんやっていなかったこと
やってみませんか?


調和の世界


この花は、シラタマホシクサという名前です。
先日、家族が買ってきたのですが、
なんともかわいい姿!

東海地方固有の湿地植物だそうです。
育てるのはとても難しいそうです。
ほぼ1年草と考えたほうがいいようです。


それにしても、
この花が湿地に群生しているところを
見てみたいです!


*****


不安になるとき
そこには、そこには混乱があって、
人は悩みます。


考えすぎてしまうと
迷ってしまって、
頭が疲れてしまって、
ストレスが溜まります。


過去の失敗やトラウマが
未来への憂いにつながり
ガチガチになってしまいます。


ここで、良い、悪い、
正しい、間違っている
成功、失敗などの判断って
自分の頭の中で行なっていることに
気がついて欲しいのです。


本来は、体験することだけで
いいのではないでしょうか?


将来のビジョンが不安しか見えないときでも
それでもいいんじゃないのかな。
ずっとは続かないから。




彫金をしていると、
右手の動きと左手の動きが
逆の動きをしていても
それが連動して
思う形を作り出しています。


肉体を使って作業しているときは、
一つの動きではなく、
たとえば、腕を曲げるという
単純な動きの中でも、
伸びる筋肉と、縮む筋肉の連動で、
うまく動けるようになっています。



この両方の働きがあって
うまくいっていると
身体は教えてくれます。


だから、考えも
ポジティブ、ネガティブどちらもあっていいし、
そのバランスや傾き具合を見ていけばいいのかなと
思います。


先のこと考えているよりも
身体を動かしたり、
ただひたすらできそうなものをやってみたり
そういう瞬間に
とても調和を感じます。


調和の世界を、思い出して
その中に生きていて
いろいろ悩んだりしているんだなと思うと、
ちょっと気が楽になりますよ。




みんなで作り上げる楽しさ


先週末は、地元の盆踊りでした。
盆踊りといっても、
自治会の人たちの手作りの
こじんまりした、
なんとも微笑ましく
心あたたまる盆踊りでした。


動画が多かったのと、
顔が写っている写真が多かったので、
載せていなくて
臨場感が伝わらないかもしれないけど
なんともかわいらしい盆踊りでした。


ロケーションも良くて、
近所のお寺の中で
大きな木に囲まれて
なんだか異次元の世界に
引き込まれたような感覚でした。


なんだろうな、とってもいい雰囲気なのです。
手作り感のあるお祭り
規模が大きくても、小さくても
そんなことはどうでもいいんです。


汗だくで、焼きそばを作っている人たち
昔の綺麗どころのお姉さま、お兄さまの盆踊り姿
太鼓を叩く人
射的のお姉さん
みんなで打ち合わせしたり、練習したりして
作り上げた感じが伝わってきました。


いいなあ、こういうの。
やっている人たちは、大変だと思いますが。
同時に善意と楽しさも伝わってきました。


休憩時間もあって、
その時間にはアイスが無料で配られます。


子供達、大喜び。
担当を割り当てられたら
それぞれ負担もあるけど、
それ以上に、みんなで作り上げていくことを
経験できるのって、
素晴らしいことだと思います。


喜ぶ子供たちを見るのも嬉しいですね。
大人も子供も
作っているひとも、
参加している人も
みんな楽しい気持ちが一緒で
一体感がありましたよ。


だれがって目立つ人もいないし
でもそれぞれ楽しんでいる感じ。
私の好きなムーミン谷のようでした(笑)


私も自治会に入っているので、
来年は何かお手伝いしようかな。









自分のリズムを整える。


毎日暑い日が続きますね。

カラスがあまりの暑さに、
とまるというよりは、座っているのを見たのは初めて!
羽毛があるから、大変ですよね〜


このところ、旅行のあとから走るのが億劫になって、
暑いせいもあるのですが、
なかなかできませんでした。

今日は久しぶりに、走りました。
木陰を走っているので、快適です。
しばらく休んでいたけど、
意外に走れるな、嬉しい!と思いました。
身体が軽かったです。


多分、家族に合わせて、
夜ご飯が遅いのと、量も多くなると
朝走るのが、きつくなってしまいます。


ついつい、無意識に合わせてしまっているなと気がついて、
自分のリズムを整えようと思いました。
やっていることを注意深く見て、
振り返りも怠らないようにして、
自分が満足する1日を過ごせるように。


今日は、1日うちで仕事なので、
夕飯は早めに作ろうと思います。





もうキバナコスモスが咲いていました!
よく見かけるのは、もう少しオレンジのですが、
このレモン色、キレイだなあ!


この日は、ハーブガーデンのお手入れの日だったみたいです。
かんかん照りのなか、
みなさん汗だくで作業をされていらっしゃいました。
ご苦労さまです。


シニアの方が多かったので、
熱中症は大丈夫かしらと、心配しながらも、
疲れたら、木陰で休み休みされていらっしゃいました。
木に水筒が吊るされていたので、
少し安心しました。


うちに庭も、週1だとすごいことになります。
最近は、朝の水遣りのときに、
ちょこちょこ雑草を抜いたりしています。
溜まらないように。


この時期、雑草の花というか、
穂のようなものが出てくるので、
このタネが庭全体に飛んだら、来年もすごいことに!
やっぱり花とのバランスのあるので、
適度にあるのはいいのですが。


いつもなんでこんなに土の中にタネが入っているんだろうと
不思議に思います。
タネは見えないのに。


少し秋の気配を感じました。




*****
自分のリズムを整えるために、
私がやっていることは、机の上を片づけること。

これ、最近やっとできるようになりました。
私の場合は、あれもこれもやらないとと思うと
机の上が満載になっていると、
返って気が散ってしまいます。


もちろん、そうじゃない人もいると思いますが、
私自身は、ひとつひとつやる仕事の道具だけ出して
終わったら片づけた方がいいようです。


あと、メールの返事とか、 SNSとか
あっという間に30分くらい経ってしまうので、
気が散るものは、周りに置かないようにしたら
とても仕事がはかどりました。


以前は、目に入る散らかったものを先に片づけていたら
それでなんだか満足したり、
疲れてしまったりすることがよくありました。


雑事は、休憩の時にまとめてやるようにして、
時間内には、目に入らない場所に移動して、
一つのことだけ集中するようにしました。


うちにいるのと、自営なので、
色々とやることは多いけれど、
優先順位とか、
時間帯とか
スペースなど
自分でやりやすいように整えるのは大事だと思います。
それが新しい習慣になってリズムになるように
調整していこうと思います。


溢れでる活力

毎日酷暑が続いていますが、
皆さま、熱中症や夏バテに気をつけてくださいね〜


最初にインフォメーションです。
8月4日(土)の代々木上原のセレンディップさんでの
出張セッションは、残りひと枠(15時〜)になりました。
お申し込みはこちらからお願いします。


セレンディップさんでのセッションの様子などは、
こちらのブログをご覧になってください。


*****

先週から、九州の夫の実家に帰省していました。

佐賀県は、のどかないいところです。
このような川がたくさんあって、
トンボや魚もたくさんいます。

また、天然記念物のカチガラスというカササギもいます。
昔はけっこう見かけましたが、
先日は1回だけ見かけました。

白黒のコンビの、カラスよりはずっと小柄な鳥です。
「カチカチ」という鳴声から、
佐賀ではカチガラスとも呼ばれているそうです。


こちらも近くの川です。
ここの川は、水が冷たくて気持ちよかったです。

水面に空の風景が映って綺麗でした。
がまの穂も出ていたりして、
見ているだけで、のどかな気持ち良い景色でした。
暑かったですけどね。
息子が釣り好きなので、
4日間、釣りができそうな場所を探して
釣っていましたが、
この暑さでなのか
釣果はイマイチでした。
また、来年ですね。


オハグロトンボです。
黒い羽と胴体のターコイズブルーの組み合わせが
すごく美しい!



こちらは、唐津の先の方のいろは島という
入り江になっている海です。
毎年来ているのですが、
今年は夏だったので、久しぶりに泳ぎました。
波がほとんどないので、
泳ぎやすくて気持ちよかったです。



夕方の景色です↓
刻々と空と海の色が変わっていくのを眺めていました。






*****
1年ぶりに義母にあって、
高齢ながらも、元気に過ごしている姿に、
逆に元気をもらいました。

左膝が痛いというので、
ヒーリングしてみたら、
その部分は転んで痛めていたけど、
そのほかは、全体的にとてもしっかりしたエネルギーでした。
基本、食べることが大好きな人で
年齢の割にはなんでもよく食べれるし、
活力があふれ出ている感じがしました。


義母は、とても外交的な人なので、
どんな人にももの怖じせず話しかけます。


耳が遠いので、
たまに話が通じ合わないこともありますが、
そんなことも気にしないで、
自分が伝えたいことを伝えようとする母に
ある意味で、感動しました。


伝えようとする気持ちが
私よりはずっとあるような気がして。


高齢なので、同じ内容の話も多いのですが、
それでもその時によって、
微妙に違っていたりするんだなと聞いていたり。

あまりに熱心に話してくださるのに
車の中で私の方がうとうとしたりしたこともありましたが
ぜんぜん気にせず、
ハイテンションが続いて
溢れ出るエネルギーや熱意や柔軟性を感じました。



たとえば、庭の
浜木綿(ハマユウ)の花が咲いたのが嬉しくて
何回も話したくなる気持ち。
自分の嬉しい気持ちを伝えたいんだなと
その気持ちにある意味すがすがしささえ感じました。


今回は、義母の生家を見せたかったのと
戦死した弟さんの慰霊碑に
義母は毎年お参りに行かれているそうですが、
そこを案内したかったようです。


ご自分の言いたいこと、
やりたいことがはっきりしていて
それが自分の楽しみとつながっていて
誠意もあり、活力もある義母に再会して
私にもとても刺激になりました。


戻ってきてからも
気持ちがシャキッとして(笑)
サクサクと片づけを済ますことができました。


ゆかりのある人や場所とのご縁を
行くたびにに結び直していくのは、
自分の人生を
もう一度見直す機会にもなりますね。
少しずつその場所や人に溶け込んでいって
肌あいや、細部に目を向けるいい機会となりました。









仕事が生活で、生活が仕事です。


ブログタイトルは、陶芸家の濱田庄司さんの
言葉です。

仕事が生活で、生活が仕事です。

近々見に行こうとは思っていたのですが、
今朝、あらためてポスターを見ていたら、
とてもこの言葉に惹かれました。


私も、このように暮らしたい。
ある程度はできているのかもしれないけど。
今やっていることが、
自分にとっては、ライフワークなんだなと思いました。
個人セッションも、ものを作ることも。
と同時に、毎日の暮らしも。
やることは多いけど、
自分にとっては楽しいことが多いです。

濱田庄司さんの作品は、
以前益子で記念館に行って見たことがあります。
素朴で力強い感じが好きです。

そこは濱田さんが暮らしていた場所で、
お家の中にも入ることが出来ました。
私が好きだったのは、陶芸している作業場でした。
とても気持ちのいい雰囲気でしたよ。
猫も好きなんですね(^ ^)





公園にいつもいる猫
公園の人に大切に飼われているようです。
ときどき覗いてみたくなります。
いるかな?今日は。

いました、いました!
まだ触れないのですが、
そろっと足が出てきました。


少しずつ顔が…


かわいい顔が出てきました!
口のところの膨らみと
柄がなんとも。


こちらは、落としものでしょうか?
置いた人が想像できる 笑
なんとなくほほえましい。


今日は、昨晩コンを詰めすぎて
疲れていたのですが、
散歩したら、すっかり回復しました。

ゆっくりゆっくり
頑張りすぎないように、
やりすぎないようにしながらを
最近はいつも気をつけて
疲れたら、次の日はゆっくり
そうやって整えることが
何をするにも質が上がるなと思います。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今年最後の出張セッションです。
    ミヤ
  • 今年最後の出張セッションです。
    Katsuhiko Matsumura
  • 放散虫って知っていますか?
    ミヤ
  • 放散虫って知っていますか?
    memi
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    マキ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    nn
  • ふらふらと
    ミヤ
  • ふらふらと
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:711 最後に更新した日:2018/12/13

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM