身体を動かすことについて


昨日から、朝公園内を走ることを再開しました。
このところ、すごく忙しくて
いつもバタバタしていたのと
膝を怪我していたので2ヶ月くらい走っていませんでした。


今週、「あ、もうすぐ電池切れだ!」と
ふと感じました。


季節の移り変わりを楽しめない、
そうなったときは、
私にとってはやりすぎになっているので、
やることはやらなければならないけど
うまく楽しむことや充電することを
入れていきたいものですね。


やりたいことを我慢したり
あきらめたりしていると
心身ともに擦り切れてしまいます。


忙しいからこそ、ちょっとした時間でも
自分の好きなことを毎日ちょこっとする。
そう決めたら、その時間ができるものですよ。


朝走るのだって、30分もあれば
シャワーを浴びて終えることができます。

実際にやってみると、頭で思っているほど
そんなに大変ではなくて
むしろ簡単で楽しいものです。


忙しいからとか…
お金がないからとか…
才能があったら…
もっとこうだったら…
もう年だから…

「言い訳をして、したいことをするのとあきらめる。」


自分のしたいことをわかっているのに
行動に移すことができない人は
実際にはとても多いように思います。


行動することは、自分の身体を使うこととつながっています。


だとしたら、動きたくても動けない人は
準備期間として、または充電期間として
身体を動かしたらどうでしょうか?






今日は、良いお天気で、
木漏れ日が美しかったです。
木陰を走ると気持ちが良くて
森林浴にもなりますね。


今日はどの道を走ろうか?
直感の赴くままに走っていると
必ず何かを発見します。


朝のこの時間は、
感覚を磨く良い機会になっています。

木や花や土の香り、感触
五感から受けるものから
ひらめきが降りてきます。


また、朝日を浴びることによって
脳内物質のセロトニンがでやすいそうです。


花の時期は過ぎて、今は木々がぐんぐん成長しています。
朝のこの時間は、人も少なくて
とても気持ちが良いです。


ところどころに紫陽花が咲いていました。


これは、ニッコウキスゲかな?
初夏ですね。

夜遅くまで起きていたり、
身体がだるいときも
ゆっくり走っていると
身体が自然に調整されていくようです。


リズミカルな動きは、気分も上がりますね。
私は歩くより走る方が、
ナチュラルハイになるような気がします。


たまに友人や家族と散歩するときは
もっぱら会話することがメインになりますが、
一人のときは走っています。


オーラを見ていても、
下半身のエネルギーが滞っている人は
なかなか行動に移せない場合が多いです。


運動を定期的にしている人は
オーラの第3層までは他の人に比べると格段に綺麗です。
第3層あたりまでは、現実的な要素がかなり出ているので、
そこまでが綺麗な人は
あまり悩んでいなかったり、
健康な人が多いです。



フットワークを軽くするとはよく言ったものですね。
行動する準備段階として
走ったり、運動したりすること
心身ともに良い準備期間となります。

上手に空き時間を見つけて
楽しいことを毎日取り入れましょう!


一番の解毒とは





梅雨入りしたというのに、
なかなか雨が降らなかったけど
今日は降ったり止んだりの日でした。


傘をさして駅まで歩いていきながら、
紫陽花の花を見て
紫陽花は雨の中で見るとき
一番活き活きしているなと思いました。


仕事から帰る途中、公園の中に入ると
ひんやりした湿った木の香りがします。
空には陽が差しているのに
急に降ったり止んだり。


虹は見えるのかなと、度々振り返っても
今日は見えませんでした。




今日は、解毒(デトックス)について。
一番のデトックスは、なんといっても
自分を大切に、大事にすることです。


結果、名声、評価、成績…
なぜこんなにも執着するのでしょう?


それは生きることの副産物のようなもので
確かに必要ではあります。
でも、あまりにそれにとらわれてしまうと
将来の心配につながっていきます。


活き活きと生きること
それだけで大丈夫なのです。
それが本当にそうだなと
少しずつ実感してきたこの頃です。



好きなことをやっていたら、いつのまにか、
売れることのためになっていたり
評価を得るためにすり替わってしまっていたりする。
そんな経験をしたことがありますか?



私は企業のデザインの仕事をしていたとき
企画が通ることに夢中になってしまってというか、
それが続かないと契約が切れてしまうというのがあって
売れた売れないで、一喜一憂したり
長い時間をかけて積み上げていくよりは
パッとわかりやすく目立つものを作るとか
それは楽しいこともあるけれど
流行しているものを
切り取ることばかりで
どうなんだろうと思うことも多かったです。


一つの企画が通って形になっても
またスタートラインに立って
次の目標に立ってという
エンドレスな競争。
また、評価というのも
人それぞれ、会社やお店、それぞれ、
それに合わせていたら
自分が何をしたいのかが
わからなくなってしまいます。




そういうことを続けていくと
つるの千羽織のように
心はだんだん擦り減っていきます。




そして、絶え間ない欠乏感
私はダメだという自己否定
評価を求めれば求めるほど
こういうものも増えてくるわけです。



だから、もっとやらなければならない
いつも今のことよりも先のことを心配して
何をしても、まだ足りないという思い。



こういう思いは、
なかなか自分で気がつかないのです。
人によっては
ちいさなころから染み込んでいて
もともとの自分と思い込んでしまっています。


でも、これって本当に自分のものなのでしょうか?
自問自答してみてください。
それができない場合は
デスティネーションで聞いていくのも
効果があると思います。


そして、こういう思いを解毒するのに
一番かんたんで早いのは
自分を大切にすること
自分を大事に育てていくこと
励ましていくことです。


少しずつでもやっていくと
あるときに、変わったなと
自分でもわかるときがあります。


好きなことのための時間をとったり
ゆっくり深く考えたり
長期的に見て、自分のためになることを
少しずつやっていくことは
自分を育むことになっていきます。


そうすると、いつの間にか、
自分の中から
とげとげしさが抜けていたり
まわりにも優しくすることが
できるようになっていたり
自分が変わったのが気がつくでしょう。
それが自信につながっていくのです。














やりたいことは毎日少しでも

あっという間に時間が過ぎていく中で
今年は製作の方が忙しくて
いつも追われている感じがします。
が、それを客観的に見れているから
いいとします。(笑)




私は余白を作れているのかな?
今年1年の初めにそう決めたはずなんだけど。
今年初めに書いたブログを読み返してみました。


*******************


好きなものってずっと変わらないですね。
よく考えられていて、機能的で美しいものが好きです。
自分の本質にもつながっているからなのだと思いますが、
今年もやっぱりこの方向性は変わらずに
自分の表現したいものを表出して
それで貢献できたらと思っています。



またセッションやワークショップを通して
自分の本質を輝かせるお手伝いをすることも
私にとっては同じようにとても嬉しいことです。



今年は「余白を作りたい」と思っています。
創造するために。
よく考えるために。
面白そうなものがあればそっちに向かっていけるように。
余白があれば、そういうことができるから。



余白を作るにはどうすればいいのかな
なにを減らせばいいのかな
それを考えることで
自分のやることもはっきりするのではないかと思います。



引っ越して庭が広くなって
少しずつ種を蒔いたり
花を植えたりしていますが
全体には余白な部分がかなりあって
それが楽しみだったりもします。
想像は創造になっていきますから。




***************

こうやって振り返ってみると
やりたいことはやれているので
ブレてはいないんだなと確認しました。

ただ、少し量が多いだけ。
でも今は種まきの時期と考えて
もっと自分が望む方向へ進むために
やるべきことをやっていこうとしています。
動いているのも好きですから。



新しい環境になると、新しいチャレンジの機会も増えて
忙しかったり、不安もあったりは、当然あるものです。
だけど、やりながら慣れるしかないです。



今年は実践しながら学ぶことが
以前より格段に増えました。
人によって違いますが
私の場合は、作業をするということが
時間をかけて、見ること、考えることに
つながっていき
流れに乗っていくようです。



手を動かしていても
漫然とやっているわけではなく
いろんな角度から、確認して
頭の中の形に近づけるには
どうすればいいのか、
実際に測ってみたりということもやりながらです。



右手を動かしながら
左手をどう動かせばいいのか、
姿勢や角度、
ただやっているだけではなく
その瞬間に入り込んでやっているのは
一種の瞑想に近いです。


自分の中にある直感を
正確にこの世界に出してあげるために
すでにある形を思い出しながら。
形にすることは、曖昧な部分も明確になり
それを見ることで、自分の内側も明確になっていきます。



だから、何をするにしても
まず繰り返し
手順を踏みながら
手を抜かないで
失敗も含みながら
やっていくうちに
必ずものになっていきます。



それは、水晶洞窟のように
土の中のような見えないところで
少しずつ育っているもので
発見されるのを待っているのです。



皆さんも自分のやりかた、方法を見つけてください。
それぞれ、違うとは思うけど
やっぱりやってみないとわからないものです。
これだなと思ったら
それを信じて
その中に入っていってください。


それは自分とつながること
自分を信じること
自分を大事にすることになります。




新しい出会いや新しいチャレンジは、
扉が開いたような感覚で
最初は戸惑いあると思いますが
毎日少しでもやり続けていって
慣れてくると、だんだん楽しくなってきます。



彫金するスペースをリビングに移したのは正解で
ちょっとの合間に削ったり、作業したりしています。
量をこなして慣れていくしかないので
少しずつでも毎日やっていると
感が鈍らなくなります。
これは、何にでも当てはまりますね。



ひらめきとかインスピレーションは
パッと出てくるものと思いがちですが、
繰り返し考えたり、
作業をしているうちに
出てくるものだなと実感しました。





毎日やっていないと
やる時に構えてしまったり
おっくうになってしまいます。


日常、ちょこちょことやっていくうちに
少しずつ形になったり
上達したりします。


まるで結晶のように
核となるもののまわりに
少しずつ、少しずつ
育っていくように。






あと、オススメなのは
できれば1日15分時間をとって
なんでもいいから、書くこと。


これをやりだしてから、
頭の中がかなり整理できるようになりました。
客観的に自分を見ることができるし
対策を考えたりすることもできてくると
前向きになります。


やることが多い時は
焦ってしまって
どこから手をつけていいかわからなったり
気分も沈んでしまいがちです。


でも、少しずつでもアウトプットしていけば
いつかはできあがったり
思うような方向にたどり着けるのです。



書くことは、その日によって、
やることを書いたりする時もあるし
今の自分の気持ちを書いたりすることもあります。
ふとひらめいたアイデアを書き留めておいたり
デザイン画を描いたりすることもあります。



コラージュも同じで、
以前のを時々見直してみると
流れがわかったり
何年か前に貼ったものが
まさに今起こっているなあと
驚いたりすることもあります。


記録することは
直感を拾いあげることだなと思います。








話は変わりますが、
5月に九州に行きました。
夫の実家に帰省して
家族で旅行に出かけました。
久しぶりの再会、
楽しかったです。


こうやって違う場所にいくと
気分もリセットされますね。



初夏のお天気でした。



アザミや木苺、すいかずら、野ばら、いろんな花が咲いていました。




至福について


昨日は1日庭仕事をしていました。
小さな畑を作ってみたのですが、
菜の花が終わったのをすき込んでいる畑に
新しく畝を作りました。
夫が耕してくれていたのに
土が固くて、畝もまっすぐに作れなくて
けっこう大変でした。


ピーナッツ、セロリ、ベビーリーフの種を植えて
少し育ったルッコラやフェンネルを
植え替えました。


種から植えるのって
時間がかかるし大変だけど、
楽しいですね!


ハーブを植えたり
春の花から夏の花に植え替えたり
草を引いたり、剪定したり。
楽しいけど、1日働きに働いて
疲れてしまいました。


庭仕事を終えて
ふと玄関の方に行ったら、
ネムノキが咲いていました!
昼間は全く咲いてなかったのが
今年初めてそれもたくさん咲いていました!


ネムノキは夕方開花します。
風に揺れてほわほわして
すごくきれいでした。


わー、美しい!!!
「一瞬」で疲れが吹っ飛びました。
この感覚!
一瞬で違う次元に移ったようでした。
今までの疲れはどこに行ったのか
まったく感じなくなったのです。





それで、思い出したことが。
昔通っていた、波動測定器を使って
プログラミングするとても不思議な先生の
「至福」についてのたとえ話。


私は、ユニークでオリジナリティのある
独特のやり方をしている人が好きです。
そういう先生を見つけると、何年も通ったりして
何を吸収しているのか、わからないけど
たぶん何か違う次元で
学ばせていただいているんだろうと思います。


そういう先生が今までに何人もいて
真似をするというのではなく
その人の考えかたや、やり方に触れるのが
いつもワクワクして
楽しくてしかたなかったです。


経過は忘れましたが
「至福」てどういう感じなんですか?
と、聞いてみたことがありました。


そうしたら、
以前に先生の奥さんの実家に里帰りした際に
着いたのが午後3時くらいの中途半端な時間帯で
お昼を食べたかったけど
田舎だったので、どこも閉まっていたそうです。



炎天下のなか、歩いて歩いて探し回って
やっと空いている喫茶店を見つけたそうです。
ここで何か食べられるといいかと
とりあえず、入ったそうです。
クーラーが壊れていて
汗ダラダラでメニューを見たら
ランチをやっていたそうです。



喫茶店なのに、海鮮丼があったので
それをオーダーしたそうです。
喫茶店で海鮮丼!!!笑


その海鮮丼、喫茶店なのに(笑)
魚介がとても新鮮で
ものすごく美味しかったそうです。
その時に、汗も疲れもぶっとんで
感覚が一瞬でなくなったそうです。



「『至福』とは、こういう感覚なんですよ。」
しみじみ嬉しそうに語っている先生を見て
おかしくて、
でもなんかすごく腑に落ちて
心に残りました。


その時の感覚と
昨日のは近かったです。


至福って思うとき
そのまえにけっこうたいへんだったりすることがあって
思いがけず
パッと画面が変わるような
神秘的な体験でした。


至福の感覚は、
神秘の闇の中で育っていて
何かを一生懸命やっているときに
一瞬で孵化するように
出てくるものなのかなと思った日でした。











今はがんばるときですよ。


これは、前のうちから引っ越しの時に持ってきた
オールドローズです。
痛んでいて、枝が細かったので、
花がみんなうつむいてしまいました。


せっかく綺麗に咲いているので
うちの中で鑑賞しようと
短めに切って、いろんな花器に入れてみました。




こちらに移ってから、庭仕事も増えたり
部屋も前より少し広いから
掃除や家事に時間がかかるし
お弁当を作ったり
制作する時間も増えて
忙しくて忙しくて
たまにはうなだれてしまいます。



楽しいことの方が多いんだけど
キャパオーバーになる癖がでてくると
前はわけも分からず、悲しい気分になっていました(笑)



この花みたいにうなだれているとき、
思い出すことがあります。



ある人に、気持ちもいっぱいいっぱいになって
それを伝えたら、

「今はがんばるときなんですよ。」

と言われました。




その言葉がすごくしっくり心に染み込んで
なんとなくまた頑張れる気になりました。



これは、人によって、場合によって
それがしっくりくる場合と
そうでない場合がありますよね。



でも、そのときに、
私はまだまだいっぱいやりたいんだなって
確認できました。



それと、うなだれたときに
自分を励ます言葉や
楽しませること
休むこと
だんだん自分の処方箋がわかってきて
それさえやっていれば
なんとか元気で続けていられるなと思いました。



私の場合は、やることが多くて
準備が整っていないときに
そうなることが多いのです。



一気にはできないことを
自分に言い聞かせて
小さな日常の些細なことを
少しずつでもやっていくこと。



毎日コツコツと。
その日にやるべきことを片付けてしまえば
心もスッキリします。



毎日の生活の中で、元気になること
やりたいことを見つけて
できてないこと
もっていないことに
不安や不満を持たないこと。
そうしていくと
短時間でも自分のための時間を作れるようになります。
楽しく1日を過ごしてくださいね。







流れのままに


前のうちから持ってきたメイヤーレモンの花が咲きました。
引越しで弱ってしまって、カイガラムシがついていたりして
心配していたけど、元気になってくれました。


今の家には、キンカンが2本と
なんの種類か、わからない柑橘類の木があります。
その柑橘類、多分ゆずだと思うのですが、
去年はひとつも実がなりませんでした。


今年は肥料をあげたり
枯れ草をたっぷり敷き詰めていたら
花が咲いてきました。
どんな実がなるのか、楽しみです。


この時期は香りがいいですね。
柑橘類の香り、大好きです。




こちらも、持ってきたすずらんです。
葉っぱが落ちてしまうので、
どこに植えたかしらと思っていたら
小さな葉っぱと花が咲きました。
ずっと昔、「ディオリシモ」という
香水が流行ったのを思い出して
調べたら、今でも売っているんですね。



いつもブログを書くときに
何を書こうかなと思いながら
とりあえず花の写真などを載せているうちに
なんとなく書こうと思うことが浮かんできます。



ブログは2006年から始めました。
月に何回かしか更新していないのですが
以前は書くことがとても苦手だったので
書くのに時間もかかって、苦心して書いていました(笑)


書くことと、歌うこと。
私が苦手だったことです。
自分自身が一番出るような気がして、
「自分を出す」とか「表現したい」のに
ものすごく抵抗がありました。


完璧主義というか
自分の中の検閲官のような部分が
とても厳しく自分を批判するのです。



今はなにも思わず、ただ書いています。
そして書くこと自体が楽しくなってきたから。
やり続けると、変わってくるものですね。



歌うほうははヴォイストレーニングや
そのような合宿にも行ったけど
それで満足というか、
それ以上やろうとは思わないので、
これからもやらないと思います。



もの好きといえば、そうなのかもしれないけど
なんでも苦手なものさえもやってみたいのです。
そういう性分とあきらめて
やりたいことにいろいろ手を出してしまうのは
いろいろ体験しに来たからなんだと思えるようになりました。



思い通りにかたちにすることと
インスピレーションを受け取って流れにのってやること
どちらも大切です。



何年か前に、アイヌ刺繍を習っていたころ
曲がってもなんでも、流れのままに
どんどん進めてくださいと言われました。



それが、なぜだかとても気持ちよかったです。
うろ覚えなので、間違っているかもしれないけど
カムイ(神)にしたがって
刺繍をしていけばよくて
下書きをした線の通りにならなくても
曲がったら曲がったなりに
流れのようなものを優先して
と教わったような気がします。



思ったようにしたい、
「完璧に」という思いが強すぎて
直して、直して、を繰り返していくと
だんだんエネルギーが枯渇してきます。
そしてとても疲れる(笑)


なんどもなんども
そういう経験をして、やっと
ちょっとやりすぎ!もう嫌!っと
その癖を直そうと思いました。



根を詰めるというか
きちんとやるにしても
楽しめなくなるまではやらないことにしました。


もちろん、時間をかけて
綺麗に作るのは好きなんですよ。
職人気質なので。



でも、あまりにも自分が思い描いたものに執着すると
エネルギーが枯渇していくんだなって
最近わかるようになりました。


曲がったら曲がったなりに
スピードを上げて形にしていくのは
棟方志功さんを思い出しました。


そこにあるインスピレーションを受け取ることの大切さ。
まだまだですが、
流れのままに進んでいきたいですね。








変化


もう土用も終わり、立夏ですね。
早いなあ。
庭の花も、春の花はもう終わりかけてきました。
このところの急激な変化、気温とか雑草とか
芽吹きとかには目を見張りますね。


菜の花畑が背の高さよりも高くなって、びっくり!
堆肥を入れすぎたのかな。
庭や野菜に関しては新参者なのです。
試してやってみるしかない。


ハーブの苗や種、
そろそろ植えなければというのが、
押しているし
仕事もたくさんあるしで
できないこともあるけど
諦めないで、やる前に考えるより
やりたいことするために
素早く動いてやっています。


やらなくても、やっても、
年は取るしね。
自分に言い訳しないことにしました(笑)








こちらは折れてしまったバラの蕾。
咲くといいな。


たとえば、人間関係などで
なんとなく気に入らないとか
嫌だなと思ったからって
避けたらもったいない気がします。
そこから何が得られるのかなって考えます。


そう考えてみると
いろいろなものを得られているんですよね。
逆境とか、すこしきついことがあるほうが
良いものができることが多いのです。
ただ、耐えるんではなくて
それに対して努力するとか
スキルを積むとか、
それをバネにすればね。


私の場合、転機になると
いつも自分にとって嫌だと思う出来事が起こります。
よっぽど変化が嫌いだからでしょうか?(笑)


移行期とか成長期と呼ばれる時期があって
そういう時期は、季節でいうと土用のようなものなのかしら?
行ったり戻ったりを繰り返しながら
次のステップに進んでいきます。


それに抵抗しないで、
揺れながらも、そこから逃げないでいると
フッっと抜けている時があります。


あんまり深刻にならないで
なんとなく流していると過ぎていったり
自分と違う面があるから
参考になる人が目の前に現れたり、
パートナーとして存在していたり
まぁ面白がるしかないですね(笑)



自分が変化している時は
周りも変化している時だし
もしかしたら、一族とか
もっと大きな世界でも
変化している影響も受けているし。


そういう中で、自分は嫌なことを考える時間は
もう持ちたくないから
さっさと進んでいきたいなと思います。


なんでもすべてがギフトのように思えるときと
古いものが噴き出してくるとき
両方味わいながら
新しい季節が巡ってくるように
自分も変化しているんだろうな。


自分とも周りとも
上手に付き合いたいですね。
自分の良さを活かして
相手の良さを取り入れて
そうして夢が大きくなると素敵ですね。
変化を楽しもう!









やりたいことを一番に。


今日は久しぶりに、本当に1ヶ月ぶりに
走ってみました。
ちょっと足がもたつくけど
歩かないで走れました。



このところ作ることで忙しかったのや
なんとなく気分的なこともあって
なかなか走る気になれなかったのです。



ほんの15分〜20分のことなので
走ろうと思えば走れるんだけど
そうできないときもありますね。
どうしようかな…
今日はやめておこう。
そんな日が続いていました。



私の場合、そういうときは
気分的に焦っているときです。
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ
でもたくさんすぎて
どこから手をつけていいかわからない
頭や気持ちがいっぱいになっているときに
なんだか悲しくなったり
犠牲になったりしている気分になることがあります。




今年は余白を作ると
年初に決めたのは
そういうことから
自分を取り戻したいと思ったからです。
そして、少しずつですが、
一番やりたいことを優先することを練習中です。




やりたいことや、
やらないといけないことは、
とにかく思ったらやる!と決めて
考えずにとりあえずやり始めましょう。

やらないよりはやる
書かないよりは書く
描かないよりは描く
・・・・・

いろいろありますが
先延ばしするよりは、
そのほうが実際は楽なんですよね。



逆に気が進まないことや
そんなに丁寧にやらなくてもよいことなどは
テキトーでいいのではないでしょうか。



先日書いたブログ「ひっかかること」



これは、かつて自分もそうだったから
ひっかかるんですね。
子供の頃は
他人を傷つけることを恐れ
自分を押し殺して生きてきました。




回り道ばっかりしてきて
自分を堰き止めているのはなんだったのかな。
これは子供の頃の記憶
親や兄弟の影響
いろいろありますが
もうそういうせいにするのではなく
シンプルに自分がやりたいことをすればいいだけなのでは。



これはどの人にも今のテーマとして
出てきているのではないかと思います。
これからは、やりたいことをいちばんに
やっていきましょう!









*****
ここからは、今日の発見。

スミレ!
ちょっと嬉しくなりました。
いつもスミレを見つけると嬉しくなります。



タンポポも出てきましたね。
キザギザした葉っぱ、かわいいですね。



シロヤマブキ。
ヤマブキって、黄色ばっかりだと思っていたら
こんな可憐な白い花も咲くんですね。

手前に黒い実がついていて
冬の間、「何だろうこの真っ黒な実?』って思っていたら
シロヤマブキと書いてありました。

少し種をもらったけど、
蒔いたら出てくるのかな。




名前はわかりませんが、
かんざしのような形の花をつける大きな木。
急に葉っぱが出ていて、びっくり。
この時期の変化はすごいですね。




野芥子(のげし)の綿毛。
すごくかわいい!!!
この前テレビでのげしを絵本に書いている
元気なおばあさんの番組を見ました。
すごくステキな人で
植物のことを本当によく観察しているんですね。
あんな人になりたいなって思いました。



シャガもこれくらい量があると、いいですね〜
大きい庭っていいな(笑)





ひっかかること

セッションではなくて
人との関係の中で
ときどきひっかかることがある。
なんでだろうなと思うんだけど。
どう答えていいか、わからなくなってしまう。



承認を求められているのはわかるので
まぁ、「そうなんだね」って言うけど
やっぱり、「どうなんだろう」って
あとからいろいろ考えてしまう。



どの人の中にもある罪悪感
自分で自分を責めていて
そのもやもやをだれかに
「そうだよね、仕方ないよね」って言ってもらって
収まりをつけたいのかもしれない。


きっとずっと持ち続けて
責め続けているのがわかる。
だから、いちじしのぎでも
だれかにその気持ちや理由を
間違ってなかったと
言ってもらいたいのかもしれない。



「そういうときの気持ちを
ちゃんと受け止めてみるというのも
べつにに大したことではないよ」って言ってあげたい。



たびたび経験していることだから
それは拒絶するだろうなって思うけど。



当たり障りのない形にして
つまらない関係にしてしまっているのも
おたがいさまだ。



でも、きっといつか
人を裁くようなのではなく
元気になってもらえたり
前向きになってもらえる
言葉が見つかるような気がする。



そうなったときに
受け取ってもらえるのだろう。
そのときまで
待ってもらおう。





花、花、花!


今日は朝雨が降っていなかったので
砧公園を散歩しました。
ここは、人も少なくて
しかもゴミがまったく落ちていません。
すばらしい!!!

うちは公園から2分なので毎日桜を堪能しています。
セッションにいらっしゃる方も
なるべく平日の午後、いらっしゃいませんか?
とても美しいです!
たくさんの桜の種類があって
夢のように美しいです!




これ、桜なのでしょうか?
すごく濃いピンクの花でした。
かわいい花。



白い桜といえばオオシマザクラと思っていたけど
これは違う種類。
名前を忘れてしまったけど
白でも何種類もあるんですね。



これは花桃です。
一つの木に白とピンクと赤がミックスしています。
品種改良?
どういう遺伝子なんでしょうね?
桜とはまた違う、派手な感じで
かわいいですね。




「砧公園の桜は樹形が美しい」
引っ越してきたときに友人が話していたのが
意味がわかりませんでした。

なんだか変な枝ぶりの木が多くて
この枝なんて、地面を這っていて
へびみたいだなって思っていました。




同じ木ではないですが、
この木も横に低く伸びています。
ちょうど腰掛けるのに良さそうな高さなんですが…

その先に桜が満開なんです。
地面に着くようにして桜が咲いています。
裏側に回ってみると
滝の裏側にいるみたいな
花の中にすっぽり包まれて
なんとも幸せな気分です。




こちらもそう!
不思議な樹形なんです。
通常ならこの枝は伐採すると思うのですが
大切に育てられています。




緑の中の桜色。
東京は桜の多い街だなと思います。
桜の季節は、街全体がガラッと変わって
優しい感じの街になるから好き!



かんざしのような花です。
なんの花でしょう?
地味なんだけど、面白い形ですね。




もう日光浴している人が!
寒くないんですかね?


人もみんな花なんだなと
なんとなく思いました。
いろんな花があって
それぞれ咲いているんだな。

花開いている人は
心も開いているんだろうし
まだ開いていない人は
つぼみの状態なのかもしれない。


その時期はわからなくても
いつか時期が来たら、
大きく咲くこともあるのでしょう。




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya
  • あの人だったら…
    ミヤ
  • あの人だったら…
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:536 最後に更新した日:2017/06/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM