ぴょんぴょん跳ねる!


昨日、小雨の中歩いていたら、
山茶花(さざんか)の花が咲いていました!
椿かなとも思いましたが、
時期的には山茶花ですよね。



内側が白くて外側になるにつれて
ピンクの色が濃くなっていて
自然の造形は美しいですね。


この世界にどのくらいの種類の花があるんでしょう。
こんなにたくさんの花を作った神様はすごいな!
ありがとう!!!といいたいくらい❤️


この瞬間!
何も考えていない。
ただ、美しさが私の中に入ってきて、
私はとても満たされる。
どの瞬間にも美は存在する。


そんなことを思いました。


*****
先日のセッションで、
感情の起伏の激しさを
どうおさめたららいいのか、
質問されました。


そのときに
ぴょんぴょん跳ねる!
というのが出てきて、
それがとてもその人に受けて
やってみます!と笑いながら帰られました。


人によって出てくる応えは違うと思うのですが、
ぴょんぴょん跳ねると、
リセットされる感じはあります。
10回くらいですかね。


イラっと来たときには、そっと席を外して;
試してみてくださいね。


なにかが、振り落とされるような感じです。
自分の感情もあるけど
もらった感情とかもあるんでしょうね。


私は、散歩よりも、ゆっくりでも走るのが好き。
これも跳ねることだなと思いました。
跳ねると、なぜか気分が上がるんです。
どうしてだか、わからないけど。


うちの中では走れないから
跳ねてみるかな(笑)







大木のように揺れない心を


今日はなんだか木の幹を撮ってみたくなりました。
写真を撮りながら、「リスペクト」という言葉が浮かんで
何だろうなと思いながら。


この木は大きいですね。
なんという名前の木でしょう?
苔がきれいでした。


相手を尊重することと
相手をコントロールすることって
正反対なことです。


なんとなく意味がわかるかと思いますが、
相手の立場に立ちながら
自分の考えを主張せずに
相手の自由を尊重してあげてください。
自分がそうされたとき
とても気分がいいですよね?


逆の場合、なんとなく重たい気分になったり、
混乱したり迷いが出たりします。
でも、これは、本人の感情ではない場合が多くて
相手の気分に同機している場合が多いです。



先日、家族で帰省を兼ねて四国に旅行したとき、
帰る日に夜行バスに乗ってすぐに
息子が気分が悪くなりました。


どうしても降りるというので、
心配は心配でしたが
息子ももう大人なので、
好きにすればいいと思い、
息子は次の場所で下車することに。


そうしたら、気分が回復して
釣りが好きな息子は吉野川で夜釣りを楽しんで、
ヤガラという魚をキャッチ&リリースしたそうです。
それから漫画喫茶で夜を明かして翌日帰ってきました。


息子はルアーが趣味なのですが、
島では大きな川がなかったので、
釣りをしてみたけど、全然釣れず
途中下車して正解だったのかもしれませんね(笑)



自分だったらどうするかと
自分以外の人だったらどうするかは
一致しない場合の方が多いです。


よっぽどのことでない限り
当人に任せたほうが良いような気がします。



自分の方が正しいと思っていることも
もしかしたら間違っているかもしれないし、
自分の考えや、都合に合わせようとすると
それ以上のものが生まれない場合もあるなあと
いつも思います。


個人セッションの場合もそうです。
自分の意見や考えよりも
相手の話をよく聞いて
リーディングに入る方が
はるかに中立な情報が取れます。



最初の木も、この木も
幹に他の植物がくっついていますが、
元気で大木になると
このくらいはへっちゃらですよね。


自分自身が揺れやすいときは
まだ自分が若木だと思って
大木になるまで
大切に守る必要があります。


巨木になれば、蔦や苔が生えても大丈夫だし
花が咲いたり実が成ったり
鳥たちのねぐらにもなれるけど
そうなるまで
まずは自分を育てることが第一です。
それは自分をリスペクトすることから始まります。


人に優しくするのはいいことですが、
ときには強い意志を持って
言うことは言うほうが
お互いのためになることもあります。
もしかしたら、時間が経ってから
それが最良のことになるかもしれないですしね。








不思議な二人(笑)という感じの木たち。
まったく違うタイプが寄り添っていて、
面白い景色です。


このように、いろんな人がいて
それぞれいろんな考えがあります。
だから面白いし、
違いを学べるし
刺激にもなります。


どっちが正しいかなんてこだわらずに
ダンスをするように、
違いを楽しめるといいですね。


それぞれの個性を
お互いに尊重しながら
活かしあうことを考えてみると
素敵なものが生まれそうな気がします。








前へ


この写真は数日前のものですが、
昨日雨の中、歩いていてふと思ったこと。


私はたくさんの経験をするために
生まれてきたんだなということ。

楽しいこと
嬉しいこと
幸せと感じること
大変なこと
辛いこと
うまくいくこと
うまくいかないこと
‥‥‥‥‥‥‥‥‥


そういうこと全部含めて
自分はこの地球で体験したいと思っているような気がしました。






この水平線がきれい。


なにかをするときに
いっしょに体験する苦労や心労
人からの評価など
いちいち反応していては進んでいけないし
もしかしたら、その裏にゴールへたどり着くことへの
不安が隠れている場合もあるかと思います。


でも、気にしてもしかたないし
失敗したとしても
そこから何か学べると思えば
やらないよりはぜったいやったほうがいいです。
次は必ず前よりも上手になるから。


すべては、自分がどうとらえるか
に、かかっています。
そう思えるようになったときに
なにもかもギフトのように感じられるようになりました。



これは、ひばの種類でしょうか?
樹形が好きです。

私はどちらかというと、あまり表には見えませんが、
感情の起伏が激しいほうでした。
それも自分の個性のひとつと考えられるようになったら
かえって穏やかさが増えてきました。


自分だと同一視しているもの
特に、なんとかしようと思っていたことに関して
こだわっていましたが、このところ拍子抜けするくらい
こだわりが減ってきました。


もっともっと自分の存在を拡大して感じてみれば
それはほんの一部のもので
それさえもひっくりかえしてみれば
自分のエッセンスにできると思います。




人それぞれ
それぞれの喜びも楽しみも
悲しみも苦しみもあるし
それを含めてみんな経験するために
この地球に生まれてきたという意味では
みんな同じなのかもしれないと
考えるようになったら


よく見せようとしたり
大丈夫なふりをすることもなくなって
苦手なものやわからないものは
助けて貰えばいいやと思えるようになりました。



どの人にも苦手意識はあるものです。
でも、それを自分が認めて
ちゃんと向き合いながら
時には専門家の助けも借りながら
進んでいけば、なんとかなるものです。


お客様から、「ひとに言えないことを
話せる場所があって、聞いてくれる人がいるというだけで
心が楽になる」とよく言われます。


自分一人でなんとかしようとすると
うまくいかないとき
無力感に苛まれます。


でも、大いなる力などもそうですが
その道の専門家、治療者、
相談できる人などに
お任せしたり、相談してみると
なんだか進み具合がすごく早くなりますよね。


そうやってお互いに助け合いながら
どんどん前に進んでいきたいですね。

自己回復の方法はそれぞれ


だいぶ、秋めいてきましたね。
今年は紅葉が早いような気がします。


公園で葛の花、発見!
豊島でたくさん見かけましたが、
こちらにもありました。
ちょっと懐かしいというか、嬉しい気分です。
この根っこの部分から葛が取れたり、
葛根湯の材料になったりするみたいですね。



先日の台風や8月の長雨の影響か
気のせいかもしれませんが、
今年は銀杏が落ちるのも早いような気がします。



こちらは、近くの駐車場にびっしり生えていたゼフィランサス。
こんなに密生しているのは、初めてでした。
ここはコスモスも咲きみたれていて、
うちに飾るお花がないときに
ちょっと摘ませてもらったりしています。



今週は、久々にお目にかかった方々が多くて
その後のお話をお話してくださったりで
楽しいセッションでした。


Kさんは、数年ぶりかな。
今は職場が世田谷区になって
隣がぶどう農園だそうで、
採りたてのシャインマスカットをいただきました。
世田谷区はぶどう園がいっぱいあるんですよね。
ブドウ好きの私には、最高の場所(笑)


それから、竹林もあって、
日本古来のミツバチのハチミツも取れるそうです。
こちらは、桜の花のハチミツだそうです。
くせがなく、食べ終わった時に
桜餅のような香りがふわっと広がりました。
とても美味しかったです!

Kさん、ありがとうございました!!!
今度カフェにも遊びに行きますね。


こちらに引っ越してきてから
環境は抜群なのですが、
お店を新しく建ててはいけない場所らしく
周りにはコンビニ1軒しかありません。
不便といえば不便ですが、
駅まで行けばタワービルがあったりするので
都会的な雰囲気もありながら、緑の濃い環境の
落差が私にとってはいい感じなのです。



人ともそんなに会わないけれど
私の方は出かける機会が増えて
とてもアクティブになりました。
不思議ですね。



Kさんと話していて
駅から15分くらいは当たり前だよねという話になり、
うちは歩くと20分くらいなのですが、
慣れちゃうと、どうってこともなくなりました。
おまけに5kgも痩せました(笑)



駅までの道も緑が多くて気持ちがいいので、
四季折々の草花を眺めながら
自転車に乗ったり、歩いたりしています。



子育て中は
何かあったらすぐかけつけられるようにと
都心に近いところに長い間住んでいました。


でも、気がついたら
子育てもとっくに終わっていて
都心に住むよりは、
もっと緑の多いところに住みたくなりました。


都心に近いとなにかと便利ですが、
家で仕事をしているので
かえって引きこもりっぽかったような気がします。


こちらに来てからは、庭が広くなり
やることが増えたり、製作する時間も増えたので、
朝から晩までコマねずみのように
動き回っている毎日です。



バランスなのでしょうか。
逆にアクティブに、元気になっていくのが
自分でも面白いなと。



人によっては、会社でお仕事が忙しかったりすると
駅から近くて便利な場所が良かったりしますが、
人それぞれ、また年齢によっても、状況によっても
自分に合う場所は変わってくるものです。



その時に応じて
やりたいことをやっていく毎日
そういう日々が楽しいなと思います。



動ける人は、節目を感じたら
思い切って環境を変えてみるのも
ひとつの方法です。


今までの習慣や考えかた持っているものなどに
執着というか、制限をかけられているよりは
もっと気軽に。
毎日を楽しく過ごすことを
思いついて実行しましょう。




私の場合は、この場所に来てから
あまり本を読んだりしなくなりました。
引っ越し前に本はかなり断捨離したので、
好きな本だけ、何度も読み返したりしています。


情報を得るという行為よりは、
そこからちょっと距離を置いてみることで
情報に振り回されたりすることも減って
自分を確認することが増えました。


どの道が正しいとかはなく
ただひらめいたらやってみて
良さそうだったら続けていく
より進んで自分らしく生きていく
その方法は、人それぞれ
自分自身の選択によると思います。










怒りもひとつの道しるべ


今朝は久しぶりに公園を散歩しました。
彼岸花が、あっちこっちに咲いていました。
昨日からお彼岸の入りですね。


怒りについて
ひとつの「道しるべ」と考えるとどうでしょうか。


怒りを感じること自体
不快なことがあるわけですよね。


でも、怒りを感じながら
その奥に隠れているものを探ってみると
意外にも、今までの自分のパターンを手放すことを促していたりします。


怒りを溜め込んでいる人は
優しい良い人の場合が多いです。
でも、自分にも優しくすることを
怠っていませんか。


また、怒りを感じる対象に
被害者意識を持ってみたり
心を閉ざしてしまうよりは
はっきりと相手と対話して
自分の方向性を話すことを
促されているような気がします。



たとえ、ぶつかることになったりしても
離れることになったりしても
やがては、心を開いて向き合うことに
繋がってはいきます。
怒りを感じている対象に対してかどうかは
わかりませんが、
同じようなシーンに出会ったときに
以前よりは自分らしく振るまえるようになります。



怒りをぶつけることではなく
ちゃんと受けとめたうえで
自分の思いを整理して伝えることは、
勇気もいることですが、
やってみる価値は大きいと思います。



怒りは変化への促しです。
新しい人生のステージに向かうために。



上手に利用しようと思うと
学べることが多いと思います。







朝のランニング


今朝は久しぶりに公園を走ってきました。
爽やかにカラッと晴れたお天気で、
気持ちの良い朝でした。

朝の光は綺麗ですね!
久しぶりだったので、走ったり歩いたりで
いつもよりは時間がかかったけど
それでも私にとって
朝のこの時間は大切なひとときだと
再認識しました。


明日からも走ります!


植物には、朝の光が当たるのが大事と言われるけど
人間も同じです。
セロトニンを活性化させたり
体内時計のズレをリセットさせてくれます。
最近、「電池切れ」な感じがしていたので、
エネルギーチャージ再開します。



公園には大きな木がいくつもあって
それぞれの木に会いにいきます。


先日、こちらではヒョウが降ったので、
銀杏がかなり落ちていました。
日照不足が続いて異常気象だけれども
それでもダメージを受けたあとに
ちゃんと跳ね返している木々。



私は、木に対する淡い愛情のような気持ちを
確認するというか
積み重ねていっているような感覚です。


同じ場所にある巨木たちも
少しずつ違っていて
毎回更新しているような
私がかな、どっちかわからないけど
それに触発されているのかな。


木肌に触ってみたり、
木の根元にすっぽりおさまったり
それぞれの木の匂いを嗅いでみたり
それでその木を知っていくような
そういう積み上がってくる感覚は
人間同士でも同じだと思います。


自然に限ったことではありませんが、
外部に触れることで
内部が触発されます。



わぁ!豊島で見た花!きれい!
今朝の発見でした。


調べてみると、仙人草というそうです。
最近は画像を送るとすぐ名前がわかって
便利ですね。


切り口に触るとかぶれるそうなので、
気をつけたほうがよいそうです。



こちらは豊島の仙人草。
つる性の花で、山の木や廃屋などを
覆って咲いていました。
たくさん見かけました。





そろそろかなと思って
いつも咲く場所を見てみたら
やっぱり!
彼岸花の花が出はじめていました。


いつもは咲いてから気がつくのですが、
1年経って、どこにどの花がいつ頃咲くかがわかっているので
花芽が出てきたのを初めて見ることができて
なんだか嬉しかったです。







こちらは、昨日近くのぶどう園で、
ぶどう狩りをした時の
まだ熟していないぶどうです。

紫玉(しぎょく)という名前のぶとうです。
昨日はシャインマスカットの日でしたが
紫玉もありました。
こちらに来て、いろんな種類のぶどうの名前を知りました。


最近自宅で彫金をやる時間が増えて
まだまだ時間がかかるのですが、
先生に毎日2時間はやってと言われていますが、
気がついたら毎日数時間はやっていて
根を詰めすぎているようです。
でも、楽しいからついやってしまうんですよね。


セッションに関しては、もう長年やっているので
何も考えないで、というか
考えないほうがよいくらいで
リラックスして
自然に任せて行っています。
気を使うのは、言葉にするときに
その人に伝わりやすいようにということくらいです。


たまにというか、よく、
思いがけないイメージも出てきます。
自分でも意味がわかっているわけでもありませんが、
とりあえず浮かんだものは話すことにしています。


自分にわかっていなくても
相手にはわかっていることや
あとになってわかったというような
気づきのきっかけになるようなことを
話していることが多いようです。


数年ぶりにセッションにいらっしゃるお客様も多くて
その方々からのご報告をお聞きすると
正確にリーディングしているんだなと
確認させていただくこともしばしばです。


何回も来てくださっているのだから
このやり方でいいんだなと
そういうことも積み重なってくると
自信になっていくようです。



彫金はまだまだで
ついつい肩に力が入ってしまうけど
毎年、振り返ると確実に進歩しているし
来年はもっとスピードアップしているような気がします。
今年からは数をこなすことを
積み重ねていこうと思います。


今までは、あまりに完璧にやろうとしたり
難しいことばかり選びがちな癖があったり
それで詰まってしまったこともありました。


頭でっかちだったり、
理屈だけでは前に進めませんね。


ここにきて、どんどん流動性がプラスされてきて
勢いが出てきました。


何かやりたいことがある人
一歩踏み出そうとしている人
最初は大変だと思いますが
思い切って踏み出して
実践して数をこなしていけば、
その人らしいものになってきて
それが好きな人が出てきてくれるようになるし
自分らしく貢献することにつながると思います。







豊島に行ってきました。

先日の夏季休暇で、帰省がてら瀬戸内海の豊島に行ってきました。


瀬戸内海の海は波がなくてとても穏やかです。
電動自転車で島を1周しているとき
夕日で海が光っていて
思わず写真を撮りました。


私が泊まった唐櫃地区では地元の石で積まれた
矢羽積みという石垣をよく見かけました。
ヘリンボーンのような独特の積み方で崩れないそうです。
このような石垣は、この場所だけに見られるそうです。



この花がたくさん山にも廃屋にも咲いていました。
なんの花なんでしょうか。
こちらも屋根の上に咲いていました。
散歩が楽しかったです。



アートの島として有名な豊島の
豊島美術館

ここ、とてもよかったです。
中に入ると思いがけない広さです。
ずーっとここでゴロンゴロンしていたいような気分(笑)



近くにある湧き水の神社のそばのオブジェです。
島にいろんな作品が点在しているので、
自転車で巡りながら、
のどかな風景を堪能しました。

レモンや、オリーブや、イチジクがたくさん植えらえていて
登ったりくだったりしながら
海や山やいろんな作品を堪能しました。

ずっと昔は産廃で荒れていた島だそうですが、
今はとてもみどり豊かでのどかな島に戻っていました。


島の人たちがとても親切で
たわいもない話をしながら
過ごした時間が一番楽しかったかな。



島の猫。
ねこちゃんは、他にもたくさんいて、
猫好きには嬉しい島ですよ。

船着き場にはマスコット犬のちわわ、
もう一つの船着き場にも、キジの子猫がいて、
バッタと追いかけたりしていて、かわいかったです。


夕方になるとどの子も職員さんに連れられて、
おうちに帰っていました。
動物が可愛がられている島はいいですね。



この道の先には何があるのだろう?
見たことのない景色が見えるのかな?
そんなことを考えさせられる小道。


最近作品を作り出してから
とても忙しくなってしまっていて
心も気持ちも無理がかかっていたかなと
思いながら、


戻ってきてまた忙しい毎日だけど
焦らず自分のリズムや勘にしたがって
生きていこうと再確認しました。


納期に追われるような気がしたり
ではなく、楽しんで、
どんどん進んでいこうと思いました。


そういえば、彫金を習っている時に
「無駄な動きが多い」と指摘され、
自分では気づいていなかったけど、
ちゃんと見て、正しい姿勢で
手順を決めてリズミカルにしていると
半分くらいの時間以下でできるようになるそうです。



まだまだだなと思うけれども
来年くらいは、きっと。
ま、やりつづけていけば
楽しみも増えていくんだなと思いました。



エネルギー充電しました。
また、元気に波のりするように
進んでいこうと思います。

壁を越える


久しぶりに散歩をしたら、
少しずつ秋の気配が!



栗のイガが美しい。
この栗畑の中に
テッポウユリがいっぱい咲いていて
素敵なんです。
写真にはうまく撮れなかったけど。



ススキの穂も出てきましたね。
うちの矢羽根ススキも穂が出てきました。


こちらは生姜の花。
とても爽やかな香りがします。


季節は確実に移り変わっていきますね。
自分自身もたぶんそうなっているんだろうけど
心はいつも同じような気がするので
ついつい昔からの癖が出てしまいます。


私の場合は、今月はこの癖をやめるとノートに書いて、
毎日じゃないけれども
ときどき見て、1日を振り返ってみます。
そうやって気をつけているだけでも
少しずつは変化しているものですね。


このところ、変化の波がどんどん押し寄せて
それに乗っていける人と
頑固に抵抗している人とに分かれている気がします。


私もですが、どちらかというと職人気質のような人とか
アーティスト気質の人
きっちりした性格の人が
陥りやすいのは、完璧主義です。
完璧主義に陥ってしまうと
煮詰まってしまって
堂々巡りしてしまっていたりするんだけど
あんがい当人は気がつかないものです。


もちろん、きちんと仕上げたり
一定のレベルまで持っていくのは必要ですが、
その奥に、前に進むのを怖がっている部分が
隠れている場合もあります。



出来上がりや結果にこだわりすぎていると
面白みのないものになってしまったり
予想外のものができなかったりします。


絶えず結果を気にしていないで、
プロセスを楽しみながら進んでいきましょう。
楽しんだもの勝ちというか
楽しくないことをやっていると
エネルギーも消耗してしまいます。


自分はこんな人間だとか
自分で縛りをつけるよりは、


とりあえず


やりたいことがあれば
やってみてください。
好きなことがあれば好きなことを。
美味しいものを食べるとか
楽しいことをするとか、
なんでもいいんです。


そうやって自分を幸せにすることを
自分に許可してください。
許可というよりもっと強い言い方として
自分を幸せにすると宣言する。


幸せは状況ではありません。
自分がどんな状況であっても
幸せな人は幸せで
不幸な人は不幸に感じるものです。
だったらどっちを選びたいですか。



パーフェクトではくても
とりあえずやってみると
動きのあるもの
可能性のあるもの
これからが楽しみなものが
生まれてきます。



自分で自分のことを
見極めなくていいんですよ。


と自分にも言ってみます(笑)
それよりは、とりあえずやってみたいことを
やってみましょう!


たとえリスクに直面したとしても
しないよりは、断然前に進んでいます。
自分をさらけ出すことを怖がらないで
進んでやってみること
それを続けていたら、
壁は自然に消えています。
同時に勇気が湧いてきます。
そうやって自分の枠を広げていきましょう。









決意する


先日の「エッセンスに触れるWS」から、
新しいスケッチブックになりました。
私の場合、だいたい1年で使い終わります。
以前はボードに貼っていたのですが、
大きな袋に入れっぱなしになっていました。
スケッチブックだと保管がしやすいし、
ちょこちょこ見直せるので、いいです。


白いのは、漫画を描く人のためのネタ帳です。
私は、無地のノートがすきなので、
2年前からこのノートをつかって、
毎日ではないですが、
思ったこと、気がついたこと
アイデアスケッチとか
TO DO リストのように使っています。


厚みがあるので持ち運びはしないのですが、
このノートに書くことによって、
頭の中がずいぶん整理されたり
感情も整理されたり助けられています。



こちらは古いノート。
よく使いました(笑)
今日から新しいノートに❤️



最近は、新月、満月とかいろいろな区切りを
自分の感覚の区切りに変えました。


なんとなく、今、とか。
そういう方が、もともとの自分にはあっているような気がします。


人によっていろいろで良いと思います。
なにがしっくりくるのか、
それが自分なりにわかっていれば、
そのやり方で良いのだと思います。


今月はリニューアル感が強いですね。
今月というよりは今年なのかもしれませんが…


新しいノートに
自分の決意を書いてみます。


決意というと大袈裟かもしれませんが、
何を選択して
どのようにこうどうしていくのか
それを鮮やかにしていくことが
今はとても大切な気がします。


どんな状況であっても
その決意のもとに
自分はそうなることを選んで行動していけば
状況が問題ではなく
その決意に見合ったものに出会うことが増えてきます。


だから、無地のノートに書くときは、
まず、自分がどうしていきたいのか、
どうなりたいのか、
決意を最初に書いてみたいと思いました。






流れの加速感


公園のサルスベリが咲き始めました。
サルスベリの花を見ると、夏だなと思います。
去年引っ越してきてから、もう直ぐ1年になります。


こちらはシマサルスベリの樹。
台湾や奄美諸島などの亜熱帯に分布するサルスベリの仲間です。
公園には、このサルスベリの巨木が何本もあります。
大好きな木。

普通のサルスベリよりは地味な白い花が咲きますが
爽やかな香りがする花です。
大木の中にすっぽり入ると、
ふわっと包まれている感じがします。
天然のフラワーエッセンスですね。
深呼吸します。




大きくて全体像が撮れないのですが、
木の周りは草が生えてないので、
大きさがなんとなくわかるかしら?
20Mはありそうです。




根っこに樹の皮が剥がれ落ちています。
ツルが巻きつかないために
つるつるしているという説もあるようですね。
たしかに南方の植物はツルっぽいものが多いですから。



近くの農園の栗にもう実が付いていました。
綺麗な形と色。
私はこういう形がすきなんだなと
いつも思います(笑)




さて、このところの急な流れに
自分自身が戸惑いつつも
その流れに乗っていけばいいんだなと
心の深いところではわかっていたりします。


以前とのスピード感の違いに
自分でもまだ馴染まない感じがしたりします。


同じような感じで思い出すのは、
透視を習いだした頃、
企業のデザイン契約の仕事が
1週間でなくなったことがありました。
あのときは、どうなるのかなあと
暗澹たる気持ちになりました(笑)


ちょうど夫も仕事をしていないときで
二人で高尾山でおみくじを引いたら
人生初の凶!
それも二人とも!
今となっては笑えますが、
人生における転換期のときには
そうしたことも起こるものです。


透視の1年間のクラスのときに
アメリカ人の先生が
メガネについたホコリが綺麗になるには
1年間はかかるとおっしゃっていたけど、
メガネを磨き始めたら
いろんなものが見えてきて
見たくなかったものまで見えてきた
ということもありましたっけ(笑)



でもいい面の方が多かったし
現状が鮮明になると
物事が具体的になったり
自分の価値判断がはっきりしてきました。



物事がさらにクリアに見えてくると
瞬間に生きることが増えてきます。



今、同じような経験をされていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?


私たちは自分の真実に向き合ったとき
自分自身と出会います。
本来の、唯一無二のユニークな自分。
独自の生き方、考え方、表現…
その自分に出会う人が増えています。
私も透視を学んで、オーラを読むことや
ヒーリングをすることで
本来の自分に出会えました。
それは一生の財産だと思います。


それまでは、思っていたことも
言わないでいた方がいいかなと
黙っていることが多かったりしたけど、
言うことが、人のためになったり
自分を表現することの許可になったことは大きかったですね。



そうなってくると
今まで維持していたもの
慣れ親しんでいた
ものとか、習慣とか、人間関係とか
急激に見直しを迫られることも起こることがあります。
それが、心の痛手のように感じられたりします。



また、これから先の予感はあっても
まだはっきりと道が見えないとき
手探りで道を歩んでいるとき


それは、自分を回復しているプロセスが
進行しているのですが
むしろ逆行しているように感じたりもします。



そういうとき、一時的な喪失感を感じたり
今までの(古い)自分は悲しい気持ちになったり
新しく成長している自分を発見したり
複雑な思いにかられたりします。


だけど、心配しないで、
自分を信頼して、
思った方向へ進み続けていけば大丈夫です。
と、昔の自分に励ましてあげたいです。
今の自分があるから。


こういうことを書きたくなったのは、
今もまた、そういう階段を
一段登っていくときなのかもしれません。


みなさん、未来の自分を信じで
流れを加速して進んでみてくださいね。
きっと大丈夫だから。




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:566 最後に更新した日:2017/10/17

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM