やっぱり得意なのは…


更新が遅れてしまいました。
このところ、急激に変化する流れが起こって、
否応無しに動くことと、いろいろ見直す作業が、
同時進行で起こっていました。


変化が加速してくると、
心身ともになかなかついていけなくなるものですね。


写真は、庭のオリーブの木です。
大きくなりすぎたので、枝を選定をしました。
捨てるよりはと、飾ってみたら、
花もいいけど葉っぱもきれいで
なんだかいい感じです。


今までは花を活けることが多かったけど、
グリーンをひと枝、というのも、
さっぱりしてでいいですね。


オリーブといえば、ノアの箱舟。
このところの私の状態は、ノアの箱舟が
大洪水の中で大揺れしているような感じでした。


漂流中。
どこにたどり着くんだろう、
自ら動くというよりは動かされて
流れに身をゆだねるしかないような
ジレンマを感じていました。


そういうなかで、フツフツと湧き上がる
今までの感情や考えかたのクセ。
無意識に受け継いでいた
家族からの共有ファイルの解放。
更に奥深いところまでどんどん解放する流れがありました。


混沌として方向性が見つからないときは
苦しいですが、どんな方法で自分を癒せるかを、
いろいろ試す機会にもなります。




こういうときに分析的なアプローチをすると
ますます考えすぎてズレてしまう私は、
やっぱりエネルギーワーク。



とにかくエネルギーを流しながら、
自分のエネルギーの軸やチャクラ、オーラをチェックして
解放し、調整するということを、毎日やっていました。



これ、本当にシンプルなんだけどとても効きました!
雲に覆われていたような状態が
次第にクリアになってきました。



抽象的なんだけど、
どこにアクセスすればいいのかが見えてきました。



この、抽象的っていうのが、
良くも悪くも私の特徴で…
多面的、立体的に捉えることができるので、
大きな視点で捉えることや
物事の本質(本当に大切なこと)を理解するのは得意なのですが、
わかりにくいというのもあります。
自分でも、です!(笑)



先日、友人と会って、
「みやさんのセッションは、終わった後でいつも
なにかわからないけど、スッキリした感じとか
なにかが変わった感じがする」と言われて、
それでもいいのかなって、思いました。



自分ではデメリットな面にばかりフォーカスしがちで
論理的にすらすら読み解く人などを見ると
かっこいいなーって思っていたけど、
でも、メリットを活かせばいいだけなのですよね。



セッションにいらっしゃるお客様のなかには
複雑な問題をいろいろ抱えている場合もあります。

そういうとき、
平面的な捉え方ではわからない部分も
たぶん、直感的、本能的にわかる
手がかりみたいなものを感じていながら
うまく言語化できないときは、
ヒーリングや12チャクラのセッションをお勧めしています。
言葉ではないアプローチの方が、私は得意なのと
よくわからないけど効果があるからです。



そういえば、最初にエネルギーワークを学んだレバナ先生も、
「理由は聞かないで!とにかく効くんだから!」
ということをよく言っていたな…
今、思い出しました(笑)








コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 自分の感覚を信頼する
    ミヤ
  • 自分の感覚を信頼する
    memi
  • 自然の中で
    ミヤ
  • 自然の中で
    memi
  • 自然の中で
    ミヤ
  • 自然の中で
    memi
  • 記録することが楽しい
    ミヤ
  • 記録することが楽しい
    sho
  • ちょっとしたイメージワークで
    ミヤ
  • ちょっとしたイメージワークで
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:869 最後に更新した日:2020/10/26

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM