ひっかかること

セッションではなくて
人との関係の中で
ときどきひっかかることがある。
なんでだろうなと思うんだけど。
どう答えていいか、わからなくなってしまう。



承認を求められているのはわかるので
まぁ、「そうなんだね」って言うけど
やっぱり、「どうなんだろう」って
あとからいろいろ考えてしまう。



どの人の中にもある罪悪感
自分で自分を責めていて
そのもやもやをだれかに
「そうだよね、仕方ないよね」って言ってもらって
収まりをつけたいのかもしれない。


きっとずっと持ち続けて
責め続けているのがわかる。
だから、いちじしのぎでも
だれかにその気持ちや理由を
間違ってなかったと
言ってもらいたいのかもしれない。



「そういうときの気持ちを
ちゃんと受け止めてみるというのも
べつにに大したことではないよ」って言ってあげたい。



たびたび経験していることだから
それは拒絶するだろうなって思うけど。



当たり障りのない形にして
つまらない関係にしてしまっているのも
おたがいさまだ。



でも、きっといつか
人を裁くようなのではなく
元気になってもらえたり
前向きになってもらえる
言葉が見つかるような気がする。



そうなったときに
受け取ってもらえるのだろう。
そのときまで
待ってもらおう。





コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間の贅沢
    ミヤ
  • 時間の贅沢
    memi
  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako

recommend

links

profile

書いた記事数:628 最後に更新した日:2018/04/24

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM