生と死

先週の土曜日は「エッセンスに触れるWS」でした。
このタイトルの通り、とても深い内容でした。
終わったあとに
すごくプロセスが出てきてしまって
ぐったりしてしまいました。

でも、こんなに深い話を分かち合える場所を
自分が持っていることが、本当にありがたく
分かち合ってくれた皆さんに感謝でいっぱいです。

独りで作るものではなく
物語をみんなで作り上げるような
そこから紡ぎ出される美しい物語に
ときには心を深く揺さぶられることがあります。




こちらはFさんのコラージュです。
つい最近ご家族を見送って
その体験をシェアしてくださいました。


そのお話がとても心を打ちました。
屍体について
彼女はもし叶うとしたら
サバンナのようなところに置いてもらって
ライオンの餌になりたいと。


このコラージュは、
たまたまMさんが持ってきた雑誌に載っていたライオンの写真から。
骨の写真は私が見つけて。
もう、誰がという感じでもなく
話しながら、これが必要そうと思ったら渡すというやり方をしました。

神聖なコラージュだなと思いました。
あ・うん のライオン。
旅立つご家族を見送っていながら
自分の死生観も出ているコラージュでした。



すべてを使い切るというか
死んでもまだ必要とするものがあれば
提供することは地球のためにもなるのではないか。



話は変わりますが
庭仕事をしていて、
毎年この時期になると
たくさん花を咲かせてくれていた一年草が
花がだんだん小さくなっていって
葉の色も薄くなって
枯れることが名残惜しいと思っていました。



残っている花を摘んで家中に活けるのですが、
この気持ちが変わりつつあるような気がしました。
枯れる花もあるけれど、
この時期は土の中にどんだけの種があるんだろうかというほどの
たくさんの草が芽吹いてきて
植えるものがあるなら抜くしかないし
そういうことに対して
量が多いと、淡々と抜いていくだけになっている自分がいます。



気持ちが軽くなってきているのは
量をこなしていったり、
経験が増えるから慣れてくるのでしょうね。










死について
私は子供の頃からすごく怖くて
夜中にふと目を覚まして
心の中でギャーと叫びたくなるようなことが多かったです。
でも、誰にも話さなかった。
話してはいけないような雰囲気があったのかもしれません。
今はそれがいつの間にか癒されたのか
そんなに思わなくなりました。
溜め込まなくなったからかもしれません。



死はどの人にも避けられないことだし
いつ起こるかもわからないけど
それだからこそ、今を充実させたいという思いのほうが
今は強くなってきています。







こちらはMさんのコラージュです。
とても美しいコラージュです。
カラフルな色のパーツはお菓子だそうです。


草間彌生さんの展覧会の話になって
生命力について
創造することについて
とても刺激を受けたそうです。
私も同じ経験をしました。
草間さんの写真は、「エッセンスに触れるWS」の
最初のページにも貼っています。


創造することを阻害された経験やトラウマを持っているひと
素晴らしいものを外に出し切れていない人は
たくさんいると思います。


それを外に出さないで溜めていくと
心身ともに病んでくるとMさんが話していました。

本当にそうで
どんなものでもいいから
アウトプットしたり、
話せたりするだけでも
気持ちは楽になります。



自分の経験からも
まず自分が癒されることから
創造は始まると思います。
そしてそれを出し続けていくこと。


草間さんは1週間に2〜3枚も
大きな正方形の絵を描いていますが
その絵が曼荼羅のように並んだ展示は
もうその人が作ったという感覚はなく
世界に共有されているものが
その人を通して下されてきているようでした。






これは、私が作ったものです。
左下の傘をさした女の子がとても可愛くて
それを見ていると、気持ちがすっきりして
ウキウキしてきます。


先週まであまりに忙しくて
スケッチブックがもうあまりないことすら気づかなくて
黄色いテープで余っている紙を貼りつけました。
ぶっつけ本番なのは、思いがけないものが貼れたりして
面白いです。


右上は心臓の模型というか、
人体の展示会のようなのが以前日本にもきたことがあったけど
それです。
オーガンジーの布で覆ったような
綺麗なものに見えるのは、血管なのかな。

下はマグダラのマリアのものと言われる頭蓋骨だそうです。
ちょっと怖いかなと思いながら貼ったのですが、
ハートとスカルはどの人にもあるものだなって気がつきました。


右端は、以前にも作ったことがあるのですが、
花粉を顕微鏡で見た写真
下は肉体労働をしているアフリカの人
生命とか生きていることを感じるコラージュ。



そういえば、11月に作ったコラージュにもスカルが貼っていました。
これも、指摘されないと気がつかなかったものです。
その時も、なんだろうなって思っていました。



こちらは、表紙の裏です。
11月にハートを貼りました。

右側は1年前に貼ったもの。
創造したいけど、恐怖で前に進めなかったころ。
どうやって踏み出していったらいいか、
どう手をつければいいのか、
これは、子供の頃の体験に根ざしていて
自分のやることに対して
温かい視線ではなく
批判や批評に傷ついていて
助けを必要としていたけど
それに対しても気がついていなかったころだ。
助けは周りにではなく
まず自分の内側に対してだった
ということが
最近になってわかってきたのです。


サーフィンの大波のトンネルの中
ドライブ力のない自分を責めていたけど
実際どうしていいか、わかるまで1年かかりました。
だから、貼ったものはいつかそうなるから
貼っているんだと信頼できるようになってきました。


期待しすぎず、でも絶望したり
落胆せずに、淡々と続けていくこと。
そうしていたら、いつかそうなるんだなって
思います。





こちらは、左は先日のWSで作ったもの。
右側のスペードは 11月に作ったもので、
スケッチブックの最後のページです。

面白かったのは、
右の方向(♠)へ向かって進んでいる写真ばかり。
スペードに向かって進んで行く。


Fさんが、スペードの意味を調べてくれて
死という意味もあるそうです。
生から死へ
当然ですが、その流れに乗っているわけですね。


人間の生は一瞬のようなものかもしれない。
でもその中に永遠を見つけたとき
それはその人だけのものじゃなくて
全体につながっているのではないのでしょうか?




この写真は11月に撮りました。
このスケッチブックのテーマが
ハートからスペードへ
α Ω
A to Z
初めから終わりまで
全部味わって、楽しんでいきたいです。



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:566 最後に更新した日:2017/10/17

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM