草間弥生さんの言葉




いつもは励まされます!
草間弥生さんのメッセージ
美術手帖の草間弥生さんの特集から




私は芸術家として70年以上も作品をつくり続けて

毎日生命の尊さを祈り続けて参りました。

私の心が沈んだときや、

希望が薄れたとき、

悲しみのとき、

いつも私を支え救ってくれたのは、

私の芸術家としての強い生命の輝き、

それにより力を持って生き続けてきました。

それらの力こそ私の人間としての信念でありました。

人生の浮き沈みの中に、

いつも志を強く持って生きてきた

今日に至るまでの人生の歩み、

それらの人生路の長かりし日々を私は真剣に、

そして命がけで過ごしてきたことを、

心から誇りを持って今日まで生きてきました。

芸術家としての心構えが私の一生を支えてきました。




”芸術の創造は孤高の営みだ”





それは世界の人たちと感動を共にするために

命を賭して成し遂げるものです。

私のメッセージとしてこの信念を

世界の人々に伝えたい。


死ぬまで闘い続けます。私が死んだあとも皆さん、

どうぞ私の創造への意欲、

芸術への希望と私の情熱を忘れず、

永遠に私の心を受け継いでいただけたら

これに勝る喜びはありません。

多くの若い人やこれからの世界をつくっていく方々が

何か精神的な悩み、

そして人生に対する悩み、

そういったものがあったときに、

私の生きてきた道のりや

私の芸術の素晴らしさによって、

私が唱えてきた世界観と思想を乗り越え、

偉大なる世界をつくられていくことが

絶大なる望みでもあります。

心より願っております。






これとは直接関係ないですが、
もうずいぶん前にオーラリーディングでいらっしゃった
70代くらいの女性の言葉を時々思い出します。


経済的に困窮しているわけではないけど
丈夫な身体なので、家でじっとしているよりは
働いているほうが心身ともにスッキリするので
クリーニング工場で働かれているというお話を伺いました。


その頃は40代初めのころだったので、
70代になってまで働かなくても
もっとゆっくりされてもいいのではと
心の中で思いました。


でも、実際に年を重ねていくにつれて、
健康であれば、少しでも心も頭も身体もつかって
多少でも人々の役に立てることができるということは
すごく幸せなのだと思うようになりました。


芸術などの特別なことでなくても
いくつになっても
その人が持っている持ち味を
活かせる社会になっていってほしいなと心から思います。





関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya

recommend

links

profile

書いた記事数:551 最後に更新した日:2017/08/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM