錬金術?



先日、オーラリーディングを受けてくださった
お客さまからのご感想をいただきましたので
今日はオーラリーディングについて書いてみます。


と書いたけど、話が飛んでしまいまして、
今のセッションルームの環境について書きたくなりました。
私が今住んでいる場所は世田谷区なのですが、
どの駅からも離れているせいか
とても都内とは思えないような環境に住んでいます。


特に夜に雨が降った朝などは、外に出ると
木の香りや土の香りがして
鳥たちが賑やかに囀っています。


代々木の方にいらしていたお客様は、
世田谷のセッションルームは和室なので
雰囲気も違って少し驚きますが、
和室で雪見障子がついています。


セッションルームからは庭が見えるのですが、
庭が広くてどのように使ってもいいので、
小さなな畑を作ったり、
庭をお花でいっぱいにするのが、私の夢です。
今はまだ途中ですけど。


近くに唯一あったコンビニも潰れてしまい、
買い物は自転車があるので、不便はないですが、
国分寺崖線という、多摩川が10万年以上かけて
武蔵野台地を削りとってできた樹林や湧水などがあり
ここはどこ?と思うほど自然が豊かな場所です。


セッションにいらっしゃる場合は、
お時間がありましたら、ぜひセッションの前後に散歩なさってください。
うちからすぐには砧公園もありますし、
世田谷美術館もあります。


アクセスは少々不便ですが、
慣れて何回か通っていらっしゃるお客様には好評です。
もう少しすると桜の季節。
公園の桜は、樹形が面白くて、
蛇のように地面に沿って枝が伸びていて、
下の方まで花が咲くので、
とても美しいです。


さて、ご感想ですが、正直に書いてくださって、
セッションの最中はあまりピンとこなかったそうです。
でも、少し経って、覚え書きを読み直してみたら、
まさに今の自分に必要なメッセージだと何度も感じ、
驚いてしまったそうです。


私はいつもセッションの時に、録音をお勧めしているのですが、
それは、その時に聞き逃したりしたものが、
後になって聞き返した時に
すごく役に立ったというお客様の声が多いからです。


セッションの最中もオーラの色やメモを取っていただくのですが、
それを残しておくと、半年後、1年後にもう一度うけられたときに
自分がどう変化されたのかがわかるようになるからです。


オーラの色は、生きているその人そのものの光なので、
常に変化しているし、
言葉や状況によって、パッと輝いたり
色が変わってきたりするのも
私には実況中継のように見えます。


オーラが輝いてくると、
この情報でいいんだなという
サインのようで、私も確認できるので、わかりやすいです。


以前いろいろな海外の先生にも習っていたときに、
あなたの情報はとても正確とか
すごくよく見えていると言われるけれど、
私の情報のとる場所がとても抽象的な次元なので、
翻訳することが最初は難しかったです。


今でも、具象より抽象、平面より立体のほうが、
私にはわかりやすいのですが、
人それぞれですね。




ご感想のつづきですが、ここからは引用させていただきます。

*****

ずっと人前に出るのは苦手と思っていましたが、
「ガラスのような繊細さは本当の自分ではないので、もう捨てていい。
基本的な生命力は硫黄のような力強いもの」
という言葉を(マジックという言葉も)胸に、
これまで自分に課していた制限を少し取り除いて、
変化の時を楽しんでみようと思います。



私もその時は、なぜか「硫黄、硫黄」という言葉が聞こえて、
なんといったらいいのでしょう?
確か昔の「錬金術」では、「塩」と「硫黄」と、
あとひとつはなんでしたっけ?
3つの物質から、賢者の石をつくるんでしたよね?
などと話したのですが、なぜそれが出てくるのか、
自分でもよくわかりませんでした。



後で調べたら、もう一つの要素は「水銀」でした。
なぜ、その時にそれが出たのか、
それは私にもわからないことなのですが、
ご本人には、後でわかったようです。


オーラリーディング中、私がわかっていなくても
とりあえず出てくるキーワードやビジョンはお伝えしておきます。
それがどう作用するのか、それは後でわかることが多いようです。


「錬金術」について
ウィキペディアのリンクです。
今の私にフィットするのは、ユングの錬金術についての解釈です。

心理学者カール・グスタフ・ユングは、錬金術に注目し、
『心理学と錬金術』なる著書を書いた。
その本の考察のすえにユングが得た構図は、
錬金術(のみならずいっさいの神秘主義というもの)が、
実は「対立しあうものの結合」をめざしていること、
そこに登場する物質と物質の変化のすべては
ほとんど心の変容のプロセスのアレゴリーであること、
また、そこにはたいてい「アニマとアニムスの対比と統合」が
暗示されているということである。


読んでみたくなりました!

今日は、ここまで。
これから順番にセッションの内容について書いていきます。

今後の参考にいたしますので、
セッションのご感想など、
コメントありましたら
よろしくお願いいたします。




関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:646 最後に更新した日:2018/06/20

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM