ペットから教えてもらったこと



昨日のセッションで必要なメッセージを
ご本人が決めた3人のメンターから
聞いてみるということを行いました。


ネットワークとして考えてみると、
どの存在とも繋がれるし、
情報も受け取れます。


それは、内的世界でのネットのようなもので、
明らかに自分の外にいる存在に近いイメージではありますが、
視点を変えた自分の内側から出てきているものなので、
最終的には、それらを自分に統合する作業をします。



このセッション、とても面白くて
思わぬメッセージが浮かんできたりするので、
聞いている私も、なるほどなあと思うことがしばしばです。



NLPのセッションが向いている方は、
ご自分で情報を取ることが上手ですね。


昨日のセッションで、
彼女が選んだメンターの一人が、
彼女の愛犬でした。


その子は動物ですから、とても自然体で
あるがままに生きています。
強いところも、弱いところも、そのまま見せて。



そのうちの、「弱み」のように見える部分が、
逆に「魅力」となっていて、
公園でも、お散歩しているときに
覚えていてもらったり、可愛がられることも多いそうです。


おうちでは、逆に
普段でも家族のことを、
とてもよく見ていて、
人間とは違う観点から
注意を促したりすることがあるそうです。


それが、思わぬポイントだったりして、
ハッとすることが多いそうです。


彼女にとって、その愛犬は、
いつも対極の位置から
バランスを取ってくれたり、
気づきを与えてくれたりする存在だそうです。
それに気づいているご本人もすごいです。



思いがちな考えとして、
強くあらなければならないとか
人と比べて、優位な位置にいないとサバイバルできないとか、
正しくあらねばならないとか
たくさん出てきますよね、観念
いろんなシーンで。


これからの時代は、そういうコリ固まった観念に気づいて
もう必要ではないものは手放して
もっと自由に自分の世界をアウトプットしていくと
同じ世界観の人と出会う機会が増えてくるように思います。


彼女は愛犬との生活の中で
共存や共有、共創の世界で生きていくことを
教えてもらっているような気がするそうです。


お会いするたびに、穏やかさや優しさが
どんどん増してきているように見えます。



動物は、すぐ先のことは考えられますが、
すごく先のことは考えません。


でも、ある意味
人間よりも覚醒した部分、
なにかを察知する能力や
すぐれた五感は
人間をはるかに凌ぎます。
ここから学べることは多いのではないでしょうか。



不安な時ほど、強がったり
肩肘張ったりしますが、
それに気づいたら、
ちょっと肩の荷を下ろして、
今、この瞬間に意識を戻しましょう。



生き延びるためにもともと持っている感覚は、
人間にもありますから、
五感のすべてを研ぎ澄まして
ぐるぐる回る思考のスイッチを切って
頭を休めて、深呼吸して
全身リラックスした状態で、
ものごとに取り組みたいですね。





関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今年最後の出張セッションです。
    ミヤ
  • 今年最後の出張セッションです。
    Katsuhiko Matsumura
  • 放散虫って知っていますか?
    ミヤ
  • 放散虫って知っていますか?
    memi
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    マキ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    ミヤ
  • よこはま Heart ❤ フェア
    nn
  • ふらふらと
    ミヤ
  • ふらふらと
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:711 最後に更新した日:2018/12/13

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM