怒りはポイント切り替え地点


マンションの前に咲いたランタナです。
元気よく、道にはみ出して咲いているので、
年に2回の選定で、いつも根元まで切られます。


せっかく咲いているのにかわいそうと、
今年は切られる前にお花だけ切って活けました。


そうしたら、それを見ていた植木屋さん、
今年の秋は、強剪定ではなくしてくれました。
嬉しいですね。
そして、秋に切ったのにまた大きく育って
花を開かせてくれました。



*****
人との関係性の中で、
あなたの邪魔をする人っていますか?

きっと誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

足を引っ張ったり…
納得のいかない非難や批判をしたり…
特別扱いを求められたり…
秩序がなく、混乱させられたり…
都合を無視したり…



そういう人が現れたとき
どういう気持ちになりますか?


先日NLPのセッションをしていたとき
お客さまの反応が、最初は怒りではなく
「ショックと悲しみだった」と伺いました。


そこをさらに掘り下げていくと
そのかたは、「怒り」を感じていることに気がつかれたそうです。


「怒りを表現することはいけないこと」として
自分を抑えている人は多いと思います。


私もかつてはそうでした。
逆に「私が悪いのかな???」とか思ったり。
でも、「そうじゃないなあ、なんでかなあ???」
と、悶々と考えたこともあります。


怒りって悪いものでしょうか?
表現の仕方によってはそうとも言えます。


でも、むしろ変化の印として、

「行動を起こすきっかけを作ってくれている」

という設定にして考えてみたら、どうでしょう?


もうそぐわなくなったものに
嫌だけど、変化を恐れて付き合っていかなくても
「新しい道を進んでいけ」という
宇宙からのサインだとしたら?


ヒントとして見てみたら
自分の方向性が見えてきます。


怒りはポイント切り替え地点のようです。
だから、私たちがやるべきことは、
相手に対してではなく
自分自身をはぐくみ育て
自分を開花させることです。
それが最良のことです。


そしてそれが、まわりのお手本になっていけば
今度は、同じ経験をしている人を
助けてあげることもできるようになりますよ。












関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:761 最後に更新した日:2019/05/23

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM