視点について




先日、ミラーレス一眼カメラを購入して、
昨日試しに三日月を撮ってみました。


私は、新しいものを始めるのが億劫なほうですが、
夕方うちに着いたときに
ふと見上げた三日月がとても美しかったので
新しいカメラだとどう写るのか、
試してみたくなりました。


そうしたら、ちゃんと三日月に撮れていました!
スマホではうまく撮れなかったので、感動!


今朝はレンズを替えて、
庭のラベンダーを撮ってみたら、
あら!かわいく撮れているじゃないですか!


ちょっと嬉しくなって、
写真教室にも通うことにしました。


教室の説明会に参加して
先生の作品を見ているうちに、
写真には、被写体を通して
撮る人の世界観が反映されているように思いました。


カメラは新しい視点へのツールのように思えて
ワクワクしました。


*****
今日は、リーディングについて、
私が思っていることを書いてみます。


カメラもそうですが、
リーディングも、reader(読む人)によって、
同じものが見えていたとしても
解釈の差というものが出てきます。

タロットカードのように、
同じカードが出ても、どう読んでいくか、
そこに、読む人の視点も加わってきます。


だから、リーディングを検討中の方は
自分の世界観に近い世界観を持っている人に
読んでもらったほうが、フィットすると思います。


ARIAのセッションにいらっしゃるかたも
直感的になにか近いものを感じて
受けてくださっていると思います。


その上でセッションするときに
双方のチューニングが合っていることが大事です。
カメラでいうとピントを合わせるということでしょうか。


私の場合はまず、オーラの第1層で
身体の状態を読みながら、
チューニングしています。

たとえば、身体の状態をお話ししたときに、
「このように見えますが、どうでしょうか?」
と質問することで、
この周波数で読んでいけばいいということを確認します。


ピンとこないリーディングや
決めつけてしまうリーディングは、
ご本人にとって、疑問を増やしてしまったり、
思考能力の低下につながりかねません。


今の状況からさらに開かれていく要素を探して、
そしてそれがアクションにつながるような部分を
お伝えすると、皆さんすっきりされるようです。





カメラを覗きながら、
まず、なにを撮りたいかを明確にすることは
セッションと似ているなと思いました。


これは、セッションの前に軽くお話しして
どんなことを見てもらいたいかをお伺いし、
ポイントを決めることに似ています。


そこを外さないようにして、
理解しやすい言葉やたとえを使いながら、
お伝えしていきます。


その人の潜在的な可能性を引き出されたり、
現実的なことに対する対処のしかたなど、
頭で考えたレベルよりも
もっと直感的で適切な情報が出てくることが多いです。


そのことは、普段の私からは出てこないようなもので
いつも新鮮に思います。








コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 自分の身体と対話する
    ミヤ
  • 自分の身体と対話する
    memi
  • すべて良し!
    ミヤ
  • すべて良し!
    memi
  • 波に乗る
    ミヤ
  • 波に乗る
    memi
  • 組み替え
    ミヤ
  • 組み替え
    ゼロ子
  • 手放しとリセット
    ミヤ
  • 手放しとリセット
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:774 最後に更新した日:2019/07/19

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM