流れの加速感


公園のサルスベリが咲き始めました。
サルスベリの花を見ると、夏だなと思います。
去年引っ越してきてから、もう直ぐ1年になります。


こちらはシマサルスベリの樹。
台湾や奄美諸島などの亜熱帯に分布するサルスベリの仲間です。
公園には、このサルスベリの巨木が何本もあります。
大好きな木。

普通のサルスベリよりは地味な白い花が咲きますが
爽やかな香りがする花です。
大木の中にすっぽり入ると、
ふわっと包まれている感じがします。
天然のフラワーエッセンスですね。
深呼吸します。




大きくて全体像が撮れないのですが、
木の周りは草が生えてないので、
大きさがなんとなくわかるかしら?
20Mはありそうです。




根っこに樹の皮が剥がれ落ちています。
ツルが巻きつかないために
つるつるしているという説もあるようですね。
たしかに南方の植物はツルっぽいものが多いですから。



近くの農園の栗にもう実が付いていました。
綺麗な形と色。
私はこういう形がすきなんだなと
いつも思います(笑)




さて、このところの急な流れに
自分自身が戸惑いつつも
その流れに乗っていけばいいんだなと
心の深いところではわかっていたりします。


以前とのスピード感の違いに
自分でもまだ馴染まない感じがしたりします。


同じような感じで思い出すのは、
透視を習いだした頃、
企業のデザイン契約の仕事が
1週間でなくなったことがありました。
あのときは、どうなるのかなあと
暗澹たる気持ちになりました(笑)


ちょうど夫も仕事をしていないときで
二人で高尾山でおみくじを引いたら
人生初の凶!
それも二人とも!
今となっては笑えますが、
人生における転換期のときには
そうしたことも起こるものです。


透視の1年間のクラスのときに
アメリカ人の先生が
メガネについたホコリが綺麗になるには
1年間はかかるとおっしゃっていたけど、
メガネを磨き始めたら
いろんなものが見えてきて
見たくなかったものまで見えてきた
ということもありましたっけ(笑)



でもいい面の方が多かったし
現状が鮮明になると
物事が具体的になったり
自分の価値判断がはっきりしてきました。



物事がさらにクリアに見えてくると
瞬間に生きることが増えてきます。



今、同じような経験をされていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?


私たちは自分の真実に向き合ったとき
自分自身と出会います。
本来の、唯一無二のユニークな自分。
独自の生き方、考え方、表現…
その自分に出会う人が増えています。
私も透視を学んで、オーラを読むことや
ヒーリングをすることで
本来の自分に出会えました。
それは一生の財産だと思います。


それまでは、思っていたことも
言わないでいた方がいいかなと
黙っていることが多かったりしたけど、
言うことが、人のためになったり
自分を表現することの許可になったことは大きかったですね。



そうなってくると
今まで維持していたもの
慣れ親しんでいた
ものとか、習慣とか、人間関係とか
急激に見直しを迫られることも起こることがあります。
それが、心の痛手のように感じられたりします。



また、これから先の予感はあっても
まだはっきりと道が見えないとき
手探りで道を歩んでいるとき


それは、自分を回復しているプロセスが
進行しているのですが
むしろ逆行しているように感じたりもします。



そういうとき、一時的な喪失感を感じたり
今までの(古い)自分は悲しい気持ちになったり
新しく成長している自分を発見したり
複雑な思いにかられたりします。


だけど、心配しないで、
自分を信頼して、
思った方向へ進み続けていけば大丈夫です。
と、昔の自分に励ましてあげたいです。
今の自分があるから。


こういうことを書きたくなったのは、
今もまた、そういう階段を
一段登っていくときなのかもしれません。


みなさん、未来の自分を信じで
流れを加速して進んでみてくださいね。
きっと大丈夫だから。



ありがとうございました!

先週の土曜日はセレンディップさんでのセッションでした。
毎月開催する予定です。

来月は、8月26日(土)です。
11:00~
13:00~
15:00~

小田急線、千代田線の代々木上原駅から徒歩3分の
アクセスのいい場所なのに、
とても静かで気持ちのいい空間です。

ご予約はこちらから




セレンディップさんの入り口です。
ちょっと奥まっているので、
最初は少し迷ってしまうかもしれませんが、
そういう場合は、私の携帯にご連絡ください。
お迎えに参ります。





真っ白な部屋で、カーテン越しに緑が見えます。



先日はハーブのブーケを飾ってくださっていました。
セッションの合間などに、
そっと触れて香りを楽しみました。
ハーブのいい香りがしました。


ハーブは大好きで自宅でもいろいろ増やしています。
こんな風にアレンジしたら素敵ですね。



当日、みきさんは朝早くからお仕事だったようですが、
お茶の用意なども準備してくださっていて
本当に助かりました!
ありがとうございました!



こちらは、バスルームに飾られていたお花です。
ブルー系の涼しいお花と、
野の花のような組み合わせは
夏の暑さを忘れるようでした。


事前の予約になりますが、
セレンディップさんでセッション受けられる場合、
ブーケもお願いできるそうです。
素敵なお花をぜひ、ご自分に❤️


セッションを受けられるかたは
ご自分でも転機のような気がしていたり、
新しい段階に進んで行くときが多いです。


未来の自分が、今の自分にエールを送っているのかも。
良いことの先取りのような感覚です。


まずは一歩を踏み出さないと
冒険は始まりません。
起こるままに任せる勇気とともに。


自分自身に正直になって
自分の夢を信頼してくださいね。




草間弥生さんの言葉




いつもは励まされます!
草間弥生さんのメッセージ
美術手帖の草間弥生さんの特集から




私は芸術家として70年以上も作品をつくり続けて

毎日生命の尊さを祈り続けて参りました。

私の心が沈んだときや、

希望が薄れたとき、

悲しみのとき、

いつも私を支え救ってくれたのは、

私の芸術家としての強い生命の輝き、

それにより力を持って生き続けてきました。

それらの力こそ私の人間としての信念でありました。

人生の浮き沈みの中に、

いつも志を強く持って生きてきた

今日に至るまでの人生の歩み、

それらの人生路の長かりし日々を私は真剣に、

そして命がけで過ごしてきたことを、

心から誇りを持って今日まで生きてきました。

芸術家としての心構えが私の一生を支えてきました。




”芸術の創造は孤高の営みだ”





それは世界の人たちと感動を共にするために

命を賭して成し遂げるものです。

私のメッセージとしてこの信念を

世界の人々に伝えたい。


死ぬまで闘い続けます。私が死んだあとも皆さん、

どうぞ私の創造への意欲、

芸術への希望と私の情熱を忘れず、

永遠に私の心を受け継いでいただけたら

これに勝る喜びはありません。

多くの若い人やこれからの世界をつくっていく方々が

何か精神的な悩み、

そして人生に対する悩み、

そういったものがあったときに、

私の生きてきた道のりや

私の芸術の素晴らしさによって、

私が唱えてきた世界観と思想を乗り越え、

偉大なる世界をつくられていくことが

絶大なる望みでもあります。

心より願っております。






これとは直接関係ないですが、
もうずいぶん前にオーラリーディングでいらっしゃった
70代くらいの女性の言葉を時々思い出します。


経済的に困窮しているわけではないけど
丈夫な身体なので、家でじっとしているよりは
働いているほうが心身ともにスッキリするので
クリーニング工場で働かれているというお話を伺いました。


その頃は40代初めのころだったので、
70代になってまで働かなくても
もっとゆっくりされてもいいのではと
心の中で思いました。


でも、実際に年を重ねていくにつれて、
健康であれば、少しでも心も頭も身体もつかって
多少でも人々の役に立てることができるということは
すごく幸せなのだと思うようになりました。


芸術などの特別なことでなくても
いくつになっても
その人が持っている持ち味を
活かせる社会になっていってほしいなと心から思います。





自分を育む鍵とは


引っ越ししてからもう直ぐ1年になろうとしています。
こちらは今朝の庭です。


こちらは、引っ越し当時の庭です。
草ぼうぼうで、
大きな木はつる性の植物に覆われていて
虫がいっぱいついていました。

椿の葉っぱも虫食いだらけで
花は数えるほどでしたが、
先ほど見たら、来年の花芽がいっぱいついていました!



草を取って耕して、
堆肥などを入れて土壌を改善していた頃の写真。





菜の花を植えました。


満開で背の高さくらいになって咲いている菜の花です。


ふきのとうが出て
蕗味噌を作ったり、てんぷらにしました。


前のうちから持ってきたすずらんも地植えにしたら
花が咲きました。



ラディッシュを植えてみました。
かわいいですね。






秋に植えた球根や、花の苗が咲いて賑やかだった春


1年の変化ってすごいですね。
見える形はわかりやすいけれど
見えないところでもいろいろ変化はしています。


セッションルームのエネルギーも定着したようです。
いらっしゃる方も増えてきました。


こうやって写真で見ると
すごく変化しているのがわかりますが、
これはやりたくてやっていたら
こういう形になっただけで
努力してとか、庭をデザインして、はないです。


ただ、楽しくて、やっているうちに
庭が彩りの豊かで
野菜も採れるようになってきました。


「楽にやる」
「楽しくやる」
「自分にやさしくする」
「易しいことをする」

というのが、自分を育む鍵だと思います。


私は彫金をやっていますが、
こうやってやろうと思って、
削ったりしていると
必ず肩に力が入って
息を詰めてしまっています。


そして削りすぎたり、
凸凹になってしまったりします。


それよりも、正しい姿勢でリズミカルに
規則正しく腕を動かしているほうが
疲れないでうまくいきます。


うまくいかないときもいっぱいあるし
いっぱい失敗もしているけど
成長というのは、「三歩進んで二歩戻る」ような
リズム運動と捉えればよいかと思います。



うまくいかないときもあるけど
いつも書いていますが、
そういうときでも休まずに
自分のやることを淡々とやっていきましょう。


動きながら自分を調整していたり
休ませていたりすることに気がつきます。
ゆっくり気楽に
楽しくすることで、
心が軽くなってきます。


庭からの恵みは大地からのプレゼント。
毎日、発見があって
収穫も出来たりするなんて
なんてうれしいことなんでしょう。


自分を育んでいけば
宇宙や地球からの贈り物があったり
思いがけない助けの手が伸びてきたりするかもですよ。








豊かさを信頼する


今年から小さな畑を作っています。
こちらは落花生の花です。
初めて見ました。かわいい花です。
この花から蔓が伸びて地下で実をつけるそうです。



こちらは枝豆の花。
小さいけど、やっぱり豆科の花の形をしているんですね。



花から小さなサヤができてきました。
初めてなので、
ネットを見ながらなので、
どうなんだろう?と少し不安に思いつつ。

やってみるしかないですよね。
土を盛ってあげる時期を
早くすればよかったかなとか、
そのうちにわかってくるわけですが。



こちらは、ルッコラの畑の近くに
冬の間ずっと咲いていた
「カレンデュラ冬知らず」という種類の花の
こぼれ種から出てきた花です。

可憐なかわいい花です。
最初は草かと思って抜いていたのですが、
抜き忘れていたのから蕾が開いて
なんてかわいい!と嬉しくなりました。

畑の周りや中に花があると、
なんだか嬉しい気分になります。



ここは宝の山のような庭です。
前に住んでいらっしゃった方が植えられた
青じそと赤紫蘇
たくさんいろんなところから出てきます。

春にはふきのとう。
蕗もたくさんいただきました。
新鮮な旬のものが庭にあるなんて、
豊かで幸せなことですね。



鬼百合が至るいたるところからニョキニョキ出てきました。
最初は、斑点に驚いたけど、
これはこれで、不思議にかわいいです。



玄関のあたり、鬼百合だらけ。
他にもヒメヒオウギズイセンという、
オレンジの花もいっぱい出てきました。
夏らしい色です。



こちらはランタナ。
うちに入る階段の脇に雑草かと思っていたら
今日、花を咲かせていました。

今までは、雑草だと思って
伸びたら刈っていたんだけど
かわいい花を咲かせていて、びっくり。
前のうちでもランタナを植えたことがあったのですが、
日当たりが悪くて枯れました。
太陽の力ってすごいですね。


一週間も放っておくと、
草ぼうぼうになってしまうので、
毎日少しずつ目立つところは抜いています。

裸足にならなくても、素手て土に触れていると
手からいらないものが放電されていき
すっきり、元気になっていきます。

いったい土の中には
どのくらいの種が入っているんだろう…
時期が来たら、
その時期の植物が出てきます。


庭仕事をしているとき、
茶色いトカゲがちょろちょろしていたり
蝶やバッタがいたり、
鳥が来たり、にぎやかです。


この前の満月の時には、
植え込みに2m近いアオダイショウの抜け殻が!
これには驚きました!
都内とは思えない(笑)


田舎育ちなので
もっと緑の多いところに住みたいなと前々から思っていて、
それは田舎に行かないといけないのかなと思っていたけど、
意外にも、願っている通りの場所が見つかるものですね。
願った方がいいです。



さて、自分人と比較して惨めだと思うひと
そこには「不足している」という想いがありませんか?
そうして、限られた資源をやりくりすること
それ自体は悪くはないですが、
その時に気をつけないといけないのは、
自分を出し惜しみすることです。


それは、物事の流れをせき止めることにつながります。
もっともっと大胆に、自由に、
自分を出していくことは、
自分にとっても他の人たちにとっても
恩恵になるのではないでしょうか。


欲しいものが手に入らないって
思ってもいないときのほうが、
かえって、与えられているものに気がついたりします。


自然の中の、鳥も虫も、
自然に生かされているように
私たちも豊かさを信頼していけば、
今豊かに与えられているものに気がつきます。

物事をコントロールしたり
しがみついたりしなくても大丈夫だと気がつくまでには
時間がかかることもありますが、
でも守りの態勢から、
すこしずつでも自分を解放して出していくと
あらゆるところからの豊かさに
出会えるようになると思います。





calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya

recommend

links

profile

書いた記事数:551 最後に更新した日:2017/08/22

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM