朝倉神社の大杉

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

これは京都の朝倉神社の大杉の写真です。年末に行きましたが、お正月の飾りも清々しく、この杉のように、今年もまっすぐに歩んでいきたいと思いました。


幹の上から下に溝のような落雷の痕があります。この日は雪がちらついていてとっても寒かったです。入り口には南天の赤い実が鮮やかに色づいていました。美しかったです。


この木は、3mくらいから上が2本に分かれていますが、根っこの部分が繋がっています。由来を読むと、江戸時代に、千妻町の村人がご神木として大杉を購入し、この地に移したそうです。それ以来ずっとこの地域を守っています。人々がどんなにこの樹を大事にしているか感じられ、それだけでも嬉しくなります。当時は幹の周りが4.6メートルの大きさだったそうですが、その後の160年くらいの間に倍の10mに成長しているようです。大きくなったのは、村の人々の愛情を受けて育ったからでしょうか。

とても高い樹なので落雷もあり、写真にも写っていますが、黒くこげている場所もあるのですが、それでも勢いよく伸びています。このように樹が大切に扱われていて、町の人も大切に受け継いできている様子を知ることが出来てよかったなと思いました。樹齢何百年もの樹を見ていると、この木がどんなものを見てきたのだろうと思います。





掲載誌

12月12日発売の『美人百花』1月号に、'09年の初詣にオススメの神社をご紹介させていただきました。来年の初詣どこに行こうか、考えている人はぜひご覧になってください!

P166~P169
藤井美弥の初詣ナビ
「'09開運パワー最強の神社はココです!」

来年の初詣に、ぜひお薦めしたい神社をご紹介させていただきました。
どの神社も私が行ってみてとてもいい気が充満している場所です。
今回ご紹介させていただいた神社は、
取材班の方々がすべて廻って取材していただきました。
オススメグッズなども、私が実際に「これはいい!」と思ったものです。

美人百花さんの神社取材のお仕事は何回かさせていただいているのですが、
私がご紹介させていただく神社はとても気持ちがよく、
あまりエネルギーに敏感ではないと思っていた取材班の方々も
はっきりとパワーを感じ、とてもよかったとおっしゃっていただいています。
いつも丁寧に取材していただいて、感謝しています。


私が神社に行くのはそこに充満している"いい気”に包まれるのが好きなのです。
いろいろ廻って、それぞれのエネルギーを吸収させていただいていますが、
結果的に考えてみるとそれが開運に繋がっているかもしれないと思います。
開運って、”運が開いていく”と書いているとおり、
行きたい神社には、なにかそのときの自分の内側から求めているものがあって、
それが行くことで開いていくような感じです。
だから、やっぱり行きたくなるのです!


竹富島

11月21日、西表から竹富島に日帰りで行きました。
11月末というのに、お花に溢れていて、それだけでもウキウキします。
この日は、日が差していると28度くらいでした。
曇っていると20度くらいだそうで、島の人は20度以下になると、
こたつか電気ストーブを出すそうです。
ちょっとでも寒いと毛穴が開いているから寒いって…
何人かに聞いたけど、みんなそう言っていました(笑)
私もいつも長袖になるとがっかりするし、11月になって、暖房を入れるか入れないかで悩む時期がいつも寂しい気持ちになります。
自分は南国体質なのかも…
竹富島は最低気温でも13度くらいですって。
そういうところで過ごしたいです。


ブーゲンビリアがいっぱい。赤っぽいのや、ピンクなど、本当にたくさん。


いろんなお花が咲いています。お花が一年中あるっていいですね。どのお家もお花がいっぱいできれいです。


バナナの花。この写真が一番好きかな。赤いベルベットのような色がとてもきれい。本当はもっと赤の色が鮮やか。


ユニークな剪定のしかただなと思い…



面白い顔のシーサー



御嶽


これも御嶽





西桟橋から見た海。おだやかです。

今度は泊まってみたいです。



キャンセル待ちメールマガジンを発行しました

12月8日より受付を開始するキャンセル枠のお知らせをメールマガジンをご登録のお客様宛にお送りしました。

明日になっても届かない場合は、受信拒否や迷惑メールで省かれてしまっていると考えられます。
携帯の方はaria_cancel@mm.aria-miya-amuu.com(配信専用)からのメールを受信できるように設定して下さい。
それでも届いていない場合は、ご登録の際の入力ミスが原因かもしれません。お手数ですが、もう一度ご登録ください。
再送をご希望の方は、ophiel@aria-miya-amuu.comまでご連絡下さい。


西表島

11月下旬に西表島に行ってきました。私は西表島がとても気に入って、ちょっと住んでみたいな〜と思うくらいでした。波動が柔らかくて、優しくて、でも生命力がある島でした。

さすがイリオモテヤマネコが生息しているところだけあって、西表ではたくさんの動物を見かけました。生命が豊かに息づいているところは大好きです。今回は、ガイドさんに案内していただいて、体験することが多くて、手ぶらでないと危険だったり、カヌーを漕いでいたりと、あまり写真が撮れませんでした。

島で唯一の温泉のあるホテルに宿泊しました。夜、露天風呂に入っていると、近くのジャングルからフクロウなのか?よくわからないのですが、鳥の鳴き声がします。こちらで鳴いていたかと思うと、反対側からそれに答えるような鳴き声がしたり、目を閉じていると静かな中で音が自分の周りに広がってきます。虫の声や、動物の鳴き声なども、そんなに大きな音ではないのですが、聞こえてきます。山猫には会えませんでしたが、以外と近いところに生息しているようです。ホテルの人はみんな見たことがあると言っていました。

この写真は小さくてわかりづらいですが、ホテルの中庭を縄張りにしているリュウキュウヨシゴイ。毎朝見かけました。近寄ると一定の距離をとって足早に逃げるので、飛べないかと思ったら、近づきすぎると飛ぶみたいです。割と大きな鳥です。


面白かったのはナイトツアーで、ガイドさんがいなかったら決して行くことが出来ない場所に連れて行ってくれます。夜のマングローブ林に息づいている生物達、川原の岩穴の水たまりにいる手長エビや大うなぎ、昼間はいない側道にたくさんの蟹やエビの幼生がいたり、蛍の幼虫が川ではなく草の中にいて光っていたり、普段見られないものをたくさん見せていただきました。マングローブの林の中には、シレナシジミというこぶし大のシジミがいたり、ノコギリガザミという食べるとおいしい蟹もいるそうです。これらの生態系の頂点にいるのがイリオモテヤマネコで、普通の猫とはまったく違って、水も厭わず、自分の食べたものも、排泄物も隠さずに縄張りの印として、置いておくのだそうです。


ジャングルの中をトレッキングしました。途中で、木の幹に1センチほどの盛り上がったトンネル状の線が走っているのを見つけました。これは、シロアリのトンネルだそうです。シロアリは光に当たると死んでしまうので、樹皮の下にいて移動しているのですが、病気の部分や死んでいる木しか食べないそうです。森の中では、いらないものを分解して土に戻す大事な役目をしています。ゴキブリやシロアリは人間から見れば害虫ですが、自然界の中では分解者としての大事な役割を果たしています。自然には、なにひとつ害になるものはなく、お互いに支えあっているのを見せてもらいました。人間の視点から見たら、害虫になるものも、自然のサイクルの中ではそうではなく、むしろ腐って土に返らないものを作り続ける人間の方が、自然から見たら害虫のようなものかもしれないなぁと思いました。



これはサキシマスオウの木です。根のうねり方がすごく美しかったです。仲間川マングローブクルーズで見ることが出来ます。板根といって、巨大な昆布のような根を張るのですが、地下には30センチくらいしか根が張ってなくて、しかも板根から、剣山の針のような根が出ているそうです。ジャングルの土はあまり栄養がないのかもしれないですね。どの木も深く根を張らず地上に這うようだったり、板のようにして支えてたり、マングローブのように、たくさんの支柱根になっていたりします。光が強いから光合成で栄養を取るのでしょうか、どの木も上へ上へ伸びようとして、巻き付かれて倒れている木も沢山ありました。そうするとそこに空き地ができて、光が射し込んで、新しい植物が生育するサイクルが始まるようです。



竹富島からの帰り、西表島に着いたときに見えた雲です。高速船の中でうとうとしていて、はっと気がついて空を見上げたら、巨大な天使の翼のような雲が…
見ていてとても清々しい気持ちになりました。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間の贅沢
    ミヤ
  • 時間の贅沢
    memi
  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako

recommend

links

profile

書いた記事数:628 最後に更新した日:2018/04/24

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM