お知らせ

ちょっと遅くなりましたが、FRaU 8/20号 p103「あの人がこっそり教えるスピ系サロン15」とBOAO 9月号 p192「カリスマ占い師&セラピストBEST16」にオーラリーディングの取材が載っていますので、興味がある方は見てくださいね。

それに伴って、沢山の方から予約のご連絡がありました。ありがとうございました。私自身は1人でセッションをしているので、1日に4人しかセッションを行えないので、なかにはご迷惑をお掛けしている方もあると思います。

順番にご連絡はしているのですが、メールが送信出来ずに返ってくることも何件かありました。3日くらい経ってもが連絡がない場合、お手数ですが、もう一度送信していただけますか?

それから、12月のスケジュールを近々載せます。現在のセッション時間は、一人当たり2時間の枠を取って、1時間のセッションを行っているのですが、正味1時間ということで、前後に軽いカウンセリング等を入れると、実質は1時間半くらいになっています。定期的に通われている方には、前回からの変化なども伺ったり、多少遅れる方の場合もあったり、場の設定などやカルテの記入もきちんとしたいので、少し余裕を持って2時間取っています。

12月から一人1時間半にしようかなと迷ったのですが、今の自分のこの時間枠の取り方が性に合っているというか好きなので、今まで通りとしました。1日5人にしようかなと思ってみたのですが、自分が楽しく仕事をするスタンスを壊したくないので、今の自分には5人が続くちょっと飽きてしまうのでやめました。

また自分の心境が変わったら変更するかもしれませんが、取り合えず年内まではこれでいってみようと思います。新しいお客様が増えると従来のお客様が予約を取りづらくなったりして、ご迷惑をおかけしていると思います。すみません、もう少し落ち着くまで待ってください。それから、12月の予約がいっぱいになったら、しばらくスケジュールや方針が決まるまで、次のスケジュールを載せないこともあります。そのときは、申し訳ありませんが、待っていただけますか?スケジュールが載っていない時期までご希望のメールが入ると、こちらの方も少し負担になりますので、わがままですが、そのようにお願いいたします。

来年からは自分の仕事のスタンスなども、再構築しよう思います。今考えているのは、セミナーやワークショップの形態をもっと増やして、それを通して変容をしていくコースを作れば、グループワークでより大きなパワーで、皆が変わっていけるのではないかということです。私が興味があるのは、より個人がその持てる可能性を十分に引き出して、現実のなかでその力を発揮していくことです。私自身、今年ワークショップのテーマを「夢の現実化」に決めて、何回か開催しましたが、驚いたのは自分自身の夢がどんどん現実化していったことです。そうなると思っていましたが、想像以上の結果に驚いています。そのようなことに興味があって、個人セッションでなくてもいい方には、定期的にテーマを決めて開催するのもいいかなと思っています。

これらの件に関して何かご意見、ご提案がありましたら、参考にさせていただきたいので、よろしくお願いいたします。

ようやく夏らしいお天気になってきて、気分がウキウキしています。私は夏が大好きで、子供の頃、毎年9月になって学校が始まるといつも「あぁ、夏が終わるんだな…」と思い、がっかりしていました。8年前くらいにゲリー・ボーネルさんにリーディングしてもらったとき、そのことを指摘されビックリしました。過去生での私は、皮膚病のすごい重い症状で、いつも体中痛くてしょうがなかった時があって、夏の時に海に浸かっている時だけ、その痛みから逃れることが出来たそうです。いつもいつも、四六時中痛くて、毎年夏が終わるとがっかりしていたそうです。ある夏、意を決して親しかった人を集めてお別れ会を開き、その後、海に入って死んだそうです。そのときは体の痛みから逃れられて、至福の境地だったそうです。自分では「よくわからないけれど、そんなこともあったのかなぁ」という気持ちですが、この夏が終わる時の何となく落胆する感じは理解出来ました。
今は前ほど夏に執着しなくなって、秋や冬の良さもよくわかるようになりましたが、昔は春から夏の、あの植物がぐんぐん成長するときのような生命力が、秋になって陰りが差していくのを見るのが寂かったです。この花はまさにその生命力を感じさせてくれました。また夫婦木神社に行って撮りました。


この写真は金櫻神社と行って、夫婦木神社の少し上にある神社の境内から撮ったものです。田舎の夏休みを思い出しますね。夏は暑くても、木陰は涼しくて,今の東京のような蒸し暑さはなかったように思います。









これは増富温泉にある川の写真です。水が透明で飲んでもいいかなと思えるほどでした。足を浸けていると,だんだん頭の中がキーンとしてくる冷たさでした。気持ちよかったです。川沿いの遊歩道で蛇を2匹間近に見ました。1キロくらいのところなんだけど,2匹も見るのは不思議な感じでした。





話は変わりますが、今出ているMOREにオーラリーディングが取材された記事が載っていますので見てくださいね。「MORE端会議」の占い行脚というコーナーです。

7/23セミナーレポート

日曜日に「新しく生まれ変わる私」というテーマでセミナーを開きました。
今、自分も含めてですが、タロットの「タワー」的な出来事がどんどん起こっているように最近感じていたので、新しくなるために古いものを壊すことへ意識を向けてみました。

5月ころから自分を縛っているものを、根本から手放したいと思うようになり、縛っているものはどれくらいあるのだろうと見てみると、本当に沢山あって、これを今まで自分が背負ってきたのかと思うと、ずいぶんエネルギーの無駄遣いをしてきたなぁと思いました。背負っているものが多ければ多いほど、プレッシャーを感じたり、重くなったりします。手放していくと、行きつくところは「空」なんだろうなと思います。自分という意識が薄くなっていくと、すべては繋がっている感覚になっていくので、全体に影響を与えられるようになります。

この感覚を感じたのは、先日ガユーナ・セアロの個人セッションを受けたときです。15分ほど禅問答のような話をしましたが、ただただ、セアロの存在感に圧倒されました。その威圧感さえ感じる存在感を、言葉にならないところで受け取りました。ただ、いるだけでこんなに影響を与えられるような、迫力を持った生き方をしたいと思いました。

タワーのエネルギーと繋がると、カードを見ても強烈には感じなくて、清々しさや澄みきった感覚を覚えるようになりました。これは参加された方も同じように感じていたので、自分の中に取り込んでしまうと、違和感のないものになるのでしょうね。このカードを祭壇に飾って、毎日見ています。

セミナーに参加された方がたを見ていると、確実に何かを大きくそぎ落としているのが見え、一緒にこのようなときを過ごせたのを嬉しく感じました。これが実生活にどのように定着させていくかを、自分自身の体験も踏まえて、見ていけたらいいなぁと思いました。参加された方はその後のレポートをお願いしますね。

今日セッションをしているとき、この夏初めての蝉の声を聞きました。
いつもこの夏初めての蝉の声を覚えているのが不思議です。
タワーのエネルギーを感じながら、蝉が殻を破って出てくるのも、同じことだと思いつつ、夏になるんだなぁと思いました。

タワー

日曜日にKC JONESさんでセミナーを開きます。興味のある人はワークショップのところを見てくださいね。
今回のテーマはタロットの「タワー」のカードにしました。いつもテーマは自分が今いちばんやりたいことにしています。セミナーと言うと、何かを得るものと考えがちですが、今までいろいろ学んで来たけど、実際にそんなに役に立ったものは少ないような気がします。今回は何かをプラスするというより、そぎ落としていくことに重点を置こうかなと思っています。「みそぎ」というのもそのようなことかなと思うのですが、新しくなるには、今まで築き上げて来たものを壊す必要があります。壊したらどうなるのか想像もつかないところまでいかないと、新しいものにならないと思うので。壊して前に進むことが、進化することかなと思います。先に概念を作らずにわからないところに進むことは、勇気のいることだし、それが創造ではないかと思います。そのことに挑戦することは、自分の中に流れている普遍の宇宙の生命エネルギーと繋がることだと思います。テーマが大きいのでどこまで深められるかわかりませんが、何かの突破口になるといいなと思います。

昇仙峡 夫婦木神社

昇仙峡に行ってきました。ここは水晶が採れるところだけあって、とても気持ちいい場所でした。お土産物などを売っているお店の近くに山梨で採れた巨大な水晶が置かれていました。お社のように屋根が掛かっていた水晶はとても強いエネルギーを感じました。昇仙峡は巨大な岩が川の中や、遊歩道の周りにいっぱいあって、山自体が岩で出来ていて、その岩の間を川が流れているようでした。水がきれいで、魚が泳いでいるのが見える場所は大好きで、いつまでも眺めていたくなります。今年は水を巡る旅が多いです。

昇仙峡の上流の方に金櫻神社があるのでそこにお参りをしようと思い向かっていると、右手にとても目立つ神社があって寄ってみました。目立つと行っても、建物が派手な訳ではなくて、何だか強い気を放っているので、何だろうと思いました。夫婦木神社(メオトギジンジャ)といって、イザナギ、イザナミの神様を御祭神として、樹齢千年のトチノキが御神木としてお祭りされていました。この御神木をお参りするのに、その神域に入ったら、鳥肌が立って、この樹がすごいパワーを放っていることを感じました。その場所に立つだけで体が熱くなってきます。その樹は生きている樹ではないのにどうしてそんなにパワーがあるのか不思議です。その場所自体もエネルギーの高いところだし、大切にお祭りされている感じがするので、そのようなエネルギーも合わさっているんだろうと思います。その神社のお水がまた美味しかったです。これは、その写真です。苔がきれいでした。水のいい場所はやはりそれだけでも気持ちがいいですね。イザナギ、イザナミの神は創造性の神様だから、クリエイティブな仕事をする人や、現実化をしたい人には是非行くといいと思いました。もちろん、子宝の神様でもあるので、生命力やパッションの必要な人にもいいですね。強いエネルギーなので、強烈すぎると感じる人もいるかもしれないと思いますが、私はこういうエネルギーもおおらかに楽しむといいと思います。

これは神社の近くに咲いていたお花です。この紫色がすごく鮮やかで目を引きました。石ころの多いところに咲いていたのでちょっと不思議な感じがします。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya

recommend

links

profile

書いた記事数:545 最後に更新した日:2017/07/25

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM