対話するジュエリー

「この人のようなものづくりに対する姿勢と感性で、作品を創りたい!」
ルーシー・リーは、私が初めてVINA AMUUを立ち上げるときに、少しでも近づきたい人として、コンセプトの中心に置いた人でした。

VINA AMUUの最初のコレクションのテーマ「凛として美しいもの」は、ルーシー・リーの器のイメージから浮かんだ言葉です。


まっすぐでいて、同時にたおやかなもの。
その奥に生命の持つ力強さを宿しているもの。
相反するものを内に含み、絶妙なバランスを保ったもの。
瑞々しい感性を、精確に表現したい。


これは私のルーシー・リーへのオマージュです。彼女のものづくりのスタンスに憧れ、わずかでも近づけたらいいなと思い、毎回コレクションを開いています。感性だけではなく、霊的な意味でも、とてもインスパイアされていると思います。本当に美しいものは、言葉など必要ないのだと思います。

彼女は、釉薬の配合などを科学実験のように細かく正確にノートに記録しています。この細かい作業の下積みが、一見シンプルな彼女の作品に、生命の息吹と存在感を与えているのだと思います。

先日偶然TVでルーシー・リーの特集をしているのを見ました。その中で、印象に残ったのは、ルーシーは、いつも自分に問い続けていたそうです。「陶芸ってなんだろう?」と。90歳になるまで数十年も陶芸に携わってきた人でも、つねに問い続けていたんだと知り、とても励まされました。

私もデザインしているときは、つねに問いかけながら、試行錯誤しながら、進めています。コンセプトの中にもそれを書いています。


デザインをするときに私は問いかけます。
私は何を表現したいのだろう?
その形の奥に流れているものは何?
それはいったいどのような形?
それによって何が開いていくのだろう?


いつもいつもこの作業を粘り強くやるしかないのです。このような、じっくりそれに向き合っていく地味な作業をずっと続けてきました。形になるまでは、一人孤独に修行をしているようなもので、時々ねをあげたくなることもあります。何となく閃くものに従ってコツコツと遺跡の中から、土器の破片を探し出すような作業のようなものです。

実際に形にするには、核となるものにどんどん肉付け(結晶化)していかなければならず、それが最初のイメージに、一致しているかをつねに確かめる必要があります。

形にしていくプロセスで、さまざまな石達に出会い、インスピレーションを与えられ、メーカーさんに一番ふさわしい製造方法を教わりと、たくさんのコラボレーションの輪が出来てきます。そうなってくると楽しくなってきますが、私はそれまでの一人の作業を、とても大切にしています。

ジュエリーを作ることは、自分と対話することから始まります。次回は5月の21日から6回目のコレクションを開催する予定です。私にとっては毎回が新しい冒険であり、新しいスタートにもなっています。

インフォメーション

U-Tsu-Wa/うつわールーシー・リィー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンペール展
2009年2月13日〜5月10日 21_21 DESIGN SIGHT
ミッドタウンにある美術館です。ルーシー・リーのビデオも上映されています。
エルンスト・ガンペールの作品もとても良かったです。


2010年4月28日〜6月21日(今年ではなく、来年の企画です)
ルーシー・リー展が国立新美術館で開催されます。


運命の輪WSレポート

2月1日に運命の輪の輪をまわすワークショップを開催しました。今回は、1年あまり習っていたアーサー王のタロットカードをベースに組み立てました。アーサー王神話の中に出てくる『聖杯』を探求するというテーマです。少し説明します。

『聖杯』というのは、一般的には、アリマタヤのヨセフがキリストの磔刑のさいのイエスの血を聖杯で受けた杯とされています。また、最後の晩餐に用いられた杯、ケルトの神話に出てくる魔法の大釜などとも言われています。『聖杯』は、物質界にあるものではなく、形になるまえの元型の世界にあり、それは宇宙の創造力または愛の源泉のエネルギーとも言えます。

『聖杯』は、私たちの心の中にあるものですが、私たちはそれを見失っているために、目に映る世界は、殺伐としたむなしい世界になっています。私たちは聖杯の源泉のエネルギーに繋がり一体となり、それをこの地上へ降ろすことで、そのむなしい世界が豊かな世界に変わっていきます。もともとこの世界は(エデンの園を追われた場所)、転落した場所、荒れ地なのだということです。私たちの心の中も荒れているので、外の世界も荒れ地になっています。荒れ地に目を塞ぐか、そこに落ちていくか、肥沃な土地にするために自己探求の旅に出て聖杯を見いだすか、私たちは選択を迫られます。

最近読んだ本で、五木寛之さんの『人間の覚悟』という本の中にも、親鸞が「地獄は一定すみかぞし」と断言しています。これは、自分がいまいるのは、悟りすました解脱の世界ではなく、常に人間としての生きる悩みに取り囲まれた『煩悩の地獄』であるという意味だそうです。だからこそ、念仏を信じ続けるのだと。これも同じことですね。

私はこの考え方を知ってから、逆に自分がとても楽になりました。なんか、覚悟が出来たと言うか、自分がこの世界に対して責任を持っていけばいいのだと思えるようになりました。

今回のビジョンマップは、2時間で表裏両面作成しました。今回はブルーとかグリーンといったアースカラーが多かったように思いました。やはり『聖杯』によって「荒れ地を緑地に変える」というテーマが無意識に反映されているようにも思いました。2時間で表裏両面作ることが出来たのも驚きです。みなさん、淡々と自分の作品を作っていて、その後のシェアリングも、グループで深く行われていたようで、今回は私の言葉を求められなくて、よかったです。個人個人がちゃんと自分で出来るし、グループで助け合っている感じがあり、今回の運命の輪のテーマ通り、仲間と共同創造できている感じがしました。

運命を廻すまえのエネルギーワークで、皆の頭を繋げてエネルギーを繋げましたが、とても不思議な体験でした。脳波が一致する感覚というのか、繋がっている感覚と個人の感覚を両方感じました。

今回は、ともさんの歌とハープの演奏もあり、盛りだくさんのワークになりました。皆で作り上げていくのが自然に出来ていたのが良かったです。これからどんな変化が起こるのか楽しみです♪



さて、これは私のマップです。前回から皆と一緒に作成しています。今回は、雑誌もあまり考えずに選び、もう本当に即興で作ったものです。WS前に作ると、いろいろ雑誌を見たり、綺麗に作ろうと考えてしまったりする癖が出るのですが、今年はそれをやめて、あるのでやろうと思いました。

こっちが表面です。この中に、「ようこそ」という言葉が2つあります。なんで「ようこそ」なのかは、わかりません。招かれているのか、招いているのか…

水の中は暗く、冷たく、
快適とは言えないが、
不思議な生き物で満ちている。
この別世界へようこそ。

切り抜いた言葉です。翌朝見た夢が、水の中の夢でした。
これは昔からよく見る夢です。真水の川底のようなところに、よく見ると大きなヒラメが…
エイやウナギや、よくわからない昔のさかなのようなものとか、
ちょっと気持ち悪いのですが、砂に埋まっていたりして見えなかったのに、
たくさんいるのです。
よく見ると黒い小さな犬もいます。手のひらに載るくらいの。
ヘェ〜こんなところにこんなものが…

そういえば、西表のナイトツアーも似たような感覚でした。
夜のマングローブ林によく見るとさまざまなものが息づいている、
その中にいるだけでワクワクします。



これは、裏面。余った写真を貼ったもの。
なんか頑張ってない感じでいいかなと思っています。
頭をくっつけたカモメは、WSで皆で頭を繋げたワークそのものかな?

使いこなせる
言葉を遺す
あなたにとって大切なことはなんですか

こんな言葉を貼ってみました。

いままでの私はいつも未知のものが好きでした。
いつもいつも、好奇心いっぱいであれもこれもと
口の中に放り込んでは消化不良の状態でした。

この裏面は、まったく逆のパターンだったのです。
これからは、いままでのものを見直す、使いこなす、耕す、遺すといった方向も
広がってきそうです。


去年の秋くらいから、自分が大きなタンカーのように、
ゆっくりゆっくり方向転換しているのを感じていました。
今年のお正月を過ぎてから、
ずいぶん風向きが柔らかくなって、
方向が変わったなと思っていましたが、
このビジョンマップを見て、
本当に自分の向きが変わってきているのを実感しました。
毎回いろんな発見があって、
また一年経ってどのようになっているのか楽しみです♪



運命の輪ワークショップ

2009年2月1日に運命の輪ワークショップ開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。体験談はこちらから。

会場は、代々木八幡区民会館、和室1号2号になります。

ビジョンマップ
ワークショップでは、まず2009年のビジョンマップを作成します。自分がこうなりたいことや好きなもの、心を惹かれるものなどを、雑誌から切り抜いてコラージュしていきます。ビジョンマップを作っていくと、思いもかけないものが浮かび上がってきます。多くの人が表面だけでなく裏面にもビジョンマップを作りましたが、以外に裏の方が心の奥底から望んでいることが出ていることが多いようです。実際に1枚の作品にする過程は、はっきりしていない自分の深層にあるものをひとつずつ拾い上げてくれるようです。私が去年作成したものの中には、ジュエリーの新作で天使のイメージの作品を創ること、瞳のような新しいカットの石をオーダーすること、海外の子供たちの支援の寄付をすることなどが、すでに表れていて、それらが現実となりました。前回から私も一緒に作ることにしましたが、皆で作ることで、皆の深層の意識と繋がっていく感覚がしました。同じモチーフを貼る人も多く、全体のエネルギーがよくわかります。

運命の輪
ビジョンマップで自分の求めるものを明確にしたら、運命の輪を廻します。運命の輪を廻すことは、イメージとしては独楽を廻すことに近いかもしれません。独楽は芯棒が中心にあり、まっすぐでないとうまく廻らないように、自分の望んでいることが、自分の中心に置けるものであるか、ビジョンマップ作成しながらよく考えます。あまり現世的なことに意識を向けすぎても、バランスが悪くなるし、スピリチュアルなことで頭でっかちでも、現実化するのが難しいというように、身体、感情、思考、霊というすべてのレベルでも共通の貫けるものを見いだすのが大切です。

「廻すことは、再構築すること」と考えるとわかりやすいかもしれません。1年に1回とか定期的に自分を見つめ直して、今までを振り返り、これからの方向性をもう一度きちんと確認することが揺らぎのない、安定した独楽のような静かでいて高速で回転している状態を作り出します。

また、運命の輪を廻すことは、自分が廻すことでもあり、内的宇宙が廻すことでもあります。つまり双方からの働きかけによって廻っていくのです。つねに両サイドからの働きを意識することが、全体を理解することになります。

宇宙におまかせで自分が何も働きかけないとやはり現実化は難しいでしょう。個人セッションの場合に、私が廻してエネルギーを操作するのかと思っていらっしゃる方もたまにいるのですが、そのようなことではありません。人生に対して受動的な態度でなく、積極的に自分が選んでいくことをするワークショップです。そのためには燃料となるエネルギーが欠かせないので、エネルギーを高める方法などをわかりやすく体感してもらう予定です。

今回の会場が代々木八幡の和室1号、2号に決まりました。会議室だと音を出せないかもしれなかったのですが、これで音を使えるようになったので、良かったです。もちろん何か新しいことも考えているので、それをプラスするかもしれません。基本的なことは変わりはないのですが、細部は毎回まったく同じということはないので、再受講の方は違いもわかり面白いかと思います。毎回、そのときのエネルギーを読みながら、その場と参加される方々を見ながら、決めていきたいと思います。

定員になりました。キャンセルが出ればまた連絡します。


無理をしない

お正月休みに大山阿夫利神社に参拝しました。
下社から奥の院まで1時間半と書いていたので、登ってみました。
道は整備されているのですが、案外きつい上りが続きます。
半分より少し上のあたりの休憩所で休んでいたら、
日本100名山を登ったという、強者の年配の方々に会い、
「この時間で頂上につけばすぐに暗くなるから、やめた方がいいよ」と。
それであっさりとやめて下山しました。

以前に白山に登ったときも結構きつかったのです。
夜明け前に山頂を目指してご来光を仰ぎ、
汗をかいて風邪を引いたのが、1ヶ月くらい咳となって続いたので、
頂上を目指すほどの気持ちになれませんでした。
その日は鶴巻温泉に入って帰りました。

次の日に、身体のあちこちが不調で、
身体のフシブシだけではなく、いろいろ気の流れが悪くなってしまい
お正月だったので、一日ゴロゴロしていました。

ゴロゴロしながら無意識にエネルギー調整をしている自分に気がついて、
ハッとしました。
なんでこんなことしてるんだろう…
エネルギーが滞ったって、2〜3日もすれば治るのに…
無意識に「不調は悪いもの、直さないといけない」と考えていました。

ちゃんと期が熟せば変化していけるのを、
自分がコントロールして少しでも早く変化したいという思いが、
今この瞬間を味わうことを阻害しています。

無理をやめたら、
自分の中から湧き上がるまで待ったら、
迷いがなくなるのに…

今年はそのようにしようと思います。



もう一つの元伊勢

元伊勢内宮皇大神社

もう一つの元伊勢といわれているところがあります。ここは、天照大神をお祭りしていて、内宮と呼ばれています。もう少し離れたところには、豊受大神をお祭りする外宮もあります。聞いてみたのですが、籠神社とは関係がないようです。ここは、知る人ぞ知るというような、隠れているような感じがします。行ってみると立派な大きな神社なのですが、山の中のこんなところにいったいどうしてこんな神社があるの!?


なんでも、夏至のときに伊勢から昇る太陽がまっすぐにこの元伊勢のご神体と言われる日室ヶ嶽のピラミッドのような山頂へ沈むらしいです。


この山が日室ヶ嶽です。ご神体というのは、どの人も感じると思います。「一願さん」と呼ばれていて、この遥拝所から日室ヶ嶽(天照大神)に一つのことをお祈りすると、成就すると言われています。



日室ヶ嶽遥拝所を過ぎて、宮川(五十鈴川)に沿って歩くと、川底へ下る階段があり、天岩戸神社があります。こんなところに!


お社です。写真でも見えますが、鎖があって、この鎖をつたってお社の近くまで行けるようですが、この日は雪が降っていて、滑りそうで、登る気にはなりませんでした。こんなところにお社を建てるのも、大変だったでしょうね…


お社の下の御座石です。夏だったら、ちょっと入ってみたくなりそうなところです。きっと禊ぎをするところなのではないかなと思います。このあたりは巨岩が多く、「産盥(うぶだらい)」という岩もあります。ここは楽しくなる場所です。岩が湿っていて、雪も積もっていたので、滑りやすかったですが、寒さも忘れてしまいました。ここは大好きなところです。


こんなところも。小さな滝になっているようです。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新しい設定をして
    ミヤ
  • 新しい設定をして
    memi
  • 新しい設定をして
    ミヤ
  • 新しい設定をして
    memi
  • 輝く未来へ
    ミヤ
  • 輝く未来へ
    memi
  • 今年最後の出張セッションです。
    ミヤ
  • 今年最後の出張セッションです。
    Katsuhiko Matsumura
  • 放散虫って知っていますか?
    ミヤ
  • 放散虫って知っていますか?
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:716 最後に更新した日:2019/01/14

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM