身体を使う

たまにだけど、朝起きたときに身体の調子が悪いなぁとか、
憂鬱な気分になっていることがある。
そんなとき、掃除をしているとだんだん気分が良くなってくる。
毎日、朝の1時間から1時間半くらい掃除をしていると、
少しづつ身体も心も調整されてきて、すっきりして爽快になってくる。
調子が悪い時ほど、掃除をしていて救われる気がする。
最近になって、毎日規則正しく同じことをするのが楽しくなってきた。

私はあまり決まった時間に瞑想したりしないけれど、
この朝の掃除が瞑想のかわりになっているのかもしれない。
気分をリセットしてくれるので自分にとって大切な時間だ。

10月くらいから週2回くらい泳ぎに行っている。
泳ぐと言っても、1時間弱くらいだけど。
身体を動かしているときは、自分にとっては考える時間になっている。
じっとしていてもアイデアは浮かばないけれど、
動いていると直感が冴えてくる。

ゆっくり泳いだり、黙々と水の中を歩いたりしていると
身体がほぐれていくのがわかる。
心はそんなに疲れてないと思っていても、
身体がこわばっていたのがわかるのは、身体を動かしているときだ。
後ろを向いて歩いてみると普段つかっていない筋肉をつかうので、
どこが錆び付いているかがよくわかる。

私にとって身体を使うことは、頭で理解したものを全体に行き渡らせることだ。
腑に落ちるという言葉はよくそれを表しているなぁと思う。
生きている感覚、身体を持っていることを大事にすることは、
せっかくこの世界に生まれてきたので大切にしたい。


明日からVINA AMUUの個展、始まります。

23日〜26日までVINA AMUUの個展を開催します。
今回の作品の中の以下の3点に関して、
コラムを書きましたのでご覧になってください。

STAR CROSS

STAR GATE

TENSHI

期間中は会場にいますので、声をかけていただけると幸いです。
もしかしたら、初日は混み合う場合もあるかとは思いますが、
お待ちになっていただく等、ご協力をお願いいたします。
皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。




go through LABYLINTH

VINA AMUUの個展を開催します。
2008年10月23日(木)〜10月26日(日)

23,24,25日 13:00〜19:00
26日 13:00〜17:00

場所:ARIA
DMご希望の方はこちらからお申し込み下さい

go through LABYLINTH
迷宮を抜けて…

人生は迷宮のようなもの
壁にぶつかり、八方ふさがりになる時もある
ただひとり迷路をさまよい悪戦苦闘しながら
その中で何かを発見したとき、変容する
変容するということは壁を超えること
そのときもはや迷宮ではない
俯瞰できているので流れがわかる
どこに向かうのか
目指しているものは何か

新しい自分を再創造したときに、もはや迷宮は後ろにある
迷宮を抜けたところは、もといた場所
帰還したのだった

還ってきたときに人は変容している
新しく生まれ変わり再創造していく
それは本来の自分に還っていく旅だった



今回のテーマは、「迷宮を抜けて…」です。神話には、「分離があって、荒野をさまよい、変容し、再創造して帰還する」という共通のパターンがあります。
たとえば、王子が冒険の旅に出て、ドラゴンと戦うなど、さまざまな苦難を乗り越えながら、最後に勝利し、お姫様を救出して帰還するというようなパターンです。大きく変容するときに、私たちは迷路の中で一人で立ち向かわなければならないような状況に立たされます。そしてそれを克服したときに、より大きな自分に変容します。人生は迷路のようなものに感じますが、その中でうずくまってしまわないで、きちんと対峙して、迷宮を超えて行きましょう。その旅を導く方位磁石のようなものとしてVINA AMUUが助けになればいいなと思います。

アリアは自宅兼のスモールオフィスなので、時間帯によっては混み合う場合がございます。そのときは、少々お待ちになっていただくこともあるかと思いますが、ご協力お願いします。また住宅用のマンションの中にありますので、いらっしゃるときに必ずインターフォンか、管理室に一声掛けたいただけると幸いです。



掲載本のお知らせ

私が初めてエネルギーワークを習った、レバナ先生の新刊本「ヒーリングプラクティス3」が近日発売されます。その中の、クリアサイト卒業生インタビューに、昨年クリアサイトタイムズで取材していただいた、記事を載せていただきました。


レバナ先生は、ヒーリングや、透視リーディングの基礎をとてもわかりやすく教えるクラスを主催しています。私が習ったものは、本当にその後の自分の人生を変えるものでした。そこから、すべてが始まったとも言えると思います。そのような先生の本に載せていただけるのは、とても光栄なことで嬉しく思います。


夏休み5

夏休みのレポート、これで最後です。
龍王の滝

山荘梶が森に泊まりました。この日は、金毘羅宮でゆっくりしていて、山荘に向かうときは午後4時を過ぎていました。ナビでは、6時過ぎに着く予定だったので、宿に連絡を入れましたが、[今からですか…。7時すぎるかもしれませんよ。気をつけてください。」と言われ、そのときはよくわかりませんでした。

その日は雨が降ってきて、大豊町をすぎて少し山にさしかかった頃は、深い霧が出ていました。狭い山道を、ガードレールがなく、おまけに反対側には側溝があり、霧のため5m先くらいしか見えず、その中を10キロあまり、進まなければなりませんでした。山道なので、木は見えますが、同じような景色で、しかも曲がりくねっているので、どこを走っているのかわかりません。といって、引き返すにも道が細いし…。ただひたすら注意しながら進むしかありませんでした。
私は運転はできないですが、一緒に乗っていてもすごく緊張しました。

やることは、ただひたすら目の前を見て、注意深く進むことに集中しました。ナビがあったので、あと何キロかわかったので、それを見ながらひたすら進みました。霧で景色が見えなかったのですが、左手に明かりが見えて、ここかなと思ったのですが、ナビの導くままに進むと、頂上まで来てしまいました。真っ暗な中でUターンし、進んでいる途中、山ウサギが!車のライトでビックリしたのでしょうか?道をいきなり横切るので、ヒヤヒヤしながらも、かわいかったです!グレーっぽい色をしていました。3匹も見たので、そのあたりにいっぱいいるのでしょう。
宿の人に聞くと、ニホンカモシカやシカも時折見るそうです。

その日はあいにくの雨で、星空が見えませんでしたが、ここはいるだけで、クラウンチャクラが開いてきます。頭が開いてなくなる感じがするのは、波動がいい場所に行ったときです。本当にいるだけでとても気持ちのいいところでした。お水もとても良くて、お風呂も温泉のような、入っていて気持ちのいいところでした。変な癖がなく、すっきりと綺麗な場所という感じでした。

次の日は、近くの龍王の滝へ。この先に弘法大師の御影堂があるそうなのですが、霧が濃いので、行くのを断念しました。また、次回の楽しみにします。

杉の大杉


この杉は樹齢3000年あまりだそうで、日本一の杉だそうです。とにかくすごい!大きくて、パワフルです。美空ひばりさんが、日本一の歌手になると願掛けをした場所だそうです。ちょっと観光地っぽい印象ですが、この辺りの人がとても大事にしていて、この杉が守っている感じも伝わります。私はとても好きでした。力強くて、暖かいものを感じました。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新しい設定をして
    ミヤ
  • 新しい設定をして
    memi
  • 新しい設定をして
    ミヤ
  • 新しい設定をして
    memi
  • 輝く未来へ
    ミヤ
  • 輝く未来へ
    memi
  • 今年最後の出張セッションです。
    ミヤ
  • 今年最後の出張セッションです。
    Katsuhiko Matsumura
  • 放散虫って知っていますか?
    ミヤ
  • 放散虫って知っていますか?
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:716 最後に更新した日:2019/01/14

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM