浦島神社

浦島神社

浦島神社はこじんまりしているのですが、細部にまで美意識を感じる神社でした。私にとって、「美しい」というのは、”点が高い”のですが、それは美しいものは、言葉を超えているというか、説明がいらないものだからです。また宇宙的な(宇宙的というのは大きなという意味で)場所でした。

蓬山(とこよ)の庭
私が興味を惹かれたのは、浦島伝説に登場してくる蓬山(とこよ)についてです。この庭は「蓬山(とこよ)の庭」と名づけられています。蓬山(とこよ)は万葉集では常世ですが、異世(ことよ)と言われるこの世界ではないところを表します。浦島子が亀に連れられて行った場所です。この世からしてみれば、不老不死といってもいいくらいの時間の流れる場所です。

興味を持つので行くのですが、そこに行ったから何かを得られるかというとそうでもなく…。聖地というのは、実際にその場にあるというのではなく、見えない世界にあるのだと思います。実際に足を運ぶのは、その地に生身の自分が立つということで何かに触れるものがあるからです。


三日月の意匠。ディテールが可愛いのです。

手を洗う場所もいい感じです。


狛犬

亀を購入しました。かわいいです!

この地には、徐福伝説もあります。徐福は不老不死の妙薬を求めて、総勢3000人で中国から海を越えて日本へ渡ったそうで、結局中国には還らずその子孫が日本にいるそうです。浦島伝説とも似ています。去年からアーサー王のタロットを習っているのですが、プリドウェンの船で異世にアンヌンの大釜という、死者を蘇らせる大釜を奪還してきたアーサー王は、総勢300人で行き、還ってこれたのは、7人でした。大変な冒険で、痛手を受けたところも似ているように思います。共通しているのは、そこにはこの地にない特別な物が存在しているということです。


新井崎神社

近くに徐福をお祭りしている神社があると聞き、行ってみました。野生の猿が3匹いて、ちょっと怖かったです。

冠島
新井崎神社は海に面していて、遠くに見えるのが蓬莱(ほうらい)と言われていた冠島です。夏至の日の出にここから新井崎神社へまっすぐ光が射し込むそうです。別名常世島(とこよじま)ともいうそうです。


伊根の船屋

近くにあります。観光地の写真などで見ていたので、規模が小さいのかと思ったら、以外と広範囲に船屋があります。

天の橋立2


籠神社の奥宮が真名井神社です。籠神社から気持ちのいいのどかな道を10分くらい歩いたところです。途中に天の橋立が見えて、水と緑と山々がとても美しくて、本当にこの場所はいいところだなと思いました。

真名井神社は大地のエネルギーが湧き上がってきている場所であり、とても生命力を感じる場所でした。この中にいると、他とは違う大きな丸いドームのような密度の濃い空間に包まれているような感覚がします。磐座があり、お水が湧いていたり、それぞれのパワーもあるのですが、それらが一体になり、大きな空間を形成していて、その場所は大地と宇宙からの気が直接流れ込んでいます。あまりエネルギーを感じない人もここにくれば何か感じると思います。そこだけ違った、包まれるような感じがすると思います。

このような場所にしばらくいると、生命力が活性化してくるのがわかります。だから真名井の井戸の水を飲むと病気が治ると言われているんだなぁ…。その日は雪がちらついていたので、お水に触れたとき、温泉かしら?と思ったくらいのあたたかさでした。


沖縄にもこのような場所に似た波動の土地が残っていて、プリミティブなパワーや生命力を感じる場所です。大地、磐座、水、樹がすべて生きていて、連携しているような、一体感を味わいます。考えてみると、私がツアーを主催した場所はすべてこのような場所でした。富士山の青木ヶ原も、富士山の自然が唯一残っている場所ですし、すべてが循環していて、生態系が壊れていない場所です。生命が循環していくサイクルというものが、脈々と息づいていて、継承されていく、そのような場所にいると自分のエネルギーも循環し、活性化していくように思います。

天の橋立
実際に3.6キロの道を歩いてみました。写真のイメージから、道の両端が10mくらいかと思っていたら、以外と広くて50mはありそうです。籠神社の参道だそうです。中程で神社があり、その近くでお水が湧いています。名水100選にも選ばれているそうです。左右海水なのに、どうして清水が湧いているのか、不思議なところです。近くの温泉も塩分のあるお湯なのに…。
飲んでみるとミネラル分の多いお水でした。


天の橋立

籠神社(このじんじゃ)

天の橋立に行ってきました。ここは元伊勢と呼ばれていて、伊勢神宮へ移られる前に、倭姫が神の声を聞きながら40数年をかけて各地を転々と巡った場所の一つだそうです。天照大神は当地に4年くらい滞在されたそうです。

とても格式の高い神社で、そのような場所は高い波動を感じますが、それ以上にそのときの自分に響きあうものがあったように思いました。自分と波長が合う神社というのは、エネルギーが頭上から身体の中に回転しながら入ってくる感じがします。回転しながら下降して、足の下までエネルギーが抜けていき、自分の中にエネルギーの柱が出来るような感じでしょうか。そうすると大地からもエネルギーが上がってきて、自分の身体を上に昇って抜けていきます。神道では神様のことを「柱」と呼ぶそうですが、この身体の中のエネルギーの軸が出来る感覚もそれに近いものかなと思うことがあります。人間を通して神のエネルギーというものがもたらされるように感じます。また、人間の内部にも響きあうものがあるときにそのようなことが起こるように思います。

私に共鳴する場所というのがあるように、一緒に行った家族にとってもそれぞれの波長に合う磁場というのがあるように思います。それは、実際に行ってみないとわからないことが多いです。ある人が、ある場所に行って、そこでエネルギーが共鳴することは、言い方を変えれば、その地にいらっしゃるまだ見ぬ神様をこの地上に降ろすということかと思います。それは、両方にとってすばらしいことになります。

お参りをしているときに、ふと自分のまわりの人々の幸いを祈ろうという気持ちが湧き上がってきました。以前のブログにも書いていましたが、このところ私はあまり特定のことを願うことをしなかったのですが、「願うこと、望むこと」が少しわかりかけてきたように思いました。自分のことを願うことと、周りのことを願うことは、結局「すべては繋がっているので同じこと」なのだということがわかりました。それならば、周りがいい状態になった方が、自分も楽だから…と思いました。この考え方は、自分にとっては画期的なことです。

人は分離していると思っているときに、頑張りすぎたり、無理をしたり、競争したりするように思います。ずっと昔、自分の家族が病気だったころは、自分が家計を支えていたこともあり、いつも「自分が稼がないと…」と考えていました。その頃は、「今月も家賃の分しか稼げなかった…」とか自分を責めることが多くて、自分の能力の向上を願うことが多かったです。周りのニーズに自分が答えなければいけないという思いが強く、自分の望みよりもそれを重視しすぎていたために、望むこと自体がよくわからず、自分の中が空洞化していたように思います。

そのうちにその状態もも終わりました。だんだん神社巡りが楽しくなってきて、ただその場のエネルギーを感じ、敬虔な気持ちになることが多かったです。そのときに自分の望むことなど頭に浮かばなく、ただそこに立っているということが多かったように思います。私は「場」というものに、とても興味を惹かれるのです。

今回変化を感じたのは、周りの幸せを望むことは、それはニーズからではなく「自分の心からの望み」だということがはっきりわかったことでしょうか。自分の中に「恵み」がもたらされたように感じたのです。私に与えられたものを味わってもいい、受け取ってもいいということがわかるまでにずいぶん時間がかかったなぁと思いますが…。味わう余裕が出てきたのが嬉しかったです。








朝倉神社の大杉

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

これは京都の朝倉神社の大杉の写真です。年末に行きましたが、お正月の飾りも清々しく、この杉のように、今年もまっすぐに歩んでいきたいと思いました。


幹の上から下に溝のような落雷の痕があります。この日は雪がちらついていてとっても寒かったです。入り口には南天の赤い実が鮮やかに色づいていました。美しかったです。


この木は、3mくらいから上が2本に分かれていますが、根っこの部分が繋がっています。由来を読むと、江戸時代に、千妻町の村人がご神木として大杉を購入し、この地に移したそうです。それ以来ずっとこの地域を守っています。人々がどんなにこの樹を大事にしているか感じられ、それだけでも嬉しくなります。当時は幹の周りが4.6メートルの大きさだったそうですが、その後の160年くらいの間に倍の10mに成長しているようです。大きくなったのは、村の人々の愛情を受けて育ったからでしょうか。

とても高い樹なので落雷もあり、写真にも写っていますが、黒くこげている場所もあるのですが、それでも勢いよく伸びています。このように樹が大切に扱われていて、町の人も大切に受け継いできている様子を知ることが出来てよかったなと思いました。樹齢何百年もの樹を見ていると、この木がどんなものを見てきたのだろうと思います。





掲載誌

12月12日発売の『美人百花』1月号に、'09年の初詣にオススメの神社をご紹介させていただきました。来年の初詣どこに行こうか、考えている人はぜひご覧になってください!

P166~P169
藤井美弥の初詣ナビ
「'09開運パワー最強の神社はココです!」

来年の初詣に、ぜひお薦めしたい神社をご紹介させていただきました。
どの神社も私が行ってみてとてもいい気が充満している場所です。
今回ご紹介させていただいた神社は、
取材班の方々がすべて廻って取材していただきました。
オススメグッズなども、私が実際に「これはいい!」と思ったものです。

美人百花さんの神社取材のお仕事は何回かさせていただいているのですが、
私がご紹介させていただく神社はとても気持ちがよく、
あまりエネルギーに敏感ではないと思っていた取材班の方々も
はっきりとパワーを感じ、とてもよかったとおっしゃっていただいています。
いつも丁寧に取材していただいて、感謝しています。


私が神社に行くのはそこに充満している"いい気”に包まれるのが好きなのです。
いろいろ廻って、それぞれのエネルギーを吸収させていただいていますが、
結果的に考えてみるとそれが開運に繋がっているかもしれないと思います。
開運って、”運が開いていく”と書いているとおり、
行きたい神社には、なにかそのときの自分の内側から求めているものがあって、
それが行くことで開いていくような感じです。
だから、やっぱり行きたくなるのです!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:761 最後に更新した日:2019/05/23

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM