治具 jig


いつもブログにも書いていますが、
私は、彫金もしていて
昨日はwaxでリングの原型を作っていました。

ごく、プレーンなリングの形でも
やはり自分が好きなカーブとか太さなどあります。

そういう基本となる自分の好きな原型を
たまに時間があるときに作っています。

昨日はプレーンなリングをwax(ロウ)で削っていて
どうしてもいびつな形になるので
息子に相談してみました。
息子もものづくりの学校に行っていたので。


そうしたら、「ジグをつくればいいじゃん」というので、
「ジグって何?」と聞いたら
ガイドとなる道具で
それがあれば、自分が作りたいカーブなども
それに沿って削っていけば、
その形になるということでした。


なるほど!
ちょうど真鍮の板があったので、
作ってみました。


それで削っていくと確かに
いびつな形にならないのです。
これはいいなあ!と思い
またいろんな形をつくるときに
作ってみようと思います。


ちなみに、ジグとは治具と書くそうです。
なるほど。
以下は説明です。


治具(じぐ)は、
加工や組立ての際、
部品や工具の作業位置を
指示・誘導するために用いる器具の総称。
「 治具」という日本語は
同義の英単語 "jig" に漢字を当てたものである。
日刊工業新聞社刊「機械用語辞典」による



治具を作るのは、
ちょっと手間も時間もかかるけど
作ってしまえば、何も考えないで
ただただ削っていけばいいだけです。



今までは、ちょっと削っては
ノギスで測ってみたりしていたけど
そういう時間が短縮されますね。



これは、仕組みとも近い感じですね。
最初作るのは時間がかかるけど
一度作ったら、その通りにやっていけばいいだけ。
いろいろ工夫できそうです。


自分の中にドラえもんのポケットのように
たくさんの治具が収まっていて
必要に応じて使えるような
モノでもシステムでも、仕組みでもいいのですが
今年は工夫して備えたいです。


インナーガイダンスなども
変なたとえですが、治具のようなものでしょうか(笑)
ぶれないように導いてくれるという点では
同じような気もします。
もともとの装備のようなものかもしれないけど
ちゃんと気づいているかどうか。
意識が広がった日でした。








イスラムのパターン


昨日はイスラムの幾何学模様の展示を見に行きました。
こちらはその写真です。
美しいですね。


昔からこのような幾何学的なものに惹かれます。
よく見ると星のパターンが所々に入っていて
私も星が大好きなので、
自分のルーツにつながっているのかなと思いました。




こちらも同じ展示のパターンです。
こういう連続したパターンが好きです。
気持ちが良くなります。



意識して作ったわけではないけれど、
私が作っているジュエリーのネックレスの
エンドにつけているパーツも似ています。



昔から6よりは8とか4とかが好きで
一緒に行った友達が
4は立体、6は平面という話をしていて
なるほど、なんとなく納得がいきました。
イスラムのパターンは立体っぽい感じや
動きを感じました。



ひとそれぞれですが、
私にとっては、平面よりは立体
具象よりは抽象のほうがわかりやすかったです。


子供の頃、夢の中でよく数式を解いていて
昔、映画の『コンタクト』という映画で
その数式が立体になったときに解けるというシーンがありました。


私も同じ体験を夢の中でしていて、
私の場合は、半球型の凹面の部分に数式が書かれていて
立体になるとわかるんだと思った記憶があって、
同じような人がいるんだと感動したことがありました。
なんだかそんなことを思い出した日でした。








七芒星の星のパーツ
小さなものを磨くのがおっくうで、
ほったらかしにしていましたが、
そろそろかかりましょうか。


天井に星が沢山あるドーム、
キリスト教の寺院にもありますが、
昔から惹かれます。





本年もよろしくお願いいたします。


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
富士山もくっきり!
清々しいお正月です。




久しぶりに公園を散策しました。



今日はヤドリギをたくさん発見しました。
10個以上。
今までは桜の木に宿っているのしか見つけらなかったけれど、
今日は、ケヤキの木や、他の名前を知らない木にも
枯れ葉が落ちたら目立ってきました。
ヤドリギ大好きなので、嬉しいです。




キジバトが!
見られて少し緊張しているかな。


バードサンクチュアリの池が半分シャーベット状に。
溶けている水の部分は、水には見えないかもしれないけど
水面に木々が映っています。

やっぱり朝晩は冷え込んでいるんでしょうね。



もう蝋梅の花が少しですが
ほころんでいました。

今年は、まだ葉っぱも残しつつ
花が咲きかけていました。
いい香り
新春ですね。





こちらも。
1本だけ他のより早く咲く白梅があります。
ここでもキジバトが羽根を広げて
気持ちよさそうに日光浴していました。



凧揚げをしている子供達
のどかなお正月の光景。



今年のお正月はどういう風に過ごしていますか?


私は、制作することを第一優先で過ごしています。
いろんなこともやりたいけれど
あれもこれもやろうとすると
毎年、中途半場に終わってしまいがちでした。


そこで、ゆっくり時間が取れるこの時期は
やりたいなと思っていたことを絞って
やることにしました。



やることの断捨離(笑)
どうしても家庭があるから
なかなか難しいと思い込んでいましたが、
やりだすとテレビを見ていた時間など
意外と多かったので、音だけ聞きながら、
私は自分の作業に専念しています。



普段と同じといえば同じだけど
何を優先するかを明確に問いかけていき
それを実行していくことを
今年も続けていこうと思います。














今年もありがとうございました!


今年も残すところ、数時間ですね。
皆さま、これから紅白とか見ながらお蕎麦を食べているのでしょうか?
うちもそうです(笑)

今年も冬の庭が寂しくないように
アネモネやビオラや、たくさんの球根を植えました。
小さな畑には、ハーブ類やルッコラやセロリなどの葉もの
去年数個しか咲かなかった椿には蕾がいっぱい。
少しずつ庭も豊かになってきつつあります。
来年の春が楽しみです。




こちらは、玄関に飾ったお正月飾りです。
なんとなく今のうちにはこんな感じのお飾りが似合います。
伊勢地方のだそうです。
このお飾りは一年中飾っていてもいいそうなので、
そうしてみようかなと思っています。

笑う門には福来る

来年もどんなことがあっても
最後には楽しく笑える年にしたいなと思います。


生きているといろいろ降りかかってくるものもありますが、
それをどう乗り越えて、
自分らしい人生に近づけていくか
そこが醍醐味ですね。



今年のお正月休みは時間が許す限り
制作に励みます。
作る楽しみを満喫します。


作ることは私にとって
自分の中にある何かを引き出すこと。
光を当てることで
それまで見えてなかったものが見えてきます。
言葉を超えて
伝えたり共鳴し合う方法のひとつです。




セッションに於いても
その人の内側にもともともっているもの
それを引き出すお手伝いをしています。



言葉にしたりすることで
方向性が明確になったり
思わぬ発見に顔が輝くのを
何度も見せていただきました。
私にとってもとても嬉しい経験でした。



来年はどんな年になるでしょう?
それぞれの至福の思いにしたがって
進んでいってください。
少しずつ美しい結晶が形成されるように。

来年もよろしくお願いいたします。



本気で関わること


スマホ用のマクロレンズをつけて
試しに庭の小さな花を撮ってみました。
まだよくわからないけど、楽しいです。



こちらは、クオーツインクォーツ
大きな結晶の中に小さな結晶が見えます。
本来は反対なのかもしれません。
小さな結晶を覆って大きな結晶ができたのでしたっけ。



今制作しているものです。
石の形に合わせてシルバーで枠を作っているのですが、
出っ張りがあって、なかなか石がピタッと
中に収まるまでが難しかったです。



いつもやりながら、こうかな、こうすればどうかなと
試行錯誤しながら、やっていくのですが、
その期間が、けっこうかかるときもあるし
奇跡的にすんなりと進むときもあります。



これは本当にわからなくて
うまくいったと思ったら
すごく難儀なときもあり
その繰り返しのなかで
うまくいかないのにもだんだん慣れて
そういう時は、休憩したりしながら
気分を新たにやってみます。



かつてはとても大変だと思っていたことは
今はそんなに困難に思わなくなって
なんだか感慨深いです。



なにごともやらないと始まらないし
やっていくうちに、なんとなくわかるから
いろいろ遊んでみれるようになりました。


失敗に対する恐怖よ、さようなら(笑)
ずいぶんこれに悩まされていたけど
どんどん前に進んで行く方に舵を切りました。



やると決めるまでの時間が早くなり
ためらいも減ってきました。


失敗しても、下手でも、
どんどんやっていけるようになるまで
ずいぶん時間がかかりましたけどね。



2年前まではそのことで悩んでいたけど
気がついたら、変わっていました。
人って変われるものですね。
何歳になっても。



今年1年を振り返って
大変だったけど、それなりに充実した1年でした。
いろいろチャレンジしてみたので、
来年が楽しみになってきました。




宇宙は、そのひと、個人だけにとどまらない
宇宙にとっても価値のあるプランに応えてくれます。
より広がりのある楽しいプランに。



本気で関わったときに
宇宙も働いてくれます。
信じられないような加速感や
出会いや出来事など
次々と起こってきます。


本気で関わっていくとき
その中に宇宙からの恩寵や魔法が含まれています。


自分が思ったことをやっていくことは
ある意味では「自分をさらけ出す」ことでもありますが、
「光が当たる」という見かたもできますよね。


光が当たった人は
つぎつぎに、周りの人にも光を当てて
その光を浴びた人は
インスピレーションが湧いてきて
光を発して返してくれます。
光のドッチボールのように
楽しく投げたり受け取ったりして
ゲームに参加する人数も増えていくのでしょうか。







calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 大雪
    ミヤ
  • 大雪
    memi
  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya

recommend

links

profile

書いた記事数:600 最後に更新した日:2018/02/15

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM