ゆっくり


急に暖かくなってきましたね。
うちの庭の木蓮も開いてきました。
春は目まぐるしい変化で、
それに身体も心もついていけない
と感じるかたも多いです。


今週はお彼岸で、春分でもあり、
それに加えて、年度の切り替えの時期もあり
職場や住居の移転、進学、卒業など、
物理的にもかなり動きますね。
みなさま、セルフケアを怠らないようにしてくださいね。




庭に植えた菜の花です。
本当は食用なのですが、
まだちいさいのに懸命に咲こうとしているので
収穫できません。

もう少しして、大きくなって
たくさん花芽がでてきたら、食べられるかな
それとも、これで終わってしまうかな…
わかりません。



去年苗を植えたイチジクの芽が出てきました。
まだ鉢植えですが、地植えにすれば、
今年実が成るのでしょうか…
初めてのものは、いろいろわからなくて
ネットなどで調べながら、育てています。



梅の花も終わって、ちっちゃな梅の実が!
3年目にして今年は満開で、
たくさん成りそうです。
うれしいな!


植物を世話していると
1年目、2年目、3年目と
時間が経っていくうちに
だんだん応えてくれるようになります。


それは私が純粋に植物が好きだから、
庭仕事が楽しいから
続けていけるんだなと思います。


なにごとも同じで、
ゆっくりでもやめないで
続けてやれるものは、
次第に花が咲いて実が成ってくるものです。


*****

ここからは、12チャクラコンプリーションの
ご感想です。

先日から受けてくださっているMさんより。


セッションも、一回目はまともにグラウンディングしていないし、
落ち込みや絶望感をどうしてよいかわからない状態でしたが、
回を重ねるごとに、
自分が本当はどうしたいのか…
何かを紐解くように出てきている感じがします。


今までグラウンディングしているという感覚を
実感として持てなくて…
自分はちゃんと立ちたがっていないのではないかと思っていました。


でもセッションの2回目以降、
意識するとちゃんと繋がっている感覚を持てるようになりました。
実感として感じられるのはとても嬉しいことです。


クリスタルボールが奏でる宇宙のオーケストラは
毎回違う響きで、いつも本当にわくわくします。


世界は時間や空間や見えている部分だけではなくて、
もっと広いんだと体に響かせてくれている感じがして…。
この音を寝る前に聞くと、
あっという間に眠りに落ちるので、
最近私のお気に入りの子守唄になっています。



Mさんは、セッション中に
私が鳴らしているクリスタルボウルの音を録音されています。

ARIAのセッションは、どのセッションも録音可能なので、
ご希望があればどうぞ。


しっかりと立つ、
身体の中にちゃんと入っている
これができている人は意外と少ないです。


不安になると、緊張するとすぐに
ふわ〜っとエネルギーが上がってしまうかたが多いのですが、
グラウンディングは基礎の基礎というくらい大事です。


体感として、感じられたり、
習慣としていつも地に足がついていると、
不安になってもすぐに
沈着冷静な状態に切り替えができるようになります。


エネルギーワークの本当に基本的なことが、
人生でとても役に立っていること
私も10年経って、
20年経って、
理解の深さが違ってきました。


目新しいことも興味が湧きますが、
やっぱり基本が大事だなと思うこの頃です。





信頼する


今朝もまた、公園のお花を探してあっちこっち
歩いたり走ったりしました。
土がふかふかしていました。


藪の中に咲いていた白い椿
美しかったです。


ところどころ、
土が盛り上がっているところもあって、
モグラがいるのね…


盛り上がっている土は、
地下にトンネルを作ったときに
余った土を外に出しているようです。


盛り土の上に石ころがあったので、
石にぶつかって出しているのかと思っていました。


モグラは、体重の半分くらいの量のミミズなどを
1日で食べるそうです。
庭に出てきたら、大変ですねえ…


桜の蕾も順調に膨らんできました。
コブシも咲いてきました。
この時期の植物の勢いが好きです。


*****
セッションを通して見ていると
みなさん素晴らしいポテンシャルをお持ちです。


なのに、ご本人はそれを自覚していないことが多いです。
どちらかというと、
ダメなところの方だけ
クローズアップしている人が多いです。


でも、どんなに優秀に見える人だって
全部が優秀なわけでもないのです。


ひとは良いところも悪いところもあって当然なのです。
バランスが取れている人は、
そこがあまり気になっていないし
まわりに振り回されることが少ないような気がします。


どの人もたいして違わないし
どの人もすごい可能性を秘めています。
そのことが信頼できるようになったら、
まわりのことが気にならないようになります。


心配から、「なんとかしてあげないと」は要りません。
頼まれたらしてあげればいいし、
できなくてもきっと他の人や他の方法が見つかるでしょう。


私の場合、息子が正社員になったときから、
朝寝坊して遅刻が続くと、不安になって、
つい声をかけて起こすようになってしまいました。
派遣社員のときは、全然気にならなかったのにです(笑)


でも、もう大人になった息子に
そういうことをするのは、いらないことだなと思って、
話してみたら、「いらない」とはっきり応えたので
話してみてよかったなと思いました。


起こされると余計に眠くなって二度寝して
遅刻してしまうそうです。


信頼して任せてから
自分もそのことで気が揉めないようになりました。


信頼する、これ大事ですね。
自分に対しても、
まわりに対しても。









朝のルーティーン


先日の雨でまた、庭が春めいてきました。
花が咲くのに水の力は必要なのですね。

庭に何種類かの椿があります。
この椿はいちばん大きな木。

あと一本、当初は虫に葉っぱを食べられて
茎と枝しかなかった椿も3度目の春にして
一つだけ蕾がつきました。
どんな花かしら?
咲くのが待ち遠しいです。




ヒヤシンス。
これからもっと長く伸びてきます。
あっちこっちにヒヤシンス。
雑草もたくさんあるので、気をつけないと…




いきなり咲いていたミニアイリス。
10僂△泙蠅両さな花です。

原種のチューリップかと思っていたら、
アイリスでした。
ミニチュアサイズでびっくり。

いろいろ植えたので、忘れていたものも多く、
今年は、木のネームタグをつけようと思います。


枯れているかのようだったクレマチスも
春になって新芽が出てきました。
すごいですね。

ちゃんと時期が来れば、出てくるって、
当たり前のことかもしれないけど、
私たちもきっとそういう力を
内側に孕んでいることを知らせてくれました。


こちらは、れんげ草です。
子供の頃、一面のれんげ畑で遊んだのが懐かしくて、
種を蒔いてみました。

花はいつ咲くのかな?
楽しみです!


アップルミントもあっちこっちから。
あまりにも元気すぎるので、
今年はミントティーを
たくさん飲むことにします。


こちらは、アサツキと、ベビーリーフです。
その先は、野良映えのノースポールの花とフェンネル。

他にも、玉ねぎ、スナップエンドウ、
ジャガイモを植えてみました。

あとは、ルッコラやラディッシュ、
毎年植える春菊はサラダでも食べられるし、
花もかわいいのです。


チコリはうちの庭にとても合うようで、
毎年出てきます。
今年は冬が暖かかったので、
もう蕾がついています。

チコリは苦いので、あまり食べないのですが、
朝咲く、青い花がそれは美しくて、大好きです。


*****

私の朝の始まりは、
起きて、まずびわ茶を飲みます。
庭で採れた枇杷の葉っぱで作りました。
焙じたものですが、これが甘みがあって美味しいのです。

そして、庭に出ます。
庭の氣が体に入ってくるのか、
冬でも庭に出ると寒さを感じません。
スキッとした気分になります。

くまなく庭を見て、
乾燥していたら水をやったり、
花が咲いていたら写真を撮ったりします。


それから、大きな庭(公園)まで行って、
2キロちょっとスロージョギング。
どこにどの木があるのか知っているので、
季節によって、覗いてみます。
今日はコブシの花が咲き始めていました。
柳の新芽も明るい黄緑で光っていました。


外にいると、自然のエネルギーが入ってくるから
活力が出てきます。


それでも
そんなに時間もかからないのに、
走るのは、ときどき億劫になったこともあって
やめては、また始めてを繰り返してから、
やっと大切なことだとわかりました。



朝のルーティーンで大事にしていること
ありますか?



長期的に見て大事なこと
好きなことをまず朝一番にやってみましょう!


そうすることで、
とてもポジティブな気持ちで
これからやることに集中できるようになります。


自分をどういう状態にしていくのかも
朝のルーティーンでシフトチェンジできますので、
ぜひ、自分にあったやり方を見つけてください。

気持ちの良い季節になってきたので、
外に出て朝陽を浴びましょう。









体液が動く感覚


今日は久しぶりに晴れました。
玄関周りの雑草が急に元気になってきました。
週末には少し整理しなくては。

こちらは、「ほとけのざ」です。
調べてみたら、
いわゆる春の七草の「ほとけのざ」とは違って、
食用にはならないそうです。
一緒かと思っていました。

「カラスノエンドウ」も今ぐんぐんのびてきて
ピンクの花をつけているのですが、
こちらは、てんぷらにしたりして食べられます。


もうすぐしたら、近くの原っぱに
よもぎ、つくしが出てきます。
摘みに行かなきゃ。
野草を食べると、なぜか元気になるような気がします。




今年初めてハナニラが咲きました。
他にもブルーのや、これに似たスターオブベツレヘムとか
たくさん出てくるので、
これから楽しみな庭です。

*****
さて、先日のMさんの12チャクラコンプリーションのご感想。
第2回目です。
Mさんの文章があまりにも素敵なので、
ほとんどそのまま載せさせていただいています。

<12チャクラ2回目:ご感想>
藤井さんが横に立って下さっている時、
目を開けていないので何をなさってるのかはわかりませんが、
光のドーム中にいるような感じがして安心できたのと、
明らかに体の中で、何かが動いたり抜けたりする感触があり、
段々体が軽くなってゆくのがわかりました。



終わる頃、歌が流れて…フィリピン語の聖歌でした。
それと一緒に懐かしい人…
向こうで一緒に暮らしていたアグネスとアリスという親子が現れ…
アグネスは旦那さんに裏切られてアルコール依存性になってしまい、
気性が荒く村の人からは嫌われていましたが、私には優しかった…

6歳の息子のアリスは本当に子どもらしくて、
アグネスと3人の暮らしは貧しくても楽しいものでした。

彼女は無理をしすぎて疲弊している私を気遣い、
村人たちの昼夜を問わない無理な相談があると、
自分が悪者になっても私を守ろうと何度も盾になってくれました。


なんでアグネスとアリスだったのか…
でも大切にされ、心が通い合った記憶が上がってきて、
ありがとうの涙がこぼれました。


クリスタルボールの音色は、1回目とトーンが違うのが面白く、
やはりずっと聴いていたい気持ちになりました。


またその響きは体のあちこちで、ブルンブルンと反応します。
皮膚とか骨というより、体液ごと動く感じです。
あの音色は神秘的と言うしかありません。
とても心惹かれます。
帰り道、昔亜脱臼した左肩が少し痛みましたが、
今はそれ程でもないです。



↑12チャクラコンプリーションでは、
最初に立った状態で、エネルギーが通るように
調整をしています。
身体には触れません。
そのことについて書いてくださいました。


また、体液という表現も興味深く
クリスタルボウルの中に水を入れて鳴らすと
水がとっても柔らかく美味しくなります。
振動でクラスターが細かくなるのと
倍音が幾重にも重なっていくので、
その音の影響もあるのでしょう。


人間の身体は70%が水で出来ていると言われますから、
やはり体液が振動で動いているような感覚というのが、
とても生な感覚だなと思いました。


Mさんのフィリピンでのお話は
思わず身を乗り出して聞いてしまうほど、
心を揺さぶられるようなお話でした。


以下、引用ですが、こちらはメールで書いていただきました。


風を呼ぶおばあさん、の話
(稲のもみ殻を飛ばす時、
ルルルと風を呼ぶと本当に吹いてくるんです。)、

土の声が聞こえるおじいさんの話
(土が今だと言うのが聞こえるそうです。
他が不作でも彼のところは毎年豊作でした。)、

アルブラリオという地元のまじない師の話
(コップ一杯のお湯でお産の後産までやったり、
犬やヘビに噛まれた時の毒抜きや骨接ぎもやってました。)

カトリックでしたが、
それは植民地時代のスペインにあてがわれたもので、
田舎に行くほど土着のアミニズムが強かった気がします。



日本兵の虐殺の場所や、肉親を殺された人の痛みに慟哭し
罵倒を受けたこと
一緒に泣き、関わりを続け…

でも4年間の間に、罵倒していた人が、
うちの息子の嫁になってもいいぞ…と
義理の娘と言って抱きしめてくれたり…
ふとした瞬間に何かがほどけることもありました。

壮絶だけど、時々キラッとミラクルにも感じられるようなこともあって、
とても濃い日々だったのできっと色々強烈に残っているんですね。
絶望と救われたことが混在しています。


その他にもお名前の由来や
偶然にうちの2匹の猫の名前と
意味が同じ名前を与えらえたお話など
とてもとても興味深かったです。
Mさん、ありがとうございました。



雨の日もまた


今日も一日雨が降りました。
今年の冬は、雨が少なくて
公園の池も半分干上がっていたし、
庭の土もカラカラなので、
植物にも毎日水をあげていました。


雨が降ると、土に水分が増えると
花を咲かせる力が増してくるように思います。

あちらこちらから出てきたヒヤシンス
ようやく花びらが開いてきました。



こちらは去年植えたヒアシンスです。
植えっぱなしだったけど、出てきました。


新しい球根に比べると
少し小さめだけど、
それも自然な感じがして好きです。


季節外れですが、フェンネルの花。
フェンネルは、うちに庭の土に合うようで、
あちこちから出てきます。


雨の日は雨の日の良さがありますね。
雫がついた木々や花を見るのが好きです。
傘も差さないで、庭を歩き回っています。


晴れた日だけでなく、
雨の日も、曇りの日も、それぞれの良さを楽しんでします。

*****
そういえば、もう10年以上前のこと
沖縄の久高島で、野宿をしたことがあります。



そのときに、浜辺のアダンの林が
満月の光で木漏れ日のように美しかったのが
今でも鮮明に覚えています。



影法師も、くっきり。
白い砂浜で子供のときのように
いろんなポーズをとったりして遊びました。



島の中を歩いていると、
電灯がないので、携帯を明かり代わりにつけて
真っ暗な道を歩くのも楽しかったです。



明かりに慣れすぎた暮らしから離れて
闇の美しさや、月や星の神秘的な明るさ
そういった感覚を忘れないようにしたいものです。


むしろ、ちょっと不便なくらいの方が
感覚が冴え渡ります。
本来持っている本能的なものが目覚めるような
細胞のひとつひとつが目覚めるような気がします。





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 組み替え
    ミヤ
  • 組み替え
    ゼロ子
  • 手放しとリセット
    ミヤ
  • 手放しとリセット
    memi
  • セパレーション
    ミヤ
  • セパレーション
    ゼロ子
  • 花冷えのする日に
    ミヤ
  • 花冷えのする日に
    memi
  • 花冷えのする日に
    ミヤ
  • 花冷えのする日に
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:753 最後に更新した日:2019/04/17

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM