雪の結晶


私は本を読むほうが多かったのですが
コラージュをするようになってから
雑誌を見る機会が増えました。
雑誌からは具体的に役立つヒントや情報を得ることが多いですね。


こちらは先日のWSで作った私のコラージュです。
雪の結晶の刺繍の着物がすごく美しくてかっこいいな!と思いました。
私には、雪というよりは星のように見えました。
黒地の着物だからというのもあるけど、
星の輝きにも見えました。
色も白だけではなくて、淡いピンクとかブルーとか、
星の光のようにも見えるんですよね。

この着物、実際に見てみたいな。
きっと見れるんだろうな、いつか。


結晶の形って紋章みたいですね。
自分の星の紋章というか、ルーツというか、
自分のエッセンスを形として認識したいという思いは
ずっと昔から持っていたような気がします。


惹かれるものやモチーフは
それの手がかりなのかもしれないですし、
それを形にした人がどのような人物だったのかにも
とても興味を惹かれます。



今見ても全然古さを感じないこのモチーフ
時代とともに古くなっていくものと
時代を超えても活き活きとしているものは
どういう違いなんだろうとよく考えます。


好きなものって、ずっと変わらないし
それは表現方法はいろいろでも
それが現れているものにはハッとしますね。


どんどん変化していくのも面白いけど
本質的なものはずっと変わらないし
その部分としっかりつながっていたいです。







ここからは『和楽』の記事から引用します。

茨城県の古賀という街に、
「雪の殿様」と呼ばれる人物がいたそうです。
古河藩第4代藩主、土井利位(どいよしつら)が、
雪の殿様とよばれていたそうです。

享保、天保、寛政と三代改革の時代に、
幕府政治に尽力する傍ら、
好学多趣味の人物として知られています。

その利位が夢中になったのが、雪の結晶。
183種の結晶を書き残した、観察方法が
雪華図説』に記されています。

「雪の降りそうな天候となったとき、
あらかじめ黒色の漆器を空気中にさらして冷却し、
雪の片をうけて観察する。
吐息のかからぬように注意し、
雪片をピンセットでつまみ、
手の温度が伝わらないよう気をつける。
鏡で光をあてればさらに美しく燦然と輝く」(『雪華図説』)

利位の功績は、結晶を観察しただけではなく、
それを書き留め、残したことにあります。
半紙を墨をつけた細筆を傍らに置き、
レンズを覗いては、筆を走らせ、
20年間、作業を繰り返し、誕生したのが、
結晶ひとつひとつが意匠のようにならび、
まるでデザイン見本帖のような『雪華図説』だったのです。











こちらのコラージュは1年半くらい前につくったものです。
こちらにも貼っていました!

結晶と刺繍というのも、同じパターン!
面白いですね。
ひと針ひと針刺していくものは、
作ったひとの呼吸のようなものを感じます。




次回の「エッセンスに触れるワークショップ」は
3月25日に開催します。
お申し込みはこちらから。
残席3名です。





エッセンスに触れる

先週の土曜日は「エッセンスに触れるワークショップ」でした。
私も含めてみんなで、見開きで40枚くらいを作ったので
けっこう見応えがありました。



「エッセンスに触れるワークショップ」を開催して
今年で3年目に入りますが、タイトル通り
みなさんエッセンスに触れているなぁと
今回はしみじみ思いました。
感慨が深かったです。



私がずっとやりたかったことが、ちゃんと形になっていて
今こういう空間が作れているということが
なんだかすごく腑に落ちた感じがしました。


このワークショップを開催した動機は
体験する場を作りたい!
それがそれぞれの成長につながる場だとどんなに素敵だろう!
という思いからでした。




それぞれのスタイル、テイストなどを、
どんどん表面に出していくことで
自分のエッセンスに触れていくのを
サポートをしたいと思っていました。


開催しているうちに、
他の人の表現に感動したり、
刺激を受けたりしながら
お互いに無意識の中でやりとりをしているのが
面白いなと思うようになりました。


うまく言葉にならなくても
何も感じていないかのようでも
やがてだんだんと
深いところで成長していっているものがあるのですね。


そのことは、何回も通ってくださる人のコラージュや、
その人たちの語る言葉から
教えていただきました。
ありがとう!!!



みなさんのエッセンスを引き出せるのは、
エッセンスをなんとなくわかっているのは、
あくまでも「本人」です。
これはすごく大事なことです。



このワークショップは、
夢の実現に向けて!とかではなく、
コラージュすることによって
記憶の中にあるものとつながっていって
「淡々と自分を掘り起こしていく作業をする場」です(笑)



私の役割というと
みんなの感性を共有させていくことでしょうか。


スケッチブックとのりとはさみがあれば
誰にでもできるコラージュだからこそ
ファシリテートする人が
どういう意図で開催しているかは
重要になってくると思います。





ここからは、皆さんの作品を一部をご紹介します。


Mさんの作品です。
上のコラージュを観音開きすると
下のコラージュになります。
上のものにも写真が貼っていて、
いつも面白いコラージュを作成されています。

彼女は何回も、ある写真をいろんな大きさで
何度も貼っていました。
今回は自分で作成した作品の中に
その原画を貼っていました。


「これで終わりです。」


これ、すごく面白かったです。
何度も出てくるモチーフや貼りたくなるものも
やり尽くすとちゃんと終わっていくものですね。

自分の中に定着していったのか、
はたまた次のシーンに行くのか、
わからないけど、どんどん進んでいるようです。






こちらは、Kさんの作品です。
エイの写真、カメレオンの写真
繰り返されるリズムが
生命感あふれる感じです。
マクロとミクロ
いろんなものに宿っているものなどを
連想しました。








こちらはTさんの作品です。
一冊のの雑誌を開いて見ているような気持ちになりました。
ストーリーを紡ぐ力がすごいです。
そのなかに、一貫した彼女の視線があって
どんどん展開していくようでした。







こちらはSさんのコラージュ。
同じ時間に作っても、
上下同じ人が作ったと思えないほど、違うものを作れる人。
同じ蒼井優の写真でも、
Tさんとはまったく違う表現です。
切り取り方って面白いですね。
水辺の写真は、
見えるものと見えないものを表しているのかな。






こちらは、私のものです。
陰陽とか、ネガティブ、ポジティブ、
デジタル、アナログとか対極にあるものが
中和していったり
統合していったり
補い合っていたり
循環していたり
全体的なあらましのようなものを垣間見ているのかな。






次回のエッセンスに触れるワークショップは、
3月25日(土)開催予定です。


火焔型土器を見て思ったこと

先日、國學院大學博物館『火焔型土器のデザインと機能展』を観に行きました。

前から見たいなと思っていましたが、
実物を見たら、やっぱりすごかったです!



単なるデザインというのではなく
火焔土器そのものが発している
生命の火のような力は
だれが見ても惹かれると思います。
今も生きているようなその姿は
時代を超越していました。
普遍的なものは心に響きますね。



この形を次のオリンピックの聖火台にという運動があるそうですが、
いつかの国体かなんかの時の、
聖火台になっていたものは、なんだかな…と思いました。
サイズが変わったらバランスも変わるだろうし…
素敵だなと心躍るものがそこになかったら
レプリカを作る意味があるのかなとも思いました。



形をそのままコピーしても
そのものの発しているエネルギーが
そこに宿っているとは限らないです。
それ以上の創造ができたら
もはやコピーでなく
継承ということになるのかなと思いました。
同じエネルギーというかエレメントを
保持していることが大事ですね。



会場には思っていた以上に
たくさんの火焔土器が展示されていました。
火焔型のモチーフというかパターンというのは共通していて、
それが個々の火焔土器で
リズムのように踊っていました。












1日20分で出来ること


毎朝2.5~3km走っています。
花や木や太陽などを見ながら
ゆっくり走っても20分前後くらいかな。
その時間は私にとってはすごく充実した時間です。



家にいて、ネットを見たりしていると
あっという間に、
それくらいの時間は経ってしまいます。



たった20分ですが、
時間の感覚や質というのが、すごく違っています。
「思い込み」の時間の捉えかたを
見直してみてはいかがでしょうか?



どのような時間の使いかたをしているのか
どのように時間を使っていくか
実際にやってみて
自分に合う時間の使いかたを
考えてみるのもいいのでは?
新年だしね。



私の場合、おっくうなことがあると
グズグス考えて時間が経ってしまうというパターンがあって
やらなきゃと、やりたくないという
せめぎ合いから抜け出すには
「とりあえず20分やってみる!」
というのが有効でした。


そうしたら、意外にたくさんのことができたりします。
時間の感覚が変わってきますよ。
私の場合は、「20分でやれるわけがない」という思い込みが
「20分でもけっこうやれる!」に変わりました。


例えば、スマホのタイマー機能を使って
20分間、片つけをしたりすると
けっこう片づけられます。


いつもは大変だな…と思いながらも
腰が上がらずグズグスしている間に
あら不思議!きれいになっている!


全部を20分刻みにするわけではなく
苦手なこと、面倒なこと、大変なことで
やらないといけないことを
とりあえず20分だけやってみると決めると
けっこうやれるという話です。


20分を短いと考えるか
けっこうやれると考えるか
ここが変わってくると
簡単に諦めたりせずに
毎日点を打っていけます。
そのうちにそれがつながっていって
流れができてきますよ。




中心を意識して


このところすごく冷え込んでいましたが
今日は少し緩んできました。
毎朝走りながら、今日の朝陽の写真を1枚撮っています。
帰ってから見るのが楽しみです。


昨日までは庭のつくばいも凍っていました。
庭の草木もこの寒波で傷んでしまって、
先日買ってきた花の苗は
もう少し暖かくなるまで室内に置いておきます。




今朝、公園で蝋梅の花を見つけました。


本当にロウ細工のようですね。


*****

今日は中心を意識してみました。
このところすごく散漫だったから。



自分の中心、とコマンドします、
どこに意識がいくでしょうか?
そこが中心ですか?
いや、もっと奥?
そこに意識を向けて
探求してみます。



個という扉を開けて
自分という意識の境界を
抜けていくような感覚



そこはあらゆるものがつながっている場所
宇宙のあらましって?
配列は周波数?
個性というのも配列や組み合わせのようなものなのかな。



頭で理解しなくても
説明しなくても大丈夫。
そこではそれぞれがわかっているから。


正しい、間違っている、にとらわれないで
思うままにつなげていけば
それがその人の配列になっていくそうです。


中心を意識してみると
散漫になっていたのが
整ってきました。








calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi
  • ジレンマ
    ミヤ
  • ジレンマ
    soya
  • あの人だったら…
    ミヤ
  • あの人だったら…
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:521 最後に更新した日:2017/04/17

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM