準備

毎日暑いですね〜
もう7月に入って、上旬が過ぎましたね。
今年も後半に入りました。



昨日の夕方、散歩していて
ピンクの花かなと思って近づいてみたら
不思議なかたちの実を発見!
何だろう???
不思議な造形
いつも散歩していると何かしら発見があります。

調べてみたら、コブシの実でした。
これから、またどんどん変化していくみたいで、
ちょっと楽しみです。



コブシの実といっしょに、
来年の蕾もちゃんと準備されているんですね!
自然ってすごいな!!!



私たちは、ともすれば
なんとなく受け身で流されて
無意識で行動しがちです。


やることも多いし
気が散ることも多いですが、
やることを絞っていったり
システムとして簡単にできるように
環境や行動を変えていかないと
あれれ???ということになりますよ。
今年も(笑)



でも、自然の植物たちは、
ブループリント通りに
着々と準備が進んでいるんだな…
ちょっとヒントになりました。


こちらは、くぬぎの実
そう!あの大きな丸いどんぐりの実です。
もう実がついているんですね。
何だか和菓子のようなかたち
かわいいです。



椿も来年の蕾をつけています。
よく観察する習慣がついてからは、
片時も同じでいるものはなく
生命の営みが脈々と流れているのに
気がつくようになりました。


柿の実も大きくなってきました。
これからも観察を続けます。
それが、自分の1日の30分くらいなのですが、
すごく気分転換になったり
インスピレーションのもとになったりします。




*****
私たちはともすれば、早くこうならなきゃとか
また、周りの人から言われて、
期待通りになれていない自分を責めてしまったり
焦ってしまったりしがちです。


そういう時は、
植物たちのように
着々と準備をしていればいいのではないでしょうか?
やりたいもの、なりたいビジョンに向けて。


できないときは、
まだ実が熟していないときかもしれません。
実(じつ)が伴っていないとも言いますね。


そういうときは、ゆっくり、
大地から栄養を補給しながら
できることを地道にやり続けていきましょう。


あるときに、ふと
やってみよう!
という瞬間が来ます。


ほんの些細なことが
きっかけになることもあります。


それは、準備が整ったという
「お知らせ」だということを
本能的に知っているのか
すぐに行動に移せたりします。


だから、表に出ていないときも
誰かに注目されたり
認められたりしていないときでも
誰かのためになっていないなと
自分を責めているときでも
思うのは自由ですが、
やるべきことは着々と進めていってください。


今年もあと半分弱です。
今年はどんな実がなるのでしょうか?
来年、どんな花を咲かせますか?
ちょっと意識してみてください。


そして、そのための準備、
やれていますか?
単調でも、毎日やっていけば
それが自信にもつながっていきますから。
焦っているとき
自分を責めているときは
淡々と為すべきことを。



コミュニケーションのことなど2

昨日は久しぶりに庭仕事をしました。

金柑の花が咲き始めました。
他の柑橘類と違って、
金柑の花の時期は夏なんですね。

今年実った実でシロップを作ったら
美味しかったので、来年も期待しています。
たくさん成るといいな。


一度も実がならなかったので、
種類がわからなかった柑橘系でしたが、
今年レモンということがわかりました!

20個くらい成っていて、
どんどん大きくなってきています。
楽しみだな。


こちらは、唐辛子です。
先日花が咲いているなと思っていたら、
もう実がなっていました。

唐辛子を植えると、虫が寄ってこないので、
コンパニオンプランツとして植えるといいと
伺ったので植えてみました。

野菜を育てるのは、
初めてのことが多いので、
調べながらです。
でも収穫できるものは楽しいですね。


こちらは、ジャガイモ。
キッチンで萎びて芽が出ていた2個を
試しに植えてみたら、
一つあたり3〜4個のジャガイモができていました。
昨日は、掘り立てを蒸して
バターで食べたら、
すごく美味しかったです。


庭仕事、忙しい時には
週1になるので、
草引きなども溜まってしまいますが、
やればやっただけ
庭が豊かになっていくのと
汗もかくけど、
グラウンディングされるし、
気持ちもスッキリして、とてもいいです。


なんだかんだいっても
よく見たり、育てること自体
植物とコミュニケーションしているのでしょう。


植物とのコミュニケーションは
結果が出るので、わかりやすいですね。
収穫が得られたり、花が咲いたりと
ちゃんと反応が返ってくるので。


うまく育たなかったら、
上手に育てている人に教わるとか
本やネットで調べるとかして
少しずつ試行錯誤しながらもやっていると
1年、2年経ってから
自分の中にそれぞれの植物との
コミュニケーションの仕方というのが
落とし込まれてきます。
これは、人間関係とも似ているなあと思います。


*****


どんな存在とも
コミュニケートしないでいることはできなくて
その対象は、身近なレベルから宇宙まで
数限りないレベルがあります。


どこに意識を向けているかで
返ってくる反応、情報は違ってきます。



コミュニケーションしているとき
そこには、失敗などもなく
ただ結果があるだけです。


そこに価値判断をつけたり
重く捉えないようにしましょう。


思う反応が得られなければ
やり方の軌道修正をすればいいだけです。
つまり、自分の方法を変えればいいのです。


みんな自分自身の世界観や価値観に基づいた
それぞれユニークな世界に住んでいます。


自分には理解できない考え方や行動であっても
それは、その人の立場から見たら
おそらく同様に思っているのではないでしょうか。


その中で、アクセスできるように
必要なことをいろいろ試してみれば
いいだけなんです。



起こってくる抵抗感などは、
単なる柔軟性の欠如なだけで、
簡単に言えば、
うまくいかなければ、
別のことをしてみるといいですよね。



セッションにいらっしゃるお客さまに対しても
そのスタンスをいつも持って
お会いするように心がけています。

良い人をやめる

昨日は代々木上原のセレンディップさんでの出張セッションでした。

お部屋にある大きな丸い鏡から
写してみました。


こんな感じで、向かい合って
セッションしています。

セッションは、オーラリーディングと運命の輪です。


今日は、クレマチスが
飾られていました。
クレマチス大好き!
うちにも咲いているので、
このように飾ってみようと思いいました。


*****
さて、このところ考えていることと
いらっしゃるお客さまや、
友人たちとおしゃべりしたりするときなどに
同じテーマが出てきます。


これは、私にも言えることだし
世の中の人たちも、このことについて
解放する時期なのかなと思ったので、
書いてみます。



それは、「良い人をやめる」ということ。



本来の自分を育もうとしなかったり
本当にやりたいことをしないとき。

あるいは、やりたいことをしたら
本当のことを言ってしまったら、
周りの人に嫌われるのではないか?
傷つけるのではないか?
と気遣い。

行動できないと
差し控えてしまうこと。



「良い人を演じる」


その裏に喜びではなく
だんだん不満が溜まっていくとしたら?


だんだんやりたいことができないことに
怒りが溜まっていって
望んでいる関係性をぶち壊しにしてしまったら?



良い人を演じることで
自分自身になることを妨害しているとしたら、
その代償は今の時代、
すぐに払わなければならないでしょう。


いい人でありたいという思いはだれにもあります。
人の役に立ちたいとも思います。
私もそうですもん。


だけど、それもバランスというものがあって
やはり自分のこと以上に
他人を優先したり
自分が奴隷のようになって
相手の思うように動いたとしたら、
それは、お互いのためになるでしょうか?


この癖は、小さい頃からだんだん身についてきて
もはやそれが自分を思い込んでいたりします。


でもね、本来の自分である方が
お互い健全だし、自然体でいられるんですよ。


反感を買うのが怖くて
批判されるのが怖くて
自分を前面に押し出せないのを
ずっと続けていたら、
お互いの成長が止まったままで
依存関係になります。


したいと思っていること
言いたいと思っていること
どう表現しますか?

それも「創造性を発揮する場」
なのではないでしょうか?


自分を妨げているもの、人、こと
それは何でしょうか?

それは、自分をいじめていることではないでしょうか?
自分を肯定することにつながることを妨げないで、
何か得になることがあるのでしょうか?


自分に問いかけてみてください。
それだけでも、いろいろ気づきがあると思います。








NLPについて


昨日いらしてくださったAさんにいただいたお野菜です。
キュウリやナスもまだ花がついていて
もぎたてです。

キュウリは、丸かじりしてみたら
瑞々しくて、とっても美味しかった!

トマトは、サラダにしたり、
軽くソテーにしたり、
ナスは、焼いて、
焼きなすにするか、
オリーブオイルでペーストにするか、
今晩が楽しみです。


Aさん、ありがとうございました!
来年は、うちもキュウリ育ててみようかな。


*****
さて、昨日はNLPのセッションをしました。
NLPは私には、ドラえもんのポケットのようです。


いろんなツールがその中にあって、
行動パターンや、心的パターンを変えたいときに
とても便利なツールです。


変えるというよりは、
内面の編集作業をするような感じでしょうか。


望んでいる変革を達成するのに
必要な手段は、すでにみなさん持ち合わせています。


それをどうやって使っていけばいいのでしょう?
階層に分けて整理していけば簡単です。


自分でクリーンでオープンな
知覚、感覚を得ることができるんです。


そして、そのやり方は、
自宅でも、どんな問題にでも応用できるので、
わたしはレシピを渡すだけ。


それによって、日常で本当に欲しいものを
手にすることが可能になってきます。


*****
自分の内側にあるシステム内の階層を見ていくと
各レベルは、その下にあるレベルで起こるやりとりを
統合、組織化、方向づけます。


上にあるレベルが変化すると下方に広がり、
下のレベルも変化を促します。


そういう意味では、オーラも各階層を見ていくので、
似ている点が多いです。

ただ、NLPは、ご自分でそれをやっていけるのです。
私は、その方法を教えてお手伝いします。


NLPでは、床にゲシュタルトのように
アンカーとなるポジションを作って、
そのポジション間を移動していきます。


身体を使ってポジションを移動することによって、
すごく簡単に軽い変性意識状態に入れます。


その階層に入ると、
そこに付着した記憶や、感情や、行動などに
簡単にアクセスできます。


そのように各階層を移動しながら、
より上の階層にアクセスしていって、
ビジョンと目的を発見したとき、
今まで辿ってきた各階層も
すべて違ったものに
変化しているんです。


この瞬間が私はとても好きで
どの存在も、個性、本質は純粋で
それぞれの美しさがあるんだなと気づかせてくれます。





*****


鬼百合が今日初めて咲きました。
英語ではタイガーリリーと言うんですね。
私が持っているフラワーエッセンスのシリーズにも
タイガーリリーがあります。

タイガーリリーのエッセンス(本質)は、
社会に対して、
女性的な力を差し伸べることができるようになり
他者と協力して、奉仕、行動ができるようになるそうです。


これがマイナスに出ると、
男性的なエネルギーが強く出てしまい、
競争心が強く、攻撃的な、
反抗期の子供のような状態になります。


花言葉は、
華麗、愉快、陽気、賢者、純粋
飾らぬ美、荘厳



なんとなく、Aさんの持っている
生命力の強さや、母性や、
育てたり、育んだりするのが上手なところと似ているなあ
と思いました。



彼女は、犬を飼っていて、
その犬が、よく知っているというか
弱い人がいると、寄り添ったり
彼女にもそうするように促してくれるそうです。


動物は、とても賢いですね。
ちゃんと見ています。
嘘がないです。


彼女は、植物とも会話して
美味しい野菜を作ったり
手仕事を楽しんだりもしています。
手間と愛情のかかることが大好きなのです。


そのような日々を過ごすことで
彼女は、自分をいつくしみ
育んでこられたのだと思います。


生きている人間なので
どのような本質のを持っていても
光と陰のように
プラスに出せる場合もあるし
反転してマイナスに出ている場合もあります。


ただ、マイナスの中にも
かならず肯定的な意図はあることを
知っていてもらいたいなと思います。



写真でスケッチ

今年は梅雨明けが早かったですね。
先日の朝、散歩していたときは
もう真夏のような日差しでした。

影を選んで歩いていたら、
影の多様さや美しさに
思わず夢中になりました。



水玉のように見える影
背の高い樹の木漏れ日
葉っぱが重なり合っていて、
影というよりは
光の玉が揺れています。




道端の植物は、くっきりとして
背の低い木も
なんとなくシルエットがわかります。

影を見ていると、
コインの裏側のようで
表の部分は
光が強く当たっているんですね。

どちらにフォーカスするかよりも
どちらの面もあることを想像できると
揺れることもなく
普段の自分でいられるような気がします。


影絵のようですね。
このまま切り抜いてみたい。



まだらな部分が多くて
ジンベイザメのような影。
もはや模様のようです。

*****



朝公園を散歩すること
その時間は、私にとっては大切な時間です。
歩いたり、走ったりしながら、
今日は何かないかなあと
探しています。

毎回、何か新鮮なことが見つかるんですよね。


人は、幸せな気分になったとき
感動したとき
写真を撮りたくなります。


心に留めておきたいから、
だれかとわかちあいたいから。


あとで見返したときに
気持ちが暖かくなったり
その瞬間に降りてきたインスピレーションを
忘れないようにしようと思います。


私にとっては、写真はスケッチのようなものです。
スケッチは時間がかかるし、
気持ちは移ろいやすく、
写真のほうがより鮮明で
瞬間的だから。


気持ちが動いたとき
気楽に撮れるし
その写真の中に
刻まれている私の心は
それは、いつか思い出となり
何回も見直して、
考察する機会になったり、
作品のモチーフになったりします。


写真を撮ることで
ささやかな日々の情景の
たわいのないものであっても
私にとってほんのり気持ちが
暖かくなったり
息を呑むような美しい瞬間に
立ち会っていることに
気づかせてくれます。





calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 諦めずに
    ミヤ
  • 諦めずに
    memi
  • 溢れでる活力
    ミヤ
  • 溢れでる活力
    ミヤ
  • 溢れでる活力
    memi
  • 溢れでる活力
    ミヤ
  • 溢れでる活力
    memi
  • 写真でスケッチ
    ミヤ
  • 写真でスケッチ
    memi
  • 多面性と可能性
    ミヤ

recommend

links

profile

書いた記事数:669 最後に更新した日:2018/08/08

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM