創造性の心を育むための時間を持つ


土曜日に資生堂ギャラリーでの沖潤子さんの個展に行ってきました。
7月23日まで開催しています。






沖さんの作品の説明文です。(資生堂ギャラリーより転載)
沖潤子は、個人的な、あるいは何らかの物語が垣間見える古布に、自己流で始めた繊細な刺繍を施します。布が経てきた時間とその記憶に沖の針目が重ね合わされることで、偶然性をも含んだオブジェが立ち現れます。布は皮膚であり、針を刺すのは記憶を留めるためという沖の創作行為は、まるで古布に新たな生を与えているように感じられます。本展では、蛹(さなぎ)をイメージとして重ね合わせた刺繍作品を中心に据え、針を題材とした作品、および映像作品も展開する予定です。人間が持つ創作活動への根源的な欲求と転生といった主題を取り上げることで、既存の刺繍や工芸といったジャンルに捉われない独自の表現を探求します。


ついでに、沖さんの「PUNKの種をみつける」というワークショップも受けてきました。
楽しかったです!!!
2時間があっという間に過ぎました。



こちらは沖さんの作品。
美しいですね。


私が作ったのはこちらです。

「何か、思い入れのある布」を持ってきてください。
ということで、長年、気に入っていて
ボロボロになっていたメキシコの刺繍の白いワンピースの
生地を持って行きました。


それをザクザクと切りながらまあるい形にしていきます。
そこにある糸で、意図もなく(笑)
ただひたすら、ジョキジョキと切りながら
針を進めていきました。


刺繍といえるのかどうかわかりませんんが、
面白いのは、やっていると「心が鎮まります」
2時間だったので、ここまででしたが、
もう少し針を刺してみようかな。



彫金をしているときに
ヤスリで形を出している時ほど
緻密さを要求されない分
自由に気持ちのままに進めていくのが
とても楽しいし落ち着くのです。


何ができるのかわからないのが
楽しいです。


これって、人生と似ていますね(笑)
コントロールしようがないと諦めて
流れに乗ってどんどん進んでいく感じを
実感しているようでした。








参加された方々の作品です。
それぞれ個性があって面白いです。
「その人でなければ生み出せない美しさ」
そういうものの種がそこにあるような気がしました。


違いがあるから、
私の個性もわかるし
それに気づけることは
そこから自分らしさの発見につながると思います。


これは、作品を作るだけのことじゃなくて
日々のことにも言えるのではないでしょうか。


自分と他の人の違いを眺めてみる、
自分の存在を意識する。
人の存在を意識する。
そういう行為を繰り返していくと
自分らしさに気がついていきます。







こちらは、2年前くらいに作った私のコラージュです。
たまたま古本屋さんで見つけた
沖さんの刺繍に惹かれました。

全部が沖さんのではないですが、
それに触発されたNさん、
沖さんの作品集の本を購入されたそうです。
私もそれに触発されて
『PUNK』という作品集の本を購入しました。


それから1年くらい経った、
「エッセンスに触れるWS」のときにNさんより
沖さんの個展の話を聞いて、
終わった後でみんなで見に行きました。


そのNさんから、またまた
こちらのWSのお知らせをいただいて
とりあえず申し込んだ次第です。
不思議なやりとりですね。


刺繍すること、針を通した作品は
その中に膨大な時間が含まれているから
「祈り」に近いような気がします。


他の人の作品を見たりすると
何かを考えたり
インスピレーションや、洞察を得ます。
そこから、何が問題か
何が必要か、
解決策も見えてきたり
自分の中の創作意欲も刺激される
準備体操のような時間でした。


例えば、私はゴッホの晩年の絵を見ると
痛みのような感覚を覚えますが、
悩んでいるとき、くるしいとき
細部までこだわってしまうとき
心に残っているもの
そういうものは、ある種、
アートに近いところにあるもので
手放したくても手放せないときもあるけど、
いつかそれがその人の種となって
この世界に花開く時期がくるような気がします。

*****
ここからはお知らせです。

次回の「エッセンスに触れるワークショップ」
8月5日13時〜開催します。
自分のエッセンス、種、を見つけにいらっしゃいませんか?

定員:4名(残席3名)
お申し込みはこちらから









7月22日、セレンディップさんでセッション行います。

今月22日(土)も、代々木上原のセレンディップさんで
出張セッション行います。


お花で溢れている素敵な空間で
セッションを受けてみませんか?


あと一枠になりました。

11:00~



セレンディップさんのHP

セレンディップの美貴さんのブログです。

Instagram
お花がいっぱいで
香りまで伝わってきそうですね。
お花大好きな私には
とても居心地が良い空間です。


セレンディップサロンでは、お花の教室や、
その他いろいろ興味深いお教室が開催されています。
興味がある人は連絡してみてくださいね。


当日、セッションを受けられる方で、
ブーケをご希望のかたがいらっしゃったら
事前にお願いすることも可能だと思いますので、
お問い合わせください。




セッションするお部屋にお花を飾ってくださいます。
渋谷や代々木上原近辺の方
どうぞいらしてくださいね。









再会


先週末は、VINA AMUU(私が作っているジュエリー)の
展示会でした。

比較的広くて原宿に近いのに
静かな場所で、明るくて快適な空間でした。
今回は、懐かしい人たちとの再開が多かったです。
あれ、変換、間違っていた!
再会ですね。
でも再開というのもいいですね(笑)




このバラは、数年ぶりに見にいらっしゃった
Kさんからいただきました。
自宅のベランダで大事に育てて咲いたバラだそうです。
まんなかになるほど、黄色が濃くなって
おひさまのようなかわいいお花でした。


私もバラを育てているのでわかるのですが
大事なバラを切るのって
ちょっと思い切りがいったりすることもあるんですよね。
Kさん、本当にありがとうございました!



今回は、たまたま仕事で東京にいらっしゃった
15年くらい前にセッションを受けてくださったHさんも
ふらっと見に来てくださいました。
その後のお話など伺って懐かしかったです。
知らなかったけど、
何人もご紹介していただいていたみたいで、
いろんな人に助けてもらっていたんだなと思いました。
Hさん、ありがとうございました。


それから、以前に実際に助けてもらっていた
コーチの井上 野乃花さん
セッションを受けてくださった
ルミエーラ叶朋佳さん
短い時間でしたが
久しぶりにお会いできて話せて楽しかったです。
ありがとうございました!



今回も、何人からか、
「美弥さんの言われた通りになりました!」と
ご報告を受けまして、
なんだか嬉しかったです。


これは自慢ではなく
そのようにご報告していただけるのは
きっと本人も「満足のいく今」を送られているのだなと思ったのです。
少しは私も役に立てているのかなと
嬉しい気持ちになりました。
みなさん、それぞれ素晴らしいなと思いました。




セッションの内容は、
私はほとんど覚えていないので、
今までは、そう言われても実感も伴わないのと
内容もよく覚えていないもので
「あぁ、そうでしたか!」
と、そっけないような反応だったかもしれません。
自分を責めることが減ってきたら
素直に受け取ることができるようになるものですね!




このところ、
「自分は今まで自分のことで精一杯だった…」
ような気がして
というのは、あれもこれも手をつけて
いつもいっぱいいっぱいで、
人の面倒を見たり、世話をしてこれていないのでは?と
なんとなく思っていたのです。




面倒見の良い人を見ると、
「あんな人になりたいな」と思いながら
私はそうできているんだろうかと
自分に問うことが、このところよくありました。



でも、比較してもその人のようになれるわけでもないから、
それぞれのやり方で大丈夫だと思えるようになったら
どの人も助け合っているような気になったら、
そんなことはどうでもよくなりました。
その時できることをやればいいのだと思います。



確かにセッション中はとても集中して
自分に出来る最大限のことをやっているときは
ある意味では、とても自由で、ありのままというか
気分もよくて疲れも感じません。



もしかしたら、そういう時の方が
人のためを思ってやっているときよりも
与える影響は大きいのかもしれません。


ご報告してくださった方々も
未来に対する不安や心配の向こう側まで行って
新しい流れを見つけたのかもしれません。



今、いろいろ悲観的になっている人も
それは、「回復しているきざし」
と考えればいいのではないでしょうか。



新しいことにチャレンジするとき
それは起こりやすいです。
今必要なのは、身体と脳のデトックス
いらないものは排水しましょう。


喜んで下手な、ダメな自分を受け入れて
初心者の自分を許していけば
時間をかけて、少しずつやっていけば、
必ず新しい流れに乗れます。



私なんか、いつも新しいことをやりたくなって
できないジレンマを味わっています。
でも、それは私の得意技かもしれません。
ここまでバカみたいにいろんなことをやる人は
そうそういないから。
でもやりたいならやった方がいいと思っているので
いつも初心者の気持ちでこれからも(笑)


今回は、そのような苦労も伴いながらも
いくつも峠を越えてきた方々にお会いできて、
お話を伺えて、嬉しかったです。
ありがとうございました!!!






花のように


こちらは、近所の農家さんで売っていた花。
百日草が、こんなにかわいいとは知らなかった!
なんとも色合いや、雄しべや雌しべと花びらの組み合わせが
かわいいですね。

花を見るといつも元気になるので、
公園を歩いているときも
こまかく見ています。


私も人間なので、
たまには凹んだり、落ち込んだり、
怒ったり、イライラしたり
不安でいっぱいになったりします。


そんなときは、短時間でも
花を眺めていると
今、ここに集中できて
安心感を取り戻して
平常心に戻ります。


花を見ることはちょっとした私の楽しみ。


だから、毎日庭に出ると
疲れていても、そのときは疲れを忘れるんです。


以前に、「至福について」というブログを書きました。


辛いときとか、疲れているとき
ある瞬間に、まったくその感覚がなくなることを
しばしば体験するようになりました。


私の場合は、
植物を細かく見たり、触ったりするとき
樹々の中を歩いているとき
しばし一体感を感じて
今までの感覚が
まったく違うものに変わってしまうことがあります。


小さな花に想いを馳せたり
細部を見たりすることは
なぜか癒しにつながります。


細かく見ることは
無心で瞬間に入っていくこと。
そういうとき
直感的な言葉を正確に聞き取ることができるし
無意識的に養っているような気がします。




今が大変な状況の人は
気持ちをつらいことに向け続けないで
気持ちを切り替えて
気分良くなることを探して
少しでもやれるように心がけてください。


話は変わりますが、私は
1日で散ってしまうような儚い花も好きです。
石も同じで、
好きな石に脆いものが多いのは
どうしてなんだろう
と考えることもあります。
ある意味、
自分の本質に近いのかもしれません。



以前、石について学んでいたときに
先生が、石の最終形は
砂漠と話されていたことを
今でもときどき思い出します。


砂漠の砂は、風に舞いながら
自由に飛んでいけます。
土の中で何億年、何百億年と
結晶してきたものの最終形は
自由に風に舞う砂
と考えると、すごく開放的な気分になりませんか。


砂漠の砂のような細かい細かい石でも
もしかしたら、顕微鏡で見たら
とても美しい形をしているのかもしれないですよね。



花も、石も、壊れることなど厭わない
というか、どの状態でもありのままです。
枯れること、壊れることを嫌がるのは
もしかしたら自分がどんな状態でも
安全だと思えないからではないでしょうか。






うちの庭に咲き始めた芙蓉の花。
去年引っ越してきたときに
草ぼうぼうだった庭に唯一咲いていた花です。
毎日ひと枝切って
一輪挿しに活けていました。

今年も咲いてくれた。
いっぱい蕾がついています。
引っ越しの期間は家もごちゃごちゃしているし
近くもよくわからないから
落ち着かないのですが、
この花があるだけで
なんとなく気持ちが落ち着いて
ゆったりした覚えがあります。
今年も咲いてくれてありがとう!




ピンボケですが、
この花の形なんともかわいくて好きです。
名前を調べてみよう。


最近は写真をアップすると
名前を教えてくれるサイトがあるから
便利ですね。

みんなの花図鑑



アキレア・ノブレッサでした。



こちらも名前はわからないのですが。
鮮やかなマゼンタの花。
夏は、鮮やかな色に惹かれますね。

調べたら、ミソハギでした。


オレンジの花は、うちの庭にも
いっぱい咲き始めました。
名前はヒメヒオウギズイセン
別名モントブレチアというそうです。



かわいい花
ダリアです。
明るくて、あたたかくて、
咲きたてのような花ではなかったけど
こんな人になりたいなと思いました。




一歩でも前に進む❤

心配ごと、不安なとき
否定的な未来や思い込みをしがちです。

特に、人間関係

でも、それは事実でしょうか?
大抵は否定的に思い込んでいる場合が多いと思います。


心配になったり不安になったりするとき、
まず、事実はどうなのか
といつもチェックするようにしてください。



確認のしようがないとき
それでも根拠があると思い込んでいるとき
それにこだわっていたら
いつまでも解決策を見出せません。
モヤモヤが続いてしまいます。


そういうときは、何回も書いていますが
まず自分を大切にすること
自分に対して肯定的な見方をする
練習をして培う必要があります。


否定的に見る根底に
自己否定があるので、
そこを癒すことが
自分にとっても周りにとっても
一番大切なことです。




モヤモヤしていることに執着すると
何かを決定したり、選択することの
強力な障害になってしまいます。
いつまでも解決策が出てこないとき
セッションを受けられると
頭の整理になるとよく言われます。



面白いのですが、話をしているとき思うことと
リーディングで話しているときは
違う見方が出てきます。
それが、納得がいって
だれにとっても良い方向の
解決策が見えてきます。




リーディングしているときは
自分の考えを横に置き、中立でいるので、
より視野の広い、俯瞰した見方になります。


そのときにネガティブ、ポジティブという
区別もあまりなく、比較もなく、批判もなく。
ただ、その人の輝きを出せないでいるものが
見えてくるので、そのことについて話すことが多いです。



出てくるアイコンやイメージは
自分でもわからないものもあるのですが、
とりあえず、わからないままに伝えるようにします。
話していくうちにわかったりすることもあるし
ご本人がわかることもあります。


とりあえず、心配事や不安なときは
そこに近視眼的にならないように。
楽しいことをして気分転換するとか
視点を逸らしてください。


そういうことをする習慣を培っていくと
次第に、なんだか楽チンになってきますよ。







私もいつも楽しいことを見つけています。
先日の朝、公園を走りました。
行くと必ず何か発見があります。



アメリカデイゴ
この花が咲くと夏が来たなと思います。
沖縄でよく見ました。


ボリジ
公園のハーブガーデンに行ってみました。
秋に種を撒いてみようかな。


もう終わりかけているけど
可愛い花だなと思って調べてみました。

「たいまつばな」

別名「ベルガモット」「モナルダ」だそうです。


ベルガモットは柑橘類だと思っていたので、
意外だなと思って調べてみました。

葉っぱや茎に強い芳香があるので、
その香りはしばしばイタリアの柑橘類
ベルガモット オレンジにたとえられるそうです。
アロマの柑橘類のベルガモットとは
違うみたいでした。



今度行ったとき、香りを楽しもう。




ナスタチューム
これもサラダで食べられますよね。


木陰でヤマモモ見つけました!
美味しそうだな。
公園じゃなかったら取りたいくらいです。
ジャム作ってみたい。


すかしゆりがいっぱい咲いていました!


皆さんも、楽しいことをして
少しでも前に進んでいってください。
毎日、一つでも楽しいことをすると決めたら
忙しかったり、つらかったりするときも
少し楽になるものです。
今日も良い1日だったなと思うように
過ごしてくださいね。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 壁を越える
    ミヤ
  • 壁を越える
    memi
  • ありがとうございました!
    ミヤ
  • ありがとうございました!
    ayako
  • やりたいことを一番に。
    ミヤ
  • やりたいことを一番に。
    soya
  • 霧の日
    ミヤ
  • 霧の日
    やよい
  • VINA AMUU EXHIBITION
    ミヤ
  • VINA AMUU EXHIBITION
    memi

recommend

links

profile

書いた記事数:560 最後に更新した日:2017/09/21

others

VINAAMUU facebook

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM